睡眠

不眠症と睡眠薬

投稿日:

不眠症とは、そもそも寝つき自体が悪く、仮に眠れたとしても、適切な睡眠状態をしっかりと維持ができない事を一般的にさしています。
不眠症とは、睡眠障害と言われる事もあります。
適切な睡眠の維持ができない事によって、眠った感じや満足感を得ることができないという事になってしまうのです。
そうした事によって、体調不良を引き起こしてしまう事も決して珍しいことではないのです。
不眠症によって、適切な疲労回復ができなかったり、注意力が散漫になる、日中の起きている時間に眠気に襲われるなどというトラブルが確認されてしまいます。

睡眠薬の通販なら↓

サプリ館

病的に顕著な苦痛を感じることになってしまう不眠症とは、精神障害という言い方もできるでしょう。
現在、日本では平均して、5人に1人は、不眠の症状によって悩まされているとも言われているのです。
10代や、それ未満の年齢で、不眠症を感じる方は少ないですが、20代や30代になってから不眠症の症状によって悩まされるという方は決して少ないという事はありません。
また、この不眠症とは、年齢を重ねる毎に、陥りやすいという性質を持っています。
壮年や中年では、不眠症とは増加傾向の一途を重ねる事になりまして、高齢者という段階では、3人に1人が不眠症であるという事実も判明しています。
その理由に大きく関連しているのは、睡眠に大きく関わってくる、「メラトニン」というものなのです。
男女別に探っていけば、男性よりも女性の方が不眠症の割合は高いのです。
不眠症に陥る要因というものは数多くありまして、精神や身体的な要因によってなっているものや、環境的な要因が不眠症の要因になっている事も少なくないのです。
当然、この要因が複数重なれば、不眠症のリスクというものは大きく上昇してしまう事になるのです。
不眠症の原因には、実に様々なものがあるとされています。
そもそも人間とは、日中に長く眠ってしまった場合には、日中に比較的眠りくいコンディションとなってしまうのです。
また、寝る眠ったり、朝眠るという不規則な睡眠スタイルになってしまっていた場合には、寝るスタイルというものが確立しにくいようになります。
不眠症の原因には、入眠に関するリズムというものも大きくリンクしてきます。
こうした問題を強く実感できるケースとは、時差のある国へ旅行などを目的に訪問された場合でしょう。
日本国内から欧米へ訪問するとなると、飛行機内に10時間以上も乗っている事になります。
そうすれば当然眠くなってしまいますから、寝てしまうでしょう。
そして飛行機内から降りた時には、まだ現地は夜であるという状況がよくあるのです。
そんな時に、多くの人は、時差ボケによる不眠症を引き起こしてしまうのです。
もっと身近な問題で示せば、いつも利用している枕がちょっと変わるだけでも、その違和感から不眠症になってしまう事もあるのです。
また、その他にも、不眠症になってしまう要因とは、数々あるのです。
薬理学的な要因である事もあれば、環境要因である事もよくあります。
精神的要因や身体的な要因が、不眠症へと発展させてしまうことがよくあります。
この中で、特に厄介で複雑な問題とは、精神的な要因による不眠症なのです。
精神的な要因によって不眠症となってしまっている場合には、他と異なり、何故かはっきりと理由は分からないけど、眠れないという事になることがよくあります。
なので、精神的要因による不眠症の場合には、フォローと対策は少々困難である場合があります。
また、不眠症には、年齢とともにメラトニンという睡眠に関するホルモンが減少していく事も大きく関わっています。
メラトニンとは、睡眠と覚醒の切り替えを行なう機能がありまして、自然な睡眠を得ようとすれば、メラトニンというホルモンの働きも極めて重要となってきます。
基本的には、メラトニンとは、加齢とともに減少していくのがほとんどとされています、しかし、そうでない方でも、昼夜逆転の生活によってメラトニンが減少してしまう事はあります。
どんな場合であったとしても不眠症の原因をしっかりと発見し、その時にあった適切な対策は大切になってきます。
また、不眠症の要因には、心理的な要因というものもあるので、注意しなければなりません。
シンプルに言ってストレスが、不眠症に関する心理的な要因となってくるのです。
よく大げさな話として、不安で夜も眠れないよ!という言われ方をされることがありますが、これは必ずしも、誇張表現であるとも限らないたです。
現実問題として、人間関係や仕事上での悩みによって、ストレスを感じてしまっていて、結果的には深刻な不眠症に発展しているということがよくあります。
ストレスを感じるという事は換言すれば、脳に負担をかけてしまっているという事なのです。
そうした負担が長く続き蓄積されれば、脳の興奮状態が解放されることがなく、脳は適切な睡眠へ導入される事がなくなってしまいます。
その事によって、深刻な不眠症が引き起こされてしまうのです。
うつ病に発展しやすいのは、不眠症の原因がストレスによる不眠症である場合なのです。
本当にリラックスして適切な睡眠状態でいられるようにするには、不安やストレスをしっかりと緩和しなければなりません。
・身体的要因
自分自身の身体に何らかの疾患が確認される場合には、その事が要因になって、深刻な不眠症が引き起こされてしまう事がよくあります。
アトピー性皮膚炎や気管支喘息、発熱や頭痛などの身体的な疾患によって、深刻な不眠症を引き起こすという事がよくあります。
また、近年では、循環器系の身体的な疾患によって、適切な睡眠状態が得られないという事もよくあるのです。
心臓に負担をかけてしまうので、睡眠時無呼吸症候群というものは決して軽く考える事ができないです。
睡眠時無呼吸症候群によって頻繁な呼吸停止が確認されれば、睡眠のクオリティーが顕著に低下してしまう事になるのです。
睡眠の質が大きく低下してしまうので、寝ても寝ても寝足りないという、睡眠として、とても非効率な事になってしまいます。
なので、時には、自分自身の睡眠の質が低下していないかという事をチェックするような事も大切になってくるのです。
・精神医学的な原因による、不眠症
精神医学的な原因というと少々難しい言い方になってしまうかもしれませんが、精神疾患・例えばうつ病や統合失調症などによる不眠症が、それに当てはまるのです。
もちろん、以上のような原因によって不眠症が引き起こされている場合には、不眠症の原因になっている鬱病などを解消する必要性があります。
そもそも精神的な病気というものは、短期間の治療によって、どうにかなるものでない事が多数あります。
長い期間による治療によって解決しなければならないという事を十分に見越し、少しでもスピーディーな対応が必要になってくるのです。
不眠症によってストレスを溜め込んでしまえば、そのストレスによって、鬱病の精神疾患へと繋げてしまう事も多々あるのです。
また、医師の診察を受けて、精神安定剤などを服用され、健全な精神状態を取り戻せ、その事によって同時に、不眠症も改善されるようになったという事もよくあります。
ストレスを原因としている不眠症の改善には、まずは精神をしっかりと安定状態へ導くという事が、とても重要となってきます。
また、鬱病についての詳細について、しっかりと確認してみるようにしてください。
・薬理学的要因による不眠症
薬理学的要因による不眠症とは、体内に取り込んでいる薬理学的成分によって不眠症を引き起こしているという事を一般的に指します。
酒によるアルコール・カフェイン、タバコのニコチンによっても、脳を活発化させてしまうので、不眠症の要因には十分になってしまいます。
リラックスの極みとは、やはり睡眠にあるでしょう。
そんな睡眠に際して、脳を活発化させてしまう事は、睡眠の大きな妨げになってしまっても全く不思議ではないです。
また、寝酒をする事によって、眠りやすいコンディションを整えようと努力される方もいらっしゃいますが、結果的には満足のいく睡眠状態には繋がらないで、浅い睡眠を繰り返すという事になってしまう事も珍しくないのです。
また、ステロイド・抗がん剤、自律神経や中枢神経系に働きかける医薬品の場合には、その薬そのものが不眠症の要因になってしまうでしょう。
・生理学的要因
不眠症の要因には、生理学的要因のものもありまして、環境の変化を基本とするものとなっています。
例えば、夜勤の仕事に変わった、病気によって入院するようになった、今まで住んでいたところを引っ越した、その事によって不眠症になる事もあるのです。
睡眠の環境の僅かな変化によって、深刻な不眠症を引き起こしてしまうのです。
ちょっとした睡眠環境の変化ですが、そんなちょっとした変化ほど、ずっと気にしてしまうのです。
適切な睡眠状態を維持するには、それに即した環境の確保という事も重要になってくるのです。
生理学的要因による不眠症とは、要因自体は些細なものかもしれませんが、しっかりと要因を見極める必要があります。
そして、その適さない環境の改善にしっかりと取り組む必要性があります。
メラトニンとは、睡眠を司る重要なホルモンとなっていまして、松果体という脳内の部分から分泌されています。
体内時計に対しての適切な指示とは、このメラトニンというホルモンによって行われているのです。
脳内モードのチェンジとは、メラトニンというホルモンによって行われています。
なので、加齢によって、このメラトニンの分泌量が減少してしまう事によって、覚醒と睡眠の切り替えが適切にできないという事があるのです。
人間とは朝、太陽の光によって、体内時計のリセットが実施され、睡眠状態から活動状態への移行がなされる事になります。
この事によって、脳内は一時、メラトニンの分泌をストップさせる事になります。
活動時間の14~16時間を経てから、再び適切な睡眠状態を得るために、メラトニンが分泌されます。
基本的にメラトニンとは、徐々に分泌が増えていくようになっていくようになります。
その影響によって、深部体温が低下する事になります。
人には睡眠を取るに最適な体温というものがありまして、丁度良い状態に調整されます。
メラトニンとは、このような睡眠状態のコントロールのみでなく、抗酸化作用というものも持ち合わせています。
活性酵素の活動をストップさせる事が、抗酸化作用の働きになっています。
活性酵素とは、細胞老化の一端になっていますから、メラトニンの抗酸化作用の働きとは、とても大切です。
メラトニンに関するサプリメントとは、米国では、抗老化ホルモンとして、大きな人気を博しました。
現在でも、メラトニンに関するサプリメントとは、多くの方に愛用されています。
・不眠症の症状には、大きく分ければ、4つのタイプのものがあります。
1.
入眠障害タイプの不眠症とは、寝つきが悪く、長い人ですと、1時間を経過しても、まだ適切な睡眠状態にないとう方もいらっしゃいます。
睡眠への満足度が低いという人に関しては、寝つきの悪さに不満感を感じられている方が多数いらっしゃいます。
専門的な言い方をさせて頂きますと、入眠潜時という言葉があるのです。
入眠潜時とは、床について、適切な睡眠状態が確率されるまでの時間を示しています。
一般的な入眠潜時とは、長くとも15分とされています。
15分を超えて、30分以上も眠れない状態になってしまっているとなれば、入眠障害である可能性はかなり高いものがあります。
寝つきが少し悪いだけであれば、誰にだってありますが、その状態が深刻化してしまう事に問題があるのです。
慢性的な入眠障害や不眠症という事になってしまえば、身体的な負担は、とても大きなものになってしまうでしょう。
2.
中途覚醒タイプの不眠症とは、一度眠れたのにもかかわらず、朝までに、何度も目が覚めてしまう症状が確認されるのです。
そして厄介な事に、再度眠りにつくには、それなりの時間を要してしまう事になったりします。
よく分かりやすい例を示せば、一晩に2回くらい目覚めてしまう事に関しては問題はありません。
だがしかし、この回数以上に目が覚めてしまったりして、その後の寝つきにトラブルを感じるようでしたら、それは深刻な途中覚醒である可能性が高いと言えます。
最も頻繁に確認される睡眠障害の症状とは、中途覚醒なのです。
主に60歳以上の高齢者の方の睡眠障害の症状、おおよそ2割の方は、この中途覚醒の睡眠障害に悩み苦しんでいるのです。
年齢的な要因に加えまして、精神的なストレスというものも深くリンクしています。
3.早朝覚醒
早朝覚醒とは、仮に目覚まし時計を8時にセットしていたとします。
それなのに、6時に目覚めてしまう事が当てはまります。
自分が思っている時間よりも、どうしても早く目覚めてしまう。
そして目覚めた後に関しては、再び眠ることは、とても困難に感じられるのです。
前向きに考えれば、早起きをしたという考え方もできないでもないですが、不眠症とは立派な病気なので、そこまで楽観的な考え方をしても良いという事はないです。
こうやって早く起床してしまった事によって、日中に、深刻な眠気を感じてしまうような事がよくあります。
また、睡眠障害によって早起きしてしまった事によって、仕事でミスをしてしまっては笑う事などはできないようになってしまいます。
中途覚醒に加えまして、早朝覚醒に関しても、高齢者の方に頻繁に確認されています。
4.
熟眠障害
不眠症の症状には、熟眠障害というものがあります。
この熟眠障害とは、寝つきが悪いというわけでなく、睡眠時間が短いという訳でもないのに、何故か、熟睡できた気持ちになれないという事になってしまいます。
熟睡の感覚が得られない事によって、朝の目覚めに、とても苦痛を感じてしまう事になってしまいます。
上記の症状が当てはまるようであれば、それは、熟眠障害である可能性が十分に考えられます。
熟眠障害とは、熟眠不全と呼ばれ方がされる事もあるのです。
この熟眠障害(熟眠障害)に関しては、通常の寝不足とは、少し異なる部分があります。
それは、熟眠障害の場合には、睡眠時間そのものに関しては、基本的に十分に確保されているのです。
しかしながら、熟睡した感覚は得られないという事になってしまうのです。
熟眠障害によって、熟睡の適切な感覚を得られない場合には、更に睡眠時間を確保するようにされる方もいらっしゃいます。
しかし、熟眠障害に関しては、睡眠時間の長さは関係ないので、長時間眠るという事に意味はないのです。
単に眠るだけならば、適切な熟眠障害の改善ができるのではなく、逆に寝疲れという事になってしまう可能性もあります。
これまでに紹介させてもらいました症状とは、1つのみ現れるのではなく、複数の症状が同時に発見される事も多々あります。
なかなか寝付けないという事に加えまして、幾度も幾度も目覚めてしまう事になってしまいます。
起床時間の2時間も前に目覚めてしまう、こういった睡眠に関するトラブルとは、少し想像しただけでも辛いものである事がわかります。
単に早起きしてるという訳ではなく、疲れが全く取れていないという事になってしまっているのです。
大切な仕事時に、強い眠気を感じてしまう事もよくあります。
各々の症状をしっかりと把握して、それに見合った対策を講じていかなければならないです。
不眠症の治療方法とは??
不眠症には、早朝覚醒や熟眠障害など、複数の症状が同時に確認されてしまうものがあります。
また、不眠症の大切な治療に関しても、様々な方法をしっかりと講じていく事になるのです。
不眠症の治療方法には、大きく分ければ、2つの方法があるのです。
不眠症の治療方法には、非薬物療法と薬物療法が存在します。
簡単にご説明しますと、医薬品を利用した不眠症の治療なのか、医薬品を利用しない不眠症治療なのかという事です。
非薬物療法による不眠症の改善の場合には、生活習慣の改善を主に行うようにします。
医薬品の力を借りずに、自分の力のみで不眠症を治療していく事になりまして、寝る前には、カフェインを含有するお茶類は摂取しないようにするなどの努力をする事になるのです。
しかし、眠らないといけないという気持ちを持ちすぎる事によって、逆に頭が冴えてしまって、眠れないコンディションになってしまうような事もあります。
過度に就寝時間に拘ってしまう事は、あまり好ましくないかもしれません。
加えて、自分でできるセルフケアには、ベッドにて寝る以外のことを極力しないように意識的にするという事も挙げられます。
ベッドは眠る空間であると強く意識される事によって、適切な不眠症改善ができる事があります。
薬物療法に関しては、睡眠薬を用いる事になりまして、覚醒のリズムをしっかりと整え、適切な入眠ができるようにするのです。
最近の睡眠薬とは、何度も研究や開発が繰り返される事によって、有効性や安全性というものが大きく向上しているのです。
そういった睡眠薬をしっかりと見定めて、ご自身に適した睡眠薬を利用することは時には、とても役立つ効果を発揮します。
・睡眠薬とは??
列記とした病気である不眠症の改善には、睡眠薬の利用が求められるという事も少なくないのです。
睡眠薬には、もちろん寝つきをしっかりと改善する効果がありまして、不眠症であったり、確実に睡眠渋滞を得たい場合には利用されています。
睡眠薬とは睡眠導入剤という呼ばれ方もしますが、細かくみれば、意味合いは異なります。
人をしっかりと眠りにつかせるために、睡眠薬は利用されます。
しかし、睡眠導入剤とは、入眠に半ば強制的に入眠させてしまうのです。
具体的に見れば、睡眠薬とは違って睡眠導入剤とは、寝つきに対しての効果が優れているものを呼ぶのです。
あくまで目安であって、具体的な睡眠薬と睡眠導入剤の間に線引きがあるという訳ではないです。
睡眠薬と睡眠導入剤の違いとは、医師によって、感覚的に区分されている事もあります。
その線引きが僅かに変わってくる事もありますから、なので、睡眠薬と睡眠導入剤の種類と効果とは一通りではないという事も踏まえまして、自分自身にとって最良の形で見極める事ができるのかしっかりと考える必要性があるのです。
現在は睡眠薬や睡眠導入剤に開発が進んでいまして、副作用や依存性のリスクを低下させた安全なものも決して珍しい事ではないのです。
睡眠薬や睡眠導入剤は過激であるというメディアなどによる、以前の印象ばかり持ち続けないようにしないようにしましょう。
睡眠薬や睡眠導入剤の現実とは、確実に変化してきています。
睡眠薬の種類について
大きく分けると、睡眠薬の種類とは二種類のものが現在存在しています。
1つ目の睡眠薬とは、中途覚醒という睡眠障害の症状の改善に利用されるものでして、意思に反し、夜間に起きてしまう事を防止する役割を持っています。
中途覚醒の改善に使用される睡眠薬とは、中時間型や長時間型の睡眠薬が主に利用されています。
服用後30分以内に効果を示し、9時間以上もの効果時間を要する睡眠薬を、長時間型の睡眠薬とされています。
しかしながら、この長時間型睡眠薬服用にはリスクというものもありまして、効時間が長いからこそ、薬の効果が起床後も継続してしまう事が想定されます。
そうすれば、日中の眠気に苦しんでしまうという事があります。
このタイプの睡眠薬に加えて、入眠障害の改善に利用される睡眠薬も存在します。
入眠障害に関しては、短時間型や長短時間型の睡眠薬が利用される事が一般的なのです。
これらの睡眠薬に関しては、高い即効性が備えられていまして、睡眠導入剤といった呼ばれ方がされます。
ただし、この睡眠導入剤を大量に服用してしまった場合には、アルコール記憶障害という重大な副作用が確認されてしまったりもするのです。
ハルシオンとは、超短期型の代表的睡眠導入剤となっています。
短時間型の睡眠導入剤の利用とは、寝つきをしっかりと改善するには効果的ではありますが、長くとも4時間ほどで効果は消失してしまいます。
なので、途中覚醒を伴う不眠症に用いることはおすすめできません。
バルビツール酸系
古く以前から利用されている睡眠薬とは、バルビツール酸系睡眠薬が存在します。
最近では様々な睡眠薬が新たに開発されてきましたが、1900年代中頃には唯一の睡眠薬として重宝されていたのです。
1950年代に発売されたベゲタミン錠・ラボナ錠とは、バルビツール酸系睡眠薬の有名どころとなっています。
バルビツール酸系睡眠薬が現在あまり利用されない理由とは、この睡眠薬とは、その他の睡眠薬と比較しまして耐性が付きやすい。
また、バルビツール酸系睡眠薬の服用量を増やせば、依存性のリスクも上がってしまうのです。
そしてもっと深刻な事に、バルビツール酸系睡眠薬を大量に服用する事によって、最悪、呼吸が停止してしまうリスクだって存在するのです。
バルビツール酸系睡眠薬とは強力な効果と引き換えに、こうしたリスクも同時に存在しますので、現代では可能な限り利用しないという事が一般的なのです。
ベンゾジアゼピン系
日本では現在、一般的には、20人に1人が睡眠薬を利用していると言われています。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは、その中でも、大変よく利用されています。
この睡眠薬の特徴としては、深刻な副作用は少ないのに、確実な催眠効果を得られるという事が挙げられます。
実は、ベンゾジアゼピン系睡眠薬に関しても、歴史ある睡眠薬でして、1960年代から既に利用がスタートされていました。
最も知名度が高いのが、ベンゾジアゼピン系睡眠薬のハルシオンとなっています。
ハルシオンとは超短時間型睡眠薬の代名詞と言えまして、最大約4時間までの効果時間ながら、高い即効性が認められています。
悪用によって一時的にイメージが悪化したこともありますが、安定した睡眠薬として信頼できる効果は持ち合わせています。
ただし、医師の処方のみで入手できるようになっていまして、個人輸入に関しては禁じられています。
非ベンゾジアゼピン系
ベンゾジアゼピン系睡眠薬とは、副作用が少ないという特徴を持っていまして、歴史ある睡眠薬とされています。
依存症になってしまうリスクは否定しきれないので、それのみで、ベンゾジアゼピン系睡眠薬の継続的な利用は必ずしも推奨されません。
より副作用の少ない、低リスクな睡眠薬を利用したいというのであれば
、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬を利用した方が良いでしょう。
ベンゾジアゼピン系睡眠薬には、健忘作用や筋肉を緩める強い効果が認められています。
しかし、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬の場合には、筋肉を緩める効果に関しては、抑えられています。
シンプルに言って、非ベンゾジアゼピン系睡眠薬では、足元のふらつきというリスクを低くできているという事でしょうか。
非ベンゾジアゼピン系睡眠薬のよく知られたものには、アモバンやエスゾピクロンというものが存在します。
上記は長短時間型睡眠薬の有名どころとなっていまして、服用後、30分ほどで確かな効果を感じられる即効性の高さです。
半減期は3時間くらいで迎えまして、起床時には、眠気を感じない事がメリットと指摘される方も多数いらっしゃいます。
2016年10月頃にゾピクロンの個人輸入は禁止されまして、副作用としての苦味を改良する事に成功しました、エスゾピクロンがよりおすすめなのです。
オレキシン受容体拮抗薬
オレキシンに関してはメラトニンと違い、逆の作用を示します。
メラトニンとは睡眠状態の維持に非常に大切な役割を果たしますが、脳内物質のオレキシンとは覚醒状態の維持に大切な役割を果たします。
なので、オレキシン受容体拮抗薬とは、オレキシンの働きを抑えて、適切な睡眠を促進させるのです。
オレキシン受容体拮抗薬とは、これまでになかった斬新な医薬品でして、脳の覚醒に関する仕組みを止めるのです。
ここで着目しているのは、脳が覚醒や睡眠へのスイッチを切り替えているという部分です。
有名な商品をお知らせしますと、2010年から利用がスタートされているロゼレムなのです。
このロゼレムとは長時間型睡眠薬でして、約10時間の効果持続時間が期待できるのです。
副作用が少ないので、ベンゾジアゼピン系睡眠薬よりも、その点では評判が良いです。
メラトニン受容体作動薬
メラトニン受容体作動薬とは、メラトニンという本来人間に存在するホルモンと同じ働きをするのです。
メラトニンとは、基本的な役割として、体内時計を適切なものに調整する機能があります。
覚醒と睡眠が適切な時間帯に調整できるようになりますが、仮に乱れてしまった場合には、メラトニン受容体作動薬を利用して正常なものに改善していくようにするのです。
メラトニン受容体作動薬とは、2010年より使用がスタートされるようになりました。
しかし、メラトニン受容体作動薬に関しては、これまでの睡眠薬と異なって、鎮静作用や抗不安作用というものは存在しないです。
メラトニン受容体作動薬とは、自然な睡眠状態へ導く作用を、主としています。
禁断症状もないですし、メラトニン受容体作動薬の副作用とは、とても軽度のものになっています。
しかし、メラトニン受容体作動薬には、直接的な睡眠作用というものは確認されていないのです。
なので、長期間に渡る不眠症や、とても深刻な不眠症という場合には、その効果は低いものになるでしょう。
より手軽に長期間にわたり、睡眠に関する改善効果を得ようとするのであれば、メラトニン受容体作動薬などの外部の医薬品から、適切に取り入れる事が効果的でしょう。
医薬品の副作用を逆に利用するものとしては、ジフェンヒドラミン、ドリエルとも言われます、抗ヒスタミン薬としても効果的な催眠鎮静薬が存在しています。
アタラックスも同様でして、抗アレルギー性緩和精神安定剤として、副作用を逆に上手く利用しています。

-睡眠
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.