あがり症

あがり症の人の特徴・あがりやすい性格・治療薬インデラル

投稿日:

あがり症の人の特徴

必ずしも、そうとは言えませんが、人は、一般的に、初めてのことであったり、あまり慣れていないことに関しては、上がってしまうことになります。
けれど、人の中には、ずっと、上がってしまう人もいます。

脳が、緊張する場面を学習してしまい、自動で、反応するようになってしまっているのです。
心理学用語では、これを条件反応と呼びまして、ある種の癖になってしまっているのです。

その人が、条件反射のあがりになっているのか?ということは、イメージすることで、分かります。
想像するだけで、そのような症状が見られる人は要注意です。

もしも、条件反射、癖になっていたとしても、もうダメなんだ。。。と諦めることはないです。
あがり症の程度によって、時間はかかるかもしれません。
しかし、癖を変えていくことによって、絶対に改善ができるようになります。

新たな癖を置き換えるようにするには、やはり、成功体験を積むことが、非常に大切です。
上がってしまうことによって、人が失敗体験をしてしまうと、そのイメージによって、あがりが強く見られるようになってしまいます。
逆に、成功体験を重ねると、その成功によって、安心感が得られるようになります。
この安心感によって、着実に、動じないようにすることができます。

あがり症が治るメリット

これから、あがり症が治るメリットについて、ご紹介をさせていただきます。
まず、あがり症が治ると、これまでのように、強い劣等感を感じることがなくなります。
あくまで自然体で振る舞えるようになります。
これまで、人前が苦手で仕方なかったという方であったとしても、人にものを伝える楽しさを感じられるようになります。

これまで、あがり症で悩んできた人も、人間関係が改善するようになるメリットも期待できます。

自分のことだけ考えるだけで精一杯ということはなく、極度の緊張状態におかれないので、第三者のことまで考えることができるようになります。
あがり症が治ると、自信がついて、仕事における、プレゼンや打ち合わせなどが、ほんとに上手くいくようになります。

人に信頼されるようになり、生活のなかでは、以前よりも充実感というものを得られるようになります。

あがり症のタイプについて

人には、あがりやすい性格といったものがあります。
主に4つのタイプに分類することができまして、責任感タイプや新奇性タイプ、他者意識タイプ、失敗不安タイプといったものです。
人には、色々な性格がありまして、人の性格から、どんな、あがり症に陥りやすいか判断ができます。

失敗不安タイプに関しては、常に失敗するのではないか?と不安に感じるようになってしまいます。
成功ではなく、失敗するというネガティヴなことばかりを考えてしまいます。

失敗することに関して恐怖していまして、心配性である人も多いです。

2つ目の、あがり症のタイプとしては、他者意識タイプというものがあります。
他者意識タイプとは、たくさんの人が見ていると、つい考えてしまって、緊張してしまうのです。

他人の視線について、とても意識してしまいます。
他人から、どう見られるのか?ということばかり考えてしまって、不安になってしまうのです。

そして、新奇性タイプといったものもあります。
このタイプの場合には、普段通りでないことに関して、とても苦手意識を感じます。

雰囲気が特別であったりすると、そわそわしてしまうのです。
急なことに対応することがでない、そんな特徴を、この新奇性タイプは持ちます。
新奇性タイプの場合には、変化よりは、これまでの安定といったことを重視する傾向にあります。

あがり症には、責任感タイプといったものもあります。
このタイプの場合には、基本時に、責任感が人よりも強いです。
真面目な性格と言えまして、他人に期待されていると、必要以上に意識してしまうことも多いです。

失敗不安タイプの場合には、成功するというポジティブなイメージよりも、ネガティヴな失敗したくないというイメージの方が強く持たれます。
どうしても失敗したくない!と考えてしまうので、それが、緊張を増幅させてしまうことがあります。

そのような思いが強すぎる場合には、以下のようなことを、実践するようにしてみてください。
それは、成功することによる変化をイメージする、仮に失敗したとしても大丈夫!といった楽観的な考え方をするように心がけましょう。

そうすると、失敗したくないという強すぎる思いを、しっかりと緩和ができるようになります。
本番後に関しては、特に自分の失敗について、考え込むようなことはないようにしましょう。
逆に、ここはできた!というように、成功した部分について、考えるようにしましょう。
成功部分を増やして、成功体験を少しでも重ねていくようにしましょう。

他者意識タイプについては、他者のことについて、過度に意識してしまいます。
そして、とても重要な、自分の現在していることへ、十分な意識を向けることができないようになるのです。

普段の日常生活でも、他人に過度な配慮をしてしまっていませんか?

他者意識タイプの方は、とても他者を意識してしまう特徴を持っていますが、他人は、実際には、まっと寛容であることも十分にあります。

自分にとって、信頼できる人の前で、スピーチやプレゼンなどの練習を行ってみるようにしてください。
そして、客観的な意見を聞くようにします。
他者意識タイプの場合には、他人の視線や表情から、他人の評価を決定してしまいます。
けれど、上のような体験によって、実際は、必ずしも、そうでないことが判断できるようになります。
こうした判断によって、だんだんと安心感が持てるようになります。

 

あがり症のタイプ

あがり症には、責任感タイプというものがあります。
責任感タイプの、あがり症という場合には、何事にも、しっかりと取り組まなければならないという気持ちというものが強いです。

なので、自分自身に、プレッシャーというものをかけてしまうのです。

この性格の方は、自分に任せられた仕事は、しっかりとこなします。
周囲から、しっかりと信頼されていて、仕事における力量も高い方が多いです。

しかし、そうであるから、期待というものは、ストレスに感じるようにもなってしまうのです。
それで、過剰な期待を招いてしまうこともあります。

ですが、それを、しっかりと克服することができますと、その責任感が強いということは、とても評価できるモチベーションなのです。

責任感が強く、あがり症である方の場合には、何事にも、パーフェクトなものを追求してしまうのです。
そういった方の場合には、上手に話すコツなどを備えるようにした方が良いです。
ですが、一旦、それを身につけると、これからの自信につなげるということができます。
プレゼンやスピーチには、話す内容や原稿などを作成する段階があるはずです。
その段階で、自分自身で納得できるものにしましょう。
そうすることによって、得られるメリットとは、とても大きいです。
充実感と自信がもてて、本番でも、大きな緊張が伴うということもないのです。

あがり症の対策方法について

あがり症の根治治療には、ある程度、長期的なスパンが必要になることがあります。
でも、少しでも症状を軽くする方法というものは存在します。
これから、ご紹介させて頂く方法とは、とても簡単に実践できて評判が良いです!

もしも、あがってしまったという場合のためにも、このようなことを知っているメリットとは、とても大きいです。
する内容が全く同じであったとしても、精神的な持ちようによって、変化が見られることがあります。

なぜ、人における緊張が見られるのか?といったら、シンプルに言えば、自律神経が乱れているということが正解です。
人は、大切な場面で緊張してしまうと、緊張してはいけない!というプレッシャーを感じてしまいます。
すると、更なる悪循環を招いてしまって、自律神経に、負荷をかけてしまうようになるのです。

緊張しても良い!!と思えば、それでokというわけではなく、絶対に不安が全てコントロールできるというわけではないのです。

緊張していると、ドキドキしたりしますが、それを、胸に意識を集中して、ワクワクのドキドキと捉えるくらい、感覚自体を感じ取るように心がけてください。
ちょっとした理解の仕方によって、身体のリアクションにも変化が見られるものです。

身体をほぐす、ストレッチも有効です。
あがり症で、過度な緊張が見られるという場合には、身体をほぐすようにするということも、効果があります。
決して手抜きをしているというわけではありませんが、足首や、手首、首を、ゆっくり回すというだけで、大丈夫です。

これら、神経が、とても集中しています。
なので、ゆっくりと回し、そして、深呼吸もするようにすれば、なお良いとされています。

あがり症で、過度な緊張感が見られるという人の場合には、適度なツボ押しというものも、効果的とされています。
とはいっても、ツボ押しなんかじゃ、なんともならない!?と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、あがり症・過度な緊張といった場合には、このツボ押しが、非常に効果的であるのです。

あがり症と神経とは、とても密接な関わりというものがあります。
適切なツボ押しをすることは、非常に有効です。
ツボとは、神経へダイレクトに働きかけるといったことができます。

ですが、このツボ押しとは、決して、闇雲に行って良いものではありません。
ツボとは、人によって、個人差というものがあります。
なので、人によっては、効果がないということもあります。
体調によっても、異なってくることがあるので、注意しましょう。

適度な痛さと気持ちよさが得られるツボを探すようにしましょう。

そして、本番中にできる、あがり症の対策といったものも存在はします。
あがり症において、声が震えてしまうといったことは、非常によく見られます。
声が震えてしまうのは、呼吸が浅くなっているという証拠です。
そういった方の場合には、腹式呼吸を取り入れるようにしてみてください。
腹式呼吸によって、あがり症の方であったとしても、声の震えを起こりにくくさせるといったことはできます。
普段、本番前のリハーサルといった時にも、この腹式呼吸を実践するようにしてみましょう。
もし、本番においても、声が震えてしまうというのであれば、お腹を膨らませる、腹式呼吸に意識を集中させるようにしましょう。

あがり症の人で、本番中に、手が震えてしまうといった方は多いです。

それは、手の筋肉に力が入りすぎているということです。
それとは違いますが、人が筋トレをしている時には、筋肉に震えが見られることがあります。

本番中に力が入っているというのであれば、手の震えは治るということはないです。
あがり症で、手に力が入っているというのは、無意識です。
なので、無理をして、力を抜こうとしてしまうと、逆効果だったりもきます。
そういった場合に、有効であるのは、手に力を入れて、握りしめるようにしてみましょう。
そして、次に、力を抜いてみてください。
そして、全身にも、そのことを、実践してみてください。
すると、全身に解放感が感じられ、自分自身が縮まったような感覚も見られるでしょう。

声の震えを改善するには、腹式呼吸をすることが有効ですが、他にも、大きな声を出すということも、効果的とされています。
あがり症で、過度な緊張を持っているという方であっても、大きな声を出すことによって、自信をつけていくことができます。
あがり症であるのが、事実であったとしても、これによって、見る人からは、堂々と見える印象を持ってもらうことができます。

でも、いざ本番で大きな声を出そうとしても、難しいことがあります。

なので、大きな声を出す練習をするといったことは、非常に大切です。

大きな声で、実際のプレゼンなどを行うと、スムーズな調子を見出すことができます。
そうではなく、声が小さいと、反対に、不安感が助長されることになってしまいます。

セロトニンが増える食生活

健康的な心身を維持するようにするには、バランスの取れた食事をするといったことは、非常に大切です。

あがり症・社交不安障害の方は、アミノ酸の一種である、トリプトファンというものを摂取することが効果的とされています。

一般的に、あがり症とは、ノルアドレナリンによって、引き起こされるということが明らかになっています。
あがり症の人は、一般的に、ノルアドレナリンを合成しやすい体質であることが分かります。
ノルアドレナリン作用を抑制させることが期待できます。
緊張や不安を緩めることができまして、幸福感を向上させるのはセロトニンです。
セロトニンを作るには、トリプトファンという存在が必須です。

ノルアドレナリンを合成しやすい体質であるとしても、トリプトファンを日常的に摂取することによって、逆に、セロトニンを合成しやすい体質に変えていくことができます。

トリプトファンが多く含有される食材としては、以下のようなものがありますので、ご紹介させていただきます。

まず、トリプトファンに関しては、削り節が、100mgあたりは、1000mgと、とても多く含まれています。
ヨーグルトにも、100mgあたりは、48mg含まれています。

キャベツの生にも、11mgと含まれています。
動物性のものによって、トリプトファンが、多く取り込めるということがわかっています。
しかし、植物性のものであったとしても、十分なものを取り込めるのです。
逆に1日あたり、取りすぎても良いというわけではないです。
1日あたり3000mg以上、摂取してしまうことによって、吐き気や無気力といった不快症状が見られるようになります。
ですが、通常、これを超えるといったことはないです。

あがり症とNGな行動

あがり症の方である場合、これから、してはいけないことについて、ご紹介をさせていただきます。

あがり症で、過度な緊張が見られていたとしても、これを過度に抑制しようとすることは、やってはいけないです。
あがり症で、緊張が見られていたとしても、これを無理に緊張しないようにしようとしてしまうと、益々、緊張してしまうことになるのです。
焦りを感じてしまうことになるので、それが、ミスや失敗を繰り返してしまう、大きな要因になります。

でも、気持ちの持ちようによって、その点は、問題なくなるので、不安に感じる必要はないです。
逆に、緊張しても大丈夫、緊張しても、問題ないと思うようにするのです。
緊張しても良いと思い込むと、緊張状態を放置できるようになります。

あがり症の方の中には、どうせ、上がってしまう!と、事前の準備を怠ってしまうことがあります。
あまり練習をしてしまうと、それが、プレッシャーになるのでは?と考えてしまう人もいます。
しかし、それは誤りなのです。
練習や事前の準備をしっかりしていることによって、本番を落ち着いて迎えるといったことができます。

事前準備をしっかりしていないことによって、頭が真っ白になってしまうことがあります。
事前準備不足で、頭が真っ白になってしまうので、事前準備はしっかりしましょう。

あがり症の方でなかったとしても、その場で、すぐに行おうとしてしまうと、すぐに判断や行動ができないことになってしまったりします。
あがり症であると、そのことに拍車がかかるのです。
事前準備として、非常に有効であるのは、一人でビデオ撮影をするということです。
そうすることにことによって、客観的に、自分を見ることができ、改善点を見つけることができます。
本番であっても、自信を持って、取り組むことができます。

 

 

あがり症治療薬の通販サイト↓

エイビス薬局 

サプリ館

 

 

 

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.