あがり症

あがり症の人の意識は自意識過剰・弱みをさらけ出すメリット

投稿日:

あがり症と公言

あがり症に関して、1つ言えることがあります。
それは、その緊張を隠そうとしてしまうと、余計に悪化してしまうというものです。

まず、良くないのは、自分に、緊張しない状態を強制してしまうということです。
そうすることによって、自分を追い込むことになります。
すると、その状態が更に悪化して、緊張するという悪循環になります。

 

あがり症治療薬の通販サイト

エイビス薬局

サプリ館

その改善策としては、自分は緊張しているということを、思い切って告白することです。
こうすることによって、あがり症を隠そうとする意識が薄れ、軽いあがり症なら、これで十分な対策となります。

・特別ではない緊張

人は、小便や大便といった生理現象が男女問わず、誰にでもあります。
これと同じように、緊張といった生理現象も、誰にでもあります。
ノルアドレナリンの上昇によって、こにゆな緊張は生じることになります。

緊張くらいで、酷く落ち込みネガティブになってしまうというのは、とても滑稽なことであると言えます。
単なる生理現象の1つなのですから。

あがり症の人にオススメの考え方

あがり症の人は、大勢の人を前に話そうとすると、とても緊張してしまうことになります。
大抵の場合、マンツーマンであると、全く問題ないことが多いです。

こういった人にオススメの考え方は、大勢の人の前で話していたとしても、自分は、たった1人と話しているように考えるようにしてください。

レストランで、たった1人と話しているように意識してください。
レストランには、基本的に、とても大勢の方がいらっしゃいます。
しかし、気にならないことが多いでしょう。
そういった意識でいれば、大勢の人の前でも、極端な、あがり症になる可能性は低くなるでしょう。

・緊張と声

あがり症の方にオススメなのは、大勢の人の前でプレゼンなどを行うとして、まず、最初の第一声は、大きな声を出すように心がけるようにすべきです。
最初に大きな声を出すことによって、人の脳内における緊張をそらすことに成功します。
小さな声でスタートしてしまうと、弱気になってしまうので、メリットがないです。

大きな声を出すことによって、強気になることができまして、堂々とした振る舞いをすることができるようになります。
ずっと大声を出す必要はないですが、まずは、第一声でスタートするようにしてください。

・あがり症と姿勢

緊張というものには、一般的に、バイオリズムというものがあるとされています。
急に、あがり症になってしまうことがあるのです。
もしも、あがり症、緊張が来た。。。と感じられるようなことがあったら、まずは、背筋をしっかりと伸ばすようにしましょう。
そして、別のことを考えるようにすることも大切です。

背筋をしっかりと伸ばすことができると、自己肯定感というものを向上させることができます。
感情を前向きにできまして、それは、天井を見上げることも、意識を緊張からそらすことができます。

弱みをさらけ出すメリット

人には、自己開示をよくする人、そうでない人がいます。
どちらが良いと一概には言えませんが、好意を人に持ってもらえることが多いのは、やはり、自己開示をよくする人ということになります。

自分のことをしっかりと開示することによって、相手にも、自己開示を意識させることができます。

世間には、人気者がいます。
その多くの人は、自分の弱みを思い切って自己開示するようにしています。

あがり症であったとしても、その緊張を隠そうとするのではなく、思い切って開示するようにします。
すると、プレゼンなどにおいて、人に好感を持ってもらうことができます。
あがり症はデメリットと捉える向きも多いですが、その緊張をさらけ出し、空気を和ませることもできます。
あがり症を、自分の、強力な武器にすることもできます。

あがり症と、その意識

あがり症の人の意識には、自意識過剰というものがあります。
自意識過剰になってしまっているというのは、自分ばっかり意識してしまっている状態です。
それでは、過剰な緊張状態になってしまうので、自分ではなく、他人にだけ意識を向けるようにするのです。

緊張やあがり症とは、そもそも自意識過剰が根本にあるので、他人だけを意識するようにすれば、気にならないようになることが多いです。

あがり症だと、自分を少しでも、よく見えるようにするため、注意し過ぎています。
なので、それが目に見える形で、緊張するようになってしまっているのです。
あがり症はエゴイズムという見方もできるので、意識を改めるようにしましょう。

こうすることによって、その緊張を、とても和らげることができます。
そして、第三者からも、以前よりも良い評価を得られるようになりますので、とてもメリットがあります。

極端な話、自分は、どうでも良いけど、人の願望は、絶対に満たすようにしたい!!そういった意識を持つようにすることが、あがり症で、自意識過剰になりがちな人には、持って欲しいモチベーションです。

 

あがり症と事前練習

あがり症の原因については、様々なものが考えられます。
その1つには、心配要素が多いというものです。
もしも、実際の場面で、頭が真っ白みたいになってしまったら、どうしようかな?というものです。
もしも機材が故障してしまったら?というような不安を持つこともあります。

その不安をしっかりと解消させるには、その心配要素をしっかりと解消させることが大切です。

具体的に、どうすれば良いのか?といったら、リハーサルをしっかりすることです。
事前に、しっかりと現場に足を運んでみてください。
そして、事前練習において、より具体的なイメトレも大切です。

丸暗記はダメ

プレゼン・発表などのために、事前練習を行うことは、とても大切です。
しかしながら、誤った事前練習を行わないようにしましょう。

事前練習として、自分で作った台本を、全部覚えようとしないことです。
本番では緊張してしまうので、最悪、何も言えない状況になってしまう可能性があるからです。

あがり症の人は、完璧主義的な思考にならないように注意すべきであって、ようは大切なところだけをまとめたカンニングペーパーを作成できていれば、それで十分です。

それだけちゃんと伝達できれば、全部が全部パーフェクトでなくてもokなんです。
完璧にしようとして全てが台無しになってしまうよりは、1番大切なことだけしっかりと成し遂げられるように、意識を集中させましょう。

開き直りの姿勢

人は、その状況、状態によっては、緊張したり、顔が多少赤くなってしまうというのは仕方ないです。

だからといって、それだけで、大変な状況になったりしないので、開き直ってみてください。
そうすると、今までの緊張が、嘘のように解消されるはずです。

緊張する場面であったとしても、普段の自分を維持することができます。
人から見ても、自分から見ても、堂々として、あがり症なんて、自然に思われないようになります。

 

 

あがり症と本番

あがり症とは、いくら知識を溜め込んだとしても、具体的な行動に移すようにしなければ、現実的に克服するといったことは難しいです。

あがり症だと、人前で、しっかり自己紹介ができないことがあります。

もう本番のプレゼンのことを考えるだけで、気が滅入ってしまいそうになるのです。
視界に歪みが見られ、その場で倒れ込むようなことを想像してしまうようになります。

あがり症の人は、そうであることを人に知られたくない、プライドが高い人が多いです。
そういったことが支障になって、克服から遠ざかっていることが多いです。
あがり症に関しては、本番をしっかりと経験することが、克服には大切な条件であります。
そのために、具体的な克服プランを作成するなどしてみてください。

あがり症、よくある誤解

よくある話として、あがり症を克服してから、人前に出て話そうというものがあります。
しかしながら、それは、できない話です。
本番を経験しないで、人前で、あがり症にならないか?判断することは絶対にできないからです。

あがり症克服のチャンス

あがり症の人は、もちろん、人前で話すといったことが、ほんとに苦手なは数です。
なので、自分から、このような状況を積極的に作るといったことは珍しいです。
ですが、あがり症の人は、こういった経験を積極的にするようにした方が良いです。
具体的な例としては、発表会やプレゼンなどといったものです。

もしも、あがり症であるなら、しっかりと人前で話す勇気を持つようにしましょう。
何も経験しないと、何も変わらず、一向に改善されないことになる可能性が非常に高いです。

あがり症と脳の仕組み

あがり症を克服した状態とは、具体的に、どのようにイメージしますか?
一般的には、落ち着きを持って、スムーズに話せるコンディションと言われるでしょう。
ですが、こうとばかりは言えないです。
というのも、あがり症でない人は、逆に、全員が全員、落ち着いて話せたり、上手にスムーズに話せるわけではないからです。
落ち着きがなかったとしても、本人が、あがり症の人のように、過度な緊張がない場合もあります。

あがり症とスピーチ練習

あがり症のために、話し方セミナーなどに通うことがあります。
このセミナーでは、腹式呼吸や間の置き方、話の構成について、学ぶことになります。
ですが、これは、人前でのイメージの改善が優先されてません。
重度の型になると、人前に出るだけで、何もしないでも、すぐに上がってしまうようになります。
話し方セミナーでのトレーニングのみでは、心から満足いく結果は得られない可能性が十分にあります。

あがり症の人は、基本的に、人前ということを、危険であるといったイメージを持っています。
防衛本能の一種なのです。
なので、この防衛本能とは、人前でのイメージを変えなければ、抑えることは不可能です。
人前に関してのイメージをチェンジすることは、とても重要でして、このイメージが変わっていなければ、これまでと同じように、上がってしまうことになるんです。
本番において、失敗ばかり、重ねるようになってしまえば、悪化させてしまう、本末転倒な結果にもなりかねないです。

あがり症とイメージ改善

実際に人前で話す前に、人前に対するイメージを変えるくにとに成功していれば、防衛本能は、過剰に働かないようになると考えられます。

本番になったとしても、動悸などで、上手く話せない可能性を低くすることができます。

スピーチ練習などは、実質的な効果がないことも多いですが、このイメージ改善というものは、とても実際にメリットがあるのです。
イメージの改善とは、適切なあがり症対策となっていまして、短期間に、はっきりとした効果を感じられることも多いです。

人前に関してのイメージ改善とは、決して難しいものではなく、誰にでも、具体的に実践することができます。

あがり症と場数

あがり症で悩まされている人は多いですが、その重症度は、人によって、かなり変わってきます。
あがり症とは、緊張に対する防衛本能の表れであります。
なので、本気で、あがり症を克服しようとするなら、そのイメージを変えることが大切です。
それは、人前に対するイメージでして、これをポジティブなものにするように努力するのです。

場数を踏むことによって、あがり症を改善することができることがありますが、成功体験にしっかりと意識を向けるようにすべきです。

すぐに、どうにかすることは難しいでしょう。
しかし、徐々にでも、場数を踏むことによって、正しい成功体験を積んでいくことは大切です。

人前に対するイメージをポジティブなものに変えることができまして、あがり症克服をしっかりと成功させることができます。

人前に出たというだけで、上がってしまう方に関しては、場数を踏んだからといって、絶対に上手くいくとは限らないです。
というのも、人前というだけで、上がってしまうので、 場数を踏むことによって、より症状を深刻にしてしまう可能性があります。

 

あがりの症状とは?

人前で上がるときには、心身において、様々な不調が見られるようになります。

まずは、身体における、不快な症状です。

身体には、心臓がドキドキするといった症状が見られるようになります。

上手く喋れないようになってしまったり、大量の発汗が見られたり、口の渇きなどで悩むこともあります。

心、精神的な部分には、以下のような症状が見られるようになります。

それは、恐怖や不安といったものでして、焦りも感じられるようになります。

落ち着きのなさも目立つようになりまして、自分のいうことがわからないようになったりもします。

あがり症とは、心身どちらにも辛いことでして、決して我慢し続けることができるようなものではないです。

自分で、これらの症状を全てコントロールすることは難しいのです。

・あがり症とは?

あがり症に関する、この、あがるというものは、人なら誰でもある心身の反応です。
ない人はいません。
ですが、あがり症とは、過敏に習慣化してしまっているので注意しなければならないです。
あがることが習慣化してしまっているので、あがり症というわけですから注意しなければならないです。

ですが、あがり症のメカニズムをしっかりと認識して、最終的な解決へとつなげることができます。

あがりの仕組みについて

まず、あがりが起こるということは、自分の外部に、緊張を刺激するものがあります。
これは、人によって、異なってくるのです。

緊張状態になると、人は、ノルアドレナリンの分泌が盛んになり、濃度が高くなるようになります。
電話などでも、こうなってしまうことがあります。
また、一対一の会話であったとしても、ノルアドレナリンの分泌が促進される人もいます。

人は、普段、副交感神経、交感神経のバランスは、とても良いものに保たれています。
交感神経が刺激されるので、自律神経の乱れが見られるようになります。

自律神経とは、普段から、様々な刺激に対応するようにしています。

緊張し、上がってしまうと、様々な症状が見られるようになります。
しかし、これは、人間なら起こる可能性のある自然な生理現象です。
なので、上がって、様々な症状が出たとしても、おかしいのでは?と極端にあわててしまう必要はないです。

ノルアドレナリンの役割とは

あがりの症状に目を向けると、ノルアドレナリンが影響しています。
しかし、交感神が優位であるということは、絶対に悪いこと?というと、そうとばかりは言えないです。

ノルアドレナリンによって、狩や戦いにおいて、身体のパフォーマンス向上が期待でき、様々な危険を回避させることもできます。
交感神経が適度に優位になることは、判断力、集中力を高めることができます。
意欲や注意力を高めることもできます。

ノルアドレナリンとは、人の生活の中で重要であって、不足すると、眠く感じたりするようになります。
やる気の喪失が見られるようにもなります。

ノルアドレナリン量が適切であることによっては、頭がスッキリと感じられます。

 

あがり症、まとめ

あがり症の人、このような人における気質の傾向としては、まず、生真面目ということが挙げられます。
他の人と比較した場合に、自分が、生真面目すぎるように感じませんか?
もっとルーズであって良いのです。

少しでもルーズな考え方ができるようになるだけで、あがり症の人の長所である、努力家であるということを生かすことができます。

本来持っている、自分の能力というものを、最大限に発揮させることができます。

 

 

あがり症治療薬の通販サイト

エイビス薬局

サプリ館

 

 

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.