あがり症

あがり症の特徴とメカニズム・体験談|社会不安障害の治療

投稿日:

あがり症について

こんなことはありませんか?

重大な発表があるという時に、緊張してしまう。
目上の人の前で、プレゼンする時には、不安を感じてしまう。

人が大勢であると、自分から、話をしづらいなどといったこと。

あがり症の治療薬は、こちら

ずっと、こんなことを毎日の生活の中で感じているという方は、少なくないです。

上記を自分の性格の問題である、このように、勝手に決めつけてしまっているという方もいらっしゃいます。
人間なので、人前で、時には、緊張してしまうということはあるでしょう。
でも、以下のポイントが出る場合には、注意しなければなりません。

それは、過度の緊張のために、自分の本来の能力を発揮できないということ。
自分の生き方に、重大な影響が出てしまうということ。

もしも、この2点が気になるという場合には、自分の症状をしっかりと、あがり症と捉えるということは重要です。

もっと言うと、あがり症とは、正式な名称というわけではないです。
社会不安障害に関する、パフォーマンス限局型と言うことができます。

実際に多い、あがり症患者

あまり知らないという方もいらっしゃるかもしれませんが、実際に、現在、あがり症で悩んでいるという方は、少なくないです。

日本ではなく、これは、欧米の統計になります。

全般の13パーセントにも及ぶ人が、あがり症、正式名称は社会不安障害を経験すると報告されています。
具体的な言い方をするなら、7人に1人が経験するのです。

あがり症の発症時期とは、比較的早いといったことも、珍しくないです。
10代で、あがり症を発症するという方もいらっしゃいますし、男女で比較すると、女性の比率が高いという統計結果が示されています。

男性の場合、あがり症に関しては、その症状によって、困難に直面する→医療機関を受診せざるを得ないということになるのです。

社会不安障害である、あがり症とは、人それぞれということもできます。
というのも、社会不安障害、あがり症であるという方でも、一目見ただけでは、明るいように見られる方も大勢いらっしゃいます。
しかし、本当は無理をしているので、ストレスを実際は感じているという方もいらっしゃるのです。

会社での昇進などに、あがり症とは、重大な悪影響を与えることもあります。
人前で話せないようになったりするので、我慢できなくなって、専門の医療機関を受診するという方もいらっしゃいます。

あがり症であると、幼少期にも、以下のような特徴が見られることもあります。
それは、子供の頃に、控えめになってしまうということです。
不登校や引きこもりといった問題に、社会不安障害である、あがり症が大きく関連しているという報告もあるのです。

大学生活までは、このような、あがり症である方でも、問題ない生活を送ったきた。
しかし、就活で重大な困難を感じて
、医療機関を受診するといったことも多いです。

あがり症であると、自分自身の人生に、重大なデメリットが生じることがあります。
というのも、あがり症であるために、限定的な、職業しか選択できないようになってしまうこともあるのです。
具体的には、人前で話すことがないような仕事しか選択しないこと。
あがり症は列記とした病気なのに、自分の性格なんだと思い込んでしまうのです。

緊張しい、小心者なので、仕方ないと決めつけてしまうのです。

あがり症であるという可能性も十分にあるので、もしも、症状によって、生きづらいように感じているなら、しっかりと治療するようにしてみましょう。

症状をチェックしてみましょう!

自分自身が、あがり症であると感じられるなら、症状について、具体的に、チェックするようにしてみましょう。
あがり症であるということには、人前での過度な緊張がイメージとして強いものがあるでしょう。

その背景には、第三者に迷惑をかけてしまうのでは?
周囲にマイナスの評価をされてしまうのでは?
といった恐怖感が関係しています。

あがり症の本質には、人からの拒絶に対する恐怖があります。

 

あがり症の治療薬は、こちら

 

あがり症の基準

 

あがり症である、そうでないということを判断する基準としては、薬物やアルコールなどに影響されていないということがはっきりしている必要性があります。

醜形恐怖症、自閉症スペクトラム障害、パニック障害と関係ない場合には、あがり症であると初めて判断できます。

 

あがり症であると決定するには、他の疾患によるものでない、このことをはっきりとさせなければなりません。

 

精神疾患におきましては、いずれも共通して、社交場面が苦手になったりします。

他の病気の可能性もあることは、知っておきたいところです。

 

あがり症とは、日常生活に重大な支障が出たりします。

以下のような病気の可能性もあるので、注意しましょう。

まずは、うつ病です。

うつ病とは、まず、気持ちの落ち込みが、顕著に見られるようになります。

うつ病が回復されるようになれば、この気持ちの落ち込みとは、改善されるようになることが多いです。

 

統合失調症については、物事に対して、非常に敏感になります。

人から見られているということに大して、かなり神経質になります。

 

あがり症と異なる疾患には、発達障害というものも見られます。

周囲とのコミニュケーションに関して、ずれが生じるということが、よく見られます。

このずれによって、他者との接触を回避する行動が見られることも多いです。

これには、社会不安障害が合併するということは、少なくないです。

 

 

あがり症の治療

 

あがり症の治療を進めて行く際に、メインとなるのは、心理療法となります。

心理療法とは、積み重ねということが、大切になってきます。

心理療法を積み重ねることによって、成功経験を得るということが非常に重要です。

 

症状の程度によって、あがり症の治療方針というものは変わってきます。

あがり症とは、主に3つのことによって、治療していくということになります。

薬によって、やり過ごします。

応急の薬によって、徐々に成功体験を得ていくのです。

 

最後に、応急の薬ではなく、本格的な薬によって、成功体験を積んでいくというものになります。

薬をどんな風に使っていくのかということには、あがり症に関して、どの程度、支障が生じているのかということが深く関わっています。

 

あがり症によって、苦手な機会は、どんな頻度かなどです。

 

もしも、あがり症によって、支障が非常に大きいならば、医師から処方された薬などによって、適切な治療をするようにすべきです。

応急的な薬では、できることには限界というものがあります。

なので、症状の程度によっては、本格的な薬を利用するようにしなければなりません。

あがり症によって、どの程度、困難な状況に直面しますか?

もしも、それほどでもなく、年に数回というほどでしたら、その場しのぎというのでも問題ないでしょう。

 

成功経験を得る機会が少ないということですから、自信をつけることも難しいです。

あがり症の治療をする際には、最終的なゴールというものは、人それぞれによって違います。

多くの人には、あがり症によって恐怖している裏側には、人と接したい気持ちがあります。

あがり症であったとしても、自分の本来の性格は変えたくないと思っていることが多いです。

本来の力を発揮できるようになれば、それで良い、そう目標としていることが多いです。

 

あがり症、社会不安障害ということによって、過剰なまでの恐怖感というものが確認されますが、その一方で、人から自分を評価してもらいたい、人とのコミニュケーションをよく取りたい、そんな気持ちがあるのです。

だから、あがり症患者さんは恐怖します。

 

あがり症を治療するに際して、目標としているのは、性格を変えるということではありません。

もともとの性格を根本から変えてしまうのではなく、過剰なまでの恐怖や不安といったものを取り除くようにします。

あがり症治療とは、焦る必要は全くありません。

徐々にでも、様々な方法によって、積み重ねるということが非常に重要です。

 

あがり症の医薬品について

あがり症治療薬には、複数の医薬品が存在します。

それぞれの医薬品によって、その役割といったものは異なってくるようになっています。

まずは、あくまで応急の、あがり症治療薬というものかあります。

これと違い、一日中、効果を期待できるものもあります。

主に、2つが利用されるのですが、応急の薬に関しては、一定の即効性があった方が良いです。

あがり症の程度とは、人によって、それぞれという部分があります。

なので、その都度、必要な商品をしっかりと使い分けるようにしましょう。

例えば、抗不安薬とは、緊張や不安を軽減させることを目的に利用されます。
一方、ベーター遮断薬に関しても、あがり症治療には、よく利用されることがあります。

あがり症に関連する、震えや動悸を抑えるには、ベーター遮断薬とは、とても素晴らしい仕事をします。

また、あがり症に関しては、以下のような専門薬が利用されることもあります。
それは、抗コリン薬というものです。

これによって、あがり症によって、ついつい気になってしまう、発汗を抑えるといったことはできます。

あがり症では、吐き気を催してしまうといったこともあります。
そのような場合には、制吐剤が利用されることもあります。

次に、あがり症に利用される、一日中効果の期待できる医薬品について、ご紹介をさせて頂きます。

これは、基本的に、継続的に長く利用することとなっています。

基本的な特徴として、上記は、作用時間は長いものとなっています。
そして、依存性が少ないといったことがメリットとして指摘できます。

抗うつ剤のなかでは、SSRIといったものが該当します。

抗不安薬では長時間作用型のものが、該当します。

SSRIの最大の特徴としては、徐々に効果を発揮していくものとなっています。
これによって、過敏さというものを抑えていくことができます。

あがり症に利用する、抗不安薬に関しては、そこそこの即効性があります。
緊張や不安を解消させるには、抗不安薬とは、とてもオススメです。

抗不安薬について

あがり症に利用される、抗不安薬の最大の特徴について、ご紹介させてもらいます。
それは、この抗不安薬とは、優れた即効性が期待できます。

高まった緊張や不安というものを、しっかりと抑制させるということができまして、自律神経のバランスを整えることができます。

デパス、ワイパックス、リーゼなどは、それに利用されます。
レキソタン、ソラナックスなども、こういった抗不安薬です。

上記には、それぞれの特徴といったものがあります。
本当に強い緊張が見られるという場合には、デパスやレキソタンなどが、とてもよく利用されます。

ただ、あまりに長期連用は望ましくないので、その点には注意です。

 

 

あがり症に利用される医薬品について

あがり症に対しては、頓服薬としては、人気の抗不安薬が大変よく利用されています。
しかしながら、抗不安薬のみを利用するのでは、あがり症を完全にコントロールできないといったこともあります。

そうした時には、抗不安薬のみでは改善できない症状のために、頓服薬が利用されることがあります。

あがり症に関しては、周囲からも明らかに分かってしまうような症状が確認されることがありますが、こういったものは取りにくいです。

例えば、以外のような症状のことを示しているので、確認してみてください。

あがり症に際しては、声の震え、大量の発汗というものが見られてしまうことがあります。
それに加えて、手足の震えも、あがり症の方に生じる、典型症状としてあります。

抗不安薬の利用では、こうした身体的な症状までは、完全に抑えるといったことは難しいです。

人気の頓服薬の利用によって、このような症状を抑えることは十分にできます。

例えば、ベーター遮断薬の利用によっては、声の震え、手足の震え、動悸といったものを抑えることができます。

インデラル 、アロチノロールなどが
、ベーター遮断薬として、非常によく利用されています。

あがり症に際しては、プロ-バンサインを利用することによって、大量の発汗などを抑える効果も十分に期待できます。

ナウゼリン・プリンペランなど知っていますか?
これらは制吐剤でして、あがり症における、吐き気を抑えるといったことが期待できます。

抗うつ剤について

あがり症治療には、抗不安薬と同じように、抗うつ剤が利用されることもあります。

抗うつ剤とはいっても、色々な種類というものがあります。

あがり症治療には、主に、セロトニン増加が期待できるものを、積極的に利用するとされています。

抗うつ剤の中でも、SSRIというものの効果は、あがり症治療に最適とされています。

SSRI、こちらを具体的に説明させて頂くなら、セロトニンを選択的に増加させる作用が期待できます。

パキシル
ジェイゾロフト

レクサプロ
ルボックス/デプロメール

上記がよく知られたSSRIとなっています。

あがり症には
パキシル
ルボックス/デプロメール
レクサプロ

上記3つは、効果があると認められています。

ジェイゾロフトは正式に認められていないですが、効果がないと示されているのではありません。
正式に、ジェイゾロフトとは、あがり症に効果があると、根拠が未だ確立されていないだけです。

ただ、あがり症の程度とは、人によって、様々となっています。

なので、SSRIが合わないという場合も、少なからずあります。

なので、SSRI以外で、あがり症対策をするといったこともあります。

あがり症で意欲が低下するといった場合には、一般的に、SNRIがよく利用されます。
サインバルタなどがあります。

SSRIという抗うつ剤の副作用として吐き気といったものがあります。

それが気になり利用できないといった方は、NaSSAを代わりに利用されるといったこともあります。
NaSSAの代表的なものには、リフレックスなどがあります。

最後に、SSRIでは効果が不十分であると感じられる方が利用される抗うつ剤に関して、ご紹介をさせて頂きます。
こういった場合には、SSRIの代替品として、三環系抗うつ薬が利用されることがあります。

具体的には、アナフラニールが利用されます。

あがり症に関連して、抗うつ剤を利用する際の重要点としては、飲み忘れをしないといったことです。

基本的に、アナフラニールとは、飲み忘れなく、毎日しっかりと服用するということが大切です。

飲み忘れなく、抗うつ剤を服用するようにしていれば、その効果は安定するようになってきます。
また、あがり症に、抗うつ剤を利用されるという場合には、あまり、ある日突然に服用を中止するといったことは望ましくないです。

これは、離脱症状が見られる場合があるからです。

 

 

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.