鎮痛剤・痛み止め(ロキソニン,ボルタレン)

テムノール TEMNOL (Paracetamol500mg) 200錠

投稿日:

成分:パラセタモール=別名アセトアミノフェン。タイレノール、カロナールと同成分の解熱鎮痛薬。空腹の常態でも服用しやすい
胃の中に何もない空腹の常態でも服用しやすい、いつでも気軽に使用できる頭痛薬です。
発熱時のほか、頭痛や歯痛、生理痛などに広く適用します。腰痛や関節症にはやや多めの量が用いられます。
空腹時でも服用でき、副作用が軽減されているため眠気がきません。
多めの水で飲むとよいでしょう。胃の刺激が少なくなります。
効能
<効能A>
次の疾患並びに症状の鎮痛//頭痛、耳痛、症候性神経痛、腰痛症、筋肉痛、打撲痛、捻挫痛、月経痛、分娩後痛、がんによる疼痛、歯痛、歯科治療後の疼痛、変形性関節症
<効能B>
次の疾患の解熱・鎮痛//急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
<効能C>
小児科領域における解熱・鎮痛
用法
<効能A>
通常、成人はアセトアミノフェンとして、1回300〜1000mgを経口服用し、服用間隔は4〜6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として4000mgを限度とする。また、空腹時の服用は避けることが望ましい。
<効能B>
通常、成人はアセトアミノフェンとして、1回300〜500mgを頓用する。なお、年齢、症状により適宜増減する。ただし、原則として1日2回までとし、1日最大1,500mgを限度とする。また、空腹時の服用は避けることが望ましい。
<効能C>
通常、幼児及び小児はアセトアミノフェンとして、体重1kgあたり1回10〜15mgを経口服用し、服用間隔は4〜6時間以上とする。なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日総量として60mg/kgを限度とする。ただし、成人の用量を超えない。また、空腹時の服用は避けることが望ましい。1回服用量の目安は下記のとおり。
体重10kg..1回 100〜150mg
体重20kg..1回 200〜300mg
体重30kg..1回 300〜450mg
製造元:OSOTH INTER LABORATORIES CO.,LTD.
発送元:タイ
到着まで8日前後

-鎮痛剤・痛み止め(ロキソニン,ボルタレン)

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.