あがり症 不安障害

あがり症と社会不安障害の治し方|原因・症状・治療薬

投稿日:

社交不安障害の定義

社交不安障害SADということの定義とは、以下のようになります。

あがり症・社交不安障害については、自分以外の他人から、とても注目されるかもしれない場面において生じうるとされています。
このような場面を想像するというだけで、非常に強い不安感によって、襲われてしまうようになります。

そして、もしかしたら、自分は恥をかいてしまうのでは?
恥ずかしい思いをしてしまうのでは?と感じられるようになるのです。

社交不安障害の診断に関しては、書痙なども当てはまっていることが多いです。

・具体的な状況と症状について

以下のような状況では、恐怖や不安を感じたり、そのようなことを避けようとします。

それは、他人の意見に賛成ができなかったりする状況です。

そして、レストランなどで、人前で食事をするといった時に、社交不安障害の症状が見られることが多いです。
また、人と目を合わせたりというだけで、社交不安障害の症状が確認されることがあるので、注意しなければならないです。
書痙も、その状況の1つでして、人前で字を書くといったことを、恐るようになるのです。

注目を浴びたり、人前で話をしたりというだけでも、社交不安障害によって極端に恐れたり、避けようとするのです。

社交不安障害であると、身体症状としては、まずは、赤面といった症状がよく確認されるようになります。

また、心臓がドキドキするといった動悸の症状にも襲われるので、注意しなければなりません。

手足の震え、声の震えによって、悩まれているということはありませんか?
それは、社交不安障害の症状である可能性とは、とても高いものがあると言えます。

・社交不安障害の具体的な症状2

よくあることですが、会社などで、プレゼンテーションや朝礼をしようとした時に、立っているというだけで、膝がガクガクとするようになるのです。
手が震えたり、頭の中ぎ真っ白になるというデメリットが、確認されるようになるのです。

楽器を演奏するといった場面が人前であるとするなら、演奏する手が震えて、まともな演奏ができないようになってしまうことも、珍しくはないです。

もしも、周囲に人がいたら、キーボードやマウスなどの操作が上手くいかず、実際に震えてしまうといったことも考えられるので、非常に厄介です。
お茶を出すといっただけでも、社交不安障害の程度によっては十分に手が震える可能性があるので、注意しましょう。
もしも看護師や医師の方が、このSADとなってしまった場合には、注射の手が震えたりと、直接的なデメリットが見られることも頻繁にあります。

社交不安障害と併存する病

社交不安障害とは、鬱病が併存することが多いとされています。
鬱病と社交不安障害が併存する確率とは、実に70パーセント以上とも言われています。
もしも、社交不安障害と鬱病が同時に起こっていると、鬱病に悪影響を与えることが多いので、注意しなければならないです。

・社交不安障害の薬物治療について

社交不安障害の治療には、抗不安薬がメインとして利用されることが多いです。
しかし、抗不安薬を、社交不安障害、あがり症などに利用するのでは、その効果として、不十分なことがあります。
なので、社交不安障害の治療には、抗不安薬のみならず、ベーターブロッカーと呼ばれるものが利用されます。

この利用によって、震えと動悸も、抑えられるようになるメリットが期待できます。
一般的には、ベーターブロッカーと抗不安薬が併用されるということになることが多いのです。
しかし、ベーターブロッカーを利用するだけで、症状の改善がされるということも現状としてあります。

ベーターブロッカーと比較して、特にベンゾジアゼピン系の抗不安薬を利用する場合には、色々なリスクというものが考えられます。
それは、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬とは、耐性や依存性という問題が指摘されることがよくあるからです。
基本は、このベンゾジアゼピン系抗不安薬の服用とは、必要最低限のものにするようにします。

社交不安障害の症状、毎日のように見られるというのであれば、新しいタイプの抗うつ薬の服用がオススメな場合も多いです。
それは、SSRIというものです。
社交不安障害の治療には、森田療法や自律訓練法やアサーショントレーニングなとが採用されることも多いですが、これによって適切な効果が得られなかった場合でも、効果が見込めることが多いです。

ベーターブロッカーの効果について

社交不安障害の症状とは、多岐に渡ります。
例えば、頻脈や動悸、震えなどといったものがあります。
身体や声が震えてしまったりするのです。
ペンなど持つ手が震えてしまったりするので、書痙という症状が、社交不安障害の症状には見られるようになります。
なぜ、社交不安障害において、動悸や震えといった症状が見られるのか?というと、それは、人は緊張することによって、ベーター受容体とアルファ受容体が結合することになるからです。
今回ご紹介のベーターブロッカーの利用によって、ベーター受容体を遮断することが可能になります。

ベーターブロッカーによって、動悸や震えといった症状を抑制するということは、とても大切です。
というのも、震えや動悸といった身体症状によって、緊張感や不安感が強められるようになってしまうからです。

ベーターブロッカーを使用するメリットには、他のものも考えられます。
それは、インデラルなどのベーターブロッカーの利用によって、適切に血圧を下げることができるというものです。
なので、ベーターブロッカーのインデラルとは、降圧薬にも分類がされています。

ベーターブロッカーのインデラルを使用することによって、心臓の鼓動を遅い状態に持っていくことができます。
なので、インデラルとは、頻脈の治療に利用されることがあります。

インデラルというベーターブロッカーには、心臓の鼓動を緩める効果があるので、あがり症や動悸に対して、適切な効果が期待できるというわけです。
もしも、精神的な要素によって、心臓神経症になっている場合には、健康保険の適応が認められているのです。
ベーターブロッカーのインデラルとは、人前でなくても、手がどうしても震えてしまう、本態性振戦という病に処方される際にも、保険が適応されると言われています。

社会不安障害の可能性

世の中には、単に緊張しやすい方と、社会不安障害という、医学的に認められた病気を患っているという方がいらっしゃいます。

この違いをご紹介させていただきます。
緊張の度合いから、日常生活に支障が出ているか否かということが、重要な点となります。

そして、もうひとつ、社会不安障害であるという場合には、以下のようなことが見られることがあります。

それは、単に緊張からくる身体症状ではないものが確認されているということです。

そして、社会不安障害であるという場合には、不安や緊張に襲われてしまう状況、なんとか回避しようとするのです。
単に緊張しやすいというだけなら、気が進まなかったとしても、参加すること自体はできるようになっています。

このような症状が見られやすい状況って、具体的には、どんな時ですか?
それは、実際に、会議などで意見をいう場合です。
そして、人前で字を書いたりする場合を避けたい、書痙を患っている方もいらっしゃいます。

そして、電話に出る、試験を受けるなど、社会不安障害の方が避けたい場面は、多々あるようになっています。

社会不安障害の治療法について

社会不安障害の治療法については、主に2つとされています。
それは、精神療法と薬物療法というものです。
どちらか片一方であることもあれば、2つ、どちらも併用されることもあります。

薬物療法によって、社会不安障害を治療する場合、その主な目的とは、不安な感情を抑えるということにあります。

社会不安障害を患うことによっては、職場や学校など、人が沢山いるところを避けるようになったりします。
回避行動が見られるというわけですが、実際によく利用されているのは3つです!

SSRIとは、2005年頃から、保険適応がされています。
SSRIとは、選択的セロトニン再取り込み薬と言われます。
社会不安障害に対して、SSRIとは、とても優れた効果を発揮して、抗不安作用と抗鬱作用、どちらも期待ができます。

SSRIとは、短期的にも、長期的にも、とてもメリットが得られる、社会不安障害の治療薬です。

まず、SSRIを利用することによって、セロトニン減少を抑えるということが可能で、まずは、強い不安を感じないようにすることができます。

そして、このSSRIを長期的、一年以上服用することによって、緊張感のできるだけ少ないコンディションにもっていくということも十分に期待ができます。

そして、最終的には、服用をストップさせるということもできます!

このSSRIとは、当初は、うつ病治療薬として開発されることになりました。
しかし、最近では、このSSRIが、社会不安障害治療薬として、比較的積極利用されています。

そして、社会不安障害・あがり症に対しては、SSRIのみならず、ベンゾジアゼピン系抗不安薬も利用されています。

ベンゾジアゼピン系抗不安薬の最大の特徴としては、高い即効性を持ち合わせています!
この医薬品を服用することによっては、できるだけ不安を感じにくいようにすることができます。

このベンゾジアゼピン系抗不安薬を、社会不安障害に利用する場合には、SSRIによって適切な効果が見られるまで、とにかく利用されることが頻繁にあります。

そして、最後に、社会不安障害に対しては、ベーター遮断薬が利用されることがあります。
このベーター遮断薬に関しては、高血圧のために用いられます。
服用禁忌の方はいらっしゃいますが、このベーター遮断薬を、社会不安障害に関する身体症状を抑えることができるのです。

社会不安障害だと、発汗や動悸が見られるようになりますが、これをベーター遮断薬によって抑制ができるようになります。

そして、社会不安障害に対しては、精神療法も、よく利用されています。
社会不安障害における精神療法の中には、認知療法というものがあります。
認知療法とは、社会不安障害が引き起こされるメカニズムについて、しっかりと理解するようにします。

なぜ、社会不安障害における不安や緊張感が引き起こされるのか?ということを適切に理解することによって、誤った認知パターンの修正をしていくことができます。

社会不安障害に対して、この認知療法のみが採用されるということは、一般的ではないです。
薬物療法と精神療法の1つである認知療法を併用することによって、抜群の効果が期待できるのです。

自分の能力と周囲の視線などを、再確認するようにします。
そうすることによって、なぜ、不安や恐怖が生じたのか?について、正しい理解をするようにします。

正しい呼吸法を身につけたり、適切な話し方を習得するということも、社会不安障害であるという方には、とても大切です。

精神療法の1つには、行動療法というものもあります。
これは、少し思い切った行動が必要となります。
というのも、社会不安障害であるという方が、あえて、恐怖や不安を感じる状況に飛び込むようにするのです。
この行動療法において、とても大切になってくるのは、突然に身を置くようにするのではないということです。
段階的に行っていく、ということが、とても大切です。

そして、森田療法というものもあります!
この森田療法とは、入院治療がメインとなりまして、恐怖や不安はあって当然のものと理解するようにします。
人は皆、より良い生活をしたい希望を持っているので、表裏一体だと認識するようにしますわ、
なので、この恐怖や不安、無理をして、ない状態にしようとしないようにします。
あるがままに生きるようにでき、これまでのように恐怖や不安にずっと支配されないようになるメリットが期待できます。

あがり症や緊張する主な原因

そもそもの問題となりますが、人は、なぜ、緊張、人前であがってしまうのでしょうか?

このことは、正しく理解することが大切になります。
このことを考えるに際して、ストレスというものが大きく関係していると考えることができます。

人は、程度の差はあれど、ストレスを感じながら生活をしていますが、このストレスとは、あがり症、平常心、緊張といったことに、とても深く関わっているのです。

自分自身のストレスについて、よく考えてみてください。
具体的には、どのようなものでしょうか。
試験や面接、人前でスピーチをす、りことになって、ストレスを感じてしまったりしていませんか?
そして、期限が迫るノルマも、このストレスかもしれません。
休日出勤、残業を迫れているという方も、ストレスを感じているかもしれません。
ストレスを、専門的に考えると、これは、ストレッサーと呼ばれるものです。
ストレッサーとは、シンプルに言い換えれば、外的要因ということになります。
よく言われるプレッシャーということでせしね。
ストレスとは、本来の意味で言うと、ストレッサーによって生じるスポンジの歪みということになります。
ストレス反応が呼ばれています。

緊張とは、ストレッサーと呼ばれるプレッシャーによって生じるストレス反応という理解をすることができます。
もしも、本番で、自分本来の実力が発揮できないというのであれば、それは、ストレス反応である緊張が、とても大きく影響しています。
本番とは、例えば、入学試験やプレゼンというもので、自分自身の、今後の人生に大きく影響を与えるという重要なものであるほど、、ストレス反応が生じやすいです。

ストレッサーによるストレス反応とは、主に二種類のものに分類することができます。
これは、生理反応と心理反応というものです。

生理反応に関しては、身体に関するものでして、顔が引きつったり、心臓に動悸が見られたりというものです。
身体が震えたり、冷や汗をかいたりというものも、この生理反応として考えられます。

目が充血したりなどして、身体のストレス反応によって、周囲から、とても心配されてしまうということもあるのです。

頭に血が上り、ストレス反応によって生じる身体的な生理反応とは、決して軽いものであるとは言えません。

もう一つのストレス反応としては、気持ちに関するものでして、不安で仕方ないようになってしまったりするのです。
逃げ出したいなどといったものが見られるようになるのです。

あがり症、好感を持ってもらうために出来ること

あがり症・社会不安障害であると、不安や緊張によって、自然な言動ができなく、話している相手に、好感を持ってもらうことが、なかなかできなったりします。
しかし、そんな方に、できるだけ、好感を持ってもらう方法について、ご紹介をさせていただきます。

まずは、なんといっても、言い訳をしたりしないということです。

あがり症であるとしても、自分は、話が人よりも苦手であるとか、考える時間がなかった。。。
などと口に出してしまうと、相手は、マイナスのイメージを持ってしまうのでNGなのです。

そして、これは難しいことかもしれませんが、できるだけ、あがり症で人前が苦手であったとしても、できるだけ無表情になったりということを避けるようにしてみてください。

会社でのプレゼンであったとしたら、しっかりと、その話題に合わせた表情を作るように心がければ、あがり症の方でも、好感を持ってもらえることがあります。

最後に

これまでには、あがり症の方が、人前において、必要以上に緊張しない状態にもっていく方法について、ご紹介をさせていただいてきました。

あがり症を実際に克服したという方に関しては、緊張を完全にしないようにすることは不可能と言います。

むしろ、この緊張感を楽しんでいくように心がけると言います。

あがり症であると、緊張することには、マイナスのイメージしかないかもしれません。
しかし、緊張して当たり前という理解を持つようにした方が良いです。

事前準備もしっかりとするようにして、毎日の生活習慣も、規則正しいようにされた方が良いです。
早寝早起きを心がけるようにした方が良いですし、太陽の光をしっかりと浴びるようにしてみましょう。

すると、緊張に強い身体を作っていくことができるので、あがり症で、ほんとに困っているという人にはオススメです。

 

あがり症の治療薬の通販サイトは、こちら↓

https://craftheads.jp

https://craftheads.jp

 

 

 

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.