不安障害

社会不安障害の治療法|薬物療法・森田療法・認知行動療法

投稿日:

社会不安障害の原因について

社会不安障害の原因については、現在のところ、それほど、はっきりと示されているわけではありません。

しかし、いくつかの仮説がありますので、ご紹介をさせていただきます。
脳内の神経伝達物質が関わっていると言われています。
脳内の神経伝達物質とは、例えば、ドパミン、セロトニン、ノルアドレナリンというものです。

社会不安症治療薬・インデラルの通販サイト↓

エイビス薬局 

サプリ館

そして、遺伝的な要因も考えられています。
そして、社会的な技能の欠損も、社会不安障害の原因としての仮説が存在します。
社会不安障害における恐怖に関する症状は、わかりつつある段階になってきています。
人が不安を感じるという過程においては、脳内の扁桃体が、大きく関わっていくということが判明しています。
扁桃体とは、脳内に神経ネットワークを形成するとされています。
この神経ネットとは、自律神経を制御する視床下部、記憶に関する海馬、物事を捉える前頭前野、臨床という感覚入力を行うものがあります。

人は、この扁桃体があるからこそ、恐怖を学習し、そして、避ける行動を取るようになったりします。
もしも、この扁桃体が危険を察知すれば、まぜは、扁桃体が興奮するということになります。
すると、恐怖や予期不安が生じるようになるのです。

このことには、とてもデメリットがありまして、人の交感神経の亢進を生じさせることになります。
いくつかの身体症状が確認されることになります。
それは、心拍数や呼吸数が増加してしまうというものです。
扁桃体に関する神経細胞の興奮獲得の過程には、セロトニン神経機能が、大きく関与しているとされています。
ここで、とても役に立つとされているのは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬というものです。
通称名は、SSRIでして、ここで、その効果をご紹介させていただきます。
まずは、このSSRIの利用によって、神経細胞の過剰な活動を抑制させるということができます。
すると、社会不安障害における、恐怖への治療効果を見出すことができます。

社会不安障害の発病割合

日本ではなく、欧米における、報告となります。
欧米の報告では、社会不安障害とは、人の一生の中で、約13パーセントの方は、社会不安障害に陥るのではないか?というように考えられています。
この統計結果を言い換えると、7人に1人ほどは、人生の中で、社会不安障害を経験するということです。
主に、社会不安障害とは、10代半ばで発症することが多いとされています。
男女どちらか片一方が、生じやすいなどの傾向はないようです。

社会不安障害における、とるべき行動

社会不安障害とは、主に10代半ばで発症するため、慢性的になってくれば、これを性格の問題と認知してしまうことも少なくはないです。
なので、社会不安障害であっても、実際に受診されないということも珍しくはないです。
発病から、実際に、受診されずに、長期間放置されているということもあります。
すると、社会不安障害における、社会的なデメリットとは、とても大きなものになります。
実際に、社会生活に、大きな支障が見られるようになりまして、鬱病が合併してしまうこともあります。
この緊張や不安というものを誤魔化すために、アルコールに過度に依存してしまうようなこともあります。

周囲や家族の対応について

社会不安障害が慢性化してしまう、社会的なデメリットというものは、とても大きなものがあります。
その中の1つには、まず、職業が、自由に選択できないようになるということが考えられます。
そして、本来受けられる、教育の機会を逃してしまうようなことにもつながります。
この社会不安障害が酷くなることによって、現代問題の1つである、引きこもりに繋がるということがあります。

そうなると、社会不安障害である患者さんの家族とは、大きな不安を感じられることになるでしょう。

社会不安障害の患者さんは、長期間にわたり、一人で悩み続けているわけで、実際に、自分の能力が存分に生かされていないという葛藤があるでしょう。
周囲や家族の方のサポートとは、とても重要になってきます。
まずは、周囲や家族の方は、社会不安障害である方の話には、しっかりと耳を傾けるように努力してあげてください。
そして、社会不安障害である可能性が、とても高いと思われたら、しっかりと、本人に、精神科や心療内科への受診を勧めるようにしてあげてください。
どうやって勧めるのか?具体的なことをご紹介させていただきますと、やはり、社会不安障害において、回避行動は仕方ないですと、まずは、理解を示すようにしてください。
そして、クリニックなどを受診されることによって、有効な治療法が存在することを教えてあげてみてください。

社会不安障害の具体的な治療方法について

社会不安障害の具体的な治療方法には、主に、薬物療法と精神療法というものが確立されるようになっています。
精神療法としては、森田療法や認知行動療法というものの採用が一般的となっています。

薬物療法として、よく利用されるのは、SSRIです。
SSRIの代名詞的な存在とは、レクサプロやジェイゾロフト、パキシル、ルボックス、デプロメールといったものです。
SSRIを社会不安障害に対して積極的に利用するメリットとは、とてもあります。
というのも、SSRIとは、比較的副作用が少ないのです。
ですが、SSRIを服用開始すると、はじめの頃は、一般的に胃腸症状が気になってしまうデメリットがあります。
社会不安障害のためにSSRIを利用すると、眠気がよく確認されます。
ほとんどの方は、SSRIとは、違和感なく服用することができます。
SSRIとは、社会不安障害に対し、長期間でも利用することができるのです。
また、社会不安障害に対しては、ベンゾジアゼピン系抗不安薬というものが利用されることもあります。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは、例えば、デパス、ソラナックス、ワイパックス、レキソタンなどでしょう。
このようなベンゾジアゼピン系抗不安薬には、比較的、高い即効性が見られるのが特徴的です。

基本的に、あがり症、社会不安障害に対してベンゾジアゼピン系の抗不安薬を利用するということは、対症療法となっています。
そして、ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは、依存性の問題があります。

SSRIとは、効果が発現するまでには、やや時間がかかってしまいます。
早い方で、社会不安障害に対しては、SSRIとは、2週間くらいで、その効果を実感できるとされています。
通常ですと、SSRIの服用とは、効果実感まで、約4週間くらい必要とします。
そして、社会不安障害とは、再発の問題性というものがあります。
なので、基本的に、SSRIとは、再発予防のために服用を継続することが必要となります。
これは、1年以上、必要となってくる場合もあります。
また、社会不安障害のために、ベーターブロッカーを利用されることがあります。
ベーターブロッカーとは、インデラル 、テノーミン、アルマールなどがあります。
このベーターブロッカーを利用することによって、社会不安障害、あがり症時に気になる、ふるえ、動悸といった症状を抑えることができます。
このベーターブロッカーには、即効性というものがあります。
そして、習慣性というものはないとされています。
ベーターブロッカー利用時には、心不全や、気管支喘息の悪化に注意するようにしましょう。

認知行動療法について

認知行動療法について、簡単な、ご紹介をさせていただきます。
認知行動療法とは、ストレスと思考や自律神経の相互作用を検討します。
そして、社会不安障害において生じている負のサイクルを断とうという努力をします。
すると、症状の改善が期待できるようになることがあります。
社会不安障害において、不安や緊張や、動悸、発汗、ふるえといったものが確認されるようになります。
しかし、これを完全にコントロールするということは、そう簡単なことではありません。
社会不安障害における認知行動療法採用のメリットとは、このことを修正できることにあります。
社会不安障害における認知行動療法では、段階的暴露療法が用いられることが多いです。
社会的な状況に対して、不安や緊張といったものを感じるというわけですが、これに対し、慣れていくように仕向けます。
そうすることによって、回避行動を軽減することができるメリットが期待できます。
事前準備というものが必要になってきまして、呼吸訓練法が行われることがあります。
不安を中和させる目的で、リラクゼーション訓練を一般的に行うのです。
そして、不安や緊張に対しての誤った認識というものを修正するようにします。
人前で、自分自身が行動すると、否定的、ネガティブに受け止められる。というような認識を変えていきます。
これを認知再構成と、専門用語で言います。

昔から存在する精神療法としては、森田療法というものがあります。
森田療法の創始者とは、森田正馬という男性の方です。
この森田療法を採用することによって、強迫性障害やパニック障害、社会不安障害の改善が期待できます。
森田神経質、理想主義、心配性、過敏、内向性というものから、上記の精神疾患は発展しているとされています。
この森田神経質であるといった方の場合には、対人場面に、完璧主義や、理想主義といった性格的な傾向が見られるのです。

社会不安障害である方は、そうでない人よりも、人からの評価を極端に恐れ、よりよく人に見られたいという願望があります。
なので、緊張してしまって、人の評価を落としてしまっていないか?ということを気にします。
なので、どんな人でも、状態や状況によって生じうる、不安や緊張といった感情に対して、過度に神経質になってしまいます。
そして、ふるえ、発汗、赤面といった症状を特別なものであるといった先入観を抱いてしまうのです。

緊張して、震えなどの症状に対しては、注意してしまえばするほど、ますます緊張し不安に感じてしまう悪循環となるのです。
そして、次に、不安や緊張といった感情自体、取り除きたいという気持ちが芽生えるようになります。
しかし、このことは、人の性質上、このことを完全にコントロールするといったことは難しいのです。

そうすることを繰り返すことによって、初めはよく思われたいと考えていたということから、自分自身の日常生活にも重大な支障が見られるようになります。

森田療法を利用することによって、緊張や不安、身体症状の面倒な、やりくりといったものをストップするようにします。
そうではなく、本来の目的に応じた行動をしっかりと取れるように、心がけるようにします。

目的に対する行動を最優先にします。
すると、神経質であることによって、神経症症状、性格傾向による悪循環に陥ることがないようにします。

社会不安障害ということを治療していこうとするときには、薬物療法と森田療法、認知行動療法というものを、しっかりと組み合わせるということが大切です。
ですが、このときには、患者さん自身に、しっかりと高いモチベーションがあるということも、とても重要です。

社会不安症治療薬・インデラルの通販サイト↓

エイビス薬局 

サプリ館

 

 

-不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.