ピロリ菌・性病・検査キット (クラミジア・淋病・ピロリ菌)

性病検査キット カンジダ3回分x1箱

投稿日:

性器カンジタ症(膣カンジタ症)は、膣内に発生する最も一般的な感染症の一つです。
膣に常在しているカンジタと呼ばれる真菌が異常増殖して発症する。
風邪、疲労、ストレスなどで免疫力が落ちた場合や、ステロイド・抗生物質などの投与が原因となる場合が
あるとされています。 主に、外陰部の激しい痒み、ヨーグルト状のおりものの増加、排尿障害、
外陰部の発赤や腫れと言った症状が出ます
■使用方法■
●まずは検体を採取します。
検体の採取方法
   付属の綿棒を、膣内を傷つけないように根元ギリギリまで挿入する。
   (子宮頸管まで辺りまで約14cm)
   20秒間、子宮頸管部や膣細胞を傷つけないように注意しながら、しっかり綿棒を回転させて取り出す。
   その後、検査キット使用方法に従って抽出チューブへ入れます。
検査キット使用方法
  1)採取した検体を準備。
   ・水平な台の上に付属のワークステーションを置き、抽出チューブをセット。
   ・抽出緩衝溶液を20滴、抽出チューブに投入する。
   ・抽出チューブに検体の付いた綿棒を浸し、検体が溶液とよく混ざり合うように反時計回りに
    最低10回(1分間)力強く綿棒を回転させる。
   ・抽出チューブの内側で出来るだけ多くの液体がチューブ内に残るように綿棒の先を絞りながら取り出し、
    抽出キューブのキャップを閉じる。
    ※テストには、綿棒を抜き取る前の少なくとも半分の液体を残しておく必要があります。
  2)袋からテストを取り出して清潔で平らな(水平な)場所に置く。
    正しい結果を得る為に1時間以内に検査をしてください。
  3)テストカセットの上に抽出チューブから検体液体をゆっくりと3滴垂らす。
  4)15分ほどで結果が色の付いた線が現れます。20分以上経過したものは無効です。
  検体の量が少ない場合、使用手順を間違った場合、期限切れのキットを使用した場合は、
    テスト失敗を招きます。
  20分以上経過した場合、稀に2本線が現れることがありますが20分経過後に現れた結果は無効です。
  テスト範囲内の色の濃淡は、検体に含まれてる物質の濃度によって異なります。
■使用に際しての注意
・使用手順に従って使用してください。
・テスト中はテストカセットを水平な台へ置き、途中で動かさないでください。
・包装が破損してる場合や、期限切れのテストは使用しないでください。(袋に期限記載)
・キットは使用時まで開封しないでください。
・テストの再使用はしないでください。
・検体やキットを取り扱う場所で、喫煙や飲食はしないでください。
・すべての検査物は如何なるテスト結果であっても感染症を媒体する可能性があるものとして扱い、
他の物には触れず、残った液体もこぼれ落ちないようにして適切に処分すること。
・使用後は適切な方法で破棄してください。
・妊娠の疑いがある場合、妊娠中の場合は使用しないでください。
・生理中の場合は、正しい結果が出ない場合があります。
・性交渉後、48時間は検査を行わないこと。
発送元:香港
到着までの日数:1週間前後

-ピロリ菌・性病・検査キット (クラミジア・淋病・ピロリ菌)

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.