AGA男性型脱毛症

AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジル

投稿日:

AGA治療の基本はプロペシアとミノキシジル

AGA治療を行っていくという場合には、プロペシアとミノキシジルを利用するといったことは、基本です。
どっちが良いという話ではなく、プロペシアにもミノキシジルにも、それぞれの良さというものが、もちろんありますので、これからご紹介させてもらう事をご覧になって頂ければと思います。
AGA男性型脱毛症とは、男性ホルモンのテストステロンが5アルファリダクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストロンに変わります。
すると、毛母細胞の成長がストップしてしまうので、引き起こされます。
男性型脱毛症の原因に対して、直接アプローチするのは、有効成分がフィナステリドのプロペシアなんです。
フィナステリドの主な働きとしては、5アルファリダクターゼを阻害します。
なので、DHTの生成を阻害するということに成功するんです。
しかしながら、フィナステリドについては、全てのAGA治療をカバーできるというものではなく、積極的に発毛ができるというものではないことはわかっているべきです。
フィナステリドとは、一言で言ってしまえば守りの薬でして、攻めの薬ではないのです。
ミノキシジルやプロペシアの激安通販サイト↓
https://craftheads.jp/products/list?category_id=41
https://craftheads.jp/products/list?category_id=41

ミノキシジルの特徴について

高血圧治療薬として、そもそもミノキシジルとは開発されました。
服用した患者さんには、全身の多毛症の症状が確認されるということになりましたので、育毛剤として利用されることになりました。
ミノキシジル育毛剤としては、ロゲインやリアップといった商品が、一般的ではないでしょうか。
ミノキシジルとは、血管拡張作用といったものがありますから、それによって、発毛効果を期待していると指摘されることがあります。
しかしながら、これは、実際とは異なります。
というのも、近年の研究によって明らかになっているのですが、ミノキシジルとは毛母細胞にダイレクトに作用するとされているのです。
すると、ミノキシジルの利用によって、発毛に不可欠な成長因子を分泌させることに成功。
髪の成長を促進させることが可能であるのです。
プロペシアと違って、こういった意味では、ミノキシジルとは攻めの薬となっていまして、毛母細胞の活性化が期待できるという点では非常に魅力的です。
ちなみに、現状、ミノキシジルには、外用と内服といった2つが用意されています。
一般的に外用は内服よりも、その効果は限定的とされています。

プロペシアの発毛効果について

プロペシアを使っても、正直なところ、そんなに高い発毛効果が期待できるといったことはないです。
内服育毛剤として、とても注目されたので、プロペシアは劇的な効果を発揮すると思い込んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
臨床データが公開されていますが、プロペシアによる毛髪増加率とはいっても、たった7パーセント程度となっているのです。
臨床データによると、薄毛が6割改善されたとの報告がありますが、これには、軽度の改善といったものも含まれています。
なので、劇的に増えたという方がすべてではなく、ちょっとだけ改善されたという方も含めた結果となっている点は理解しておくべきです。
顕著な回復だけで見るなら、プロペシアによって、全体の1割程度ですから、決して多くはないです。

ミノキシジルの弱点

ミノキシジルには外用薬がありますが、こちらは、フィナステリドよりも、とても高い発毛効果を有しているとされています。
ミノキシジルの内服薬を服用したというのであれば、その効果効能とは絶大で、発毛剤として利用する価値は非常に高いです。
しかしながら、ミノキシジルタブレットであっても、防御力に関しては微妙なところがあって、服用していても髪が薄くなったという経験をされる方がいらっしゃるようです。
ミノキシジルとは、確かに発毛効果は高いのですが、せっかく生やした髪の毛を維持できず、抜け落としてしまうようなことがあるので、守りの薬としては役不足です。

ミノキシジルとプロペシアの併用について

プロペシアとミノキシジルについては、良い点もあれば悪い点もあるので、どっちが良いみたいな考え方はできないです。
ミノキシジルとプロペシアでは、その特徴とは、正反対なものがあります。
なので、プロペシアとミノキシジルを併用するようにすれば、デメリットをカバーしあえるということです。
積極的な発毛効果を期待するといった場合には、ミノキシジルとプロペシアの併用とは、とてもオススメです。

予防目的のフィナステリド単独利用

フィナステリドとは、確かに髪を生やすという役割は、あまりない、効果は弱いと言わざるを得ないです。
しかしながら、フィナステリドを使って、薄毛の進行を食い止めることができるというのは確かです。
なので、親類にハゲが多く、これから、禿げるのではないか?と不安。
最近、抜け毛が増えてきている、薄くなってきたような感じがするという方には、プロペシアの利用は効果的であるかもしれません。
こうした場合には、プロペシアを予防目的で利用するということは、全然ありなのでしょう。
しかしながら、もう既に薄毛、AGAの症状が進行してしまっているという場合には、フィナステリドだけを利用するということは十分な結果を得られない可能性があります。
なので、フィナステリドとは、ミノキシジルと併用した方が良いのです。

栄養サプリも使う!!

AGA治療をしっかりと行いたいという場合には、ミノキシジルとフィナステリドとは、とても効果的です。
しかしながら、この効果をもっと高めるようにするには、栄養サプリも使った方が良いとされています。
なぜ、栄養サプリも使った方が良いのかといったら、AGA男性型脱毛症や薄毛の原因として、栄養不足であるといったことも考えられるからです。
当然、毎日の食生活で十分な栄養が摂取できているというのであれば、わざわざ、栄養サプリの利用は必要でない方もいらっしゃるでしょう。
育毛サプリでいうと、Bostonというものがありまして、あまりコストパフォーマンスはよくないです。
しかしながら、オールインワンで、Bostonとは、育毛に必要不可欠な栄養素が取れるということから評判は悪くないです。
育毛サプリの良いところも活用しながら、AGA男性型脱毛症をできるだけ短期間に、目に見える形で改善できるような努力をしていきましょう。
・まとめ
今回、プロペシアとミノキシジルについて、記載してきましたが、プロペシアとは守りの薬です。
ミノキシジルとは、攻めの薬です。
両者を併用するようにすれば、効果を最大限に引き出すといったことが可能となっています。
ただ、どっちにも高い効果効能と引き換えに、副作用といったデメリットもあります。
なので、しっかりと理解して、ミノキシジルやプロペシアとは、用法容量を守って利用すべきです。
個人的には、海外の個人輸入代行サイトを利用するということは、推奨しています。
AGA専門クリニックはありますが。とにかく、高くついてしまったりしますので。
高いから良いと思ってしまうと、危険でして、悪徳な育毛クリニックだと、平然と根拠のない事を言って、とにかく不安感を煽ります。
なので、今回記載させてもらったような基礎知識は、最低限、もっておいてもらいたいです。
でなければ、本当の意味で、AGA治療を成功させることは難しいですし、永遠と満足できず、コストばかりかかってしまうので注意しましょう。
 
ミノキシジルやプロペシアの激安通販サイト↓
https://craftheads.jp/products/list?category_id=41
https://craftheads.jp/products/list?category_id=41
 
 

-AGA男性型脱毛症
-,

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.