インデラル

あがり症とは?インデラルで治る?

投稿日:

あがり症治療薬インデラル

あがり症とは?

あがり症とは、具体的に、どのようなものか、ご存知でしょうか?

これまで、あがり症に関しては、様々な研究がなされてきたとされています。

あがり症の方は、人前で必要以上に、周囲の視線を意識してしまって、単純な作業でも、スムーズに行えないというデメリットを抱えてしまいます。

この事によって、不安や焦りといったものを感じてしまって、心身ともに大きな影響を及ぼしてしまうのです。

あがり症治療薬インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

なんと、8割を超える方は、自分は人前であがってしまうと答えていまして、学生時代には、人前での発表などは大苦手だったと回答しています。

その他にも、あがり症の方に関しては、仕事で電話をするといった時にも、人よりも、あがってしまうと回答しているのです。

また、あがり症の方は、あまり親しくない人に話しかけられるという事も苦手としています。

自分の自己紹介を適切にできなかったりして、不自由を抱えるといった事もしばしば経験されるようです。

あがり症の方は、心身ともに大きな不調を感じていまして、口が乾き、トイレの回数も、かなり増えてしまうというトラブルを抱える方も、あがり症の方には多数いらっしゃいます。

あがり症とは、病気!?それとも・・・

よく、あがり症という事がクローズアップされる事がありますが、あがり症自体は、正式な病名であるという事はありません。

社会生活の中です、大きな不安や恐怖感を感じてしまって、その事が日常生活の支障になっているという場合には、あがり症ではなく、社会不安障害との診断がつくという事があります。

あがり症って、皆さんは、病気、それとも性格の問題、どちらと認識しますか?

この事を正確に線引きするという事は難しい事があるでしょう。

しかし、1つ言える事がありまして、あがり症が病気であるなしという問題はさておき、人前で緊張するといった事は、誰にだって起こりうる、ごくごく自然な生理現象と言えるでしょう。

あがり症の人の体内

人の神経系には、神経伝達物質ノルアドレナリンというものが存在します。

神経伝達物質ノルアドレナリンとは、人が緊張したり不安に感じた時には、大量に分泌されるようになる事が分かっています。

こうなる事によって、自律神経の中でも、交感神経が活発に働くという事になるのです。

緊張や不安を感じる局面では、人は、血圧や体温や心拍数など、様々なものが上昇してしまうので注意しなければなりません。

赤面・動悸や発汗といったものにも繋がってしまいます。
中には、食欲不振や腹痛といったものが催される事があるとされていますが、これは、人間の体内で消化機能といったものが抑制されているからです。

しかし、上記の状態というのは決して悪いと一概に決めつけられず、メリットというものも存在します。
こうした緊張状態では、人は、身体能力や集中力といったものは通常よりも高まっている状態だと言えます。

逆に、人がリラックスしているという状態では、副交感神経というものが優位になっている状態に自然になります。

こうした状況下において、人は、消化機能は活発になります。
そして、通常時よりも、体温は下がるという事になります。
もちろん、過度な緊張感とは、社会生活において与えるデメリットが大きいという事に疑いの余地というものはありません。

しかし、適度なレベルの緊張感なら、むしろ人前に出る場面では、なくてはならないものと言えるでしょう。

あがり症に際して、主な症状

あがり症の方が、主に感じる症状について、ご紹介させて頂きます。

あがり症の方は、人前に出ると、極端に、顔が赤くなってしまったりという事があります。
こちらには、実際に赤くなっていなくても、赤くなっているのではないか!?そんな風に不安に感じられている方もいらっしゃいます。

また、あがり症の方には、視線恐怖症という方もいらっしゃいまして、端的に、他人からの視線を必要以上に意識してしまうのです。

自分の視線が、周囲に不快感を与えているのでは!?と不安に感じられる方もいらっしゃいます。

そして、あがり症の方には、書痙という問題に苦しんでいらっしゃる方も存在します。

これは、あがり症に苦しんでいて、人前で文字を書こうとすれば、震えてしまうといった症状ですね。

あがり症の方は、実際に人前に出なくとも、自分の電話内容が人に聞かれるという事を過度に意識してしまうといった方もいらっしゃいます。

うまく話せなかったり、人前では、普通に電話に出るといった事が困難であるといった方もいらっしゃいます。

あがり症の方は、会食恐怖症によって苦しんでいらっしゃる方もいまして、一対一や大勢であるなどは無関係に、人との会食が困難であるといった方もいらっしゃいます。

あがり症ですと、実際に、吃音症といった事に苦悩されている方もいらっしゃるようです。

人前では上手く話せず、もごもごとしてしまうので違和感を持たれるといった事もしばしばあります。

多汗症も、あがり症の方には典型症状となっていまして、脇や顔、様々な部分から、異常なほどの発汗が確認されてしまいます。

あがりやすい人・あがりにくい人

ここでは、あがり症に関連し、世の中の、あがりやすい人、あがりにくい人について、ご紹介させて頂きたいと思います。

まず、基本的な情報として、あがり症が生まれ持った性格の問題であるという事は決してあり得ません。

しかし、長く生活をしていく上で、あがりやすい性格になってしまうといった事は十分にあり得ます。

簡単に言うと、なぜ、あがりやすい性格になってしまうのかというと、ええかっこしいで、人よりもプライドが高く、人前では絶対にミスをしたくないという気持ちを強く持ってしまうからです。

あがり症だというと、その事は大きなデメリットに感じられるかと思いますが、もちろんメリットもあります。

こうした、あがり症になってしまうような性格であれば、責任感が人よりも強く、ミスをしにくいので、周囲から高く評価されるといった事もあるのではないでしょうか!?

逆に、どんな状況下であっても、あがり症とは無縁であるといった方もいらっしゃるでしょう。

本人は、緊張したりして言動が厳しく制限されず、ストレスは感じないでしょう。

しかし、人には社会人として、状況によっては、マイナスに映る事もあるでしょう。

あがり症の発症時期について

ここでは、あがり症という病について、おおよそ、どの辺りで、人は発症するのかについて、ご紹介させて頂きます。

人としての始まりから検討させて頂きますが、赤ちゃんの頃から、あがり症であるという方はいません。

学校(中学生や高校生)になってから、あがり症に苦しむようになったという事が一般的であります。

小学生の頃に、あがり症を発症という事は珍しく、自分という自我がはっきりと芽生えるようになってという事がきっかけとなり、あがり症によって苦しむようになるという事が一般的です。

あがり症によって、身体は震えていませんか?

あがり症の方の典型症状として、何かにつけて、身体が震えるようになってしまいます。
緊張状態や不安な状態では、自分の意思では、身体の震えを適切にコントロールするといった事が困難になります。

身体というものは正直な反応を示しまして、身体を震えさせたくないと思えば思うほどに、緊張によって身体が震えるといった悪循環を引き起こしてしまうので注意が必要になってきます。

どんなに、自分の意思によって、震えといった症状を出したくないと思ったとしても、自然な症状を意思によって制御する事は困難です。

また、あがり症の典型症状である震えが見られるようになると、声まで震えて、周囲に違和感を持たれてしまうという事も実際にあります。

あがり症は対処するもの

あがり症を根本的に改善しようと思えば、難しいものがあります。

しかし、あがり症を、その都度、適切に対処するというのなら、そこまで実際、困難なものではありません。

あがり症を根本的に改善しようとすれば、難しいように感じられるかもしれません。

しかし、ここは発想の転換で、根本的な、あがり症克服を目指すのではなく、その都度その都度、適切な対処をするという、対症療法的なアプローチを取るようにします。

あがり症を絶対に克服しなきゃいけない!と思い込むと、そのこと自体が大きなストレスになってしまうので、注意しましょう。

そもそも、あがり症の方とは、将来に対してはポジティブというよりは、ネガティヴなイメージを持っているということが多数とされています。

実際に良くない結果になっていなくとも、ここで、ああなったら、どうしよう!?
と何事にも、ネガティヴな将来をイメージしてしまうのです。

難しいかと思いますが、ネガティヴなイメージを持たずに、何事にもポジティブなイメージを優先してみるというのも、あがり症の対処としては効果的なのではないでしょうか。

初めから高いハードルを設定しない

初めから、あがり症の対処を全てパーフェクトにしよう!と思って、高いハードルを設定しても無理があります。

そうではなく、徐々に、あがり症を適切に対処しよう!と、もっと気楽に考えて、小さいことから、確実にクリアしていくのが良いのではないでしょうか。

面接試験など、あがり症が強く見られると、自分の印象を大きく下げてしまうかもしれない場面ってありますよね!?

あがり症の対処は初めからパーフェクトにしようとすると難しいものがありますが、出来ることから些細なことから、確実に乗り越えていくことが、とても重要です。

現代は幸いなことに、あがり症に関する医薬品なども充実するようになっていますから、人によっては、そのような医薬品を活用してみるというのも効果的でしょう。

一昔前までは、あがり症のセルフコントロールは困難であったかもしれませんが、現代ならではの充実の医薬品によっても、あがり症の対処はできるようになっています。

 

あがり症治療薬インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

-インデラル
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.