あがり症

社会不安障害(あがり症)になりやすい人?総合診療科とは

投稿日:

あがり症と睡眠について

翌日に重要なプレゼンを控えていると、普段より、ぐっすりと眠れないということがあります。
寝る前にドキドキと動悸を引き起こしてしまって、適切な睡眠時間を確保できないといったこともあるのです。

このように、あがり症と睡眠については、とても深く関わっているのです。
あがり症によって、毎日のように苦しめられているというのなら、毎日の睡眠状態をチェックしてみましょう。

現在の睡眠状態を改善することで、その緊張を緩和可能なので、ぜひ実践してみましょう。

・無意識の睡眠

緊張と睡眠については、実際には、非常に深い関係というものがあります。

それよりも、翌日に、重要なプレゼンなどがあると、それを無事に成功させることができるのか?などに意識がいくでしょう。

でも、ただ不安になって考えているだけでは、全く意味がないです。
それよりも、睡眠と、あがり症を引き起こす睡眠には、実際に深い関係があります。
なので、睡眠をとることに集中した方が良いです。
適切な睡眠時間を確保することで、人間の自律神経を整えることができるんです。
実際、疲れがすごく溜まっている時には、脳の働きが著しく悪くなってしまったりします。
睡眠時間をしっかりと確保することで、結果的には、プレゼンなどの場面で、緊張は多少あっても、スムーズな受け答えができる可能性が高いです。

健康的に眠れば、厄介な、あがり症を克服できるのかといったら、そのようなことはないです。
しかしながら、あがり症(緊張)と睡眠には、密接な関係があります。
なので、健康的な睡眠ができるようになることには、とても意味があります。

睡眠をとることによって、人は、非常にリラックスをすることができます。
睡眠以外にも落ち着ける方法というものは存在しますが、睡眠が1番であるということには、疑いの余地というものはないです。
翌日に、どうやって話そうか?そういったことを強く意識するよりは、前日に十分な睡眠ができるのか?ということを重視しましょう。

あがり症克服の秘訣とは、毎日の睡眠というところにあったのです。

あがり症(緊張)と呼吸方法について

人は、あがり症(緊張)状態に陥ることによって、普段と違う声になってしまったりします。
汗が止まらない、手が震える、こういった状態にもなってしまいます。
呼吸が浅くなってしまったりもします。

重度のあがり症(緊張)状態にある方は、一度は、そうした経験をされたことがあるでしょう。

人前に出ることによって、多少は、緊張してしまうことがあるでしょう。
しかし、その緊張が、ほんとに過度になってしまうようであれば、注意しなければならないでしょう。
極端に胃が痛くなってしまうようであれば、病気というレベルで考えた方が良いです。

あがり症(緊張)に関しては、しっかりとした呼吸方法を活用するようにしなければならないです。

具体的には、あがり症(緊張)の緩和の方法としては、ボックスブリージングがよく利用されています。
人は、あがり症(緊張)状態になることによって、自律神経が乱れるようになります。
極端にあがり症(緊張)となってしまうことによっては、普段のパフォーマンスができないデメリットが生じるようになります。

適切な呼吸方法を自分のものにすることによって、あがり症(緊張)だからといって、すぐに失敗はしないようになります。

・あがり症(緊張)と脳内状態

多くの人は、重要な会議などを控えているという場合には、念入りな準備をするようにします。
しかしながら、そんな準備をしていても、実際に、本番になると、頭が真っ白になって、何も考えられないようになることがあります。

準備をいくら念入りにしていたとしても、本番になると、頭が真っ白になり、何も考えられないようになる悲劇です。

あがり症(緊張)の人に伝えたい重要なことは、緊張するということに関しては、全然悪いことではないのです。
緊張することは自然なことです。

緊張してしまう、それが悪いことであると考えすぎることによって、本来伝えたいことが、しっかり伝えられないことになる可能性が非常に高くなってしまいます。

どうしたら、あまり緊張しないようになるのかといったら、主に以下のようなことです。

自分が失敗してしまったことを、実際に口に出すということです。

そして、自分は緊張したり、噛んだりすることが人よりも多いということを、先に伝えるということです。

最後に、これは、とても重要であるのですが、

最初は失敗も多いかもしれませんが、その失敗体験を恐れず、果敢に成功体験を積み重ねることにチャレンジすることです。
プレゼンなどは何度もしなければならないので、あがり症(緊張)の人が適切に対処していくには、その方法を学ぶ必要があります。

最初は、ほんの些細な成功体験でも全然構わないです。
しかしながら確実に、あがり症克服の一歩を踏み出していくことは、ほんとに大切です。

あがり症になりやすい人

あがり症については、その患者さんに達に、よく共通している、性格的な特徴というものがあります。

例えば、融通性がない、頑固であるといったことです。

融通性がなく、物事に対する、強い拘りを持ってしまっていたりすれば、反対に、柔軟に対処できる人よりも、緊張に弱くなってしまう傾向があります。
新しく、プレゼンなどをしようとした時には、絶対に、こうしなければならないなどと考えてしまって、あがり症となりやすくなります。

そして、全てが方が、そうであるというわけではありませんが、あがり症の方は、内向的であることが多いです。
生真面目であって、自分の気持ちのコンディションを冷静に見てしまいます。
感情を適切にコントロールできますが、反面、劣等感をすぐに持ってしまいます。
劣等感と、あがり症には、非常に深い関係があるので、注意しなければならないです。

そして、3つめとしては、完璧主義な人が、あがり症の人には多いと言われています。

あがり症の人の多くの人は、物事に対し、とても理屈っぽいところがあったりします。
スピーチ、プレゼンなど、一般的に、苦手な人が多いことであっても、自分は、完璧にしたいと考えるようになります。
そのプレッシャーから、あがり症になるものと考えられます。

また、繊細な人は、あがり症になりやすいので、注意しなければならないです。
繊細であることによるメリットもありますが、少しの失敗を、ずっと引きずってしまったりもします。

実際にプレゼンや大切な会議をする前から、もしも、失敗してしまったら?ということを、過度に意識してしまうようになります。

あがり症と身体の関係性

人が、あがり症になってしまうことによっては、一般的に、声が小さくなってしまったりします。
それだけでなく、足や手が震えてしまうといったデメリットに悩まされることもあるので注意が必要です。

赤面して、自分以外の人が見ても、明らかな状態に陥ることがあります。

あがり症が悪化した場合には、社会不安障害や、社交不安障害といった呼ばれ方がする場合があります。
これは、動悸や腹痛、声がでなくなるというまでの症状が確認される場合です。

社会不安障害・社交不安障害に関して、長期間放置してしまうことによって、鬱病やパニック障害となってしまう可能性も高まります。

あがり症が悪化して、もう既に、社会不安障害などになってしまっていることもあります。
なので、自分は単なる、あがり症と、簡単に決めつけないようにされた方が良いかもしれません。

あがり症や重度の、社会不安障害という方は、一般的に、面談などが苦手です。
大切な就職の際の面接であっても、このことが強く影響してしまって、スムーズに話せないようになってしまうことがあります。

あがり症と仕事

あがり症の人は、もちろん、その症状を少しでも改善するために、なんらかの努力をされているでしょう。

でも、今は、あがり症でも、できるだけ働きやすい仕事、アルバイトをしたいですよね。

あがり症の人でも可能と考えられ、そこそこ人との関係があるバイトとしては、宅配ピザの仕事、ポスティングの仕事、ネットカフェでのアルバイトなどではないでしょうか。

人との接触は最低限であり、必要以上の接触が少ないと思われる、仕事、アルバイトです。
無理をして、人との強い関係が強いられる仕事を選んでしまったりすれば、あまり良い結果を得られず、悪影響となることもあるので注意しなければならないです。

また、直接、人と会う必要がない仕事には、以下のようなものがあります。
あがり症の人でも、よくされていることがありますので、チェックしてみましょう。

女性の方には、テレフォンレディー、メールレディーという仕事です。

男性でも女性でも活躍されている仕事には、ライターやデータ収集などの仕事が存在します。

イラストレーターなども、このような仕事の1つですね。
ただ、クライアントとのやり取りに関しては、電話を時にしなければならないことはありますので、その点は意識しましょう。

最初は、こういったことから始めて、実際に人と関わる仕事へ変えていくというのも効果的でしょう。

色々な仕事が世の中にはありますが、あがり症であっても、人間との関係を全くゼロにするということは不可能なことです。
あがり症の人には、辛い現実かもしれませんが、できることから、スタートしていきましょう。

社会不安障害(あがり症)と総合診療科

社会不安障害(あがり症)とは、精神的な心の病でして、いくつかの不快な身体症状といったものも見られます。
医療機関を訪問するといった場合には、通常は、精神科や心療内科といった場所で、見てもらうことになります。
しかしながら、社会不安障害(あがり症)の患者さん自体は、このことを病気とは、認識していないといったこともあります。
もしも、動悸や吐き気がすることがケースバイケースであるとしても、身体的に通常時には、異常があるというわけではないです。

本格的な治療をすることが、困難なことも、よくあります。
精神科とはいっても、敷居が高く感じられることもあって、なかなか治療がスムーズにいかないこともあります。

そうした場合には、どうしたら、良いのでしょうか。
そうした場合に、1番オススメであるのは、総合診療科という場所の利用することです。

総合診療科を実際に利用したことがないといった方もいらっしゃるでしょう。
ここでは、様々な症状を広範囲に、毎日のように扱っています。
不快に感じている症状は実際にあっても、どこに行けば良いのか?はっきりと分からない。
そんな時でも、総合診療科が非常に、よく機能することになります。

総合診療科の医者であれば、社会不安障害(あがり症)に関する、身体症状と、精神症状に関して、どちらも診断と治療を検討することができます。

もしも、必要が生じたというのでたれば、専門性の高い診療科を紹介してもらうことだってできます。

早めに医療機関へ

社会不安障害(あがり症)とは、単なる性格の問題であるわけではないです。
社会不安障害(あがり症)とは、決して軽く見てはいけなく、最終的には、自殺という最悪の結果を招いてしまったりもします。

社会不安障害(あがり症)だけを患っている人の自殺率とは、それほど、高いというわけではないです。
2パーセントにも満たないです。

しかし、他の精神疾患と併発してしまうことによって、その自殺率が、更に高くなってしまうことがあります。
その精神疾患の具体的な名称とは、パニック障害というもの、強迫性障害、鬱病などというものです。
薬物依存やアルコール依存との併発にも、注意をするようにしなければならないです。

人は、人前で緊張することに関して、死にたいほど緊張したとしても、その緊張によって、実際に、死んでしまうようなことはないです。

けれど、この社会不安障害(あがり症)による緊張とは、時に、自殺の大きな要因になるので、よく考えるべき問題です。

ある医師が指摘するには、社会不安障害(あがり症)の年齢層というものは、主に20代と、若年層に多いと言及しています。

年齢を重ねるごとに、その患者数は、減少傾向にあると、確認されていると指摘しています。

20代の方で、社会不安障害(あがり症)の疑いがあるといった方に関しては、医療機関や医師の力も借りることによって、その克服を早めに目指すようにしましょう。

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.