個人輸入

BUYMAで個人輸入・転売して儲ける方法

投稿日:

BUYMAで個人輸入・転売して儲ける方法

私がインターネットショッピングに手をつけ始めたのは、中学生の頃、父親のアカウントを借りてヤフーオークションにてトレーディングカードの売買を行っていたのがきっかけでした。当時の私は、パソコンなど触ったこともない本当にパソコンについてはドのつく素人でした。そんな私でも、可能だったのがインターネットショッピングです。学生の頃は、主に自分には必要なくなったものを売って、お小遣いにし欲しい物を買う、そんな目的でインターネットショッピングを活用していました。ところが、ある目のオークション結果で、おかしなことが起こったのです。自分が買った値段よりも、高い値段で売れたのです。本来必要ないものを処分していたはずのオークションで、初めて「利益」が出た瞬間でした。この時から私のインターネットショッピングに対する考え方は180度変わりました。ここで商売をし、リスクなく確実に利益を得ることができると確信しました。今となっては、周知のことになったかもわかりませんが、改めて言います。インターネットショッピングを使って、個人の方が利益を得ることは確実にできます。そして、それは中学生の私でさえできたほど、実にシンプルです。このページでは、インターネットショッピングの中でも、ここ最近メディア等の話題にも取り上げられています、「BUYMA」(バイマ)について、ご紹介します。当然ですが、私自身もBUYMAを活用しています。サラリーマンとして、朝8時から夜8時までは営業として働き、帰ってきてからの空き時間、そして上目の一部の時間を使って、最低でも月に5万円を稼いでいます。私はこのBUYMAのおかげで、自分の総収入が30%〜40%増えました。このページは、口々本当に忙しいサラリーマンや主婦の方、もしくは放課後などの空き時間を有効活用し収入を得たいと考えている学生の方、早急に副収入が必要な方、どなたにとっても価値ある1冊となります。このページを活用いただければ、たったの2ケ月で毎月最低でも2万円のお小遣いがあなたの銀行口座に振り込まれるようになります。もちろん少なからず努力は必要ですが、努力した以上の恩恵を受けるとが可能だと確信しています。このページをお読みいただき、実行していただいた方が、新たな副収入を獲得できることを全力でサポートしたいと考えております。まずはその第一歩として、本気でこのページを書き上げました。ぜひ、みなさんにも本気でお読みいただければ幸いです。

薬の通販は、こちら→サプリ館

薬の通販は、こちら→エイビス薬局

BUYMAとは

簡単にご説明しますので、まずは目を通してください。

<概要>
国内外の登録バイヤー(個人もしくは企業)と、国内外(主に国内)で商品を買いたい方を仲介している、インターネットショッピングサイトです。オークションサイトや、その他のインターネットショッピングサイトとの大きな違いは、わかりやすく表現すると、それらサイトの出品物の意味合いが「在庫として持っていますが、これ要りませんか?」に対して、BUYMAでは「在庫はしていませんが、これを仕入れることができますよ?」と言った具合です。
要は、オークションサイトなどとは違い、在庫を持だなくても出品ができ、注文が入ったあとに仕入れを行えば良いということになります。
そう!最大のメリットは

在庫リスクが ゼロ ということです!

他にも、
・注文が入った後の仕入れなので、まとまったお金がなくても問題がない
・登録料や、出品手数料は一切かからない(売れたら販売価格の5%が手数料になります)
など、大きなメリットがありますが、それらは後で詳細にご説明します。

・BUYMAで稼げる仕組みの一例
下記の写真をご覧ください。
1枚目が「ASOS」というブランドの公式ショップから、適当に抜粋した商品の写真です。
2枚目がBUYMAで実際に同じ商品が売られているページです。

1枚目  ブランド公式ショップ より適当に抜粋した商品の写真

2枚目 BUYMAで同じ商品の最安値の商品ページを検索した結果

注目していただきたい点は、その価格差です。

ASOS公式ショップの価格はセール価格で、$33.25
BUYMAでの最安値の価格は、¥6300

つまり、これが1着売れると利益はいくらになるでしょうか。
詳細は後程ご説明しますが、ASOSは送料無料、この価格であれば関税もかかりません。
為替は1ドル100円として計算しますと、
原価は $33.25 × 100円 =3325円
売値は、販売価格の5%が手数料としてかかりますので、
実質の売値は 6300円×0.95 =5985円
つまり、上記のワンピース1個あたりの利益は
5985円 ー 3325円 =2660円
という結果になります。
これはあくまで一例ですが、BUYMAで稼ぐ仕組みというのは上記のように、大変シンプルです。

まず、BUYMAをやるかやらないか

BUYMAを活用するかどうか、はじめに判断してください。

さて、私はお忙しいあなたに、無駄な時間を使って欲しくありません。
シンプルに言います。ここで、BUYMAのメリット、デメリットを包み隠さず暴露しますので、それらを理解していただき、あなたにとって時間対効果が高いのかどうかを判断してください。そして、この段階で必要ないと判断すれば、大変申し訳ないですが、このページを読むのはここで中断していただいた方が無難かと思います。
ここでいう時間対効果とは、費用対効果の費用を時間に置き換えた用語です。意味としては、費やした時間に対しての効果の度合いのことです。
選択肢は2つです。

1.時間対効果は高そうなので、ひとまずはできる限りやってみる!
2.時間対効果は低そうなので、残念ながら他を当たる。

BUYMAで挑戦するからにはある程度の決心がないと、成果が出るまでは続かないというのを私自身が経験済みです。
やると決めたら、そのつもりでお読みください。そして欲を言うなら、実際にパソコンなどを使って、実践しながらお読みいただければ幸いです。

ここでBUYMAのメリットとデメリットをお伝えします。

BUYMAのメリット

1.在庫リスクがほぼゼロ
→在庫スペースが必要ない、在庫管理の手間がいらない、売れ残りのリスクがない

2.受注後の仕入れなので、資金調達リスクもほぼゼロ
→まとまったお金がなくても仕入れが可能である、クレジットカード払いでの仕入れになるので支払いまでに猶予がある

3.BUYMAでは、サイト内に、受注管理機能、支払管理機能、商品管理機能などが存在し、独自のショップで行うと実に手間のかかる管理面のサポートが充実しています。また、独自ショップでの運営などに比べ、集客面でも圧倒的な恩恵を授かることができます。2012年8月現在で、すでに100万人の会員登録数が発表されていますが、BUYMAで商売をするということは、あなたはそれら会員に対してなんの努力もせずに、売りたい商品を紹介することができるのです。

4.2〜3ケ月ほど経ち、売り上げが安定してくれば、仕事のある日や忙しい日は、1日に15分〜30分ほどの時間を確保できれば問題ない

5.インターネット環境があれば、どこでも対応ができる
→もっと言えば、工夫次第で海外旅行中でさえもBUYMAで商売ができる

6.日々空き時間などを使ってコツコツと努力すれば、目安として3ケ月も経てば、安定して月に2万円以上を稼ぐことは十分に可能(個人差はあります)である
私自身は、BUYMAを始めて3ケ月目の利益は月収で¥43,690 でした。

私自身のBUYMAを始めて3ケ月目の利益と、BUYMAに費やした時間、またそこから弾き出し
た時給は以下の通りです。
月収:¥43,690
BUYMAに使う1日あたりの平均労働時間:30分
→月30日とすると、0.5hx30日=15 h
BUYMAでの時給:¥43690÷15h=2,912円/h
つまり、始めて3か月目の私のBUYMAの時給は2,912円ということです。
安いか高いはあなた次第だと思いますので、ご判断をお任せします。

BUYMAのデメリット

1.初期段階に関しては、やはりある程度まとまった時間が必要
目安としては、開始1ケ月目は、1日平均1時間〜2時間ほどは確保したい。
2.3ケ月ほど経って安定してきたとしても、毎日少なからずBUYMAに時間を使う必要はある(工夫次第では、移動時間などの空き時間だけでも可能)
また、週に1日は、1時間〜2時間ほどのまとまった時間を作り、仕入れ商品選定や価格改定や販売管理などの管理全般を行う必要がある
3.サラリーマンの方などは、副業に対しての会社の規定やルールを確認する必要がある。

思いつく限りを書きましたが、以上がBUYMAのメリット・デメリットについてです。
まずは、上記を判断材料にして、BUYMAに真剣に取り組むべきか、他を当たるべきかをご判断いただければ幸いです。
私の個人的意見としてはもちろん、BUYMAを活用して目標を達成していただきたいと思っております。お待たせしました。
ようやく次からは、BUYMAの詳細をご覧いただきます。
インターネット環境をご用意いただいた上で、次章にお進みいただければ幸いです。

BUYMAで確実に稼ぐために必要なこと

1.初めて触る!BUYMAの使い方
① BUYMA 使い方の一連の流れ
まずは、BUYMAでバイヤー活動をする上で、知っておくべき超基本を知ってください。
一連の流れは下記の通りです。
A. BUYMA 会員登録(バイヤー登録)
B. 出品する商品の決定
C. 出品する商品の仕入れ先の選定
D. 出品
E. 問い合わせ対応
F. 受注
G. 仕入れ
H. 検品、梱包
I. 発送
J. 代金回収
K. 評価人力
L. 売り上げ管理

以上がBUYMAでバイヤー活動をする上で必ず必要になる項目です。
どの項目についても、基本的作業以外にコツや注意点がありますので、このページではそれらも詳細に解説致します。
では早速、一連の流れを1つずつ解説致します。

A)BUYMA 会員登録(バイヤー登録)
A)-1:会員登録方法
まずは、BUYMAに登録しましょう。
下の写真の右上に会員登録ボタンがありますので、ここより会員登録を行ってください。

この段階でのあなたの出品商品の上限数は、99個です。ただし、特定商取引法に基づく販売者情報(氏名・住所・電話番号等)を’公開しているバイヤーについては、1,500品まで出品することができます。方法は、マイページボタンを押し中央左にプロフィール設定というボタンがあるので、そこをクリックし、一番下に「特定商取引法に関する表記」という欄がありますので、そちらに営業時間を記載します。営業時間といっても、あくまで個人ですので、実際にそこに書く時間というのは、自分が問い合わせに対して対応するこが可能な時間帯を書けば問題ありません。まずは出品商品の上限が99個でも問題はありませんが、上記作業をした際、BUYMA事務局に承認されるまでに多少の時間がかかりますので、できればこのタイミングで上記作業を行い、販売事業者になってしまいましょう。

B)出品する商品の決定
B)-1:商品の出品について
ここからは、出品する商品についての解説ですが、まず初めに手数料について触れておきます。
・出品手数料
出品上限内であれば、いくつ出品しても出品手数料はYOです。
商品販売時には、次に説明します販売手数料がかかりますので、「出品する分にはお金はかからない」という解
釈だとより正確です。
・販売手数料
出品する分には手数料はかかりませんが、商品が売れた時のみ、手数料がかかります。
販売手数料は、売れた商品の販売価格の5.25%です。
つまり、10000円の商品Aが売れた場合、BUYMAに支払う販売手数料は525円です。この場合、少なくと
も商品Aを9474円以下で仕入れていることが利益を出す上では絶対条件であると言えます。
・振込手数料
売れた商品の代金をBUYMAより回収する際にかかる手数料です。
こちらは後半で詳しくご説明します。

以上がBUYMAに関する手数料です。

さて、登録作業が終われば、早くもあなたはBUYMA認定のバイヤーです。早速BUYMAにて出品する商品を決めましょう。
・出品商品の選定
まず、BUYMAでは基本的に規約で売ってはいけないものでなければ何を出品しても問題はありません。出品禁止商品とは、例えば医薬品、食料品、アダルト系商品、馬券や宝くじ等ですが、ここで全て書いていては、
このページのボリュームが膨大になってしまいますので、詳細は規約をご覧ください。
※規約:https://www.buyma.com/static/agreement.html  左記、URL内のBUYMA特約欄の中の第4条
を参照ください。
出品禁止商品以外であれば、基本的にはあなたが売りたい商品を出品することが可能です。
とはいえ、何を出品すればいいのかわからないというのが本音ではないでしょうか。ここでは、出品すべき商品の選定方法をお教えします。
まず、出品すべき商品は、特性と出品する目的が異なるため、以下の2種類に分かれます。
I.人気商品
II.高利益商品

一つずつ特性、出品する目的、利益率 を解説します。
1.人気商品
特性:人気ブランドの中でも、よく売れている商品。毎年そのシリーズが超人気である商品、国内などでも品薄になるほどの人気商品、モデルや有名人などが着用しているアイテム。等   買ってくれる購入者の数も多いが、出品しているバイヤーも多いために、価格競争になり利益が取りにくい。
出品する目的:利益が取りネくても出品を勧める理由と目的は、薄利(利益は少ない)でも売れる数は多くなるので、販売実績を大きく仲ばすことができる。
参考利益率:約15%
例)10000円の商品を売ったら、約1500円があなたの利益です
ここで、非常に重要なことをお伝えします。必ずチエックをしてください。
BUYMAで一定以上の利益を出せるバイヤーにいち早くなるためのキーポイントの1つは、初期段階において、いかに“早く“、“多く“の販売実績を作ることができるか!  です。
ひとつ例を挙げます。
あなたは、ネットショッピングで商品Xを買おうと悩んでいます。インターネットで調べていると、商品Xを扱っているネットショップは2つありました。
ショップAは販売実績が1000人を超え、過去の購入者からのロコミを見ても良さそうです。一方、ショップBはまだ販売実績は2入だけで、過去の購入者からの口コミは1件もありません。
値段や送料等の各種条件は両ショップとも全く同じです。あなたはどちらから買うでしょうか。
恐らく多くの方が、ショップAと答えるのではないでしょうか。やはり、同じ商品を同じ条件で買うのであれば、より信頼できそうな方から買うのが多くの購入者の行動パターンです。
BUYMAでも全く同じ原理が働きます。特に人気商品等は、多くのバイヤーが同じ商品を同じくらいの価格で販売しています。原価(仕入れる価格)には限界があります。つまり、その中でライバルに勝つには、ショップAのような存在になる必要があるのです。

II.高利益商品
特性:ニッチ(ライバルが少ない)な商品で、その分ライバルの販売価格もやや高めになっている商品。もしくは、人気商品かニッチな商品かに限らず、期間限定やショップ限定のセール品などで、一時的もしくは限定的に、ライバルよりも安く商品を仕人れることができる商品。または手作り商品や、自社商品など、ライバルが絶対に扱うことができない商品。商品単価が元々高いハイブランド商品。等

出品する目的:比較的大きな利益を出すため。

参考利益率:35%〜
例)10000円の商品を売ったら、約3500円があなたの利益です。
こちらに関しては、一見とても魅力的に感じる方もいらっしやるかもしれませんが、以下のようなデメリット
もあります。
・ニッチな商品になるので、数多くは売れない可能性が高い
・そもそも“ニッチで売れそうな商品"を見つけることも大変
・期間限定に開催される仕入れ先のセール情報などを細目にチェックする必要がある
・手作りや自社商品となると、参入障壁も高く、手間もかかる
・商品単価が元々高いものは、その分配送中の紛失事故やその他の万が一のトラブルの際のリスクが高いですので、結論を申しますと、I.人気商品とII.高利益商品をバランスよく自分の商品ラインナップに組み込むことがいち早く稼ぐための最善策と言えます。

B)-2:商品出品の際の価格設定について
この内容に関しましては、再度別の章でもご説明しますが、何よりも大切なことですので、まずこの段階でお伝え致します。

少なくともBUYMA序盤においては、出品商品の設定価格はBUYMA内の同じ商品の中で最安値にすることが必須です。
これについては、稀に異議をいただくこともありますが、実績の少ないBUYMA序盤においては、私は絶対にこれをお勧め致します。理由は簡単です。単刀直入に言いますが、実績や口コミがほとんどない状態のあなたから、お客様が商品を買う理由は、「安い」という要素しかないのです。
その具体的なリサーチ方法については、後程ご説明します。

B)-3:出品商品のラインナップについて
続いて、どのような商品ラインナップにすれば良いのかを、解説致します。
まず、商品のラインナップは徐々に替えていく前提で考えましょう。BUYMAを始めた序盤は、とにかく数を
売ることが最重要です。
「おすすめの特性別商品ラインナップの割合」
・BUYMA初月〜2ケ月
1人気商品:II高利益商品=90%:10%
例)全部で100商品だとしたら、90商品は人気商品、10商品が高利益商品
・BUYMA3ケ月〜5ケ月
1人気商品:II高利益商品=70%:30%
・BUYMA6ケ月〜
1人気商品:II高利益商品=50%:50%
上記はあくまでも目安ですが、BUYMAでの売り上げが軌道に乗ってくるまでは、人気商品の割合を必ず多くしましょう。
BUYMA入門者の方からよく聞く失敗例は、最初から高額で高利益な商品ばかりを出品して、一向に売れず、2ケ月で辞めてしまうという内容です。
2ケ月で最低2万円の利益を稼ぐ際の、販売数を具体的な数値に落とし込んでみましょう。
利益率約15%、販売価格8000円の人気商品だけで考えた場合、1商品当たりの利益は1200円です。
20000円を稼ぐには、20000円÷1200円=16.6個 つまり、約17個を月に販売すれば目標は達成です。
もっといえば、2日間で1商品売れればいいのです。すこし足りない分は、10%の高利益商品が月に1件でも売れれば問題なしです。
どうでしょうか。数値を具体化したことで、少しできそうな気がしてきませんか。

「全商品数はどのくらいがいいのか」
割合に続いて、全商品数についてですが、こちらは一ロにはおすすめできないのが実情です。商品数については、きちんと出品商品の選定ができていれば出品する商品数が多くなればなるほど、売り上げは上がりますが、その分管理面の負担が大きくなるからです。
BUYMAで活躍されているトップバイヤーの方や私の全商品数を記載しますので、参考にしてください。

トップバイヤー (各数値は2013年5月現在です)
ランキング1位  出品数 約3600商品
ランキング2位  出品数 約400商品
ランキング3位  出品数 約1300商品
ランキング15位  出品数 約120商品

なお、私の商品出品数は 約100商品 です。
当然、バイヤー毎に出品する商品は異なりますので、出品数と販売実績は必ずしも比例するわけではありませんが、ひとつの参考になればと思い、記載しました。
まずは、2ケ月間で、商品数50(時間に余裕がある方は100商品)を目指してみましょう。気を付ける点は、出品商品数は多ければ良いというわけではありません。次ページからのB)-4:出品商品のリサーチ方法を参考に、しっかりとリサーチを行った上で出品をしましょう。

B)-4:出品商品のリサーチ方法
出品する商品数、商品ラインナップの方法を少し理解いただきましたら、ようやく本章の山場、具体的な出品
商品を探す、リサーチ方法について解説致します。
B)-1:商品の出品について でお話ししました、I人気商品 と II高利益商品の2種類に分けてリサーチ方法をご紹介しますが、ここではまだ本格的には実践しないでください。「ふんふん、こんなイメージか」という具合に、まずはお読みください。闇雲にリサーチしても、無駄な時間を使いますので。

1.人気商品のリサーチ方法
簡潔にご説明しますと以下の通りです。
① ブランド別ランキングにて、人気順で検索
② その商品名を把握したら、今度は価格の安い順で検索
③ その商品のBUYMA内での最安値が把握できたら、その最安値以下であなたがその商品を仕入れることができるかを調べる
④ 最安値より1円でも安く価格設定した上で、一定以上の利益が出る試算ができたら、出品商品として合格!無事リサーチ完了。
このような流れで人気商品のリサーチは行います。
詳細については図でご説明します。

まずは、①ブランド別のランキングを活用します。

トップ画面の右の方にあります「ランキングからさがす」ボタンをクリックしてください。

すると、ブランド別とバイヤー別で閲覧することができます。
こここでは「人気ブランドランキング」を押してください。
1位から20位までのブランド別ランキングが出ますので、基本的にはこの中のブランドが人気商品のリサーチ対象です。

さて、次にお好きなブランドをひとつ選択してください。
決めたら、そのブランドの「このブランドの商品をもっと見る」というボタンを選択すると、そのブランドの一覧が閲覧できます。

そのままですと、そのブランドの商品一覧は「人気順」で表示されています。

正式にBUYMAから発表されているわけではないので私の推測ですが、人気順とはその商品ページの閲覧数とお気に入り登録数、購入数、またその商品を売っているバイヤーの評価などから総合的に判断され、順序付けがされています。
続いて商品を1つ選択し、クリックして詳細ページに移ってください。

スクロールしていくと、商品説明欄が現れます。そこに商品名として、詳細な商品の名前や商品番号などがありますでしょうか。

 

バイヤーによってはそれらがない場合もあります。その場合は見つけるまで、他の商品を当たってください。コツは商品名を乗っけていないバイヤーは他の商品でも同様に商品名を乗っけていない場合が多いので、同じバイヤーの商品はなるべく避けるようにリサーチすると効果的です。
商品名は見つかりましたでしょうか。見つかった商品名をコピーしてください。

② その商品がまずBUYMA内で、どのくらいの数のバイヤーが出品しているのか、またどのくらいの価格帯で出品しているのかをリサーチしていきます。


価格帯で最重要なのは、最安値を把握することです。最安値を検索する方法は、商品一覧ページ左上にある「価格が安い」というボタンを押すと、検索している商品名の中で、価格の安い順に表示されます。
上図を見ますと、最初に人気順で調べたこの商品の価格はY 16500でしたが、商品名から検索したBUYMA内の同じ商品の最安値は¥ 14,500であることがわかりました。
この段階で、BUYMA内のライバルの出品する該当商品の最安値を把握できます。この情報は【該当のブランドにおいて、人気商品である商品AのBUYMA内の最安値がX円である】ということになります。同時にその情報を基に、【商品AをX円以下で出品することで、一定以上の利益が出るのであれば、その商品は出品すべき商品であるという仮説を明確化することができます】

ここまでで、出品したら売れそうな、有力な出品候補品を探し出すことができました。
しかしこの段階ですと、まだ商品リサーチは完了していません。
なぜなら、BUYMAでのビジネスにおいて、最も重要であり基本でもある、「仕入れることができるかどうか」のリサーチをする必要があります。
③ ここでは、その商品もしくはブランドの仕入れ先をすでに知っている前提でお話を致します。
商品名、最安値の価格がわかった上で、自身の知っている仕入れ先にて、その商品がいくらで仕入れることができるのかを調査します。

後の章で、詳細はお話ししますが、ここでの注意点は関税や、送料などの商品単価以外にもかかってくる経費を見落とすことがないようにしないといけません。

仕入れ先のサイトで、「Beacher Espadrille Flat」と検索しましと、実際に全く同じ商品名で、海外の仕入れ先サイトにもありました。

④ 最後は、③でもお話しした各経費と、BUYMAでかかる手数料を含んだ試算が問題なければ、出品商品として合格です。
今回の場合ですと、この仕入れ先では100ドル以上の購入で送料無料、また後程詳しくご説明しますが、関税もかからない額ですので、そういった経費面は¥Oとなります。また、BUYMAでの手数料は販売価格の5.25%ですので、先ほどリサーチした最安値より100円安い¥14,400でこの商品を出品し売れた場合、BUYMAへの手数料は756円です。

つまり、
原価¥12,146       ・・・①
BUYMAへの手数料¥756  ・・・②
販売価格¥14,400     ・・・③
さて利益はいくらでしょうか。
小学校の算数で出てきそうな問題ですね。

答えは
③ー(①十②)=¥1,498  です。
¥14,400の販売価格に対して、¥1,498の利益ですから、利益率は10%強という計算です。
人気商品の場合、ご説明した通り、利益率の目安は15%ですが、私のリサーチの合格基準では最低ラインが10%ですので、ぎりぎり合格 ということになります。
ここの合格基準に関しては、あなたの基準を設定すれば良いかと思いますが、参考までに私の人気商品の利益率の基準は最低10%以上、平均して約15%になっています。
以上の工程より、この商品は出品すべき商品として、ようやく人気商品のリサーチが1つ成功したことになります。

II . 高利益商品のリサーチ方法
続いて高利益商品のリサーチ方法を解説致します。こちらに関しては、実に様々なリサーチ方法が考えられますが、「これさえすればどんどん高利益商品が見つかる」という画期的なリサーチ方法はまずありません。というのも、高利益商品自体がとてもニッチな商品か、またはセール品などの期間限定的な商品が多いからです。
こちらに関しては、売れれば高利益が期待できますが、売れる可能性が比較的低いため、先はどの人気商品のリサーチ方法よりもさらに根気が必要と言えます。

このブログでは、比較的見つけやすく、また売りやすい、「有名ブランドのセール品検索」による高利益商品のリサーチ法をお教え致します。
手順はまず簡潔に中しますと、以下の通りです。
①ターゲットとするブランドを決め、そのブランドが仕入れられるサイトでのセール情報をしっかりと掴む。
もしくは、常にいくかの商品のセールをしているブランドであれば、セール商品の一覧ページにアクセスする。
②セール商品一覧ページの中でも、売りやすいもしくは売れそうな商品を選定する
③商品名をコピーし、BUYMA内で検索する
④検索結果を見て、その商品が高利益で売れそうだと判断したら、出品商品として合格

以上の流れになります。
では、詳細に解説していきます。
なお、こちらに関しては、このページの後半で実践していただくための内容が別途ありますので、ここでは実践いただかずに、見て理解していただければ幸いです。
①今回はターゲットとするブランドをBUYMA内でも常にトップ10位以内にランクインしている【ToryBurd】にします。
Tory Burchは、公式ブランドショップですと日本への直送が不可ですので、セレクトショップshopbopを使用します。
shopbopは常に一部の商品がセールになっていますし、期間限定でのテーマ別によるセールも随時行っています。
早速shopbopにアクセスします。
shopbop URL
https://www.shopbop.com/
このショップはおすすめの仕入れ先リストにも★マーク付きでご紹介したショップです。
セールのページにアクセルします。

続いて、ブランドで絞った検索を行います。
中央上部にある「FILTER」の右にあるdesignersをクリックし、その中にあるTory Burchにチエックを入れ、右下のオレンジの部分のapplyを押します。

Tory Burchのセール商品一覧だけが出てきます。
その中から、お好きな商品をBUYMA内で検索しますので、名前をコピーしてください。
私は、図で○をつけたサンダルに目をつけました。

BUYMA内で、名前を検索してみると、このような検索結果が出ました。

同様の商品の最安値は、一番左上にあるY7000ですが、左上に「リクエスト」と記載があるものに関しては基本的には無視して問題ありません。理由は、「リクエスト」となっている商品は、基本的には購入者が無視する傾向かおるからです。なお、リクエストとは、そのバイヤーに問い合わせをし、そのバイヤーがまだ仕入れることができるかどうかを確認してから、取引を開始するケースが基本で、そのバイヤーが過去に扱っていたことがある商品等がメインです。
この場合、最安値は「リクエスト」がついていない一番右のY7680になります。
では、利益計算をしてみましょう。

原価¥4510      ・・・①
BUYMAへの手数料¥403(販売価格の5.25%) ・・・②
販売価格¥7680    ・・・③
最安値で販売した際の利益は
¥7680 ?(4510十403)=¥2767
利益率は、
¥2767÷¥7680×100=36%
高利益商品としては、もう少し利益率が欲しい所ではありますが、高利益商品として合格基準はクリアしています。
商品価格も安めなので、私でしたらこの商品は即出品します。
なお、このサンダルは履物ですが、このようなプラスチック素材の商品は基本的には課税されないことがほとんどです。しかも非常に安価なので、更に安心です。
以上が高利益商品のリサーチ方法です。
やはり手っ取り早く高利益商品を探すには、有名ブランドのセール品検索がおすすめです。

C)出品する商品の仕入れ先の選定
C)-1:仕入れ先の選定基準 (信頼性測定サイト)
さて、ここまで仕入れ先については、すでに知っていると仮定してお話ししてきました。実際には、これからBUYMAを始める方は仕入れ先を知っているわけはないですよね。ここで仕入れ先の探し方について、解説しますのでご安心ください。また、C)-2では本当に使える仕入れ先リストをプレゼントしますので、楽しみにしていてください。

こでは、新しい仕入れ先を見つける際の注意点とポイントをご説明致します。
まず、そもそも仕入れ先を探したい時というのは、前提として何か商品が特定できていて、その商品をどこかで仕入れたいが、仕入れ先が分からないという場合がほとんどです。
ですので、ここでも「商品Yをどこで探すのか」、という状態での仕入れ先の探し方について解説致します。
まず、商品Yの商品名を特定する必要があります。万が一商品Yの正式名称がわかっていない場合は、まずその正式な商品名を特定してください。やり方は、なんらかしらの商品Yの情報がわかっていれば、それを基にヤフーやグーグルなどの検索ツールで検索していくのが地味ではありますが、間違ありません。
商品名がわかれば、その商品名(多くの場合が英語)で再度検索します。その際、ヤフーならヤフージャパン
ではなく、英語版のヤフーを利用します。グーグル等も同様です。ヤフージャパンはロ本譜検索には向いていますが、そもそも海外のサイト等を検索するのであれば、https://www.yahoo.com/ などの本場の英語版をご利用ください。
例えば、B)-4でも出てきた「Beacher Espadrille Flat」をヤフー英語版で検索してみます。
すると、下記のようにずらっと検索結果が出てきます。

ここに出てきたサイトをいくつかクリックしてみてください。
このBeacher Espadrille Flat という商品を扱っている海外のサイトがいくつも出てきます。なお、実際に検索した所、この後にご紹介するおすすめの仕入れ先リストにも入っているサイトがいくつもありました。
さて、このようにして英語版の検索サイトを用いて簡単に取扱いのある海外仕入れ先候補を探し出すことは可能です。
しかし、はたして、そのサイトが実際に公式ショップや有名デパートなど、信頼できるサイトなのかどうか、それが不明確ですね。
そこで、さらに、このページでは、サイトの信頼性を測るツール(サイト)をお教え致します。
こちらです。→ Alexa  https://www.alexa.com/

このサイトは、知らないサイトの信頼性や妥当性をある程度ではありますが、計測することが可能です。
実際に中央にある検索順に、どんなサイトでも結構ですので、サイトのURLを人力してエンターを押してみてください。
下記は先はどの商品Yの仕入れ先の検索結果として、出てきたサイトの1つ、「nordstrom」を計測した結果です。

Alexaというサイト内に登録されている無数のインターネットサイトの中での、そのサイトのランキングが見ることができます。
あくまでざっくりとした信頼性にはなりますが、目安としてAlexa Traffic Rankが10000位以内であれば、それなりに信頼されたサイトであると判断することができます。
とはいえ、保証するものではありませんので、新たな仕入れ先を探し出すときは、十分な注意が必要です。
補足)ヤフージャパンなど、ご存知のサイトを検索してみてください。なかなか面白いですよ。

https://www.yahoo.co.jp/

C)-2:おすすめの仕入れ先のリスト プレゼント
お待たせしました。ここまで、仕入れ先の検索方法を解説しましたが、正直結構手間ですよね。せっかくこのブログを活用いただき、2ケ月で最低月収2万円を目指していただくわけですから、すでに私が活用しています、おすすめの仕入れ先のリストをプレゼント致します。
公式ブランドショップ、セレクトショップ、有名デパート直営サイトの3種類のサイトに分けてリストを作成してあります。
無数にあるショップサイトの中から、私が使用したことがあるサイト、もしくは大変有名で優良なサイトのみをプレゼント致しますので、ぜひご活用いただければと幸いです。
更には、ここにあるサイトは全て、商品を日本に直送可能なサイトのみを厳選していますので、輸入代行を使用する等の手間もありません。

【公式ブランドショップ】
★ASOS https://www.asos.com/  送料無料
DIANE von FURSTENBERG  https://www.dvf.com/
Jimmy Choo  https://wwwjimmychoo.com/
victorials secret  https://www.victoriassecret.com/
Minnetonka   https://www.minnetonka.co.uk/
JAMES PERSE
https://www.jamesperse.com/index.jsp

【セレクトショップ】
★REVOLVE CLOTHING.COM  https://www.revolvedothing.com/
100$以上購入で送料無料
★shop bop    https://www.shopbop.com/
100$以上購入で送料無料

【有名デパート直営サイト】
NORDSTROM  https://shop.nordstrom.com
BergdorfGoodman  https://www.bergdorfgoodman.com/
BLOOMINGDALE'S  https://www.bloomingdales.com
N日MAN MARCUS  https://www.neimanmarcus.com
★がついているショップに関しては、私が重宝しているショップです。
理由は、リストにも書いてありますが、一定条件をクリアすれば送料が無料なこと(ASOSに関しては、最低購入価格さえありません)、後程詳しくご説明しますが、配送業者がUSPSという言わば海外の郵便局ですので、関税支払いを免れるケースもあるためです。

そんなに数は多くはないので、ぜひ時間かおる時にそれぞれのショップに、アクセスし内容を見てみてください。

C)-3
:配送業者と関税をマスターする
商品のリサーチ方法、仕入れ先をマスターしましたら、次に配送業者と関税について学習する必要があります。
前にも少しご説明しましたが、予想外の関税や関税の計算ミス等があると、利益計算に大きな影響を与えることになってしまいます。

【配送業者の種類と特性】
まず、海外から日本に配送してくれる代表的な配送業者をご紹介します。ご紹介する理由は、配送業者によって関税に対しての対応状況が多少異なるためです。
代表的な配送業者は以下の通りです。

・USPS  https://www.usps,com/  EMIやPMIなどの配送サービスが代表的
・UPS https://www.ups.com/asia/jp/jpnindex.html
・DHL https://www.dhl.co.jp/ja.html
・fedex https://www.fedex.com/.jp/

似たような名前もありますが、大きく分けてUSPSとその他という分類が適切かと思います。分類する特性は、

USPSは言わば海外版の郵便局で、UPSを含めたその他の配送業者は、日本でいうヤマト宅急便や佐川急便などの業者というイメージです。
そして、バイヤーにとって覚えておくべきポイントは、関税に対する考え方の違いです。
とはいえ、基本的には関税や消費税に関しては、法律に基づいたルール通りに徴収されるのが基本ですので、こちらに関しては、あくまでも私の経験上の私感によるアドバイスだと思って理解していただければ幸いです。
一言で申しますと、USPSは比較的関税徴収が甘く、たまに本来課税対象の輸入品も、無関税で通る場合があります。
一方、UPS、DHLなどは、税関より関税徴収を仕事の一貫として代行しているため、100%の確率で関税を徴収されます。

【関税の課税の仕組み】(2013年5月時点)
関税はとてもややこしいと認識されがちですが、実はとても簡単です。
まず、大分類として、一般輸入と少額輸入に分けられます。少額輸入では、合計輸入額が10万円以下の場合に
適用され、適用される関税の税率は簡易税率という一般輸入のものと比べてやや少額の税率が適用されます。
よほど高額な商品を仕入れない限りは、BUYMAでのバイヤーの場合、ほとんどすべてがこの簡易税率で済み
ます。
詳細は、税関の該当のサイトを参照ください。
https://www.customs.go.jp/tsukan/kanizeiritsu.htm
上記サイトの中で、特に注意するべきポイントは以下の2つです。
1.  課税価格が1万円以下の貨物の場合、原則として、関税、消費税および地方消費税は免除されます。ただし、酒税およびたばこ税・たばこ特別消費税は免除になりません。また、革製のバッグ、パンスト・タイツ、手袋・履物、スキー靴、ニット製衣類等は個人的な使用に供されるギフトとして居住者に贈られたものである場合を除き、課税価格が1万円以下であっても関税等は免除されません。
2.  個人の方がご自身の個人的使用の目的で輸入する貨物の課税価格は、海外小売価格に0.6を掛けた金額となります。その他の貨物の課税価格はレ商品の価格に運送費および保険料を足した金額になります。
(財務省関税局ホームページより抜粋)
要約しますと、
個人輸入の範囲で収まる程度の買付けであれば、個人使用目的とみなされますので、日本円換算で16666円
(海外の小売価格)までの商品であれば基本的には無課税となります。
ただし、上記1にあります例外の商品に関しては、価格に関係なく課税対象となりますので、注意が必要です。
特に一般税率となる履物や革製品等については注意が必要です。税率については、細かく規定がありますので、
こちらは下記サイトを参照ください。
https://www.customs.go.jp/tarin/index.htm
補足)
なお、16666円がどこから出てきたのかが気になる方のために、以下に計算方法を載せておきます。
財務省から抜粋した文章の2にある通り、個人使用目的とみなされた場合、仕入れ価格X円に0.6を掛けた課
税対象額が10000円以下になるということは、
X円×0.6 ≦10000円
つまり、X≦10000円÷0.6    X≦16666円

結果、仕入れ価格が16666円以下であれば、個人輸入の範囲においては課税対象にはならないということです。
ここでのアドバイスは、BUYMA序盤では、なるべく仕入れ価格が16666円以下の商品で、かつ一般税率の対象とならない商IWI(革製品や履物等を避ける)を出品するようにしましょう。
慣れてきたら、16667円以上の商品や、革製品、履物等にも挑戦していくのがいいでしょう。

D)出品
商品リサーチ、仕入れ先、関税について理解いただけましたでしょうカ
ここからは、出品について詳細に解説致します。
まず、再度出品についての基本知識をお伝えしておきます。
<手数料>
出品する分には、一切の手数料はかかりません。
(売れた場合、販売価格の5.25%が手数料になります)
<出品商品数の上限>
バイヤー登録をしただけですと、上限数は99品です。
特定商取引法の登録を行えば、上限数は一気に1500品まで拡大します。
※詳細は、このページの A)-2:商品登録数の上限について を参照ください。それでも不明な点はhttps://help.buyma.com/buyer/949/ をご覧ください。

D)-1:出品の方法
出品については、図を用いて解説していきます。最初は時間がかかり、面倒と感じる方もいるかと思いますが、
慣れてきたら単なる繰り返し作業ですので、ご安心ください。

それでは、まずマイページの左から2番目にある「出品する」というボタンを押してください。そうしますと、以下のような出品ページが現れます。


1.まず、カテゴリを選択します。こちらについては、出品する商品の該当しそうなカテゴリを選択してください。もし仮に、カテゴリがよくわからないという方は、同じ商品を出品している他のバイヤーのページを探して、どのカテゴリを使用しているかを参考にするのがおすすめです。
2.続いてブランド名を検索して登録します。
3.次は商品名の登録です。こちらは、大変重要です。コツは、数ある同じ商品の中から、あなたの商品をクリックしてもらえるような商品タイトルにしてあげることです。ただし、全角30文字以内という制限がありますので、コンパクトにする必要もあります。

ポイントは、
・あなたから買うメリットを一言で伝えること
・商品のイメージが一目でわかること
・希少性や、限定的な言葉を用いること
・有名人使用や、雑誌掲載などのブランディング効果を用いることです。
例えば、
「雑誌○07月号に掲載!回の新作ワンピース★ 送料・関税込!」
「あの○○さんも使用!回の人気デニム 安心の東京発送」
「国内未発売 海外セレブ御用達の○○ 1週間で発送可能!」
「7/30まで期間限定セール30%オフ! ××の超人気シリーズ○○」
タイトルに書く強みがない場合や思いつかない場合は、購入者が不安に感じていることや気にしていることを

タイトルに入れてあげるように努めましょう。購入者がBUYMAで購入する際に気にすることの代表例を以下
に挙げます。
・納期はどのくらいなのか
・送料はかかるのか
・関税はかかるのか
・本物かどうか
以上のようなことを気にしている購入者が多いので、それをタイトルで安心させてあげるような工夫が喜ばれます。

4.商品イメージ
こちらについても、商品タイトルと同様非常に重要な項目です。
まず、商品の写真の素材をどうすればいいのかという基本的なことについてですが、ほぼ全てのバイヤーが仕入れ先ショップや公式ブランドショップの商品イメージを自分なりに加工して再利用しているのが実情です。
購入者が全く同様の商品をクリックして詳細ページに行くかどうかの最初の判断は、この商品イメージ次第であると言っても過言ではありません。

要するにお客様にクリックしてもらえるような商品イメージを作成できればよいのですが、そのポイントをお伝えします。
・1枚目の商品イメージをとにかくこだわって作る
→商品一覧で見えるのは、1枚目に設定した商品イメージです。数ある商品一覧から選択してもらえるよう、1枚目は特にこだわりましょう。
・商品イメージは、なるべく多く載せる
→写真は最大5枚まで載せられます。できるだけ多く載せましょう。ポイントはいろんな角度からの画像や、
実際にモデルが着用している画像など、購入して使用する際のイメージがつきやすいことが重要です。
・複数のカラーがある商品については、必ず1枚目の商品イメージにすべてのカラーを載せる
→これは必ずやっていただきたいです。複数のカラーが用意されている商品については、1つずつ出品するのもいいのですが、私は必ず全カラーを一遍に出品することを心掛けています。理由は、購入を考えている人の心理からして、どのカラーがいいのかをIつのページで比較検討できることが何よりも喜ばれるからです。
統計的に見ても、複数のカラーの商品イメージを載せているページの方が圧倒的に閲覧数、購入数共に多いです。

5.商品コメント
商品コメント欄では、商品の詳細をお客様にお伝えする大切な項目です。
大きく分けて2つの目的があります。
①商品ついての詳細をお知らせし、購入を促す
②購入者とのトラブル防止
ここで記載すべき、最低限の項目については以下の通りです。
・商品名
・発送について(納期、発送方法)
・送料、関税について(いくらかかるのか)
・商品の返品や交換についてのルールの説明
・その他(宣伝や注意点)
では実際に私が使用している商品コメントを基に作成した、商品コメントのテンプレートをプレゼント致します。こちらをコピーして自分なりに加工し、使用していただいて結構です。
<商品コメント テンプレート>
ご覧いただきありがとうございます!
ご注文をご検討の際は、こちらを最後までお読みいただき、ご理解の上ご注文をいただけましたら幸いです。
【商品名】○○○
【納期・発送経路】

○○週間前後でお届け致します。
発送経路は「○○(仕入れ先の国を記入)→日本のバイヤー宅→お客様のご自宅」となっています。
【関税・送料】
関税、送料込みですので、お客様のご負担は一切ありません。
【返品・交換】
・商品取り寄せ後のキャンセルはお受けできませんので、予めご了承下さい。
・お客様よりご注文をいただいてから、仕入れを行っておりますため、イメージとの相違、サイズ違い等お客
様のご都合による返品・交換には対応できかねますので、ご理解ご了承下さいませ。
【その他】
・ご注文確定後に仕入れのオーダーを行いますので、ご注文のタイミングによりご希望商品が完売の際はキャンセル対応とさせていただきます。ご了承下さい。
・お探しの商品等がありましたらお安くお探しします!お気軽にお問い合わせください。
・複数購入や、ご紹介、リピーター様には各種割引ございますので、お問い合わせください。
・当方で取り扱っている商品はすべて、有名デパート直営店や公式ブランドショップ等、正規取扱店で購入した商品のみとなりますのでご安心下さい。

【検索キーワード】
○○○
(検索キーワードは任意ですが、該当の商品が検索で使用されそうなキーワードが思い浮かべば、こちらに記載しておくと検索される確率が高くなります。例えば、結婚式などでも使用できそうなドレスが商品であれば、キーワード側に「結婚式 ドレス」と入れておいてください。結婚式用のドレスを探しにBUYMAに来たお客様が、BUYMAトップ画面の検索欄に「結婚式 ドレス」と打てば、あなたの商品が検索されるわけです。)

6.色とサイズ
こちらの項目では、商品のカラーとサイズについて、また素材などについての商品スペックを詳細に記載します。
これについてもテンプレートをご用意しますので、参考にしてくださし
<色とサイズ テンプレート>
【カラー】
下記よりお選びください。

①ピンク
②ブラック
【素材】
58%コットン
38%レーヨン
4%シルク.
【サイズ】
下記よりお選びください
USサイズ:4(日本サイズ:7)
USサイズ:6(日本サイズ:9)
USサイズ:8(日本サイズ:11)

7.バイヤーヘの連絡事項
こちらに関しては、色やサイズ等、選択する必要がある場合はチェックを付けて、必須にしてください。 1種類しかない場合など、何も選択する必要がない場合、チェックは要りません。

8.色の系統/サイズの種類

こちらは、該当する色とサイズにすべてチェックをしましょう。
検索用と書いてある通り、お客様が検索する際に使用する情報ですので、該当する箇所はなるべく全てチェッ
クすることを心掛けましょう。

9.シーズン、タグ、テーマ
これらも、8.色の系統/サイズの種類と同様、検索用の情報ですので、できる限り設定しましょう。該当するシーズンやテーマがある場合は該当の項目にチェックしましょう。面倒ですが、お客様が商品を検索する際、このような項目から検索するケースもありますので、検索のヒット率を上げるためにもできる限り設定すべき項目です。

10.販売価格/配送方法(A)
価格については、これまでもお話ししていますが、序盤においては、BUYMA内のその商品の中で最安値になるよう、設定しましょう。
通常出品価格/参考価格については、任意ですが、特に参考価格については、明確にわかっていれば記入する価値はあります。店頭価格や、定価が明確な場合、記入することで、あなたの販売価格のお得感が伝わります。
送料、配送方法、追跡サービスの有無、配送期間 については、それぞれ正確に設定してください。なお、追跡サービスというのは、基本的には有が好まれますので、なるべく追跡サービスを付けられるような仕入れを行いましょう

販売価格/配送方法(B)
こちらは、任意の項目ですが、有効な活用方法があります。
少し上級編とも言えますが、仕入れ先によっては配送手段がいくつか選択可能な場合がありますので、それを購入者に直接選択させてあげることも、ライバルとの差をつけるコツになります。
例えば、販売価格/配送方法(A)では通常の発送タイプ、販売価格/配送方法(B)ではお急ぎの購入者のために速達発送タイプ 等と分けることも可能です。
なお、販売価格/配送方法については、第五章 実践編でさらに詳しく解説致しますので、そちらで再度理解いただければ幸いです。

1 1 . 購入者の支払方法
支払方法に関しては、基本的には 振込その他(コンビニ・ATMなど)も可にしておきましょう。私の経験上、半分くらいの購入者が振込を利用しますので、こちらは必須とも言えます。

12.数量
数量は、「1個」と入れると、商品一覧画面で「あと一個」と表示がされます。
それ以外は、詳細画面までいかないと残りの数量はわからないため、在庫商品でない限りは、適当に入れてしまって問題ありません。
なお、その商品が1個売れれば、自動的に数量が1個減るようなシステムになっています。Oになると、自動的に「出品中」というステータスから、「リクエスト受付中」というステータスに変わり、購入者が買おうとしても、カートに入れることができなくなってしまいますので、注意が必要です。(なお、「リクエスト受付中」
になった商品は商品編集により、すぐに「出品中」に変更できます)
そんな事情からも、私は多くの場合、在庫品でもない限りは、その日の気分で10個か20個くらいにしています。

13.購入期限
こちらも、購入期限を過ぎてしまいますと、1 2. 数量 と同様、自動的に「出品中」というステータスから「リクエスト受付中」というステータスに変わります。ですので、こちらはほぼ全ての商品において、最長に設定しておけば問題はありません。
有効な使い方としては、セール品などで本当にある期間限定の商品であれば、その期間を設定しておけば、自動的にステータスを変更してくれますので便利です。

14.買付地、ショップ名、発送地
買付地と発送地については、国をしっかりと設定しましょう。
ショップ名については、任意なのですが、こちらは詳細に記載しない方が良いです。理由は、ショップ名とは要するにあなたの仕入れ先なのですから、わざわざ仕入れ先の詳細を購入者に教える必要はありません。更に言えば、仕入れ先を教えるということは、原価を教えているようなものですから、あまりおすすめはできません。
ここでは、「○○(ブランド名)正規取扱い店」や「○○公式ショップ」などど、登録しましょう。
以上が出品に必要な記載項目です。
なお、補足ですが、特に序盤においては、出品登録しても、BUYMA事務局による出品の審査があります。正
式に出品が完了するまでに3~4日かかる場合があります。こちらに関しては、大人しく待っているしかありませんが、稀に1週間ほど経過しても出品中にならないことかありますので、その際にはBUYMA事務局に問い合わせをしましょう。

E)問い合わせ対応
E)-1:問い合わせ対応の方法とコツ
出品活動をしていくと、出品商品に対しての問い合わせが来るようになります。代表的な問い合わせの内容は、出品商品の在庫の有無や、サイズ、素材、納期等です。
まず、問い合わせが来た際は登録する携帯のアドレス宛にメールが来ますので、逃すということはありません。
ポイントは2点です。
・できる限り早い対応を心掛ける
・丁寧に、質問されたことにきちんと答える
大変基本的なことですが、この2点は必ず抑えてください。
特に早さについては、重要で、お客様によっては本当に今すぐにでも欲しいというケースも多々あります。そのようなお客様は、同じ商品Aを扱っている複数人のバイヤーに対して同様の質問をしているパターンがほとんどです。その際、レスポンスの早さにより勝敗がつくというケースは決して少なくありません。
そして、問い合わせをしてくる時点で、多くのお客様は購入意思が少なからずあるわけですが、決しでがっつくことなく丁寧に対応しましょう。わかりやすく言えば、「礼儀正しく、余裕あるバイヤー」になりましょう。

以下、一例です。
<問い合わせ内容>
はじめまして。こちらの商品を検討しています。
在庫はまだありますでしょうか。

<返信内容>
はじめまして。お問い合わせありがとうございます。
本商品ですが、在庫品ではないため、手元に在庫はございませんが、
仕入れ先を確認しました所、現時点では仕入れにより対応可能です。
ただし、ご注文確定後の仕入れになりますので、タイミングにより完売の際はご容赦ください。よろしくお願い致します。

F)受注
F)-1:受注したら
無事に商品の注文をいただきましたら、うかうかと喜んではいられません。
その商品が在庫品ではない限り、仕入れを行う必要がありますので、すぐに仕入れが可能かどうかを調査しま
す。
仕入れ先のサイトを閲覧し、該当の商品を探します。
まだ十分に仕入れが可能であれば、問題はありません。
できる限り早く購入者に、お礼と、何時ごろに発送できるのか等の連絡をしましょう。
逆に、仕入れが困難な場合は、他のカラーなどへの変更を促すか、お断りの連絡をしなくてはいけません。
以下に受注した際のそれぞれのメッセージのテンプレートを載せておきます。
参考にしてください。
<仕入れが可能な場合>
○○さま
はじめまして、バイヤーの○○と申します。
ご注文ありがとうございます!

早速ですが商品の買い付けを行っており、無事に商品を確保致しました。
商品到着までは○○週間ほどいただいております。
私の手元に到着と同時に検品し、その後発送致します。
発送の際には再度ご連絡させていただきます。
よろしくお願い致します。

バイヤー ○○

く仕入れが困難で商品の変更かキャンセルをする場合>
[ご返信お願い致します](←これを入れると、返倍率がアップします)
○○さま
はじめまして、バイヤーの○○と中します。
ご注文ありがとうございます。
せっかくなのですが、ご希望商品が在庫切れにより現在○○のみのお取扱いとなります。

1.上記取り扱い可能商品の中からお選び直しいただく
2.キャンセルさせていただく
上記どちらかをご選択の上、ご連絡をお願い致します。
お手数ですが、よろしくお願い致します。
バイヤー ○○
仕入れを行っても問題ないことが明確になれば、すぐに仕入れ作業に移りましょう。ここは、正確さと迅速さが最も求められる部分です。

G)仕入れ
G)-1:仕入れの際のコツ
ここでの仕入れのコツとは、具体的に仕入れる段階でのテクニック的な要素になります。
ライバルが存在する以上、販売価格を大きく変えることはできませんが、仕入れ価格つまり原価を少しでも安
くするコツはあります。
以下2点を徹底しましょう。
・送料無料を考慮した計画的仕入れを行う
・関税無料を狙う戦略的仕入れを行う
まず、送料に関してですが、使用する仕入れ先ショップによっても異なりますが、100ドル以上の購入で送料無料などの条件がある場合は、ぜひその条件に当てはめて購入し、1円でも安い仕入れを心掛けることが利益を最大化するコツです。
では、100ドル未満の商品が売れた場合、どうするかというと、まとめ買いをします。他に同じ仕入れ先ショップで仕入れができる商品が売れるのを持つのです。
私の経験上、販売価格が安めの商品で人気商品であれば、たいてい2,3日も持っていればもう1つ2つ売れますので、それらを持ってから、まとめ買いすることで送料を無料にしています。
とはいえ、発送までの期限もありますので、持てる時間も限られます。3,4日待ってもまとめ買いができる兆しがなければ、送料を払ってでも仕入れを行いましょう。

「送料を払ってでも仕入れを行いましょう」と申しましたが、1点上級編のテクニックがあります。人気商品等
で、ある程度売れ行きがわかってきた商品があれば、“先買い”を行ってしまうことで、送料無料のバーまで購
入する という方法もあります。こちらは在庫を持つことになりますので、上級編としましたが、「これは絶対
また売れる」と思う商品があれば、私は先買いを行ってしまっています。

とにかく、送料無料という条件かおる場合は、できる限り無料にしましょう。
続いて関税についてです。
こちらは、C)-3:関税をマスターする で詳しく解説しましたが、仕入れを行う際、できれば関税は取られたくありませんよね。商品によっては、関税を取られないように仕入れ価格を調整してあげることができます。
関税は仕入れ価格が16666円以上の時に課税される仕組みと解説致しました。
先はどの送料のコツとは逆に、可能であるならば1回の仕入れ先へのオーダーを16666円以下に調整して仕入れを行いましょう。
以上をまとめますと、100ドル以上で送料無料の仕入れ先ショップを使う場合、100ドル以上かつ166ドル(1ドル=100円と計算して)以下での仕入れに関しては、送料も関税もかからないということになります。
注意点は、日本円換算が仕入れを行う際のリアルタイムなレートではなく、税関が定めた1週間毎の基準レートで審査をされますので、少し余裕をもった調整を行いましょう。
詳細はこちらのJETROのページをご覧ください。
https://www.jetro.go.jp/world/japan/qa/import_03/04A-A21229
また、革製品や履物等の例外商品があることはお忘れなく。

H)検品、梱包
H)一1:検品の必要性
仕入れを行い、無事にバイヤー宅まで商品が到着しましたら、次に検品と梱包作業に入ります。
この検品に関しては多少面倒ですが、必ず行いましょう。
しっかりと検品を行うことで得られるメリットがいくつかあります。
・初期不良品を購入者にお届けするリスクが軽減される
・購入者から、「最初から壊れていました」などのクレームを頂いた際も、自信を持ってきちんと交渉ができる
・その商品の素材感や、イメージを覚えることができ、それを他の購入検討者に対してシェアすることができる。
なお、海外から仕人れる商品は、はっきり申しまして、初期傷があったり、衣服だとほつれ等があったりと、
国産の物と比べると劣る点もあります。
だからこそ、やはり検品は必須です。

H)一2:梱包の注意点

続いて商品に問題がなければ、梱包作業に移ります。
ここでの注意点はとにかく、綺麗に丁寧に梱包しましょう。BUYMAでの購入者は、多くが女性ですので、特
に注力した方が良いです。
仕入れ先の梱包は多くの場合が並か、少し粗いといった感じですので、検品した後の梱包では、日本人女性に
喜ばれるような梱包を心掛けましょう。
扱う商品によっても異なりますが、最低でもエアークッション(ぶちぷち)や、段ボールは常備しておく必要
があります。

H)一3:梱包の際のちょっとした工夫でリピーターを増やす方法
梱包の最は、とことんサービス精神を持って行いましょう。
ここが最大のリピーター作りのポイントと言って間違いでしょう。
私や私の周りのバイヤーで実践しているリピーター作りの工夫は以下の2点です。
・手書きでの文章でお礼を書く
・おまけを入れる
手書きの文章とは、ミニカードのような小さなカードに一言感謝の気持ちを書けばいいのです。これだけでぐっと購入者の心を掴みます。
また、おまけを入れることも効果的です。おまけは、なんでもいいのですが、利益に影響するほど高価なおまけを入れる必要はもちろんありません。
飴やクッキーなどの食べ物でもいいですし、安く買える小物系でもいいです。
あなたも何か買った時に、おまけ自体はたいした物でなくとも、あるだけでなんとなく嬉しかった記憶はありませんか。リピーターを作るコツはそんなちょっとした工夫です。
この工夫は、どちらか一方でもいいのでぜひやってみましょう。

I)発送
I)-1:発送の方法とコツ
梱包までできたら、あとは実際に発送するだけです。
ここでのコツは、いかにこれら単純作業をコンパクトにすることができるか、という部分に限ります。
私は基本的に週に1-2回の発送で済むように、注文をある程度まとめてから発送します。
また集荷のお願いもできますので、前もって集荷依頼をしておけば、業者がバイヤー宅まで集荷しに来てくれます。
<BUYMA内での作業>
発送が終わりましたら、BUYMA内で購入者に発送完了のお知らせをする義務があります。
やり方は以下の通りです。
マイページ内の受注リストをクリックします。

そして、該当の商品の右の方にあります、「発送した」をクリックします。

以下の画面で、適切な配送業者等の情報を人力してください。

以上で発送通知完了です。

J)評価人力
J)-1:評価人力の方法
発送通知をしましたら、すべての取引が終了するわけではありません。購入者に到着し、それを確認後、商品の代金を回収しなければなりません。
発送通知をしましたら、まず購入者による到着通知を待ちます。到着通知とは、購入者に商品が届いた後、購入者が行う、バイヤーに対する商品到着の通達と、評価を人力するための作業のことです。手順は以下の通りです。
①購入者の手元に商品が到着し、購入者が到着通知を完了したタイミングで、バイヤーのマイページ上の受注一覧のステータスが「購入者に到着」となります。
②「購入者を評価する」のボタンから、購入者に対する評価人力を行うことができます。
評価人力が終わりましたら、代金の回収については、毎月1日、6日、11日、16日、21日、26日(2013年9月時点)に「振込依頼受付中」となり、入金リストより振込依頼ができます。

J)-2:トラブル対応や評価人力の注意点
多くのバイヤーが評価人力において、頭を悩ませていることがあります。それは、購入者からの評価が少し無
責任な内容であったり、一方的過ぎる内容であることが稀にあることです。
大きく分けて、①バイヤーが作成した商品コメントをほとんど見ていないパターン、②悪質な購入者 の2種
類になります。
それぞれ私の経験した例えを挙げます。
①評価:「悪い」  コメント:「届くのが遅い」
評価「悪い」  コメント:「イメージと違った」
②評価「悪い」 コメント 「特になし」
評価「悪い」 コメント 「微妙」

①への対処方法は、冒頭では謝るものの、納期やイメージとの相違については商品コメントでしっかりと書いていれば、「商品コメントをしっかりと見ていただけば幸いでした」と少し強気で評価をしても問題ないでしょう。逆にこちらに落ち度がないのに、ぺこぺこと謝ることは、ブランディングに悪影響ですのでやめましょう。
②への対処は2種類あります。

1つは、あまりにもひどい理不尽な評価については、評価の訂正を求めることができます。
実際に行う際は、詳細はこちらに載せますので参照ください。
https://qa.buyma.com/2008/12/2510.html
2つ目は、評価の訂正を行うのは面倒だし、そこまでしなくても問題ない場合、バイヤーからの評価の際に、購入者からの評価に納得がいかない旨を丁寧に伝えましょう。要するにこの評価制度というのは、これからあなたから購入を検討している人があなたはどんなバイヤーなのかを判断する貴重な材料になるわけです。ですので、まず悪質な評価には、事実をしっかりと伝えることと、今後そのような評価人力を避けるように丁寧に注意をすることが大切です。

K)代金回収
K)-1:代金回収の仕組みとコツ
BUYMAでの商品代金の流れは、以下のようになっています。
購入者 → BUYMA → バイヤー
一般的なネットショップでは、購入者と販売者(バイヤー)で直接代金の受け渡しをしますが、
BUYMAではBUYMA事務局を通して代金を回収します。
仕組みは、購入者よりBUYMAが一旦商品の代金をいただき、購入者に商品が到着後、購入者による到着通知があり、バイヤーによる評価人力が終わって、初めてバイヤーは商品代金をBUYMAより回収することができます。
方法は、受注リストの1つ下にあります入金リストをクリックします。
すると、以下のような画面になりますので、該当の入金内容にチエックを入れて、振込依頼をすることができます。

詳細についてはBUYMAの該当ページを参照くださし
https://qa.buyma.com/exhibit/index.html#cat167
指定の口座にBUYMAより振込を依頼する際のポイントは、一回の振込に数百円の手数料がかかりますので、ある程度まとまってから依頼をかけるようにしましょう。

私の場合は、月に1回の振込依頼で代金を回収してます。

 

L)売り上げ管理
L)-1:正確な売り上げ管理を行うコツ
一通りの流れを解説してきました。
最後は、販売した商品の売り上げ、利益の管理について解説致します。
まず基本的なBUYMAのシステムとして、販売した購入者の個人情報については、取引が終了すると名前とお住まいの都道府県以外はすべて削除されるようになっています。
取引終了後に何か起こるかわかりませんので、購入者の個人情報については、別途管理しておくことをおすすめします。ただし、個人情報ですので、もちろん不正な利用は厳禁ですし、情報漏洩には十分な注意が必要です。
正確な売り上げ管理を行うために必要な項目は以下の通りです。
・原価
・販売価格
非常にシンプルですが、大切なのはざっくりではなく、正確に計算することです。
BUYMAでビジネスを行う上で、ビジネスである以上、正確な利益計算をすることをお勧め致します。

私の場合、excelで管理をしています。
excelでも手書きでも、やりやすい方法で良いかとは思いますが、最低限以下の項目は抑えるようにしてくださ
い。
・取引ID
・商品名
・販売額
・原価
・利益
・購入者の個人情報(住所、名前、電話番号)
できればやはりexcelなどのソフトを使用することをおすすめします。理由は、慣れれば本当に早いですし、
数式などで更に効率化をすることができるからです。
以下に一例として、私の使っているexcelシートのイメージを公開致します。

ポイントは、できる限り数式等を活用して管理を楽にすることと、為替変動による原価の変動も正確に計算し、できる限りリアルな利益計算をできるようになりましょう。
Excelの数式については、下記サイトが参考になりましたので、よろしければ活用ください。
https://homepage3.nifty.com/gakuyu/excel/siki.html

 

実践編

実際にブランドASOSを使って、出品から販売までを実践してみよう!
ここまで、それぞれの段階においてのコツや注意点を解説して参りました。
第四章では、すでに実践していらっしやる方もいるかもしれませんが、具体的なブランドを用いて、実際に一緒に商品リサーチから出品までを行ってみましょう。
今回使用するブランドはASOSです。
こちらの公式ショップは、おすすめの仕入れ先リストでもご紹介しましたが、いくらの商品でも送料無料で、かつ価格帯も20000円くらいまでの商品が多いので、最初に扱うブランドには最適です。
では早速、実践してみましょう。
まず、BUYMAでASOSの商品一覧出面を開いてください。
方法は、ホーム→右上にある「ブランドから探す」→ASOSを探してクリック→「商品一覧を見る」をクリック
です。

 

一覧画面が開きましたら、次に並び順が人気順になっているかどうかを確認してください。なっていなかったら、人気順に並び替えをしてください。

では、早速商品リサーチをしていきます。
人気順に表示した商品を1つずつチェックします。どれでも結構ですので、商品をクリックして詳細画面に行きましょう。
商品名を探してください。載せてない商品ページもありますので、商品名が探せるまで検索を続けてください。
ありましたら、コピーしてください。

コピーしたら、BUYMAの検索欄で貼り付けし、検索します。
上記の商品で調べますと、このような検索結果となりました。
そして、ここでは並び順を、「価格の安い順」に設定します。

 

ここでは、その商品のBUYMA内での最安値をチェックする目的があります。
なお、極端に安いものや、左上に「リクエスト」と記載があるものに開しては基本的には無視して問題ありません。理由は、極端に安いものは何かしらの訳が有る商品等が多く、「リクエスト」となっている商品は、基本的には購入者も無視する傾向があるからです。なお、リクエストとは、そのバイヤーに問い合わせをし、そのバイヤーがまだ仕入れることができるかどうかを確認してから、取引を開始するケースが基本で、そのバイヤーが過去に扱っていたことがある商品等がメインです。
こちらの商品ですと、それらを除くと、上から7つ目にあった¥9470が最安値でした。

ここまでBUYMA内でリサーチができましたら、続いてASOSのショップにアクセスします。
ASOSショップ:https://us.asos.com/?hrd=1
検索欄に、先はどからリサーチしている商品名を人力し、検索をかけます。

ありました。
商品名を入れた際、同じ商品名でいくつか検索結果が出るケースかおりますが、写真でどの商品かを判断してください。
早速値段を調べてみましょう。
こちらの販売価格は、84.85ドルです。

送料は無料、関税も16666円以下の輸入ですので、無料です。
つまり、仕入れ原価は84.85ドル=8485円(1ドル100円計算)です。
では、この商品は出品する価値があるかどうかを判断する段階に来ました。
・BUYMAでの最安値が¥9470
・原価が¥8485
つまり、最安値で売れたとして、¥9470 ー ¥8485 =¥985 の利益です。
利益率にして、985÷9470×100=10.4%

私の定義する合格ラインで判断すると、人気商品に分類されますので、ぎりぎり合格です。この商品は、出品する商品として商品リサーチ完了です。なお、ここまででお気づきの方もいらっしやるかもしれませんが、バイヤー宅から購入者までの送料を考えていません。送料は、出品作業の際に、購入者負担にするか、バイヤー負担にするかを選択できます。基本的には、バイヤー負担にして商品代金の中に含んでしまう方が、購入者にとっては、総支払代金が明確になり喜ばれます。結論を言いますと、どちらでも購入者が選択できるように出品するのが一番望ましいです。設定次第で、以下のように2種類の価格と配送の設定を行うことが可能です。


基本的には、送料込に設定して、送料を加味した上でもしっかりと利益が出るような商品をリサーチしましょう。
なお、ここで、1つ中級編のテクニックをお伝えします。
バイヤー宅から購入者宅までの送料をもYOにする方法があります。
どうするかと言いますと、ASOSより購入者に直接届けてもらいます。そうしますと、梱包などの手間も省けますし、送料もかかりませんので、大変お得かつ便利になります。
上の図にある2種類のうち、左のAについては、まさしくこの直送での仕入れを活用しています。
ただし、こちらに間しては検品ができないリスクと、追跡サービスが付いていない危険性がありますので、そこはしっかりと商品コメント等で説明を行い、トラブルを事前に防ぐ努力が必要になります。
商品リサーチが完了しました。続いて出品を行っていきましょう。
出品画面を開いてください。
基本的な項目に関しては、D)-1:出品の方法を参考にし、作業を行ってください。
後半の価格設定の部分について、少し補足を致します。
上記にも図で載せましたが、ASOSの場合は特に2種類の価格及び配送設定を行うと良いです。設定の仕方はシンプルです。
まず、販売価格/配送方法(A)を人力していきます。ここで重要なのは、販売価格/配送方法(A)で設定した価格が、商品一覧で表示される価格になりますので、安い価格の方を(A)に設定しましょう。

ここでは、あなたの商品がBUYMA内で最安値になるよう、¥9,400に設定します。(最安値にすれば良いので、
細かい価格設定のさじ加減はお任せします。)


ASOSの場合、特別なオプションを付けての仕入れをしない限りは、配送方法はUSPSの標準サービスである、
USPS-Priority Mail lntemational を選択します。
追跡サービスの有無は、「無」です。
配送期間は、10日〜18日としておきましょう。

続いて販売価格/配送方法(B)を入力していきます。
以下のように、(A)とは違い、バイヤー宅に一度仕人れた後、郵便局等の一般的なの配送業者に配送依頼をするパターンです。


配送方法は、図ではレターパックプラスにしていますが、ここはお好きな安い配送業者で結構です。全国一律500円のレターパックはおすすめです。

配送期間は、バイヤー宅を介しますので、直送の場合よりも少し長めに設定しましょう。

価格設定についての補足は以上です。
最後の人力項目の「発送地」については、販売価格/配送方法(A)に沿って、ASOSの仕入れ先であるアメリカを設定します。
以上で出品作業についても完了です。
商品リサーチから、出品までの一連の流れを一緒にやってきましたが、いかがだったでしょうか。最初は慣れず、面倒や難しいと感じる方もいらっしやるかと思いますが、慣れてくれば、1商品の出品にかかる時間は数分から長くても10分くらいにはなってきます。何度も繰り返し行い、まずは早々に受注を得ること、そしていち早く軌道に乗せましょう。

マナー編

ここまでで、一通りの流れを理解していただいた頃かと思います。私としては、あなたがBUYMAでのバイヤー活動を行うに当たって、気持ち良く、スムーズに売り上げを上げていきただいと思いますので、これから先は、そのためのマナ一面をまとめておきます。ぜひ軽視せずにご覧いただき、実行に移してください。

・人のコピペはダメ!
売れているバイヤーの出品するブランドや、商品コメント等の言い回し等の戦略を参考にする分には、どんどん行うべきことだと思います。しかし稀にですが、ライバルである他のバイヤーの商品コメントや商品画像などをそのままコピーしてほとんど内容もいじらずに使用してしまうバイヤーもいます。このようなケースが発覚した場合、通報システムが用意されておりますので、発見した方に通報され、BUYMA事務局より警告が来ます。場合によってはアカウント削除等の対処の可能性もあります。
このようなモラルのない行動は絶対にやめましょう。

・言葉遣い
BUYMAでのビジネスはあくまでインターネットを使用した顔の見えない商売です。J)-2:トラブル対応や評価人力の注意点でも少し触れましたが、言葉遣い等には十分に注意しましょう。一つ一つの文章の作り方や言葉遣いで、あなたのバイヤーとしての印象や評価が決まってくると言っても過言ではありません。

会社で取引先と大事な商談についてのメールをするのと同じくらいの緊張感を持ち、相応の言葉遣いで対応しましょう。
特にトラブル発生時や、評価の際に「悪い」をいただいた時などについては、余計に注意が必要です。万が一自分が悪くなくても、相手は大切なお客様です。個人対個人ではありますが、先はども中した通り、購入者を一つの取引先のつもりで丁寧に対応することをおすすめします。
私の経験として、いただいたクレームに丁寧に対応したお客様が、結果としてリピーターになってくださるという嬉しい事例もありました。

よくあるトラブル対策 一覧

BUYMAでバイヤー活動を行っていると、様々なトラブルや難題が発生します。最後に、私が実際に経験したBUYMAでのトラブルの事例と、それに対する解決策をいくつかピックアップ致します。同じようなトラブルが起こった際、こちらを参考に解決していただけたら幸いです。
なお、基本的にトラブル等が起こった際には、まずBUYMA内にあるQ&A一覧のページを参照し、それでも解決しない場合はBUYMA事務局に直接メールにて問い合わせをするのが良いです。
それぞれのURLを載せておきます。
BUYMA Q&A : https://qa.buyma.com/
BUYMAへのお問い合わせ:https://www.buyma.com/inquiry/
事例①
トラブル内容:仕入れた商品が検品の段階ですでに不良品であることが判明した。
解決策:まず真っ先に、購入者へ連絡します。連絡する内容は、初期不良のため再度仕入れを行う旨を伝え、それによる到着の遅延についての了承をいただきます。ここで了承が得られなければ、不運ですが、取引はなかったことになります。私の経験上、半分以上の購入者の方は多少の遅延であれば了承してくれます。

了承が得られれば、即同じ商品を仕入れる必要があります。
ここで一点重要なことを確認する必要があります。初期不良品を交換するのか、返品及び返金による対応なの
か、仕入れ先により方法が異なりますので、確認しましょう。確認後、仕入れ先の方法に乗っ取って、再度仕
入れを行いましょう。

事例②
トラブル内容:購入者に到着したが、イメージと違う、サイズが合わないという理由で返品要請を受けた。
解決策:バイヤーをやっていると、このようなケースはよくあるお話しです。まず、商品コメント欄に、これ
らのクレームをいただいてもきちんとお断りできるように、予め返品交換ができない旨を必ず記載しておきま
す。その上でこのような要請を受けた場合は、きちんとお断りしましょう。
売れ筋商品などの場合で、返品を受けて在庫品になっても問題ない場合には、良心で対応して差し上げること
も可能でしょう。
どうしても購入者が折れない場合は、交渉次第ですが、不良在庫になるリスクを考え、販売価格の半分を購入
者に負担していただき、商品は返品することで和解した経験もあります。
ただし、基本的には返品を受けてしまうと、不良在庫になるリスクが発生しますので、極力上手くお断りする
ことと、これらの可能性を踏まえた上での商品コメント作成に心掛けましょう。

事例③

トラブル内容:購入者に到着した商品が偽物なのでは?と疑いをかけられている。
解決策:まず、仕入れを行ったショップでの購入履歴や、レシート、領収書などを購入者に見せ、納得していただくよう努めます。それでも困難な場合、購入者には鑑定に出すことができるシステムが存在しております。
なお疑われてしまったら、鑑定に出していただくよう要請をしましょう。鑑定に出す場合の費用は購入者負担になりますが、それについてはあなたが負担する義務はありませんし、きちんとした仕入れ先で仕入れを行っている以上、強気の姿勢で丁寧に対応しましょう。

おまけ
十分すぎるご褒美 貯まったマイルでタダ旅行を満喫!
あなたは、クレジットカードの魅力をご存知でしょうか。
私は、BUYMAを始めたのと同じタイミングでANAカードを作成し、BUYMAでの仕入れについては全てANAカードで支払いをしています。(もちろんANAカードでなくても結構です)
BUYMAを始めて1年のタイミングでのANAポイントはすでに50000マイルを超えていた記憶が鮮明にあります。
BUYMAでの仕入れというのは、自分が何かを買っているわけではないのですが、クレジットカードのポイントはその用途に関係なく着実に貯まってくれます。

BUYMAでのバイヤーは、物販で椋ぐこともでき、さらには、クレジットカードのポイントまで貯まるわけです。
私の経験談から言えば、BUYMAでバイヤーをやっているだけで、1年間に50000マイル貯まったということは、年に1度、無料でヨーロッパ旅行に行けてしまうのです。
これはラッキーといいますか、贅沢過ぎるご褒美といいますか、とにかく私にとっては嬉しい限りです。
あなたもぜひ、BUYMAでバイヤーをやる上では、こんな特典もきちんと享受できるように工夫してみてください。

BUYMAはまだまだ認知度は決して高くないのかもしれませんが、安定的な副収入を得る手段の1つとしては、
大変魅力的なツールだと私は確信しています。
景気の変動に伴う、円安や円高、税制の改革など、BUYMAでのビジネスには様々な影響を受ける要素もありますが、それはBUYMAに限ったことではないですし、それらトレンドに対してきちんと対策をとっていけばこれから始めるあなたにも長期的に稼ぐことのできる、魅力を十分に秘めたツールです。
まずは、月収2万円を早々に達成しましょう。
そして、更に稼ぎたいと感じる方は、更なる高みに向けて一緒にトップバイヤーを目指しましょう。その先のお手伝いもさせていただくつもりです。

薬の通販は、こちら→サプリ館

薬の通販は、こちら→エイビス薬局

 

 

 

 

 

 

 

 

-個人輸入
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.