睡眠

ショートスリーパー短眠生活者が抱える重大なリスクとは?

投稿日:

ショートスリーパーを目指すのが危険でオススメできない理由。
短い睡眠時間は、身体にとってリスクになります!
皆さんの場合ですと、1日あたり何時間を睡眠の時間に充てていますか??
一般的な話で話させて頂きますと、睡眠の時間に24時間の三分の一(8時間)を睡眠の時間に充てていると言われています。

睡眠薬は、コチラで買えます↓

サプリ館

フルタイムで働いているビジネスマンの方の話でいうと、休憩時間などを含めて、約10時間は会社に拘束される事になってしまいます。
睡眠時間と会社における拘束時間を引くと、残りは、たった6時間という事になってしまいます。
平日は、この間に食事や、お風呂の時間を作らなければならないということを考慮すれば、他には、ほとんど何もできないという事になってしまいます。
自分がやりたいことができずに、就寝せざるを得ないという状況に対して、やりきれない思いをした事はないでしょうか?
・ショートスリーパーとは、人が必要な睡眠時間を削ったとしても、パワフルに過ごせるという方のことを指します。
やりたいことがあって、でも時間が足りないとなってしまえば、まずは睡眠時間から削るようになってしまうかもしれません。
しかし、人が必要とする睡眠時間を削るという事には無視できないデメリットもありまして、女性にとって重要な美容には、睡眠不足はとても重大なダメージが確認されたり、仕事においても、睡眠不足のために頭の回転が悪くなってしまうということが多々確認されています。
そうなれば、本末転倒といった言い方もできるでしょう。
一般的には、そうされている中で、元からショートスリーパーの方というのは、少ない睡眠時間であったとしても、何不自由なく日中の活動を進めることができたりするのです。
そんなショートスリーパーの方と比較しまして、そうでない方も、眠らないで済ませることができるのでしょうか?
・人生という単位で考えて、人は睡眠の時間を、全体の三分の一を充てるとされています。
睡眠には人生の三分の一を充てるとされていますので、1日単位で計算すれば、8時間は睡眠の時間に費やすとされています。
健康な成人の話でしますと、1日には、約6時間から最大で9時間の睡眠時間を必要とするとされています。
なので、1日に必要な睡眠時間が8時間とされているのは、妥当な時間であると言えるでしょう。
睡眠というものは非常に大きな役割を果たしていまして、脳を休ませ、体の疲労を回復させることが可能です。
睡眠時間が不足すれば、以下のようなことが生じます。
・普段よりも、イライラするようになります。
・生活の質が損なわれます。
・人に関してもっとも重要な、生命維持の根幹が脅かされる事もある。
人が必要とする睡眠とは、上記のような事を未然に防ぐために、極めて重要となります。
睡眠時間とは、翌日に備えて、疲労状態を一度、リセットするためにあります。
それは常識であるだけではなく、誰もが感じている、紛れもない事実であるとはっきりと断言できます。
上記のような事実があるにもかかわらず、常識に反して、睡眠時間が確かに短いにもかかわらず、元気でいて、1日のパフォーマンスも一般人よりも優れたものを示す人がいます。
ショートスリーパーとは分かりやすい例を交えて説明しますと、一般的な人が8時間の睡眠時間を必要とするところを、1日に4時間、半分の睡眠時間でも何ら問題ないという人の事を言います。
睡眠時間が短いからといって、健康な身体でないという事もないのです。
日本ではなく、米国では、一般的に、多数の人が6時間以下の睡眠時間のみ確保しているという事が、統計から明らかになっている。
だが、しかし、それは、ショートスリーパーというわけではないです。
ショートスリーパーというわけではなく、もっとシンプルに、1日に必要な睡眠時間をカットしているのです。
こうした事をすれば、もちろん、結果的に、自然と日常生活の中で、デメリットが生じてくるようになります。
そのデメリットとは、以下のようなことです。
・日中の昼寝
・週末や休みの日には、普段寝ていない分、寝だめをせざるを得ないことになります。
もとからショートスリーパーの方の場合には、上記のような、睡眠不足のカバーをする必要はないです。
誤解がないように、お伝えしたいのは、ショートスリーパー=不眠症というわけではないということです。
不眠症の方の場合ですと、そもそも、寝ること自体に困難さを感じることが多いのですが、ショートスリーパーの方に、このような事は確認されません。
また、不眠症の方のように、睡眠時間が短かいからといって、睡眠の質そのものが低いという事はありません。
Short Sleeper – Overview(原文)
Many people in the U.S. sleep less than 6 hours per night. But most of them are not short sleepers. They are simply restricting their sleep so that they get less sleep than they need. As a result they suffer from insufficient sleep syndrome. They take naps during the day or sleep longer on weekends and holidays. In contrast, short sleepers don’t need to try to “catch up” on sleep.
Short sleeping also is different from insomnia. People with insomnia have a hard time falling asleep or staying asleep. The overall quality of their sleep may be poor. In contrast, short sleepers have no complaints about sleep problems. The quality of their sleep also tends to be good.
引用…ショートスリーパー概要(訳文) アメリカ睡眠医学協会 Sleep Education
・ショートスリーパーとは、成功者が多いとも言われることがあります。
成功者の中には、ショートスリーパーの方が多いとも言われることがあります。
それは自然なことかもしれません。
というのも、睡眠時間を削り、その空いた時間を、生産活動の方に充てるというわけですから、アウトプットと結果的に高まりを見せるでしょう。
成功率に関しても、そうではない人と比較して、高まるかもしれません。
歴史上の偉人の話で言うと、ナポレオンやエジソンが、該当しますね。
また、知名度の高い芸能人に関しても、ショートスリーパーが多い事がわかっています。
全人口で考えれば、推定で約1パーセントと、ほんの一握りの方が、このショートスリーパーなのです。
・ショートスリーパー=不眠症というわけでは決してないです。
ショートスリーパーの人は、不眠症の人のように寝たいのに寝れないというわけでもなく、一方で忙しいから十分な睡眠時間を確保できていないという人の事を指すわけでもありません。
不眠症、寝たいのに忙しくて眠れないという人が、無理や努力をしている事が想定されるのに対して、ショートスリーパーの人に関しては、そのような事が無関係であると言えます。
人には2種類の睡眠があるとされています。
レム睡眠・・・身体だけでなく、脳も休息する睡眠。
ノンレム睡眠・・・身体だけが休息している睡眠。
普通の人で言いますと、レム睡眠とノンレム睡眠が交互に訪れるようになっています。
ショートスリーパーの人に関しては、レム睡眠が、とても少ないという事が明らかになっています。
ショートスリーパーの方は、そうでない人よりも、短時間を睡眠の時間にあて、非常に効率よく疲労の回復ができてしまいます。
こうしたことから、ショートスリーパーの方は、そうでない人から、とても羨望される事があります。
もちろん、一般の人よりも短時間睡眠で問題なく済ませる事ができ、その他のことに時間を充てる事が可能だからということに他ならないです。
・ショートスリーパーであるという事は、幸運であると言えるのか??
ショートスリーパーの人は、人よりも短時間の睡眠時間で特に問題がなかったりしますが、それは、生まれつきと考えてよいのだろうか??
それは正解となります。
詳しい話をさせてもらいますと、ショートスリーパーの方の遺伝子には、特定の突然変異というものが確認されています。
この突然変異に関する詳細は解明されていない部分もあるものの、マウス実験におきましても、突然変異遺伝子を組み込んだマウスにおきましては、他のマウスよりも短時間睡眠でも済むという事が明らかになっています。
ホイールを回転させる時間に関しても、他のマウスよりも、1時間半は多く回し活動的である事が判明しています。
ショートスリーパー全体として共通する特徴がありまして、ショートスリーパーの方は、そうでない方よりも、精力的に物事に取り組むという事が明らかになっています。
ショートスリーパーの方は、野心的・外交的であるという事がぴったりでして、常に何か行動をしている、何もしていないなどは考える事ができないという人が多いです。
また、これとは別に、人を対象とした比較実験を実施されています。
MRl検査にて、ショートスリーパーの方とは、そうでない方よりも、記憶の整理を、日中のほんの少しの時間に可能な事が明らかになっています。
なので、ショートスリーパーでない人のように、夜間に集中して眠る必要性がないのではないかとも指摘されています。
したがって、ショートスリーパーという全人口の1割に該当する人々は、脳の仕組みや、遺伝子という部分まで、少しずつ異なっていると言えるでしょう。
・果たして、ショートスリーパーに努力によってなるという事は可能なのだろうか??
これまでのショートスリーパーの人の特徴を踏まえまして、もとからショートスリーパーでない人は、脳の遺伝子に関わる部分は難しいとしても、脳の発達に関するポイントであれば、どうにかなるのではないだろうかと考える事でしょう。
特に時間が足りなくて、困っているという方ならば、そう考えるでしょう。
・努力することによって、睡眠時間のカットは確実にできる。
ほとんどの方は、ショートスリーパーの方のような突然変異の遺伝子を持ち合わせていませんが、努力によって、ショートスリーパーの真似事のような事はできるかもしれません。
いえ、確実にできるのです。
ビジネスマンの方において、残業続きなので、夜間の睡眠時間が十分に確保できないという方がいらっしゃるでしょう。
そうした事を何度も継続していれば、自然に身体が慣れてくるでしょう。
また、短時間睡眠であったとしても、特に日常生活には、問題がないように感じられるようになるでしょう。
筆者に関しても、一時、睡眠時間が極端に短く、約3時間の睡眠時間しか1日に確保できていないという事がありましたが、いかにショートスリーパーのように効率の良い睡眠時間を確保するようにするのかという事を意識すれば、ショートスリーパーに似た生活を送る事も、全く無理だという訳でもないです。
また、ショートスリーパーにはなる事ができる!と指摘した指南記事というものも実際に確認されています。
しかし、人には個人差というものもありますし、本当に人間が健康に過ごすためには、十分な睡眠時間をしっかりと確保する事が重要になってきます。
ショートスリーパーでない人が、ショートスリーパーの突然変異遺伝子を持つ人のように、睡眠時間を大幅にカットしたとしても、同じような生活ができるのか!?についてですが、否定的な調査結果を確認する事ができます。

ショートスリーパーでない方が、意図的に睡眠時間を短くした場合の実験結果。
今回紹介の実験とは、ショートスリーパーでない人が、睡眠時間を減らしたとしても、十分な睡眠時間を確保しているときと比較して、同様の健康状態をキープできるのかという事になります。
今回の実験では、成人48人・21歳から38歳を対象にして行いまして、決まった睡眠時間にてグループ分けをしています。
すると、6時間睡眠の人からは、ある事実が判明しています。
それは、本人は6時間睡眠で十分であり、快適であると感じているにもかかわらず、様々なテストによって示される認識力に関しては、低下している事が確認されています。
これは、二日間徹夜をした人と同様のものになっていると言えます。
結局のところで言いますと、ある程度、睡眠時間を削るようなことがあっても、本人には違和感なく快調であるかのように感じられることがあります。
しかし、注意したい部分として、パフォーマンスに関しては、確実に落ちているということなのです。
しかし、実際に、ほんの僅かな睡眠時間のカットでは、当の本人には全くといって、自覚症状というものはないでしょう。
そういったことを踏まえれば、睡眠時間を大幅に削っている人よりも、自覚症状がない分、より危険度は高いと言えるかもしれません。
分かりやすいたとえ話を紹介させて頂きますと、4時間しか睡眠時間を夜間に確保できていない人は、危険性がはっきりと意識され、危険性の伴う自動車の運転は控えるでしょう。
しかし、6時間睡眠であって、本人は快調そのものと感じている場合には、二日間徹夜した脳と同じ状態でも、自分から率先して自動車の運転をする可能性が考えられます。
♢もとからのショートスリーパーではなく、努力によるショートスリーパーには危険が伴う可能性もある!?
基本的には、人は、睡眠時間をカットすることによって、生活しようとすれば確かにできるのです。
また、必要である場合には、睡眠時間をカットしても、気合を入れて、まだまだ大丈夫だと思ったりもしますが、それは完全な錯覚なのです。
ショートスリーパーではない普通の人が睡眠時間をカットすることによる、損失というものは、想像以上に大きいものがあるのです。
実験によれば、起床後、15.84時間、活動をしている場合には、たとえ自覚症状がないとしても、後々になって、大きな損失を被ることが判明しています。
個人差がある人に必要とされる1日の睡眠時間ではありますが、8時間というのは妥協してはいけないラインだったのかもしれません。
睡眠不足によって、一般的には、以下のような弊害が確認されています。
健康面
免疫力低下
筋肉疲労による頭痛、肩こり、腰痛の勃発
吐き気やめまいが起きる
便秘
生理不順
アレルギー疾患を起こす
食欲増進
美容面
太りやすくなる
吹き出物、しみ、しわなどの肌トラブル
体のゆがみ
老化促進
日常生活面
身体能力・生産性の低下
ネガティヴ思考になる
自身喪失
また、よくある話には、睡眠不足とは、うつ病の原因になってしまう可能性があるという事が挙げられます。
自分自身の体力を何の根拠もなく過信して、無謀なことをしてしまうような事は決してオススメできません。
♢では、ショートスリーパーの人には、上記のような弊害は絶対に起こらないのでしょうか??
ショートスリーパーの人とは、そうでない多数の人と比較しまして、特異な体質であると言えます。
ショートスリーパーの方は、ノンレム睡眠がとても少ない事が分かっていまして、それは、突然変異の遺伝子を持ち合わせているという理由に他なりません。
なので、非常に効率の良い、昨日の回復を進める事が可能になっています。
ショートスリーパーの方は、突然変異遺伝子を持っているために、短時間睡眠が故の弊害は生じないのですが、短時間睡眠の人には、心臓病や高血圧になりやすいという傾向が確認されています。
ショートスリーパーの方に、そのような傾向がないとまでは、現在のところ言えません。
♢もともと生まれつきショートスリーパーなのと、努力してショートスリーパーの如く振舞っているのは別です。
睡眠に関して論じている研究報告が数多く提示されています。
その中で、生まれつきのショートスリーパーと、努力によってなった擬似的なショートスリーパーとの違いを強調されているのです。
この2つを区別する事は、極めて重要になってきます。
簡単に、お話しすれば、突然変異遺伝子を持っていない、ショートスリーパーでない人が、無理に短時間睡眠を実現させたとしても、認識力の低下は免れないということです。
睡眠時間をカットすることによって、活動時間が増えたかのように思えたとしても、睡眠不足によるデメリットの方が強く指摘できるのです。
睡眠不足によって払う代償は大きいにもかかわらず、ほんの僅かな睡眠不足というのであれば、何ら不調を自覚できないという事がほとんどです。
昔より走るのが遅いように感じられていたのを加齢のせいだと決めつけたりしている事がよくありますが、実は、睡眠不足も関係していたのです。
♢ショートスリーパーなのは、単純に運が良いからなので、自分から進んでなるように努力するのは止めましょう。
もし人口比率の、たった1パーセントのショートスリーパー特有の突然変異遺伝子を生まれつき持ち合わせていないのでしたら、無い物ねだりから、ショートスリーパーを努力によって目指すような事は止めましょう。
もともとショートスリーパーではないのに、無い物ねだりをしたとしても、何も始まりません。
質の良い睡眠時間を確保する事が重要になってきまして、質の良い睡眠だから短時間でも問題なしという訳ではないです。
睡眠とは健康のみならず、女性の人が特に重要視する美容にも重要な役割を果たしています。
質の良い睡眠時間を確保して、頭の状態もはっきりとしたコンディションでいられるようにしましょう。
人に与えれた限られた時間を、質の良い睡眠時間を確保して、もっと、イキイキと過ごせるようにしましょう。

-睡眠
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.