育毛

AGA治療と抜け毛の不都合な真実|治療薬・対策・原因

投稿日:

抜け毛を研究してわかったこと

「あなたの抜け毛は多いですか?」私は抜け毛が多いです、たぶん、あなたよりも・・・。私の1日の最多抜け毛本数は304本です。  「あなたはご自分の抜け毛を数えたことありますか?」私は11年間毎日抜け毛を数えています。おそらく日本で一番抜け毛を数えていると思っています。どうして抜け毛を数えはじめたのか? それは抜け毛で悩んでいる人と同じ動機だと思います。  「髪の毛って1日に何本抜けるの?」理容師の仕事をしているとお客様からよく質問されました。それに対して私はこう答えていました。「1日に50本位抜けるらしいですよ」さらに「1日50本だからシャンプーの時に50本抜けたらヤバいですね」どうして、このように答えていたのか?今思えば、無責任としか言えません。  お客様に50本抜けたらヤバいと言っておきながら自分自身の抜け毛が多いのです。「シャンプーの時の抜け毛が多いよな〜、50本以上ありそうだよな〜」と髪の毛を洗うたびに思っていました。  2001年のとある日、いつものようにお風呂に入って髪の毛を洗っていました。シャワーで髪の毛をぬらして、シャンプー剤をつけて泡立ててゴシゴシします。その泡をシャワーで流します。シャンプーの泡が目に入ると痛いので目を閉じています。泡をシャワーで流し終わった時に目を開けると・・・お風呂場の床に抜け毛がドッサリ!!! ホラー映画のワンシーンかと思いました。「ぜったい50本以上抜けてる!!に「おれハゲる!!!」若い時からなんとなく抜け毛が多いと認識していたのですが、あまりの恐怖にいてもたってもいられなくなり、抜け毛を数える決心をしました。 決心をしたのはいいけれど、「どうやって抜け毛を集めたら良いのか?」を考えました。 実は私、理容師です(笑)理容室には髪の毛を洗うためのシャンプーボールと言う設備があります。シャンプーボールの排水口で抜け毛を集めるのがもっとも簡単でもっとも正確だと思い、いろいろ試しました。排水口をガーゼで包んでみたら水の勢いでガーゼが丸まってしまい失敗、ヘアキャッチャーと言う網をつけたらやはり水の勢いで水車のようにクルクルまわってしまってまたまた失敗、水の勢いにまけないものはないか探したところ、茶こしの網をはめ込むのが、一番簡単で確実だと言う結論にいたりました。

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)の通販サイトは、こちら↓

サプリ館

フィンペシア

ミノックス5 (ミノキシジル・タブレット) 

 準備が整ったので実際に抜け毛を集めて数えてみました。そうしたらなんと124本。「いやいや、今日はたまたま髪の毛の調子が悪かっただけだろう」現実を認めようとしませんでした。「とりあえず1週間数えてみよう!」1週間の抜け毛を数えました。結果、平均抜け毛本数119.3本。もうこれは現実を受け止めるしかありません。 最初にも書きましたが、その当持仏は、1日に抜ける髪の毛の本数は50本と思い込んでいました。どこでどうこの50本と言うことを知ったのか覚えていません。化粧品公社のセミナーで聞いたのか? 本で読んだのか? テレビで腿たのか? まったく覚えていません。まだその当時はインターネット回線を接続していなかったので、ネットの情報でないことは催かです。 その時の実験で「1日の抜け毛の本数が50本」と言うのが本当なのか?と疑問を持ちました。なぜなら私の抜け毛の本数がシャンプーの時だけで119本もあったからです。1日の抜け毛の本数の2倍以上がシャンプーの時だけで抜けていることは事実です。そして、私の髪の毛がフサフサだと片うことも事実です。
それから「1日の抜け毛が50本」の情報源を探しはじめました。その当時は今のようにインターネットは普及していませんでしたから、もっぱら本を探しました。地元の本屋では、髪の毛に関するような専門書はありませんでしたから、池袋にある大きな本屋まで通いました。しかし、情報源は見当たりません。髪の毛の専門書の他にも解剖学・生理学の本も買いましたが抜け毛の事は書いてありません。 おどろきなのは12,000円もする生理学の本に載っていなかったことです。1,093ページもある分厚い本に毛髪のことに関するページはゼロです。それどころか毛髪と言う言葉さえありませんでした。生理学では毛髪は意味のないものなのでしょうか? 「1日の抜け毛の本数50本」が書かれていたのはリサイクルブック店で見つけた理容関係の本でした。その本は理容業界では有名な人が書いた本でした。毛髪研究の第一人者といっても過言ではありません。その人でさえ「1日平均50本〜70本程度髪の毛は抜けると言われています」と書いているのです。  その後、インターネット回線の普及により簡単に情報を集めることができるようになりました。しかし、ネットで集めた情報も「言われています」「言われています」のオンパレード。誰が言ったのか? がわからないのです。もちろん誰が調べたのか? もわからないですし、元になるデータも見つかりません。コピペのコピペまたコピペ。情報が使いまわしされていつのまにか抜け毛の常識となっていることがわかりました。  「これは私が調べるしかない! 私が理容師になったのはきっとこのタメなんだ!」と勝手に思い込み抜け毛に関する疑問を一つずつ実証・検証・研究をしてきました。気が付いたら75万本の抜け毛を数えていました。 つぎの章からは実際に調べてわかったことを書いていきますので「へ〜」と言いながら読んでください。

1日に何本髪の毛が抜けたらキケンなのか?

抜け毛の計算式
3万本抜けたらキケンでしょね〜三日でつるつるになっちやいますからね
(笑)冗談はさておき、刊本抜けたらキケンなのか? 説明いたします。
「55本以上髪の毛が抜けると危な
い! ましてやシャンプーの時だけで50本抜けたらハゲ決定にそんな風に言っている育毛サイトや知恵袋
の回答が多いですね。ホントですか?根拠はあるのですか?
たぶんその人たちはこう説明すると思います。
100,000÷5÷365=約55(54.794・・・)この式わかりますか?
100,000は頭髪の平均本数10万本
5はヘアサイクル(毛周期)の平均年数5年
365は1年間の日数365日
つまり10万本の頭髪が5年間の寿命だった場合の1日の抜け毛の本数と言うことです。1日の平均抜け毛本数=55本はこれが基準になっています。 この計算式は美容関係の本に書かれていました。化粧品会社が合同で作った本です。パーマ剤やカラー剤などの事が詳しく書かれている、その当時としてはかなり専門的な本です。普通の人はこの計算式を疑いもしないで信じますよね、理美容師さんも信じています。だって、専門書に書いてあるのですから。 でもよく読んでみると「仮に毛周期が5年とし、毛髪が10万本あるとしますと」と書かれています。実際に調べたというものはありません。のちのち私か調べることになりました。本の後半に書いてあります。
平均抜け毛本数55本
55本と言う数字に悩まされたのはあなただけではありません。実は、私も悩んだ一人です。
私、抜け毛が多いのです。2014年には1日平均178本も抜けています。
55本の3倍以上です。常識で考えると私はツルッパゲでもおかしくありませんよね。
統計学では1,000人以上のデータが必要だと言うのでヘアサロンのお客様に手伝っていただき抜け毛を集めました。  1,300人の方に協力いただきシャンプーの時に抜けた毛を数えました。平均39本、最も少ない人で1本、最も多い人で284本でした。最も少ない人と最も争い人で283本も差があります。  この結果、どう感じますか? 抜け毛の計算式10万本÷5年÷365日=約55本が信じられなくなりませんか? 私は信じられなくなりました。そもそも本当に髪の毛は10万本生えているの? ヘアサイクルが5年ってどうやって調べたの? つぎつぎに疑問がでてきました。
抜け毛の多い人、少ない人の差は?
抜け毛の多い人と少ない人の差はいったい何なのでしょうか? 髪の毛には寿命があります。抜け毛の争い人は寿命が短く、逆に抜け毛の少ない人は寿命が長いのです。寿命の長さは成長期の長さで決まります。 「成長期ってなんですか?」成長期はヘアサイクルを理解するとわかります。ヘアサイクルとは髪の毛が生え変わることを言います。「新毛が生えてきて毎日毎日成長してやがて成長が止まり抜けていく、そしてまた新毛が生えてくる」を繰り返すことです。成長期とはその名の通り髪の毛が成長している期間です。 AGA(男性型脱毛症)の人は成長期がどんどん短くなるため、髪の毛が長くならずに抜けてしまう脱毛症です。

ヘアサイクル(毛周期)

ヘアサイクル(毛周期)

危険な抜け毛の本数は何本なのか?

当日に平均何本抜けますか?」「この抜け毛の量は正常ですか?」とても多い質問です。 みなさん平均・正常をとっても気にしています。他の人と同じじゃないと不安になり落ち着かないのは日本人の習性なのでしょうか? 平均年収・平均身長・健康診断で正常値をみなさん気にしますよね。抜け毛で悩んでいる人が抜け毛の平均本数を気にするなと言うのは酷だとは思います。しかし、先ほど書きましたが少ない人で1本、多い人で284本と個人差が大きいのです。しかも、どちらの人も髪の毛はフサフサです。単純に抜け毛の本数では薄毛の判断はできないのです。 抜けた分、生えてくれば何本抜けても大丈夫です。とは言え限度はあります。10万本全部抜けてしまったら、次に生えて来るまでつるつるのままです。平均ですと1日に200本以内でしょう。これは大人になってからずっと200本近く抜けている人の場合です。 数本しか抜けていなかった人が200本抜け続けるようになった場合はキケンです。
600本抜けたと言われました
抜け毛の相談を受けた時の話です。とある発毛サロンで90分無料体験コースを受けた時、シャンプーをして頭皮のマッサージを受けてすべて終わった後に「これが今回抜けたあなたの髪の毛です」と抜け毛を見せられて「600本以上ありました」と言われたそうです。 600本?! その人は600本が多いのか少ないのかわかっていません。それで私の所に問い合わせてきたのです。 いままで、10年以上抜け毛の研究をしてきてシャンプーの時に600本以上抜けた人は2人だけです。 1人は抗がん剤の副作用によって髪の毛が抜け落ちてしまったケースです。この方は軽く洗っただけで1,000本近く抜けました。強くマッサージをしたらおそらく数万本抜けたと思います。 もう1人は私自身です。1週間シャンプーも湯すすぎもしないで1週間後にシャンプーをした時の抜け毛を数えたら615本でした。 毎日シャンプーをしている場合シャンプーで600本以上抜けた人はいません。本当に600本抜けたのならよっぽどすごいマッサージだったのかもしれません。ただ、いろいろ詳細を聞くと「ホントは数えていないのでは?」と思ってしまいます。 もし、あなたが同じような体験コースに行って600本抜けましたと抜け毛を見せされたら、その抜け毛をもらってきて私の所に送ってください。私が数えます。抜け毛をもらえなかったら「これ数えるのに何分かかりましたか?」と聞いてください。毎日抜け毛を数えている私でも30分以ヒはかかります。
1日に50本ならシャンプーの時は何本抜けるの?
「昨日シャンプーした時の抜け毛を数えたら30本も抜けていました、ハゲるのでしょうか?」「ドライヤーで乾かした時に5本も抜けました。ショックです」インターネットのお悩み相談に良くある書き込みです。それらの質問に対して「1日の抜け毛の本数は50〜100本、だからシャンプーの時に50本抜けたらハゲ確定になどの回答もよく見かけます。なんと無責任なことでしょう。 1日に200本抜けたらキケンと言いましたが、ではシャンプーの時やドライヤーで乾かしている時に何本抜けたらキケンなのか? を説明します。 シャンプーしている時間は10分位でしょうか? 1日24時間のうちのたった10分だと考えるとシャンプーの時に50本は催かに多く感じます。 実際に調べたらどうだったかと言うと

どんな時に髪の毛は抜けるのか?

どんな時に髪の毛は抜けるのか?


シャンプーの時で70%髪の毛を乾かすことを含めると100%に近いです。髪の毛は触ることによって抜けます。 テレビ番組の企画で1日に抜ける抜け毛の実験の監修をしました。その時の結果は私の実験結果とほとんど同じでした。シャンプーで74%その他(ドライヤー・ヨガ・寝ている時)26%
テレビ番組での結果(いつ髪の毛は抜けるのか)

テレビ番組での結果(いつ髪の毛は抜けるのか)

抜け毛の多い季節はいつなのか?

秋に抜け毛が多いって言われているけど
「秋は抜け毛の季節です」と言うフレーズ、聞いたことありませんか? テレビやネットの情報で「夏の紫外線のダメージで秋になると髪が抜ける」とか「動物が秋になると毛が生え変わるのと同じで人間も秋に生え変わる」ともっともらしい説明をしています。これを見た一般の人は秋になると抜け毛が多くなるものだと思い込んでしまいますよね。一般の人が思い込むのは仕方ないと思いますけど、じつは美容師さん理容師さんも秋に抜け毛が多いと思い込んでいる人が多いです。なぜでしょう? 先はども書きましたが理容業界の毛髪の第一人者の著書に書いてあるのですから、それを読んだ理容師さんは信じますよね。それで間違った常識になっているのです。なぜ、間違っていると私が言えるのか、それは抜け毛を数えたからです。 その本に書かれていた「夏から秋にかけて多くなり、一年の中で一番多いのは9月末から10月というデータもあります」おそらくこれが「秋は抜け毛の季節」の元だと思います。しかし肝心のデータはわかりませんでした。 ネットの情報はコピペがほとんどです。だれかの情報をそのまま自分の情報として投稿しています。ところが最初に言い出した人がわかりません。そして、秋に抜け毛が多いと言うデータも見当たりません。 秋の抜け毛が多いか少ないかは秋だけの抜け毛を数えてもわかりませんよね。1年間抜け毛の本数を調べて秋に抜け毛が多かったら「秋は抜け毛の季節です」と言えます。
そこで私は1年間、1日置きにシャンプーをしてシャンプーの時に抜けた毛を数えました。

平均抜け毛本数

平均抜け毛本数


「あれ? 7月が一番多い!秋が抜け毛の季節ってウソなの?」このデータだけ見ると抜け毛の多い季節は夏なってしまいます。 「すごい発見をした!」と思いこのデータをホームページに載せました。すると、こんなことを言われました。 「なんだ〜1日置きか」1日置きでも大変な作業です。しかしそれでも納得ができない人がいるのは事実。「毎日抜け毛を数えるぞ!それなら文句ないだろ」やる気がでました。
1年間毎日抜け毛を数えました 2007年から毎日の抜け毛を集めて抜け毛の本数を数えはじめました。 「はたしてどんな結果になるのだろうか」ワクワクしながら来る日も来る日も抜け毛を数えました。2007年は10月が一番多かったのです。  「あれ? 2003年の時は7月が一番多かったのに? どうして?」「今回は毎日の抜け毛を数えたのだからこれが正しいのかな?」いまひとつ納得できませんでした。「来年も続けて研究してみよう!」2008年も毎日抜け毛を数えました。  2008年は5月が多かったです。ますますわからなくなりました。研究をやめられなくなりました。2009年は5月。2010年は6月。2011年は9月。バラバラです。グラフを見てもらえば統一性がないことがわかります。
季節ごとの抜け毛本数の比較

季節ごとの抜け毛本数の比較


1年間の洗い方などの条件がいっしょの時のデータ(2007年~2011年)を合計して比べると冬が少なく夏が多い結果がでました。抜け毛が多いのは秋とは言えないですね。
5年間の抜け毛を合計したデータ

5年間の抜け毛を合計したデータ

最近のネットでの情報

このブログを書くにあたり、あらためてネットで「秋に抜け毛が多い」を調べてみました。  「秋は抜け毛が多い理由を考える」「秋の抜け毛が多い原因」「秋の抜け毛は誰にでも起こる」など秋に抜け毛が多いと決めつけたホームページがほとんどです。秋に抜け毛を多くしなくてはならない理由があるのでしょうか?秋に抜け毛が多くないと不都合なのでしょうか?  さらに「1年間平均に抜けるのではなく、季節によって抜ける数には差がある。一般的に抜け毛が少ないのは奏で10月11月は多く3倍抜ける。夏のダメージが時間差で秋に抜ける。」「あるデータによれば抜け毛が少ないのは4月、多いのは11月で3倍」とあります。  3倍???「オレのと違うな〜(ドラマ臨場風)」「あるデータとやらを見せてくださいよ」 それだけ秋に抜け毛が多いと言うのなら1年間の抜け毛を調べたのでしょうか? さらに詳しくネットの情報を調べていくと抜け毛のグラフを2つ見つけました。「私のほかにも調べた人がついに現れた!」と思いました。  1つは「人手化粧品メーカーさんが調べたデータをグラフにした」と書いてあります。しかしその人手化粧品メーカーさんのホームページにはいっさいデータがのっていません。どこでそのデータを手に入れたのでしょうか?  2つめは、「4日間の抜け毛を集めたデータ」と書いてありました。1ヵ月30日の内の4日だけです。これはデータとしては不十分ですね。抜け毛は1日でも3倍の差がでる時があります。このデータで秋に抜け毛が多いと言っているこのサイト自体が信じられなくなりました。しかもそのデータはどうやらイギリスのブラッドフオード大学で研究した論文をそのまま使っているようです。これがコピペの怖さです。他の大が一生懸命研究したものをいかにも自分で調べたかのようにしてしまうのです。 ちなみにこの論文ですが、18才〜39才の健康な白人男性14人のデータだと言うことはわかりましたが、抜け毛の集め方などくわしいことはわかりません。英語が苦手な私には論文をすべて入手することができていません。今後入手できましたらお知らせします。 ※イギリスの論文を入手する方法をご存じの方は連絡ください。

洗い方で抜け毛の本数が変わるのか?

シャンプー剤の種類・洗い方・すすぎ方・シャンプーの頻度などを変えて実験した結果抜け毛の本数に差が出ることが確認できました。てヽすから、抜け毛の本数のデータを取るときは極力同じやり方をしないと正確ではありません。 逆に言うと、シャンプー剤やシャンプーの方法で抜け毛の数を減らすことができます。現在、研究途中なので発表することはできませんが結果がでましたらご報告いたします。
秋に抜け毛が多い人は
「いやいや秋になると抜け毛が多くなってるよ」と言う人がいます。きちんと抜け毛を1年間集めて統計をとらないとわかりません。ですが「間違いなく抜け毛が多くなってるよ!」と言うのであれば、それは夏に成長期の髪の毛が休止期に変わってしまうような原因があったからです。 髪の毛は休止剛毛が抜けます。成長期から休止期になり抜けるまで2ヵ月位かかります。ですから、10月に抜ける髪の毛は8月に成長期から休止期に変わっていたのです。 また、抜け毛の本数は頭皮の固着力にも左右されます。固着力とは休止期毛をホールドしている頭皮の力です。固着力が弱くなると抜けやすくなります。 秋に抜け毛が多い人は、秋だから抜け毛が多くなったのではなく結果として秋に抜け毛が多くなってしまったと言うことです。

頭髪が何本生えているのか数えました!

10万本 これも計算?
あたりまえのように日本人の髪の毛は10万本生えていると言われています。ホントでしょうか? これもどうやって調べたのか? がわかりません。ちゃんと数えた人もいたのだと思います。でも、やっぱりどこをどう調べても元のデータが見つかりません。 以前出演した抜け毛の実験のテレビ撮影の時、カメラマンさんが「片、髪の毛を数える番組を撮ったことがある」と言っていました。家に帰ってさっそく「テレビ番組・髪の毛数える」とネットで検索しましたが、残念ながら見つかりませんでした。 数えていないとしたらどうして10万本とわかるのか? 疑問です。これも、計算なのです。 日本人の頭の人きさが平均700cm2だと言われていて、1cm2に150本生えていると言われています。計算すると700×150=105,000本です。催かに10万本くらいと言うことです。計算式としては問違っていないと思います。 ですが、まず「頭の人きさってどうやって測るの?」と疑問がわきます。これは、カツラメーカーさんの得意分野でしょうね。カツラを作るときに型(頭の形)をとります。型の人きさを計算すれば頭の面積がわかりますよね。わたしの場合はウイッグに方眼紙を貼り付けて人きさを測ってみました。約704cm2でしたので頭の人きさについては、個人差はありますが数字としては問題ないと思います。
髪の毛は場所によって密度が違う
では、1 cm2に150本と言う数字はどうでしょうか? マイクロスコープで写真を撮って数えれば本数を確認できます。ですから150本と言う数字も問題ない、と言いたいのですが(言いたくない)髪の毛は場所によって密度が違います。150本の所もあれば、200本の所もあるし、100本の所もある。ですからどこを基準にするかでまったく違う本数になってしまいます。 たとえば700×100=7万本、700×200=14万本、7万本の差は誤差とはいえませんよね。 とは言え、普通の人は髪の毛が7万本だろうが14万本だろうがどっちでもいいですよね。薄くなっていなければ何本だろうがかまわないでしょうから。 しかし私は抜け毛の研究者です。1日に抜けた髪の毛は数えればわかります。では、それが何本中の何本抜けたのか? 正確な髪の毛の本数がわからないと答えがでません。

頭髪密度の比較

頭髪密度の比較


数えました
自分の髪の毛の本数を数えることにしました。とは言え自分で自分の髪の毛を数えることは物理的に不可能です。考えました。髪の毛をバリカンで一気にカットして、切った髪の毛を数えることが一番簡単で正確だと考えました。それでも二度切りになってしまう可能性があるので一度切りと二度切りが区別できるように、半年間、髪の毛を伸ばしてロン毛にしました。そして、バリカンで一気にカットして切った髪の毛を大きなビニール袋に入れました。それを毎日1,000本ずつ数えました。3ヵ月ちょっと110日かけて数えました。9万8,998本生えていることを確認しました。  日本人の平均なのかはわかりませんが、私の髪の毛が約10万本生えていたことは事実です。

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)の通販サイトは、こちら↓

サプリ館

フィンペシア

ミノックス5 (ミノキシジル・タブレット) 

-育毛
-,

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.