睡眠薬

睡眠薬の種類と効果の強さを比較:処方薬編

投稿日:

睡眠薬の種類と効果の強さを比較:処方薬編
睡眠薬とは、不眠症上の改善に主に利用されます。
自分の不眠に適した睡眠薬を利用する事が重要になってきまして、もちろん、利用する睡眠薬が異なれば、その効果の強さに関しても、異なってくるようになります。
その効果と強さ、睡眠薬に関しての比較を行います。

最安値販売サイトは、コチラ↓

https://craftheads.jp/

♢自分の不眠症状にあった睡眠薬を
眠りたい気持ちは十分にあるにもかかわらず、眠れないという事がストレスになって、更にスムーズに眠れないようになってしまう事があります。
一日中ストレスを受けているような状態とは、不眠状態にある時が多くあります。
悪循環となってしまい、ご自身の身体を休める暇が、一時もないように最悪なってしまいます。
主な不眠症上は下記のようになっていまして、症状はもちろん、一通りであるということはありません。
患者それぞれによって、4つのタイプの中で、ばらつきというものはあります。
入眠障害 30分以上経っても寝つけない
中途覚醒 途中で目覚め、そこから寝つけない
早期覚醒 自分が設定した予定より何時間も早く目覚めてしまう
熟眠感欠如 しっかり睡眠をとった実感がない
どのタイプの不眠に当てはまっているのかについて、しっかりと把握する事は重要になってきまして、その症状に最適な睡眠薬を服用することになります。
不眠症状をしっかりと改善可能な睡眠薬には、主に病院処方のものと、市販の薬局にて気軽に購入可能なものが存在します。
今回は、前者の病院にて処方される睡眠薬に関して紹介させて頂く事にしまして、それぞれの効果の強さや種類について比較し、お知らせするようにします。
♢睡眠薬の種類と強さ
病院処方の睡眠薬とは、主に以下のような5つの系統のものに分類ができるようになっています。
①バルビツール酸系
睡眠薬として不眠改善のために利用されるという事はなく、この系統に関しては、麻酔として用いられる事があります。
重い副作用と引き換えに、とても強い催眠作用に関しては得られるとされています。
②ベンゾジアゼビン系
代表的な薬は以下のようになっていまして、一定の効果は期待できるものの、安全性は高いとされています。
バランスが良いです。
代表的な薬:ハルシオン、レンドルミン、リスミー、エバミール、デパス、サイレース、ロヒプノール、ネルボン、ドラール、ダルメート
③非ベンゾシアゼピン
ベンゾジアゼビン系よりは筋肉を緩める作用が弱いために、③の方が安全性は高いとされています。
副作用を減らした医薬品となりますので、その点では評価されています。
代表的な薬:マイスリー、アモバン、ルネスタ
④メラトニン受容体作動薬
自然な眠気をもたらしまして、メラトニンという自然な眠気をもたらすホルモンを利用しています。
重度の副作用はなく、安全性に関しては、しっかりと確立されています。
睡眠作用に関しては、少し弱めなので、その点では満足できない可能性はあります。
⑤オレキシン受容体拮抗薬
オレキシンというホルモンを阻害します。
この事によって、脳の覚醒の維持が解除される事になります。
依存性や耐性に関しての可能性は低く、起床後の眠気に関しては、あまり心配されていません。
適切な眠気を導きますので、ぜひ利用しましょう。
♢睡眠薬の効果が持続する時間
ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピンに関してが、最近、よく病院では処方されています。
ベンゾジアゼピン・非ベンゾジアゼピンという睡眠薬がありますが、どう違うのかについて、ご説明します。
この2つの系統の睡眠薬に関しては、主な効果については、ほとんど変わりはないとされています。
主に効果の持続時間によって使い分けを行いまして、非ベンゾジアゼピンに関しては、より副作用が軽いものであります。
自分にとってベストな効果持続時間のものを利用する必要性がありまして、主に以下の4つの分類ができます。
効果を感じ始める時間 効果が持続する時間 主な睡眠薬
超短時間型 1時間未満 2-4時間 マイスリー、ハルシオン、アモバン、ロゼレム
短時間型 1-3時間 6-10時間 デパス、リスミー、エバミール、レンドルミン
中時間型 1-3時間 24時間前後 ネルボン、ベンザリン、サイレース、ロヒプノール
長時間型 3-5時間 24時間以上
♢超短時間型
途中覚醒を引き起こしてしまう不眠症への利用は不向きとなりますが、超短時間型のものを利用する事によって、服用後は約30分以内には効果を実感する事が可能です。
効果時間が短いものの、超短時間型の睡眠薬を利用する事によって、速やかな入眠に関しては、大いに期待できます。
♢短時間型
夜中に起きてしまう人には、短時間型の睡眠薬を服用するのが適しています。
中時間型に関しても、向いています。
夜中に起きてしまうという方でも、短時間型の睡眠薬を利用して、比較的長い効果時間によって、安心して眠れる事が期待できます。
♢中時間型・長時間型
まだ夜が明けていないにもかかわらず目が覚めてしまう方には、中時間型・長時間型の睡眠薬の使用は向いています。
しかしながら、効果が長く働き過ぎた場合には、決まった時間に起床できなかったり、その効果が日中まで持続してしまう可能性は否定できない。
♢効果持続時間のメリット・デメリット
睡眠薬の効果時間によって、それぞれメリットやデメリットとなるものがあります。
メリット
効果持続時間が長い 深く長く眠れる
デメリット
薬の影響が翌日に残りやすい
効果持続時間が短い
睡眠薬を服用する事には、自分の睡眠状態の改善ができるという一方、翌日の予定に悪影響が生じないようにもしやければなりません。
適切な睡眠薬の服用をしなければ、依然より、しっかりと眠れたものの、日中の行動に支障を来すなどの別のトラブルが確認されるようになります。
個人の体質によって、どの程度の影響が生じるのかという事は変化してきまして、特に大切な予定がないときに、実験のつもりで試してみるなどは良いでしょう。
◼︎睡眠薬の効果と持続時間の比較
※効果持続時間や効き目の強さは弊社薬剤師の個人的見解です。あくまで目安にしてください。
※効果の感じ方には個人差があります。
♢より効き目の強い薬が欲しい場合は?
より効き目が強い睡眠薬を服用すれば、より長く眠れるといった考え方をされる方もいらっしゃるかもしれませんが、必ずしも、そうとは限りません。
不眠症の症状や原因に関しては、それぞれの方で異なってきます。
なので、医師の判断によって、それぞれの方にあったベストな睡眠薬を処方してもらう必要性があります。
睡眠薬の種類によっては、服用量によって、得られる効果時間に変化をつける事ができることもあります。
睡眠薬の服用量や種類を自己判断によって変更するような事は極めて危険な行為となっていまして、ほんの些細な事であったとしても、医師の助言を受けるようにしましょう。
♢睡眠薬に頼らない不眠改善方法を実践しよう
生活習慣や精神的なことが原因になって不眠症は引き起こされていまして、睡眠薬を服用する以外にも、不眠の原因になっている理由から見つめ直すようにすることも大切になってきます。
単に睡眠薬を服用するのみという事でしたら、一時的には眠れたとしても、いつまでも根本的な改善にはたどり着けないという事になってしまいます。
本当に快適な睡眠時間を長期的に確保されたいのであれば、睡眠薬服用以外の部分にも、目は向けましょう。
♢精神的な原因
不安やストレスによって、不眠症が引き起こされているという事は多々あります。
不眠が引き起こされていると人の特徴としまして、自分が睡眠薬を服用している、こういった事実がストレスになっている場合もあります。
不安やストレスを取り除くということのみならず、薬に頼っている、こういった「意識」の人の部分にも注意してみてください。
不眠に関しては、無理に医薬品を拒否しての不眠治療よりは、病院処方の睡眠薬を利用した方が効率的に解消できるという事が多いのです。
なので、精神的な余裕を持って、必ずしも、睡眠薬を服用している現状をネガティヴに考えるような事は控えるようにしましょう。
♢生活習慣の原因
不眠には、普段の生活習慣が主な不眠の原因となっているものがあります。
そうした場合ですと、そのような生活習慣を適切なものに改善する事によって、以前より納得ができる睡眠習慣が形成できる可能性があります。
■日中の過ごし方
日中の過ごし方ということも、不眠症改善には、大きく関わってきます。
体内時計を正常なものに戻すためには、まずは起床後は、何よりも太陽の光を浴びるようにしてください。
就寝時間の体温を下げるためには、日中の適度な運動も必要になってきます。
日中、適度な運動によって体温を上げるようにしていれば、自然に就寝時間の体温は下がりやすいようになります。
■就寝前の食事について
夕食に関しては、就寝前の遅くとも4時間前に摂取するのが理想とされています。
胃への負担のかかりやすい油ものを控えることによって、そうはいかない場合でも、できる事はするようにしましょう。
夜中に目がさめる可能性がありますので、就寝前の、お酒の摂取はオススメできません。
その他、カフェインが含まれる飲料水に関しては、摂取が推奨されません。
■電子機器から離れて脳を落ち着ける
テレビ・スマートフォン・パソコンなどの電子機器からは就寝前は離れて、脳がリラックスできるコンディションにするようにしなければなりません。
就寝の30分から1時間前になっても、こういった作業をしていれば、就寝の妨げになってしまい、すぐに寝付けないなどのトラブルになってしまいます。
安眠のための脳のリラックス状態をしっかりと導きたいというのであれば、布団の中での、考え事というのもオススメできません。
こういった脳が興奮するような事は極力控えるべきでして、例えば、単に音楽を聴いている、そういった事でも不眠のリスク要因になってしまうのです。
おわりに
その人、それぞれの人に合わせた適切な睡眠薬の服用が大切になってきまして、必要以上な不安を睡眠薬に抱くような事はありません。
というのも、適切な用法容量の睡眠薬服用によって、副作用や依存性のリスクに関しては、軽いものにできるからです。
まず最初は睡眠薬を服用してでも、安心して眠れる状況を作るという事が大切になってきまして、健康的な身体を形成できるようにしましょう。
日常生活や精神的な不安の改善に取り組む場合には、基本です。
ごくごく自然な睡眠時間を確保できるようにするためには、適切な睡眠薬を服用しましょう。
それによって、違和感のない睡眠時間が確保できるようになればベストです。
まずは、そのために、自分の睡眠状態に関し、適切な理解をする必要があります。
代表的な薬:ベルソムラ
代表的な薬:ロゼレム

-睡眠薬
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.