筋肉増強剤・アナボリックステロイド

HCG (性腺刺激ホルモン) Fertigyn 5000IU× 2本

投稿日:

HCG (性腺刺激ホルモン) Fertigyn 5000IU は、注射剤です。針は付属しておりません。
製造元:Sun Pharmaceuticals Industries
成分:Chorionic Gonadotrophin
2 ml vial
(要冷蔵)
HCG( Human Chorionic Gnadotropin )エイチシージー
これはヒト胎盤性・性腺刺激ホルモンです。形態は白いパウダー状のホルモンを凍結乾燥させたHCGと、無菌の蒸留水のアンプルに分かれています。使用の前に2つを混ぜたらすぐに活性化する。活性化した後は2-8℃の低温で保存する必要がある。注射方法は皮下注射でOKです。
 作用はクロミッド同様に、睾丸の機能回復に使用する。クロミッドよりはHCGがよりスピーディーに効果が現れる。
 ステロイドユーザーが使用する量は2000-5000単位を1週間に一度、 2-3週間連続使用するのが普通です。4週間以上連続して使用すると睾丸の反応が鈍くなるので注意が必要です。使用のタイミングは強いアンドロゲニック作用のサイクルの終了時、またはサイクル中に使用します。目安は4-6週間に一度5000単位程使い自身のテストステロンの製造をキープしなければなりません。
使用量 2000-5000単位/週 (2-3週間連続が上限)
男性更年期障害 LOH症候群の治療に使用する場合
hCGホルモンの補充
男性ホルモンは脳の指令を受けて、主に精巣でつくられます。その指令を精巣に伝えるのが「hCGホルモン」です。患者さんのなかには、脳から精巣に送られる指令が弱いため、男性ホルモンがうまくつくられず値が低くなっている人もいます。その場合は、hCGホルモンを2週間間隔で注射して、精巣からの男性ホルモンの分泌を促します。アナボリックステロイドのサイクル後に使用するのと違い、2週間毎の使用となります。
アナボリックステロイド服用者の場合
ステロイド・サイクルの終わりに、より速く内因性テストステロン産生を元に戻すPost Cycle Therapy(PCT)プログラムの一部として、hCG(絨毛性性腺刺激ホルモン)が使われます。
内因性テストステロン産生が低下したまま放置するとどうなるのでしょうか?
主要な懸念はコルチゾールの作用です。
コルチゾールは、筋肉を分解しようとします。
テストステロンが低いレベルで放置されていると、コルチゾールはあなたの新しい筋肉を分解してしまうのです。
アナボリックステロイドのサイクルの途中からHCGを利用するボディービルダーやアスリートも多いです。サイクルの途中で睾丸機能が低下した場合に早めにHCGを打つのです。

-筋肉増強剤・アナボリックステロイド

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.