不安障害

社交不安障害(社会不安障害)の症状、原因、治療法ついての解説

投稿日:

社交不安障害ついて

不安障害の1つには、社交不安障害というものがあります。

不安障害には、全般性不安障害、PTSD、強迫性障害、パニック障害、恐怖症というものがあります。
一般的には、不安障害と鬱病の合併率とは非常に高いと指摘されています。

あがり症の治療薬の通販サイトは、こちら↓

https://craftheads.jp

https://craftheads.jp

近年では、

人前での発言や発表が苦手という方は少なくないです。
また、よく知らない人や、自分よりも目上の人との話が得意でないという方もいらっしゃいます。
また、同性と話すのは特に問題ないのに、異性と話すとなると、苦手意識を感じるといった方もいらっしゃいます。
また、他人の視線を過度に意識してしまう方も多いです。

このような方は現代では、とても多いです。
しかし、限度を超えて、緊張によって手が震える、息ができなくなってしまうなどする場合には、注意しなければならないです。
社交性不安障害である可能性が十分にあるので、注意するようにしてみましょう。

社交性不安障害である場合には、その弊害として、

大勢の人がいる場所で飲食をする際に、とても辛い緊張を感じるといったことがあります。
多くの友人と会うと、強い緊張を感じるといったこともあります。

人がいる前では、字を書くことさえも、緊張してしまうのです。

強い緊張によって、上記の場面を、自分で避けようとしてしまうのです。

第三者から見ても辛そうに見えますが、もちろん、本人も、その状態に生きづらさを感じています。

昔は、性格の問題であると考えられることもあって、対人恐怖症や赤面恐怖症、あがり症と言われることもありました。
しかし、今では、このようなことは、列記とした疾患と理解されるようになっています。
これは、ノルアドレナリンやドパミン、セロトニンが不足する疾患なのです。

社交不安障害とは、決して単純な性格の問題というわけではありません。
そうではなく疾患であるということから、専門の医療機関にて適切な治療を受ければ、しっかりと治療することが可能です。
もしも、社交不安障害について、性格の問題だと、いつまでも思い込んで、そのまま放置してしまっていると、社会的なデメリットとは非常に大きなものがあります。
なので、社交不安障害の疑いが少しでもあるという場合には、可能な限り早期に、医療機関を受診するようにしましょう。

社交不安障害の傾向が見られるという方は、近年増加傾向にあると言われています。
10人の中で、2人も見られるという割合ですので、決して珍しいというわけではありません。

実生活に悪影響が出ているということはよくありまして、個人差はありますが、苦痛を感じています。
発症する時期については、主に2つのタイプが存在するとされています。
まずは、幼少期発症というもので、5歳以下で発症するというものです。

また、これも、よくあるのですが、若年発症というものです。
主に、11歳から15歳までの間に発症してしまうというものです。

男性と女性で比較すれば、女性の方が多い傾向にあるとされています。

患者さんについては、実際に社会生活にデメリットが見られているにもかかわらず、性格の問題だから仕方ない。。。と放置してしまっていることも少なくないです。

社交不安障害の発症時期とは、一般的な目安として、25歳までとされています。
ですが、実際に、医療機関を受診して、適切な治療を受けるまでには、やや時間が経過していることがあります。
最長で、発症してから、30年も経過してからの受診といったこともあります。
セロトニン不足が原因の疾患とは、社交不安障害のみというわけではなく、他と併発してしまっているということも珍しくないです。
例えば、パニック障害や鬱病といったものでしょうか。
アルコール依存、薬物依存にもなってしまう可能性はあるので、その点にも配慮が必要です。

社交不安障害の症状について

専門的な手引きにおいては、社交不安障害に関し、以下のような定義付けがされています。
社交不安障害とは、社会的な状況において、顕著な恐怖を感じるということになるとされています。
これは患者さん自身にも、その意識というものはあるのです。
このような恐怖を感じるということが、当然嫌です。
なので、これを避けようとするために、回避行動というものが取られるようになります。
すると、普通の社会生活というだけでも、とても困難になってしまうようになるのです。
また、社交不安障害とは、身体面でも、不都合が出るということがあります。
これは、具体的に、震えや赤面症状が出るというものです。
発汗などの不安症状も出るので、注意するようにしなければなりません。

例えば、社交不安障害の方は、一般的に、人前での、字を書く、会話といったことを避けようとする傾向にあります。

誰でも、よく知らない人との面談では緊張してしまうかと思いますが、明らかに異常な緊張が見られるようになってしまいます。
人前での飲酒といったことも緊張してしまい、自然に振る舞えないようになってしまうデメリットも報告されるようになっています。

そして、社交不安障害の方は、このような症状を人に知られるということを恐れるようになってしまい、我慢ならない不安を感じたりするようになります。
人前で、ちょっとした会話、食事、書字といったことも避けようとするようになってしまいます。

普通の人でも、緊張したりはしますが、身体症状として、動悸や発汗、胃腸の不快感というものが限度を越して見られるようになります。
社会生活におけるデメリットは大きいので、薬物療法などによる治療ということは、とても大切になります。

社交不安障害であるという方は、単に精神的に緊張してしまうというデメリットだけではなく、発汗や赤面が見られるようになってしまうので注意しましょう。

社交不安障害とは、決して、性格の問題というわけではないのです。

これは我慢するのではなく、しっかりとした精神科を受診するといったことが大切です。
治療をしっかりと開始すれば、社交不安障害とは、適切に治すことができます。

社交不安障害の原因について

もしも人が不安を感じてしまったという場合には、扁桃体というところで、その恐怖を記憶してしまいます。

そして、次回から、そのような危険を回避するように行動します。

扁桃体が優秀であると、野生動物にはメリットとなりますが、人間には、優秀で敏感すぎる扁桃体とはデメリットになることがあるので注意するようにしなければなりません。

人間の脳には、誰にでも、扁桃体という部分があります。
この扁桃体という部分の調整機能を担っているのは、一般的に、ドーパミンやセロトニンです。
もしも、この2つの神経伝達物質が不足してしまうということになったら、扁桃体が異常に活性化してしまうということになります。

行き過ぎた、不安や恐怖、心配といったことに繋がることがあるので、注意しましょう。

なぜ、セロトニンやドーパミンが不足するのかということは、現状明らかになっていないです。
仮説的な話となっていますが、不足するのは、遺伝的な要因である可能性は低いとされています。

逆に、生活環境や育ち方ということが、要因となっている可能性が高いとかれています。
性格の問題なのかな?と心配される方もいらっしゃると思いますが、それは違います。
社交不安障害とは、しっかりとした診断基準があります。
早い段階で、しっかりと心療内科や精神科の受診をされることをオススメします。
社交不安障害を治療するには、セロトニンの濃度を引き上げる、専門の医薬品というものが利用されます。

セロトニン減少の要因としては、以下のようなことが考えられるのです。

体験要因について

人は、人前で羞恥心を感じてしまった経験というものによって、予期不安というものが見られるようになることがあります。
これは具体的に、また羞恥心を感じてしまうのではないか?というものです。
自分の不安だけではないのです、他人の失敗を見てという、間接的なものもあります。
もしも仮に失敗してしまったとしたら、自分を、かなり攻めることになったりということもあります。

もしも失敗してしまったら?と不安に感じてしまって、次から、全ての人前での行動を避けるようになってしまうこともあります。
回避をしっかりとすることができれば、日常生活は問題ないかもしれないです。
しかし、自分の中では、将来のことが、とても不安になってしまったりします。
もちろん、人前で羞恥心を感じたということが、その要因になってしまうことではないです。
元からの性質も影響して、社交不安障害になってしまうこともあるので
注意するようにしなければならないです。

性格要因について

人の性格的な要因によって、社交不安障害になるということがあります。
それは、具体的に、完璧主義や第三者からの評価を過度に気にする人、激しく人見知りであるといった性格の人は、そうでない人と比べて、なりやすいと言われているのです。

もしも体験要因がなかったとしても、性格的な要因によって、人前を過剰に恐るようになってしまうのです。
従って、たとえ低い可能性であったとしても、恥をかく可能性がある状況を避けるようにするのです。

逆の性格で、失敗を恐れないという方に関しては、失敗をする可能性がある状況であったとしても、どんどん挑戦していくのです。
なので、社交不安障害とは発症しにくいとされています。

遺伝的要因について

これは、生まれ持ったものによるものですが、脳内で不安を感じやすいという特徴を持っていることがあります。
過度な緊張状態におかれてしまったりします。
実際に、脳内MRIを調べた結果として、社交不安障害の方は、扁桃体が大きいという特徴があると分かっているのです。

遺伝子がしっかりと発見されているというわけではありませんが、もしも兄弟に社交不安障害患者がいるという場合には、3倍、社交不安障害になりやすいと指摘されているのです。
環境要因も深く関わっているので、はっきりと決めつけられるようなことではありません。

環境要因について

社交不安障害患者さんの子供に関しては、なりやすいことがあります。
もちろん、絶対に、その子供が社交不安障害になってしまうものではありませんが。
これは、両親の回避行動や恐怖といったものを学習してしまうことによるものです。

子供を無意識に、社交不安障害の患者に育ててしまっていることがあるので、デメリットが大きいのです。

社交不安障害は長引く?

社交不安障害については、その治療によって、すぐに治るということもあります。
しかし、大半は、次から次へと、不安を生み出してしまうようになるのです。
社交不安障害については、回避行動が目立つようになってしまって、社会生活にデメリットが多く見られるようになってしまうことがあります。

例えば、重大な発表に失敗してしまったとしたら、これからに関しても、失敗すると思ってしまいます。

思うだけでなく、腹痛や発汗、赤面などが見られるようになるのです。

発表の場を常に避けるようになって、成功体験を得られる可能性も閉ざされるようになってしまいます。
社交不安障害とは、シンプルにいって、よくある予期不安というものが、回避行動を呼び起こしてしまいます。
回避行動によって、予期不安が強まるようにもなってしまうので、悪循環が断ち切れないようになってしまうデメリットとは、とても大きなものがあって、症状は長期化する可能性もあります。
その悪循環を断ち切るためには、認知行動療法が積極的に採用されることがあります。

 

社交不安障害の効果的な治療方法について

一般的には、社交不安障害をしっかりと治療するという時には、精神療法と薬物療法というものが利用されます。
薬物療法で社交不安障害を治療していこうという場合には、ベーターブロッカーや抗不安薬、抗うつ薬といったものが積極的に利用されるようになっています。
精神療法とは、別名で、心理療法と呼ばれています。
精神療法、心理療法には、大きく分けて、2つのものがあります。

それは、対人関係療法と認知行動療法というものです。
基本的に、社交不安障害を治療する場合には、精神療法と薬物療法というものが並行して行えるようになっています。
まず、社交不安障害を治療するために、ベーター遮断薬の利用によって、基本的な治療を進めていくことになります。
ただ、薬物療法のみの社交不安障害治療となったら、再発する可能性というものもあります。
なので、社交不安障害の治療には、精神療法もしっかりと併用するようにして、より完成度の高いものにします。
薬物療法には副作用というデメリットがありますので、精神療法のみで社交不安障害を治療していきたいと考える方もいらっしゃいます。
しかし、これは、副作用こそないものの、患者さんの負担が大きいと言われているので、注意した方が良いです。

社交不安障害の治療に用いられるのは、一般的に、3つのものがよく利用されるようになっています。
それは、不要な緊張や不安を解消するために利用される、抗不安薬というものです。
不安を軽減するためには、抗うつ薬を社交不安障害の治療のために利用されるのが一般的となっています。

また、心臓のドキドキ、社交不安障害の症状を抑える目的として、ベーターブロッカーが利用されるようになっています。
これらをしっかりと組み合わせて、社交不安障害の治療は行うようになっています。

 

社交不安障害・あがり症の薬の通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

 

 

 

-不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.