抗生物質

クラミジア治療薬の種類|ジスロマック・ビブラマイシン・クラビット

投稿日:

クラミジア治療薬の種類について

クラミジア治療をするための種類とは、複数あります。
一般的には、マクロライド系抗生物質やテトラサイクリン系抗生物質、キノリン系抗生物質というものがあります。
近頃、1番よく利用されているのは、マクロライド系のジスロマックです。
抗生物質の通販サイトはエイビス薬局
それでは代表的な治療薬のご紹介をさせて頂こうと思います。

ジスロマック

マクロライド系クラミジア治療薬というものにはジスロマックがあります。
日本でもごくごく一般的に処方されておりまして、抗生物質の1つとしてクラミジアを治療することができます。
クラミジア原因菌を、クラミジア治療薬のジスロマックの利用によって破壊するといったことができます。
クラミジアのみに効果的というわけではなく、クラミジア以外の感染症に利用するということもできます。
中でも、クラミジア治療薬ジスロマックを2000mgを服用することによって、大抵の菌は死滅させることができるのです。
ジスロマックの効果とは、とても持続しまして、一週間ほど続きます。
たしかに、ジスロマックは一度に2000mgと服用しなければなりませんが、何回も服用しなければならないという面倒さはないです。
妊婦が服用するというリスクはなく、胎児に与える悪影響といったものもないです。
多くの病院は、クラミジア治療において、ジスロマックを処方しているという現状があります。

ビブラマイシン

テトラサイクリン系のクラミジア治療薬といったものには、ビブラマイシンというものがあります。
クラミジア菌の増殖といったものを、ビブラマイシンの利用によって、効果的に抑えるといったことができます。
ビブラマイシンを利用するメリットとは、ニキビ治療薬として利用できることにもあります。
ビブラマイシンをクラミジア治療に利用するといった場合には、ジスロマックと異なり、1日2回利用するといったことが必要になります。
ビブラマイシンでのクラミジア治療といった場合には、複数回利用しなければならないので、飲み忘れたりということには注意を払いましょう。

クラビット

キノリン系のクラミジア治療薬には、クラビットというものがあります。
クラビットの有効成分には、レボフロキサシンでして、菌を死滅へ追い込むことができます。
病気の治療、ウイルスの原因となっているものには、とても高い効果を示すとされています。
他に高い効果を示すクラミジア治療薬が出てきているので、クラビット処方は、あまり広く一般的というわけではありません。
クラビットの服用方法とは、1日1錠を服用するようにしまして、500mgの服用量です。
注意事項として、クラビットとは、自己判断で勝手に服用を中断してはいけません。
服用量の勝手な増加は、副作用が重く見られることがあるので、注意してください。
医師からの指示によって、クラビットは適切に服用するようにしましょう。

男性のクラミジア

非淋菌性尿道炎には、クラミジア性尿道炎があります。
クラミジア性尿道炎の検査には、一般的に、クラミジア・トラコマチスの検出によって実施されますが簡単です。
これによって、非淋菌性尿道炎と分類されています。
陰部クラミジアの場合には、とても厄介なことに、男女ともに自覚症状というものが少ないとされています。
自覚症状がないというために、他者との性交渉によって、感染を拡大してしまうということにもなりかねません。
もしも妊婦のかたが、クラミジア感染となってしまった場合には注意しなければなりません。
早産や流産ということにもなってしまうでしょう。
母子感染も想定されまして、これによって、子が新生児肺炎の発症が見られるという報告もされています。
クラミジアの定期的な検査とは、とても重要となっています。
男性側が自分自身の感染に自覚がなく、女性との性交渉を行うことによって、赤ちゃんにデメリットが生じることが想定されます。

クラミジアの主な原因

クラミジア・トラコマチスとは、一般的に、人の粘膜への感染によって起こります。
これは、人の性交渉によって感染するということが一般的でして、これは、軽いオーラルセックスでも感染する可能性というものは十分にあります。
咽頭クラミジアとは、ピンクサロンやヘルスなどで感染するということがありまして、近年は増加傾向にあります。

クラミジアのメイン症状

クラミジアのメイン症状としては、排尿時の違和感というものが多いとされています。
不快症状として、痛みやかゆみといったものが伴うとされていまして、灼熱感が見られることもあります。
それと同じくらい、自覚症状がないといったこともあります。
症状が深刻化すると、分泌液が確認されることもあります。

クラミジアの費用と検査

クラミジア検査を正確にするため、2時間ほど排尿をしないようにしなければなりません。
クラミジア感染の有無については、尿中のPCR法によって確認するといったことが一般的です。
クラミジア検査とは、保険適応が可能でして、検査料や診察料は、あまり高額ではなく、3000円前後が一般的です。
薬代は、2000前後とされています。

クラミジアの治療

クラミジア治療のメインとは、抗生物質の利用が一般的です。
抗生物質を一週間ほど継続的に服用し、一週間後に、検査結果を再度、確認するようにします。
可能性として、もう一週間、服用しなければならないといったこともあります。
クラミジアとは一般的に、飲む抗生物質の服用によって完治させることができるのですが、重度の場合ですと、完治までの期間が長引くといったこともあります。
そうした時には、点滴を使用するといったこともあります。
耐性の少ない抗生物質には、ドキシサイクリン、アジスロマイシン、シタフロキサシンなどがあります。

クラミジアのまとめ

日本で1番多いとされる性感染症には、クラミジア感染症があります。
実に100万人を超えるとされていまして、高校生の割合も高いものがあります。
女性では、約13パーセント、男性では、約6パーセント、性交渉経験者の高校生は感染しているとされています。
クラミジア感染症には注意しましょう!
確実に感染していたとしても、自覚症状がないために、知らず知らずのうちに、パートナーに移してしまうこともあるのです。
クラミジア感染症とは、女性のデメリットは、とても大きく、不妊症や子宮外妊娠のリスクとなってしまうこともあるので注意しましょう。
抗生物質の通販サイトはエイビス薬局

-抗生物質
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.