睡眠薬

長時間睡眠で年収・成績が上がる!?「睡眠負債」と収入

投稿日:

長時間睡眠とは、年収を引き上げる、重要な要素!

「睡眠負債」とは、なにか?

40代になってからというもの、睡眠時間が増える事によって、体調や仕事の調子というものも、向上してくるようになった。
2017年6月18日に放送されたNHKスペシャル『睡眠負債が危ない ~“ちょっと寝不足”が命を縮める~』というテレビ番組に関して、共感を得たのである。
こちらの番組を見る事によって、日々の睡眠の大切さというものを認識し、自分なりの取材によって、より理解というものを深めた。

最安値販売サイトは、コチラ↓

https://craftheads.jp/

この番組内では、不眠負債というものについての話がありまして、考え方について、説明をしていく。
時々、私はショートスリーパーなんです♪短時間の睡眠だけで済むので、時間的な効率が良い♪という言われ方をされる方がいらっしゃいますが、それは多大な不眠負債というものを抱えてしまっている可能性があります。
6時間睡眠を2週間続ける=2晩徹夜したのと同じです!
同じ脳の状態になります!
不眠負債(睡眠不足)を抱え続ける事によって、「がん」「糖尿病」「心臓病」ということ病気のリスクを高めてしまうということがわかっています。
また、日々の活動パフォーマンスにつながってくるのが不眠負債(睡眠不足)だとされていまして、普段6~7時間という睡眠時間でも本当は十分ではないのです。
睡眠負債による日々の生活の質低下は明らかでして、2晩徹夜したのは、毎日6時間の睡眠が2週間と変わらないことが判明しています。
また、これだけではないのです、度重なる睡眠負債によって、アルツハイマーの原因物質の蓄積を促進してしまったり、インスリンの働きが低下し、血糖値が普段通りに下がらないというデメリットも生じてくるようになります。
睡眠の役割というものは、単なる休息というものに止まりません!!
睡眠の重要性について、NHKのチーフディレクターは痛切に感じるようになっていまして、健康的な人間らしい生活には、毎日の長時間睡眠というものは、欠かせないのだ。
近年、毎日しっかりとした睡眠時間を取ることの重要性が認識されるようになっていまして、私達が普段取っている睡眠というものは単なる休息という以上の意義を担っているのです。
以前までも統計データを用いる事によって客観的には、睡眠不足が様々な病気のリスクを高めると言われてきましたが、具体的に何故、睡眠不足が病気に関係するのかという事については焦点が当てられてきませんでした。
近年の研究では、睡眠の役割とは非常に重要である事がわかっていまして、放っておけば認知症の原因になってしまう、脳の老廃物質の排出にも大きな貢献をしています。
恐ろしいガンの増殖を防ぐ免疫を築き上げるためにも、睡眠は非常に大きな役割を担っています。
こうしたことを踏まえると、不眠負債の蓄積がなされること、仮に1日だけであっても軽視はできないのです。
やがてやってくるかもしれない、深刻な病に大きく関わっている可能性は否定できません。
今後、更に睡眠負債に関する研究が進められていけば、新たな病気との関連性も確認されていくだろうと言われています。
寝てない!!というのは、身体にとってはデメリットでしかない。
稀に寝る暇があったら、仕事をする!という方もいらっしゃいますが、それは、睡眠負債を日々積み重ねてしまっているのです。
多くのサラリーマンの中には、寝ないで働くという事はカッコイイ事だと思い込み、それによって、女性にも好印象を与えると思い込むような方がいらっしゃいますが、実際は逆なのです。
カッターシャツは伸びまくり、髭が少しでも伸びていると、逆に、不潔だと思われたり、そうまでしないと仕事が終わらない無能な人間とのレッテルを貼られてしまう方が多いのである。
何よりも、自分自身にとってのデメリットという部分も非常に大きくて、睡眠負債の蓄積によって、自分の身体が取り返しのつかない状態に追いやられてしまう可能性があります。

大切な仕事の成果にも、睡眠不足は大きく影響したりします。

睡眠の重要性を再認識して、あるコピーライターの方が、削っていたのは、睡眠時間じゃない。命でしたというキャッチフレーズを用いました。
睡眠時間を削るというのは、あたかもメリットであるかのように話すような方もいらっしゃいますが、実際は、とてもダメなことなのです。
衝撃的な番組内容からも伺えるように、6時間睡眠を2週間続けた脳は、2晩徹夜した脳とほぼ同じ。というような報告もされています。
睡眠を軽く考えて、少しくらい寝なくても大丈夫♪という風潮は転換させる必要があると言われています。
こやまさんは、過剰労働の傾向があるという人を多数見てきまして、自身に関しても、長時間労働の傾向は確認されている。
他の国の事ははっきりとしていませんが、日本に限って言うと、仕事ができる人は、あまり睡眠時間を取っといないというイメージがあります。
こうした風潮は変える必要があり、以下のようなことは、更に一般的に浸透すべきなのです。
⬇︎
睡眠不足によって、健康面での悪影響があるというだけでなく、仕事の効率も下がると報告されています。

年収アップとは、睡眠時間が増えることによって見込めます。

現在、40代男性である私は、一般的に見て、睡眠時間に関しては、意外と多く確保している方である。
土日に関しては、22時に寝て、朝の7時までは起きないということがあるし、平日に関しても、夜の24時に寝て、朝の7時ごろに起きるという感じです。
30歳半ばまでは、寝ないのはカッコイイことであると仕事では張り合っていまして、わざわざ同僚に、寝ないで働いている自分を協調したりもしていた。
中には、直ぐに返信をする人もいて、それに共感していた。
現在では、そういった適切な睡眠時間を確保しないというのは、非常に馬鹿げたことだと思っていて、自分にとって必要な睡眠時間はしっかりと維持したいと強く決心している。
自分の場合は、特別な事情がない限りは、あえて目覚まし時計のセットなどはしないでおいて、自分が寝たいだけ寝て、勝手に起きるのを待つというスタイルでいます。
あえて目覚まし時計をセットしないでも、自分の場合には、遅くとも、8時間もすれば目覚めるようになっています。
年収のアップには、適切な睡眠時間の確保が重要になってきます。
1日の労働時間は長くとも8時間であったとしても、集中して仕事に取り組みさえすれば、問題なくこなすことができます。
家でゆったりとする前に、少し飲み歩き、寝たくなったら、寝てしまうというスタイルを長く続けている?
そんなので大丈夫なのか!?と心配されるような方もいらっしゃいますが、実際は、年収のアップに、そうしたことが貢献していたりするのです。
2017年、夕方のTBS系列の放送にて、岐阜県のある中学校では、毎日、お昼の時間に、お昼寝の時間が設けられていると報道されている。
お昼寝とはいっても、13時10分から20分までと、実に短時間な、お昼寝の時間だ。
保護者の立場からは、こうした事が、時間の無駄とする声もあったり、良い事だとする好感を持ったものまで、実に賛否両論な結果となった。
生徒たちからも、昼寝によって、以前より、嫌いな国語も頑張れそうになっているという事が指摘されている。
日清戦争以前は、ごく当たり前のようにとられていた昼寝の時間も、今の日本では、昼寝をするなんて、ダメなやつだというイメージの方が先行するようになっています。
日清戦争以前の昼寝の文化を取り戻す試みを、上記の中学校ではされていまして、午後の授業に備えてスッキリとして欲しいと、校長先生は話されています。

クラウドファンディングによって、昼寝専用枕は開発された。

企業におきましても、昼寝に関しての、取り組みに関しては、なされている。
アウィーヴというシングメーカーでは、昼寝を後押しするために、昼寝専用枕の開発資金に関して、クラウドファンディングによって募りました。
540万円ほどの総資金が集まれば、今回のプロジェクトは成立とされ、一口あたりは5000円と設定された。
約1700人からの資金に関しては、1000万円ほど募る事に成功しまして、現在は昼寝専用枕の発送が順次行われているという事である。
クラウドファンディングに関連する新聞広告では、周囲が誰かが昼寝をしている時には、放っておいてくれるような会社を作りたいとも掲載されている。
寝具メーカーのエアウィーヴの執行役員の方は、昼寝の必要性と、その効果に関して強調している。
健康づくりのための睡眠指針 2014というものが厚生労働省から示されていまして、昼寝をする事によって、仕事のトラブルがスッキリと解決される可能性が指摘されています。
アメリカにおいては、パワーナップという言葉が実際にありまして、昼寝を少しするだけで、創造的な発想が生まれると言われています。
これは、睡眠中に記憶が定着する事によるものでして、睡眠は極めて重要な役割を担っている事がわかります。
以前までは、昼寝をする人間と言ったら、仕事ができない落ちこぼれサラリーマンという印象がありましたが、最近は状況が異なってきています。
昼寝をする事が悪くないというイメージを更に浸透させるには、経営者が昼寝という事に関して否定しない事が大切です。
また、昼寝を推奨する環境に加えて、ナピローという昼寝に最適な寝具の利用をする事も重要になってきます。

太る要因が、睡眠不足!?

アリアナ・ハフィントン氏の著書『スリープ・レボリューション』におきましては、睡眠不足によって起こりうるトラブル、数々の研究成果によって、睡眠時間が長い方が、パフォーマンス向上が見込めると断言されている。
睡眠負債という言葉があるように、睡眠不足とは、身体に悪影響を確実に与えてしまうのですと指摘する場面も確認される。
睡眠不足とは、免疫系の機能を弱らせるという事が多々ありまして、例えば、風邪などにもかかりやすいようになってしまいます。
なので、職場におきましては、体調が思わしくない時には、しっかりと休息を取ってもらう方が良いのです。
他人に風邪をうつしてしまう可能性みもあるので、無理に出勤させるような事は避けてもらう方が良いのです。
睡眠不足とは、体調悪化の要因になってしまうだけでなく、普段なら上手くいく体重の適切な管理もできないようになってしまいます。
あるクリニックでは、睡眠制限に関しての、実験を行いました。
それによると、6時間の睡眠時間しか確保できていない人は、体重増加が確認され、1日あたりの摂取カロリーに関しても増加の傾向が確認された。
体重超過に関しては、1日あたり4時間未満の人について、大幅なリスク上昇につながるという事が確認されています。

「プロとして、寝る」という自覚

人間の身体を大きく蝕んでしまうので、睡眠不足に関しては、極めて危険な愚行なのです。
人によっては、睡眠不足を自慢したりしますが、社会全体として、格好の悪いこと、リスクの高いこと、という認識が現状よりも高まると良いのである。
睡眠不足と真逆な十分な睡眠時間を確保している人こそ、高く評価すべきという風潮が拡散していけば良いのである。
政府が主導している働き方マニュアルに関しても、実は、こういったところからスタートするのではないだろうか。
残業は月100時間以下として、とりあえず満足しているという場合ではなく、それだけでなく、午後の昼寝に関しても、しっかりと確保するようにすべきなのである。
こういった感覚を当然のものにすること、その事が重要になってきます。
仕事と睡眠について、NHKの市川ディレクターは、以下のような見解を示している。
私は30代であり、1日あたり6時間の睡眠時間が確保されていれば事足りると考えていて、十分な能力が発揮できるし、眠気も感じないので問題ないと思っていました。
しかし、アメリカの論文において、6時間睡眠を2週間続けると、集中力や注意力が2晩徹夜した状態とほぼ同じレベルまで衰えてしまう、という事が示されている事がわかって、新たに衝撃を受けることになった。
1日6時間の睡眠時間しか確保できていないと、脳において、客観的に、パフォーマンスが低下してしまっている事が確認されます。
ついつい徹夜や比較的短い睡眠時間しか確保されていない場合でも、自分は問題ないと思い込んでしまいますが、そういった感覚とは、あてにならないのです。
アメリカの医師からは、米国では、プロフェッショナルとして、寝る、という意識が根付いているのだとか。
なので、仕事や家事に忙しい事が沢山あったとしても、日本人よりも毎日の睡眠時間というものは意識して、比較的長く確保されています。
こうしたことを知って、より毎日、私も、しっかりと眠る事を意識するようになりました。
1日の睡眠時間をしっかりと確保することは、とても重要です。
米国では一般的な、プロとして、寝る、という良い言葉、我々労働者は
刻み込まなければならない。

-睡眠薬
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.