未分類

社会不安障害の症状・治療方法|インデラルも効果的

投稿日:

⚫︎社会不安障害について
普通、大半の方は、大勢の前で、重大な発表などをするとなった時には、緊張したり、不安を感じたりという状態になります。
それは自然なことで、特別、異常であるなとといった事は全くないです。
インデラルの通販サイトは、こちら
そのような緊張や不安とは、その発表などに、さほど影響を与えるということはないです。
このような事は、時間とともに、収まっていくということになっていますし、経験によって慣れていきますから、そこまで心配しなければならないということはないです。
ですが、社会不安障害であるという方は、強い不安や緊張によって身体症状が見られるようになってきて、そのような状況を自分から避けるようになってしまうのです。
社会不安障害であるという方は、通常と違って、緊張症状が自然におさまるという事が難しいようになります。
それを意識してしまって、不安や羞恥心という感情が強くなってしまう傾向があります。
イベント事などを避けるようになって、自分への自信を失ってしまうようになるのです。
社会不安障害の症状には、赤面恐怖症や、あがり症、対人恐怖症といいものも含まれているのです。
⚫︎ 社会不安障害の具体的な症状とは?
社会不安障害である人には、ある共通した特徴があります。
それは、自分自身でも自覚できるくらいに、周りからのネガティブな評価を怯えるようになるのです。
なので、自分自身が失敗してしまったり、恥をかく状態を意図して避けるようになるのです。
ちょっと人と会ったり、人前での食事、字を書いたりという状況であったりしても避けるようになるのです。
社会不安障害には、恐怖感によって、具体的な症状が見られるようになるのです。
声が出ない、息苦しさ、尿意、このような症状が見られるようになるのです。
ぎこちない、自然でない行動が人前で見られるようになってしまうのです。
こうした身体症状によって、自分が変に見られるのではないか?という不安にリンクしていくのです。
これが、過度な緊張感にもつながっているのです。
⚫︎具体的に症状が与える悪影響
人が社会不安障害になってしまったという場合には、社会的な機会を自ら避けるようになってしまいます。
なので、自分本来の能力をしっかりと発揮できないことになってしまうのです。
これによって、自分ができる職業の幅は、とても狭いものになってしまうのです。
大学に行けなくなったりと、仕事以外にも、教育の機会を失ったりということになるのです。
本来なら取れる可能性があった資格受験の機会を失ってしまったり、結婚の機会を得られないということにもなってしまったりします。
公私ともにデメリットが大きくなってしまって、最悪、引きこもりとなってしまうのです。
⚫︎ 社会不安障害になりやすい人とは?
社会不安障害に関して、統計学的には、特に決まった性格的な傾向があるといったことは定められていないのです。
不安障害には色々ありますが、社会不安障害であるという方とは、神経質であるという傾向はあるようです。
社会不安障害である人の性格的傾向として、森田神経質であるということが挙げられます。
森田神経質とは、完全主義、理想主義、心配性、過敏、内向性、ということが具体的な特徴として見られます。
遺伝的要素も、考えられるのです。
⚫︎ 社会不安障害発病のきっかけとしては?
不安障害には色々ありますが、社会不安障害と比較すれば、早い年齢で発表する傾向があるのです。
大半は10代という若い年齢に、社会不安障害を発病するとされていまして、その治療は遅い傾向にあるのです。
10代に発病した社会不安障害とは、その治療は、30代になって初めて治療を行うという遅いものになっているのです。
学生時代にも既に社会不安障害を発症していても、そのような状況を回避して、なんとかやっていたのかもしれません。
しかし、年齢を重ね、社会人となって会社へ就職するとなってしまえば、そのような状況を回避してばかりというわけにはいきません。
なので、初めて、医療機関を受診するということになっているのです。
⚫︎ 社会不安障害の原因とは?
社会不安障害の原因については、はっきりとしたものが明白になってはいません。
1つの仮説として、脳内の神経伝達物質が関わっていると言われています。
脳内の神経伝達物質とは、具体的に、ドーパミン、セロトニン、ノルアドレナリンのことです。
社会的な能力の欠如、こういった仮説も挙げられているのです。
遺伝ではないか?こういった仮説も、挙げられています。
不安障害の恐怖症状については、一点分かるようになっているのです。
それは、脳内のメカニズムについてです。
⚫︎ 社会不安障害、どのくらいの割合で発病する?
世界を見渡した時に、欧米においては、約10パーセント程度の人が、一生の過程の中で、一度は、社会不安障害になってしまうとされています。
これは人数に直すと7人に1人くらいの人が、程度の差はあっても、社会不安障害になってしまう統計結果が示されているということです。
社会不安障害については、特に男女差ということはなく、発病時期については、10代という若い時期が多いとされています。
⚫︎ 社会不安障害の疑いを感じたら?
社会不安障害については、10代で発病するということが多いので、自分の性格上の問題ではないか?とネガティブに考えてしまうといったことが多いようです。
なので、これを社会不安障害という具体的な症状ととらえず、医療機関をわざわざ受診しないといったことが行えないということが多いようです。
なので、実際に医療機関を受診されるのは、10年以上も先であるといったことも珍しくはないです。
社会不安障害という、はっきりとした意識を持たず、そのまま放置し、我慢してしまうデメリットとは、非常に大きいです。
社会不安障害とは、日常生活に与える支障とは、ほんとに大きいです。
社会不安障害とは、割合的に、うつ病を合併してしまうといったことも、珍しくないです。
社会不安障害の症状を紛らわせる目的のために飲酒におぼれてしまって、アルコール依存が強くなる傾向といったものもあります。
社会不安障害とは、医学的にしっかりと認められた精神疾患であります。
ですが、これは、治療可能であり、将来を絶望するようなことはありません。
そのためには、社会不安障害の疑いが少しでもあるというのなら、早い段階で、精神科や心療内科を受診するといったことが重要です。
⚫︎ 社会不安障害、周囲の方の対応
社会不安障害の程度にもよりますが、社会的なデメリットというものは非常に大きいものがあったりします。
普通の人よりも、職業の選択肢が、ほんとに狭いものになってしまうことがあるのです。
また、学校へ行けなくなったりして、重要な学習の機会を失ってしまったりということにもつながります。
社会不安障害の程度によっては、人によっては、引きこもりとなってしまうことも珍しくないのです。
なので、家族などの親しい人は、不安感が助長されることも珍しくないです。
周囲の方々の適切な対応としては、まずは、本人の社会不安障害に対して、しっかりと理解を示すようにしてください。
その上で、本人に、心療内科や精神科を受診してみては?と自然な形でアドバイスしてみてはいかがでしょうか?
もっと具体的なことを言いますと、社会不安障害の特徴を考慮すれば、よくある回避行動も仕方ないと、まずは理解を患者さんに示すようにしてください。
こんな治療方法もあるよと説明してあげると、安心できることが多いです。
⚫︎ 社会不安障害の治療方法について
一般的に、社会不安障害に関する、主な治療方法とは、薬物療法と認知行動療法というものが主とされています。
薬物療法において、もっともよく利用されているのは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬の利用です。
選択的再取り込み阻害薬とは、具体的に、パキシル、ジェイゾロフト、レクサプロといったものがメインとなっています。
選択的再取り込み阻害薬とはSSRIと呼ばれていまして、その特徴として、副作用が比較的軽度です。
服用開始から初期の頃は、眠気や胃腸症状が、副作用として見られることが多いです。
ですが、社会不安障害の方がSSRIを服用しても、違和感なく利用できることが多いのです。
長期間の服用に及んだとしても、問題なく利用できることが多いです。
そして、加えて、社会不安障害の方は、SSRI以外の、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬が利用されることもあります。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬としては、デパス、ソラナックス、レキソタンなどがあります。
これらには即効性がありますので、社会不安障害の方には支持されています。
上記ベンゾジアゼピン系抗不安薬の1つであるクロナゼパムとは、社会不安障害に関して、とても有効であるとされています。
ですが、社会不安障害に対して、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を利用するデメリットがないということはないです。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬による、社会不安障害の治療とは、対症療法的であります。
なので、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の利用には、依存症問題がつきまとってしまいます。
その中でも、クロナゼパムが支持されているのかといったら、離脱症状を引き起こしにくいのです。
依存症状態になりにくいですし、長期服用が可能ですから、社会不安障害の治療に利用するのは最適です。
SSRI効果が発現されるまでには、早くて2週間まで要するとされています。
普通は4週間とかかってしまいます。
SSRIの効果によって、社会不安障害の症状が緩和されるようになったとしても、過度な安心感というものは禁物です。
一年以上も、再発を防止するために、SSRI服用の継続をする必要性があるのです。
次に、SSRIではありませんが、ベーターブロッカーが利用されることもあります。
ベーターブロッカーとして有名なものには、アルマール、テノーミン、インデラルといったものです。
不安状態によって、自律神経症状、ふるえ、動機、といったものを抑えることができます。
ベーターブロッカーには、即効性というものがあります。
習慣性はありませんので、ベーターブロッカーの依存症は聞かれないです。
ですが、ベーターブロッカーの利用によって、身体疾患の合併には注意しなければならないのです。
心不全や気管支喘息といったものです。
次に、認知行動療法のご紹介です。
環境による刺激によるストレス、これて自律神経、思考、行動の相互作用について考慮します。
ストレス、精神障害が生じているということは、この中に悪循環があるということですから、これを断つということが重要です。
人間の反応としては、不安や緊張、こういった感情や動機、発汗、ふるえといった身体症状を、自分の意識によって、きちんとコントロールするということは可能です。
薬物療法と違って、認知行動療法とは、社会不安障害の方でも管理可能なように、行動と認知に働きかけ、軌道修正するようにします。
また、以外のようなことがされることもあります。
不安や緊張時に過呼吸になるということがありますが、その悪化を防止するために、呼吸訓練といったものが行われます。
不安症状の緩和のためには、リラクゼーション訓練がされることもあります。
また、このような認識を改めるようにされます。
社会不安障害の方は、大衆の面前での自分の振る舞いや行動といったものは、絶対にネガティブな評価をされると思い込んでいる節があります。
次に、精神療法の一環として、森田療法が利用されることもあります。
社会不安障害の方は一般的に、対人場面においては、完璧主義や理想主義といった傾向があります。
本来の自分より、より良いように見せようと考えてしまったり、人前では、恥をかいてはいけないと思い込んでしまうのです。
社会不安障害のかたは、完璧主義や理想主義の心理的な特徴がありますので、誰でもある、震え、赤面、こういった不安や緊張による症状を異質なものと考えてしまうのです。
注意してしまうと逆に悪影響であって、不安や緊張といったものは助長されることになってしまいます。
上記のようなことがあるので、社会不安障害のかたへの森田療法とは、不安や緊張があったとしても、目的がしっかりと達成できれば良いという意識を持つように努めます。
社会不安障害の患者さんは、薬物療法や森田療法、認知行動療法といったものを組み合わせます。
森田療法や認知療法とは、不安や緊張に向き合っていくことが重要です。
なので、患者さんの高いモチベーションも、絶対に欠かせないです。
 
インデラルの通販サイトは、こちら

-未分類
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.