不安障害

社交不安障害の診断ポイント・症状|あがり症治療薬インデラル

投稿日:

社交不安障害の診断ポイント

社交不安障害については、日常生活の中で、以下のようなことを避けていれば、注意するようにしなければなりません。

社交不安障害と診断されるには、いくつかのポイントというものがあります。
このようなことを避けてないでしょうか?

例えば、大勢の前で、なんらかの行動を避けたりしていませんか?
例えば、スピーチなど。

意見を言う、会議などで発言することを避けていませんか?

単独行動ではなく、グループ活動に参加することを避けていませんか?
グループで、何かを報告したりできていない、避けていないでしょうか?
よく知らない人、地位の高い人と話すことを避けているということはないでしょうか?

身近でない人の名前を呼ぶ、このようなことを避けていれば、社交不安障害と疑っても良いです。

人の意見に同調せずに、しっかり自分の意見を言う、このようなことを避けているということ。
人をじっと見ることができないということ。

あまり身近でないという人との食事、このようなことを避けていることも、社交不安障害の疑うポイントとなります。
書痙、人前で字を書くことを避ける、こういったものも、社交不安障害である可能性を大きく疑うことになります。

電話、人が目の前にいる場合には、しにくいといったことも注意しなければならないです。

しつこい勧誘や押し売りがあったとしても、断ることができないなど、社交不安障害にはデメリットが大きく見られるのです。

その他、試験を受けたり、注目の的になれば我慢できないほど緊張したり、このようなことも社交不安障害の場合に起こりやすいです。

上記のようなことはないでしょうか?

不安や緊張を過剰に感じてしまうと、以上のような症状が見られるのです。
羞恥心を人よりも強く感じてしまったり、状況をすぐに避けてしまうという場合には、社交不安障害を疑うに十分な要素となります。

社交不安障害の見逃してはいけない症状

社交不安障害の場合には、色々な症状が見られるようになります。
例えば、赤面する、顔が火照るといったことは、ほんとによく見られるのです。
社交不安障害を発症している人には、動悸がしたり、脈が早くなったりということもありますので注意しなければならないです。

発汗も社交不安障害によく見られる症状でして、声が震えたり、全身が震えたりということがあります。

口の渇き、嘔吐の症状も見られるようになりますので、社交不安障害の疑いがある人は見逃さないようにしましょう。
すぐにパニック状態になってしまったり、めまいがしたりといったこともありますので、社交不安障害の症状を日常生活の中でしっかりとチェックするようにしてみましょう。

トイレがすぐに近くなってしまったり、尿が出にくくなるど、身体的なデメリットも強く見られることがあるのです。
お腹が鳴ったり、オナラが出そうになったりすること、社交不安障害の方は、とても気にしてしまうことがあります。

 

 

社交不安障害の主な原因について

社交不安障害については、今までの定説としては、人の性格によるものではないか?というものがありました。
しかし、こうは考えられておらず、性格ではなく、脳の神経バランスが崩れてしまっていることも大きく影響しているとされています。

具体的には、人のセロトニンが減少してしまっているということが影響しているのですが、不安や緊張感を人よりも強く感じられるようになってしまうのです。
社交不安障害が起こる主な原因になってしまいます。

社交不安障害の主な治療法

こちらでは、社交不安障害に際して
主な治療法をご紹介させて頂きたいと思います。
社交不安障害を治療するには、一般的に、薬物療法というものがあります。
そして、カウンセリングや心理療法を併用するということが多いのです。

薬物療法としては、SSRIというものがよく利用されるようになっています。
これは、簡単にご説明をさせて頂きますと、セロトニン減少を調整する役割があります。
効果はすぐに現れるないということが一般的でありまして、最大で2週間かかるとされています。

また、次に、社交不安障害の治療に際しては、抗不安薬の利用もよくされるようになっています。
抗不安薬とは、その名の通り、緊張や不安といったものを緩和する作用というものがあります。
SSRIと違い、この抗不安薬を利用した場合には、比較的すぐに欲しい効果が得られれようになっています。

しかし、SSRIと比較した場合には、あまり長期間利用に向いているというわけではないことが薬剤としての特徴です。

そして、薬物療法として最後に、ベーター遮断薬が積極的に利用されることもあります。
人は交感神経の働きが活発になってしまうことによって、動悸や発汗の症状が強く見られるようになります。

なので、ベーター遮断薬を利用すれば、交感神経を抑制する働きが期待できるようになります。
身体的な症状が社交不安障害によって見られるようになる場合には、ベーター遮断薬の利用によって、一般的には対策をするようにします。

そして、薬物療法のみでは十分な効果が見られないということも多いので、心理療法とカウンセリングが利用されることになります。
行動療法が社交不安障害の治療には利用されますが、わざと緊張する状況において、場慣れするように仕向けるという方法です。

そして、行動療法と並んでよく採用されているものに、認知行動療法というものがあります。
行動療法に関しては、不安や緊張が過度に感じられる、誤った考え方を是正していくというものです。

これらの心理療法に関しては、必ず専門知識を持った専門医の下で行うということが大切でして、まずは気軽に相談をするようにしてみましょう。

社交不安障害の治療にSSRI

SSRIの正式名称に関しては、選択的セロトニン再取り込み阻害剤とされています。
広く一般的に、社交不安障害の治療をする時に利用されるようになっています。

これから、社交不安障害にSSRIを利用する、その特徴について、ご紹介をさせて頂きます。
今現在、日本では社交不安障害の治療に際しては、主に2種類のSSRIが利用されることとされています。

こちらは、どちらも、セロトニンのバランスを調整する機能があります。

社交不安障害によって過度な不安や緊張が見られるようになっていたとしても、しっかりとSSRIによって緩和ができるようになっています。

一時的なものではありますが、SSRIの利用によって、ムカつきや眠気が見られるようになりますから、服用後1週間前後は注意するようにしなければならないです。

実際に効果が見られるようになるには、最大で2週間とされていますが
、早い場合ですと、1週間で適切な効果が見られることも珍しくないです。

SSRIを使い社交不安障害の治療をするという場合には、その効果、改善の程度とは、常に一定のものではないとされています。
SSRIを3ヶ月程度続けると、一定の改善が見られることが多いですが、服用の中止などに関しては、しっかりと医師の指示に従って行うということが大切ですので、くれぐれも自己判断で全てを行うといったことは控えるようにしましょう。

 

 

社交不安障害と、その他の精神疾患について

社交不安障害とは、それ自体も十分なデメリットがあります。
しかし、こちらの社交不安障害については、他のデメリットを引き起こさせてしまう危険性もありますので注意しなければならないです。

パニック障害や鬱病を引き起こしたりすることもありますので、注意するようにしなければならないです。
アルコール依存症のリスクも高めてしまうことがありますので、その点でも注意が必要とされています。

社交不安障害を発症して、鬱病が発症することがあります。
社交不安障害と違い、鬱病の場合なは、憂鬱感で満たされるようになってしまい、涙脆く、寂しい気持ちになってしまうようになります。

何か明確な理由はなくても、自分はダメ人間だ!などと決めつけるようになってしまいます。
鬱病になってしまった場合の身体症状としては、社交不安障害にも見られるような動悸や息切れといったものが確認されるようになります。

また、鬱病の場合には、社交不安障害と違って、口の渇き、体重減少と食欲低下が顕著に見られることがありますので注意が必要とされています。

社交不安障害を1度発症してしまうと、パニック障害を引き起こしてしまうことがあります。
社交不安障害は、患者さんにとって、とても辛いものではありますが、パニック障害に関しては、突然の激しい動悸などが感じられるようになります。
胸部の不快感や震え、息苦しさといったものも、パニック障害の厄介な点と言えるでしょう。

強い不安感など見られるようになりますが、社交不安障害と同じく、その症状とは一過性のものとされています。
約1時間以内には治るとされていますのですが、なん度も繰り返すといったことは問題です。
社交不安障害と同じく、パニック障害に関しても、予期不安といったものが見られるようになります。

強迫性障害に関しては、社交不安障害の発症がきっかけとして引き起こされることがあります。

ほんの些細なことであって、自分でもなんら問題ないと思えることであったとしても、何回も確認しないと、落ち使いないという状態に陥ってしまう精神疾患の1つです。

例えば、戸締りを3、4回も確認したり、手を不潔に感じられ、何回も何回も洗わないと気が済まないようになってしまうことなどがあります。

社交不安障害、自分にできること

一般的には、社交不安障害に際しては、SSRIの利用によって、緊張や不安といったものを一定、和らげることが可能とされています。
もし緩和されるようになったとするなら、これまでできなかったことに、少しずつチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
もしも1つでもできるようになったとしたら、その後の自信につなげることができるというメリットが期待できます。

適度な運動とは、社交不安障害の治療には大切です!!
社交不安障害を患っているという場合には、有酸素運動をして、メンタル面を強化するということが大切です。
ストレスに強い状態を作ることができまして、社交不安障害対策に実行する場合には、適度な休憩を挟むということも大切です。

社交不安障害の場合には、日常生活の中で、規則正しい生活をを心がけるということも非常に大切です。

セロトニンのバランスが悪くなっていることによって一般的には、社交不安障害が引き起こされているとされています。
適度に太陽の光を浴びるということが大切でして、社交不安障害であったとしても、適切な睡眠をとるようにしましょう。
規則正しい生活とは、社交不安障害の改善では、とても大切なポイントとなります。

 

 

あがるとは?

一般的には、緊張するということは、あがると言います。
この由来とは、どんなことか?知っていますか?
頭に血が上った状態に由来されているとされていまして、緊張しているということは、つまるところ、興奮しているということです。

気持ちが高まっているということなので、あがるという言葉にリンクされるようになりました。

あがり症に関しては、別名で、対人恐怖症と呼ばれたりしています。
対人恐怖症・あがり症とは、神経症の一種とされていまして、過剰なまでの不安などを持ってしまうようになります。
これは、その背景として、笑われるのではないか?
嫌がられるのではないか?と不安に感じてしまうということが影響しています。

この、あがり症について、よく見ていくようにします。

具体的に、あがる状況とは?

皆さんは、どんな時に、あがる自覚を持つようになりますか?
1番よく見られるようになるのは、多数の人の前でのスピーチなどではないでしょうか。
日本でも苦手な人は多数いらっしゃいますが、欧米の方にも、このことを恐怖する方は多いです。
パブリックスピーチを恐怖しているのです。

スピーチ以外でも、あがるといった状況はあります。

具体的には、人前での自己紹介をするといったことです。
また、プレゼンテーションをするといった場面でも、あがるといったことは普通にあり得ます。

また、こんな状況で、あがるといったことはありませんか?
その状況とは、見知らぬ人に話しかけられるといったものです。

親しい人なら問題ないですが、よく知らない人に話しかけられるといったものです。
あがる時は、自分よりも偉い人や目上の人との会話といった場合には、あがってしまうのです。

人前で文字を書いたり、絵を書く際に、あがってしまう、書痙ということも具体例としてあげることができます。
社交的な場面、レストランなどで食事をする際に、あがるといったことも、非常によくあるみたいです。

叱責され、あがってしまうということもよくあるようです。

例えば、大勢の人が集まるといった飲み会の場合には、色々な不安がよぎるようになります。
あまり親しくない人が隣の席になったらどうしよう、何か宴会芸を強いられるようなことがあったら、どうしようなどといったことです。

あがり症の具体的な仕組み

まず、人が緊張するといったことには、具体的な仕組みがありす。
それは、ノルアドレナリンという交感神経を刺激するものが、とても大きく影響しているのです。

ノルアドレナリンに関しては神経伝達物質の一種とされていまして、ドーパミンやセロトニンと同じ分類ができます。
ストレスを感じてしまったり、集中力が必要な時には、この神経伝達物質が必要になってきます。
もしも、このような神経伝達物質が過度に不足してしまうようなことがあったら、うつ病のきっかけにもなってしまうので注意をしなければならないです。

ただし、この神経伝達物質の過剰な分泌も、また問題がありますので、とてもバランスというものが大切になってきます。
もしも、交感神経が刺激を受けると、心拍数が上昇してしまったり、筋肉の収縮が人には確認されるようになります。
これが、人における、一般的な緊張の原因になっているのです。

あがり症の特徴

あがり症ということには、具体的な特徴というものがあります。
まずは、あがり症であるといった方には、声が震えるといった症状がよく見られるようになります。
もしも、人が過度に緊張してしまったという場合には、声の震えを意識するようになります。
なぜ、声が震えてしまうのか?といったら、やはり、ノルアドレナリンの効果であるということが指摘できます。
ノルアドレナリンの効果によって、体温や心拍数、血圧が上昇してしまうからです。
これによって、身体中が震えるようになってしまうのです。
ただし、これには、対策といったものがあります。
というのも、できるだけ声を出しておくということです。
それに加え、意識的に腹式呼吸をしておくことも良いとされていますので、ぜひ行ってみるようにしましょう。
声が震えるのは、あがり症の特徴として、ほんとによく指摘できるので、自身に見られるようであれば、頼れる専門医に相談してみましょう。

 

 

あがり症治療薬インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

 

 

 

 

-不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.