育毛

お金のかからない育毛対策とフィナステリド(プロペシア)

投稿日:

お金のかからない育毛対策とフィナステリド(プロペシア)

薄毛の種類

・頭頂部、O型
髪の毛に栄養が運ばれないことによって引き起こされます
目の酷使、ストレスが原因になり毛が抜けていきます
ストレスや睡眠不足などの生活習慣によって血行不良を原因にしている
また洗浄力の強すぎるシャンプーによって油分を落としすぎることによって皮脂の異常分泌を引き起こし
毛穴が詰まることによっても引き起こされます
頭頂部、O型の対策には生活習慣や食生活を改善することで進行を止めることができます。
・前頭部、M字、U字
前頭部が薄くなり額が広くなってしまう
そういったタイプも目の疲れ、ストレスが原因です
目を酷使したり、ストレスを溜めすぎないようにしましょう
毛穴に皮脂が溜まるため毛が抜けてていきます
食生活、ストレス、睡眠不足などの生活習慣の改善が必要になります
1.このタイプの薄毛は男性ホルモンが影響しています
テストステロンが5αリダクターゼによってジヒドロテストステロンに変化することによって引き起こされる脱毛です
生活習慣以外のホルモンによる影響が大きい
プロペシア等の病院で処方される薬が効果的です
生え際が後退が始まると回復するのが難しく早めに対策が必要になります
・その他 横や後ろ
ほとんどの薄毛は前頭部、頭頂部から始まります
それ以外は稀です
膵臓、胆嚢が弱っている可能性があります
プロペシアやミノキシジルのジェネリックの通販サイトは、こちら→サプリ館

育毛優先順位

育毛を促す方法は多くの方法があります
その中でも優先する順番があります
いくら育毛をしても優先すべきものが出来ていなければ効果を上げることは難しくなります
高い治療や薬レ育毛剤を使う前にやることは沢山あります
・注意する優先順位
1食事
食生活は重要ですいくら育毛剤、シャンプー、マッサージをしようと栄養が偏っていれば髪は生えてきません
まずは脂肪を抑えたバランスが良い食事です
髪に良い食事だけをとればいいというわけではなくバランスのとれた 食事を心がけることが大切です
栄養素が不足するとまず生命維持に必要がない髪の毛が抜けていきます
肌が荒れたり爪に艶がなくなっていたら要注意です 栄養が足りていません
2.睡眠
規則正しい睡眠も重要です
良質の睡眠をとらなければ髪は成長しません 睡眠不足はストレスにもつながり体調不良を引き起こしてしま
います
身体を再生させるには睡眠は不可欠です 内蔵の状態を万全にして身体の疲れをとることが大切です
3.飲酒、喫煙
この二つの習慣は薄毛の原因になります
頭皮環境を悪化させます タバコは血流を悪くし 飲酒は内蔵を弱らせます
飲酒時に高脂質のものを取ることが多くそれも頭皮環境を悪化させます
この二つの習慣は過ぎると身体を弱らせます
4シャンプー、整髪料
間違った洗い方や粗悪な整髪料によっても頭皮環境は悪化します
自分にあったシャンプー、洗い方をすることが大切です
薄毛対策には生活習慣がもっとも大切です
日頃の積み重ねによって頭皮環境が作られます
育毛剤や薬、マッサージの効果は単独では効果が現れづらく
食事、睡眠を正すことが先決です
育毛剤等はあくまで育毛の補助をするものです

食事

・脂肪が多い食事を続けていると皮脂腺から余分な脂により毛穴が広がっていきます
広がった毛穴では髪はしっかりと根をはることが出来ず 細く抜けやすい状態になってしまいます
さらに余分な脂により雑菌も繁殖しやすくなります
血液の流れを悪くして髪の毛に栄養が届きにくくなります
高脂肪の食事により頭皮の環境は悪くなってしまいます
食事は油物は控え野菜や魚中心の食事を心がけるといいでしょう
頭皮環境を整えることが大切です
髪を作るにはアミノ酸が必要です
他にもミネラル、ビタミンなど様々な栄養が必要です
髪を作るホルモンの生産は栄養状態に影響されます
バランスのよい食事が大切になります
髪に良いからといってそれだけを食べていればいいわけではありません
髪を生やすには様々な栄養素が必要になります 身体の状態が良くなけれいくら栄養素があろうと意味はありません
・ダイエット
無理なダイエットをしたら髪の毛が抜けてしまったという事例が多くあります
栄養が不足すると髪の毛にダイレクトに影響します
身体は生命維持を優先します
生命維持に必要のない髪の毛は後回しにされます
なので食事を抜いたり、バランスの悪い食事は辞めるのが一番です
髪に良い栄養素
・タンパク質
肉類、レバー、大豆、卵(白身は生で食べてはいけない脱毛の原因になる)
・亜鉛
カキ、レバー、卵
・銅
くるみ、ごま、プルーン
・セレニウム
りんご酢、たまねぎ
・鉄分
ほうれん草、レバー、ひじき
・カルシウム
牛乳、チーズ、小魚
・ビタミンB
牛レバー、ヨーグルト、マグロ
・ビタミンE
ナッツ、黒ごま、かぼちや
・唐辛子
頭皮の血行よくしてくれます
栄養が頭皮に届きやすくなり効果的です

サプリメント

ノコギリヤシ
悪玉の男性ホルモンの発生を防ぎます
テストステロンがジヒドロテストステロンに変化するのを防いでくれます
薄毛に効果があるというデータはでていませんが気休めにはなります
元々は前立腺肥大や頻尿に効果があるサプリメンです
・亜鉛
薄毛に効果があるといわれているサプリメントです
身体の再生を促します 髪の原料にもなります
髪を作るのに重要な栄養素で新しい細胞を作るのを助けます
サプリメントも安価で手に入ります
用法と用量を守って飲むことで効果が上がります

睡眠

睡眠時間が短いとストレスの原因になったり
交感神経が優位になってしまい、毛細血管が収縮し血流が悪くなり
髪に栄養が届かず悪影響を与えてしまいます
特に夜10時〜夜中2時までの時間に睡眠をとることで髪や肌の再生が活発になります
その時間には睡眠をとることで髪には効果的です
・枕
枕が汚れていると細菌が繁殖して頭皮環境が悪化します
毎目頭を乗せるので枕カバーは最低3日に一回は変えるようにしましょう
・お酒、コーヒー
適量なら問題ないのですが、胃や肝臓が悪くなる程大量に飲むことにより髪に悪影響を及ぼします
飲みすぎに注意して適量を守りいましょう
特にアルコールを分解するのに肝臓に負担が掛かります
・タバコ
タバコのニコチンは血管を収縮させ血液の流れを悪くしてしまいます
頭部に栄養が運ばれません
栄養が届かなければ髪は成長しません
できる限り吸わないようにするのがいいでしょう
シャンプー
・シャンプーや整髪料の選び方
自分に合ったものでないと抜け毛の原因になります
アレルギー体質であったり洗浄力が強く油分を洗い流してしまい刺激が強すぎる場合があります
頭部に違和感があったらすぐに使用を中止しましょう
そのまま使い続けるとあっという間に毛が抜けていきます
ノンシリコン、低刺激のものを選ぶといいでしょう
油分が多い人は油を洗い流せるものを
乾燥肌の人は保温力のあるものを
安いシャンプーは頭皮に有害なものが含まれている場合が多くあまり使わない方がいいでしょう
薄毛の人は、頭皮に軽い炎症を起こしている場合が多く頭皮の環境が悪くなっています
炎症を防ぐ為自分にあったシャンプーを選ぶことはとても大切です
洗浄力の強すぎるシャンプーによって油分を落としすぎることによって皮脂の異常分泌を引き起こし
毛穴が詰まることも薄毛の原因です
 
髪の洗い方
1熱すぎるお湯で洗わない
洗髪に使うお湯が熱すぎると髪や頭皮に負担になります
ぬるま湯ぐらいがベストです
2直接髪にシャンプーをつけてはいけない
直接頭皮にシャンプーを付けると頭皮、毛根に刺激が強すぎてダメージになります
充分に泡立て、髪を濡らしてから洗います
3指の腹で洗う
爪を立てて洗ってはいけません 強く洗いすぎると頭皮がダメになってしまいます
マッサージをするように指の腹で洗いましょう
4洗髪時間は短く
シャンプーを使って洗う時間が長すぎると髪の負担になります
必要以上に時間を掛けないようにする
汚れが取れないのは問題ですが
それ以上に洗いすぎると頭皮のダメージや皮脂を過剰に落としてしまいよくありません
二度洗いは避けるようにする
5しっかりシャンプーを落す
シャンプーの成分が残っていると頭皮にダメージを与え続けます
シャンプーの成分が残らないようにしっかりとすすぎましょう
リンスやコンディショナーもすすぎをしっかりと行いましょう
頭を洗う時より時間をかけましょう
6髪は乾かす
髪が濡れたままだと傷みやすくなり菌が繁殖しやすくなります
タオルでゴシゴシせず優しく水分をとりましょう
その後でドライヤーを掛けるといいでしょう
・洗いすぎに注意
洗浄力が強すぎるシャンプー等で洗いすぎると必要以上に油分を失ってしまい頭皮が固くなり髪が細くなって
いきます
油分を全て洗い流すと水分を保てなくなったり異常な皮脂分泌を促してしまいます
・朝シャン
朝シャワーを浴びることによて頭皮を保護している皮脂膜が薄くなり口中の紫外線からのダメージを直接受け
ることになり薄毛につながります
洗うなら夜にする方がいいでしょう
キューティクルを守る
・紫外線
紫外線は髪を傷める原因になります
特に夏場は髪が濡れたまま紫外線を浴びるということは危険なので避けましょう
・乾燥
髪にとって乾燥も大敵です
痛みやすくなってしまいます
エアコンを使う場合は湿度に注意しましょう
加湿器をつかったり濡れタオルを干すといいでしょう

薬での治療

主に2種類の薬が薄毛に対して効果があると認められています
その効能や副作用について紹介します
生活習慣や食事、髪のケアを注意しなければ効果を上げることが難しいものです

ミノキシジル

血行を促進することで毛根に働きかけ発毛促します。
錠剤タイプのミノキシジルタブレットは、個人輸入すると安く入手できます。
頭皮の血流をよくすることで毛根に栄養が行き渡らせます
副作用
頭皮のかゆみやかぶれが起こる場合があります
高血圧の治療中または血圧が低い場合 血圧が下がり過ぎてしまうので医師に相談して服用する必要がある

フィナステリド(プロペシア)

男性ホルモンの活性化を抑えることにより育毛を促します(男性のみ効果あり)
抜け毛の原因になるジヒドロテストステロンの発生を阻害します
医師の処方箋が必要です AGA治療を行っている皮膚科で診察してもらい購入します
一ケ月7500円程です
同じ成分でフィンペシアやフィナステリドという名前のジェネリック医薬品があります。個人輸入するとプロペシアの数分の一の価格で購入可能です。
半年飲み続けて効果が現れ始めます
飲むのを止めると効果がなくなってしまいます
効果を持続させるには飲み続ける必要があります
副作用
一時的に脱毛が起こる時期があります(飲み始め初期に起こります)
性欲減退
腹痛等
ジヒドロテストステロンによって起こる脱毛に効果があります
妊娠中の女性はこの薬は触ったり、飲んだりしてはいけません
胎児に悪影響を及ぼします
どちらの薬も飲み続けなければ効果が維持できません
副作用や費用を理解し医師に相談をして服用を開始するようにしてください。
薬は海外から個人輸入することもできますが
医師の診断を受けて服用する方が安全で効果的です
 

他の抜け毛の原因

髪の毛には周期があり
発毛と脱毛を繰り返しています
一目に100本程度は普通に生活していても髪は抜けます
薄毛になってしまうのは髪の太さが細くなったり髪の成長の周期が短くなることが原因です
それには様々な要因が影響しています
ストレス
ストレスにより内蔵に負担がかかるり毛細血管が細くなり充分に頭皮に栄養が運ばれない状態になってしまいます
髪の成長周期が短くなり結果抜け毛が多くなります
さらにストレスにより皮脂分泌が異常になり頭皮環境が悪化します
髪の毛は毛細血管から栄養が運ばれます
血行が悪くストレスが高いと
身体は交感神経が優位になり緊張状態になります
そうなると毛細血管まで血液が送られづらくなります
リラックスして副交感神経が優位になっていると毛細血管にまで血液が流れ髪に栄養が行き渡ります
肩こり
肩こりも頭皮への血行を悪くする原因です
マッサージや軽く運動をしてこりをほぐすようにしましょう
同じ姿勢やデスクワークをする場合ストレッチをしましょう
老化
薄毛のの主な原因は老化です
老化によって髪の毛を作る細胞が減っていきホルモンの生産量が下がることにより毛が抜けていきます
これは避けることができないことです
しかしケアすることで老化を遅くすることは可能です
・栄養状態
髪の素材になるケラチンは爪や皮膚の素材になります
皮膚や爪の状態が悪いということは髪に対しても同じ状態だといえます
栄養状態がよくなければ抜け毛の原因になります
・内蔵の状態
肝臓や膵臓が弱っていると髪にも影響します髪が細くなってしまいます
肝臓や膵臓の負担になる生活は辞めましょう特にお酒は負担が大きいので控えましょう
髪を作るためには健康な体が必要です。
 

育毛剤

市販で販売されている育毛剤の多くは血行促進を目的としています
血液の流れをよくして髪に栄養を届けやすくする効果があります
その効果を上げる為には栄養をバランスよく摂ることが大切です
それ単独では効果が現れづらいのであくまで補助として使用するといいでしょう
他の育毛方法と一緒に行うことが大切です
量を使えば効果が上がるものではないので用法用量を守りましょう
また頭部に違和感を感じたすぐに使用を中止しましょう

薄毛に最も効果がある方法 男性限定

オナ禁です
オナ禁とは自慰を禁止する行為です
自慰(射精)を行うと男性ホルモンに変化が生じます
テストステロンが消費されそれを補うためにジヒドロテストステロンが生成されます
テストステロンは善玉の男性ホルモンで筋肉の発達、やる気を引き起こしてくれます
しかしジヒドロテストステロンは悪玉の男性ホルモンで薄毛の原因、体毛の増加などを引き起こします
過度な射精によりジヒドロテストステロンが増え髪の脱毛が進んでいきます
よくエロい人はハゲると言わるていますが間違いではありません
過度な射精によりホルモンのバランスが崩れ薄毛の原因になっています
さらに精液に含まれる栄養素は
・アミノ酸
・亜鉛 ミネラル
等髪にはなくてはならない栄養素が含まれています
タンパク質は髪の原料になり
亜鉛は身体の再生を促します
亜鉛が不足することが薄毛の原因であることは有名です
他にも身体になくてはならない栄養素が含まれています
それらの栄養素を食物でバランスよく摂取することはとても難しいことです
過度に射精を繰り返している場合栄養素の不足を補うことは不可能です
それらの栄養素は多量に食物を摂取したからといって身体に全て吸収されるものではありません
いくら生活習慣や睡眠、食事に気を使っても
過度な自慰を行っていればそれは全て無駄になります
射精は男性ホルモン、栄養素と二つの面で薄毛を促進させます
薄毛のほとんどの原因がその二つです
薄毛対策に最も効果があるのがオナ禁です
育毛剤やサプリメントを使わず男性なら誰でも効果が得られる究極の方法です
薄毛で悩む男性の多くは毎日欠かさず自慰を行っているというデータがあります
長年の自慰の習慣によって薄毛が引き起こされています
生活習慣の改善やオナ禁によってすぐに髪に変化がすぐに現れるわけではありません
男性の髪のサイクルは2年〜3年程の周期があります
なので効果が出始めるまで年単位での生活習慣の改善、オナ禁が必要になります
今まで数年に渡って続けてきた悪い習慣によって引き起こされた薄毛を改善するには同じくらいの時開か掛かります
現在薄毛は過去の生活習慣の影響です
様々な方法を試しても効果がない場合は
まずオナ禁を試してみるのがいいでしょう
私の場合半年続けて髪の毛は確実生えてきました
どんな方法でも効果がなかったのにオナ禁をするだけで毛が生えてきました
お金もかからず男性なら誰でもできるのおすすめです
友人もこの方法を試して効果を実感しています
薄毛の原因がまさか過度な自慰にあったなんて思いもしませんでした
 
プロペシアやミノキシジルのジェネリックの通販サイトは、こちら→サプリ館
 
.

-育毛
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.