あがり症

あがり症の原因・治療法|なりにくい性格|薬物療法や行動療法

投稿日:

あがり症の主な原因

あがり症の主な原因については、その1つとして、過剰な責任感というものが挙げられます。

あがり症であるという人は、人よりも、過剰責任感を持っている人が多いです。
なので、人前で発表をするとなった時には、強い責任を感じてしまって、あがってしまうのです。

あがり症治療薬の通販サイトは、こちら↓

エイビス薬局

サプリ館

実際の現場、プレゼンなどの状況におかれると、絶対に成功させないといけない、そのようなプレッシャーに迫られるということになるのです。
自分の将来が左右されるかもしれない!?
そのような不安に駆られるようになるのです。

もちろん、多少の責任感を持っているということは、重大な仕事を遂行させるというためには必要です。

しかし、あがり症であって、過剰な責任感を持っていると、それは、逆に足枷になってしまうでしょう。

というのも、過剰な責任感を持っていると、僅かな失敗であったとしても、過度なストレスを感じてしまうことになるからです。

自分を自分で追い込んでしまうので、あがり症の原因となってしまうと考えることができます。

あがり症になりにくい性格について

世の中には、あがり症になりやすい性格と、逆に、なりにくい性格というものが存在します。

当然、これまで、長年の人生の積み重ねによって、人の性格というものは形成されています。
なので、そう簡単に、性格を変えたりということは難しいことなのかもしれません。

あがり症になりにくい性格としては、外交的ということが挙げられるでしょう。
人前で緊張しにくい傾向がある人とは、やはり、人見知りをしにくい人ではないでしょうか。
普段から、人と接することが好きな人は、あがり症になりにくい性格と言えるでしょう。

外交的である場合には、人付き合いが、内向的である人よりも、豊富になるでしょう。
なので、コミニュケーション能力も高くなるので、あがり症、人前で緊張しにくいでしょう。
もともとは緊張しやすい人であったとしても、外交的、社交的な性格になれば、上手に切り抜けられるようになるかもしれません。

大雑把や大胆であるという人は、人前で、緊張しにくい性格であると言えるのではないでしょうか。

大雑把で大胆であるという人は、つまり、あまり細かいことは気にしないということです。
度胸もあって、ワイルドな性格です。
この性格にはデメリットもありまして、時には、決められたルール、決まりごとを守れないなどということもあって、ルーズな人間のように捉えられることもあるようです。

そして、ネガティブではなく、ポジティブな性格であるという人は、あがり症になりにくいとされています。

ネガティブな性格よりも、ポジティブな性格であることの方が、人前の発表であったとしても、あがり症になりにくいと理解することができます。
基本的にポジティブな思考であるという人は、物事を肯定的に受け止めます。
なので、ストレスということに対して、強くなるのです。
緊張をはねのけることができるのです!

ポジティブなので、心が強いのです。
同じストレスであったとしても、ストレスに感じにくいということがあったりします。

あがり症と遺伝

あがり症と遺伝について、検討していきたいと思います。
親の特徴は、子に遺伝する?といったことを聞いたことがあることでしょう。
身長が高い親であるなら、子供も身長が高かったりする傾向がある。

運動神経の良い親だと、子供も運動神経が良かったりするのです。

では、あがり症については、どうでしょうか?
現在のところ、あがり症に関する、緊張に関する遺伝が見つかっていないのです。
まだ、はっきりとした結論は見つかっておらず、専門家の中には、遺伝性があると強く主張している人もいます。
しかし、あがり症とは無関係であるという専門家も、一方ではいます。

どちらが多数派であるのか?と考えれば、医学界では、あがり症とは、遺伝によるものでないということが一般的です。
本人の性格や性質による、後天的な要素が大きく影響を及ぼすと指摘されています。

ただ、直接的な遺伝というわけではないですが、間接的な影響はあるでしょう。
もしも、些細なことによって、不安になってしまう親であったら、どうでしょう。
子供も、その様子を見てしまっていたら、その影響を受けてしまう可能性があります。

もしも、親以外においても、自分の周囲に悲観的なものの考え方をしてしまう方が多いとします。
すると、自分も、その影響とは、多少なりとも、受けるようになってしまいます。

考え方と、過去の失敗してしまった体験とは、あがり症であることに、大きな影響を与えます。
もしも、自分の周囲の影響によって、ネガティブな考え方が身についてしまっていると、精神状態が不安定になる傾向があります。
あがり症を引き起こすようになってしまう可能性がありますので、注意するようにしましょう。

また、これまでに失敗体験があると、トラウマになってしまい、今後の状況で、同じ失敗をするのではないか?
という強迫観念が生まれる、きっかけになるのです。

あがり症を引き起こす要因になります。
自分自身の努力によって、あがり症とは、しっかり克服できると考え、日々の絶え間ない努力は大切です。

あがり症は病気?

あがり症は病気なのか?について、考えていきたいと思います。
あがり症とは、まず、人前で、過度に緊張しやすい性格ということを示します。

ですが、あがり症という名前の病気はないです。
これは、あくまで、俗称です。
あがり症が重度の状態になると、社交不安障害に発展しまう可能性は十分にあります。

社交不安障害の定義としては、人前で、極端に緊張や不安というものを感じることを示します。
社会生活に重大な支障をきたしてしまいますので、注意しなければならないです。

社交不安障害であると、どうなるのでしょうか?
たとえば、電話をかけたり、初対面の人であったりすると、適切な対応ができなかったりするのです。

あがり症でも、深刻化すると、社交不安障害である可能性もあるため、全然大丈夫!と放置してしまっているのは、デメリットが大きいです。

あがり症、社交不安障害から、更に、問題になる可能性もありまして、別の病気も、もたらされることがあります。
それは、鬱病とパニック症、ノイローゼというものです。
いずれにせよ、早めの治療をしていないと、完治まで長引いてしまうことがあります。
単なる性格の問題だと諦めるということはよくないです。

もしも、自分自身に、重度の、あがり症という自覚があったりすることがあるでしょう。
もしも、社交不安障害、あがり症で、医療機関を受診するとするでしょう。
一般的には、心療内科や精神科を受診しましょう。

繰り返しになりますが、あがり症とは、初期の段階で、医療機関を受診するように心がけるようにすべきです。

あがり症の薬について

あがり症を治す薬があるのか?について、考えていきたいと思います。

あがり症を完治させる薬というものは、現段階では、存在しないです。

あがり症を克服するようにするには、場数を経験したり、成功体験を得るということが、とても大切です。
実際に人前で話す機会を設けるようにします、すると、自然になれていくようになります。
まずは無理なく、少人数からスタートするようにしましょう。
もしも、過去に失敗体験があったとしても、このような体験を積み重ねることによって、その辛さを緩和していくことができます。

そして、あがり症を完治させる薬はないというわけですが、症状を緩和させることはできます。
それは、具体的に、精神安定剤というものです。
あがり症の原因とは、なんなのでしょうか。
それは、アドレナリンやノルアドレナリンというものの過剰分泌というわけです。

あがり症で、ノルアドレナリンやアドレナリンというものが、過剰分泌されるようになります。
交感神経が強く刺激されることになるので、震え、発汗といった反応が見られるようになるのです。

精神安定剤などを使用することによって、ノルアドレナリンやアドレナリンの分泌を多少は抑えることができます。
すると、赤面、震えといった症状を緩和させることはできます。

精神安定剤とは、どうやって入手するのか?といったら、やはり医師から処方されるといったことが一般的です。

症状を具体的に説明して、医師から許可されれば、精神安定剤を処方してもらうことができます。

あがり症の治療法

あがり症に関しては、薬物療法というものが用いられることが多いです。
というのも、薬物療法とは、あまり多くのコストがかからない利点があるからです。

あがり症に対して薬物療法を用いると、心拍数や不安といったものを抑えることができます。
ただし、薬だけを使って、症状を完治させるといったことは非常に難しいです。
なので、本人の努力と並行して、服用がされます。

そして、あがり症の治療法には、行動療法というものが存在します。

人によって、緊張を感じる場面は異なります。

緊張しやすい場面をしっかりと理解して、わざと経験するように努力します。
苦手意識を克服することが目的です。

行動療法によって、成功体験を積み重ねることができれば、恐怖心やトラウマといったものを軽減させることができます。

プログラムの内容などに関しては、その人の症状によって異なるので、はっきりと断定することはできないです。

そして、あがり症には、認知療法というものも非常に効果的です。

あがり症の要因には、思い込みや、ネガティブな考え方があると考えられています。
その誤った考え方をしっかりと理解して、あがり症の改善を目指していくようにします。

前向きな考え方を得るためには、精神状態を適度に安定させるようにすべきです。

ただし、認知療法のみで、あがり症を治療したり、改善したりということは難しいです。
なので、薬物療法や行動療法といったものが併用されることも少なくはないです。

 

あがり症の原因2つ

あがり症の原因を考えていくうちに、その緊張の原因とは、単に人目になれていないということが、よく考えられます。
もちろん、人目になれていないから、あがり症に悩んでいる可能性も十分にあります。

ですが、全て、あがり症の原因は、これだと決めつけるのは、早計であるでしょう。
実際は、もっと別の問題が関係しているということもあります。
それは、人前で話す技術不足というものです。
仮に人目にはなれているとしましょう。
しかし、上手に話す技術が不足しているなら、結果として、緊張を促してしまうことになります。

人前で話す技術と、上手に話す技術というものが不足していると、平常心を失ってしまう可能性が、とても高くなると考えられます。

人は人と話す時には、1対1で話すことが多いです。
1対3といったこともあるでしょうか。
しかし、プレゼンやスピーチといったときには、このような状況は、大きく様変わりすることになります。

大勢の前で、一度に一方的に話し続ける状況は、あまり日常生活のなかでは一般的ではないです。
なので、慣れていない状況に加えて、人前で話す技術が不足していると、余計にストレスや緊張といったものを高めてしまうことが考えられます。

あがり症の原因になっている原因の1つとしては、上手に話す技術が不足していることも、大きく影響してきます。
例えば、その技術とは、難しい言葉を言い換えたりというものです。

ユーモアを含めた方が、聴衆の笑いを取ることができることもあります。
相手の反応をキャッチして、臨機応変に対応することができるか否かも、上手に話す技術としては、とても重要です。

会話にある程度慣れているなら、とっさに上手く話せないことも多いです。
人目には慣れていたとしても、上手に話す技術が不足していることによって、緊張が見られることも少なくはないです。

あがり症で悩んでいる場合には、この2つが、大きく影響している場合が少なくないです。
不足しているとされる技術とは、正しい訓練によって、しっかりと習得することはできます。

自然に、あがり症が治る?

あがり症とは、薬物療法や様々な精神療法が用いられることがあります。
一方で、あがり症とは、不思議と、いつの間にか治っていたという場合もあるのです。
以前は、とても、あがり症で悩んでいたという人であったとしても、いつの間にか、治っていたということもあります。

現在進行形で、あがり症であるという方は、これは、信じがたいことかもしれません。
もしかしたら、あがり症とは、放置しておいても、良いのでは?と感じられるかもしれません。
しかし、これには、注意点もあります。
自然と、あがり症が治った?というように見えたとしても、それらの人には共通点というものがあるからです。
それは、生活の中で、一定の成功体験というものを積み重ねているということです。
人の人生は長いので、色々な出来事に遭遇することになります。

そして、社会の中で仕事をしていることによって、厳しい現実に直面するといったこともあります。

言いにくいことであったとしても、仕事上、それを伝えなければならないこともあります。
人を、自分の言葉によって、説得しないといけないこともあります。

そいしたことを積み重ねることによって、自然と強いメンタルを身につけることができるようになります。

あがり症が自然に治ったように感じられるのは、このようなことが影響しているのではないでしょうか。

なので、成功体験というものは、とても重要でして、成功体験なくして、あがり症を克服することは、非常に困難でしょう。
失敗をしなければ良い、そのような状況を回避すれば良いだけなら、あがり症克服から遠ざかってしまいます。

 

あがり症が治る共通点

あがり症について、上手に話す技術もリンクしてきます。
上手に話す技術を習得するには、実際の経験や練習といったことが、とても重要になります。
自然に上達する?なんてことはないのです。

決して、完全に何もせずに、あがり症が治っているというわけではなく、その共通点というものが、しっかりと存在します。

それは、成功体験を得るということや、場数を経るといったことでして、やはり、なんらかの行動や努力といったことは必要になります。

完全に時間に任せているだけではダメでして、積極的な行動と諦めない精神といったものが大切です。

絶対に、あがり症を治したいというのであれば、正しい積極的なチャレンジが必要となります。

あがり症とは、決して克服困難ということはなく、正しい経験を積み重ねることによって、安心して克服するといったことができます。

決して無理をするのではなく、成功体験と場数といったものを徐々に得ていくようにします。
パーフェクトに、あがり症を克服するといったことは難しいかもしれません。

ですが、徐々に、その悪影響を小さくするくらいのことはできますので、安心しましょう。

あがり症と場数について

あがり症を克服することについては、場数を踏むことが、とても有効という声が聞かれます。

でも、場数を踏むということのみでは、あがり症は治らないという声も聞かれたりします。

結論からいうと、どちらも間違ってはいないです。
あがり症をしっかりと克服しようとするなら、場数を踏むといったことは、もちろん大切でありますし、場数を踏むだけで、あがり症がパーフェクトに改善されるというわけではありません。

場数の踏み方であっても、正しい踏み方をする必要があります。

場数を踏む場合に、いきなり大勢の前で、プレゼンをするといったこと。
失敗体験によって、トラウマとなってしまっている場合。

どちらか1つでも該当してしまっていると、場数を踏むのみでは、あがり症がしっかりと克服できるなんてことはないのです。

場数を踏むことに関しては、一定、慎重になる必要があります。

というのも、場数の踏み方によっては、逆に悪化させてしまう、恐れといといったものもあるからです。

あがり症を克服するには、2つの条件が大切になってきていまして、深く関係してきます。
いくら場数と体験を増やしても、これが失敗体験というのでは、全く意味がないので注意しなければならないです。

失敗体験をしてしまうことによって、あがり症が悪化してしまう可能性があるので、特に注意しなければならないです。

成功体験があったとしても、その経験が極端に少ないと、十分であるとは言い難いです。
場数を増やせば増やすほど、必ずしも良いというわけではないです。

あがり症をしっかりと克服するには、成功体験と場数、両方満たすようにしなければならないです。

段階的に、あがり症に正しいステップを踏むようにすれば、あがり症はしっかりと克服するといったことはできます。

短所である、あがり症の説明

あがり症という問題を抱えていると、やはり、大切な面接といったときに困ることになります。
もちろん、あがり症であると、面接といったときに緊張せざるを得ないことになります。

ですが、もっと困ってしまうのは、自分の短所について、質問を受けたときです。

面接時には、自分の短所について、聞かれるということは十分にあります。
あがり症ということが、自分の短所であったとしても、単刀直入に話せば良いというわけではないです。

ストレートに表現しすぎることによって、ネガティブな印象を与えすぎるのです。

自分は、あがり症なので、人前では、上手に話せないと言ってしまうと、マイナスの評価を相手に与えてしまってばかりということになります。
しかしながら、言い方を少し変えるだけで、ちょっとした印象を変えるといったことができます。

自分は、あがり症であるけど、万全な準備を意識するようにしているということを伝えると、面接官にポジティブな印象を与えることができます。

チャームポイントとしての、あがり症

あがり症については、本人は、とてもデメリットのように捉えられているということが多いです。
しかしながら、これをチャームポイントとして認識するといったことができます。

一般的に、あがり症とは、人前で、過度に緊張しやすい性格であるということを言います。
もしも、あがり症の人が人前に立てば、まずは、大量の発汗が見られたりということになります。
赤面したり、震えたりということになります。
ぱっと見では、これは、格好の悪い姿に映ることになります。

ですが、これは、別の見方をすることによっては、緊張している状態をチャーミングと見ることもできます。
あがり症であったとしても、これは、人に危害を与えるようなものではないです。
あがり症の人は、苦痛に感じられるでしょう、しかし人から見れば、捉え方は違うこともあります。

あがり症の人が自分以外でいたら、貴方は、チャーミングなように捉えるといったこともあるでしょう。

逆に、人前に立つだけでは、どうやっても緊張できないという人もいらっしゃるのです。
あがり症は実は、チャーミングなのであって、それほど、ネガティブに捉えられるというわけではないのです。

 

あがり症治療薬の通販サイトは、こちら↓

エイビス薬局

サプリ館

 

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.