あがり症

社会不安障害(あがり症)の早期治療必要性|性格だとの誤解

投稿日:

あがり症は治療可能

世の中の人の中には、人前だと、とんどでもなく、上がってしまうという方がいらっしゃいます。
例えば、仕事でのプレゼンや結婚式のスピーチといった時です。
過度の緊張によって、何を話そうとしているのか?そんなことも、はっきりと分からないようになってしまうのです。

そういう人は、本人自身も、もちろん、意識しています。
毎日のように、悩んでいることもあります。
アスリートの方で、実際の試合に出場する前から、普段の能力を発揮できるかどうか、とても不安になってしまうのです。

あがり症の人で、人との食事を、とても意識してしまうという方もいらっしゃいます。
人から見られているということを過度に意識してしまって、自然に食事することができないようになってしまうのです。

食事だけではなく、人前で、何かを書いたりするときに、とてもデメリットを感じる方がいます。
そういう人は、人前で字を書こうとしてしまうと、手が震えるといったことに悩まされてしまうのです。

あがり症とは薬などを使って治療することが一般的でして、自然治癒は、あまり期待できないです。
意識すればするほど、緊張感を高めるようになってしまいます。
すると、失敗してしまいますので、この悪循環は断ち切らないといけないです。

そういう人は、全然少ないといったことはなくて、一生懸命探さなくても、普通に存在します。

性格だとの誤解

これまで述べてきたような症状が見られる場合には、人の個人によるところが大きいと以前は考えられていました。
現代では、人前で手が震えたり、食事ができないといったいくつかの症状が見られる場合には、社会不安障害であると診断されます。

社会不安障害であると診断された場合には、早めに発見し、その治療をすることが現実的に可能です。

治療することによって、これまでとは違った人生を歩んでいくこともできるんです。
なぜ、社会不安障害が治療対象となったのかというと、脳にある現象が生じていることがわかったからです。

そうした現象が見られている人に対しては、SSRIという薬の服用が効果的であると明らかになりました。
SSRIという薬を服用することによって、例えば、緊張や不安を適切にコントロールできるんです。
最後には、この薬の服用をしなくても、問題ないようになるのです。

なので、SSRIの服用によって、あがり症・社会不安障害とは、治療することができます。
人間における脳に関しては、その全てが解明されているわけではないです。
もしも分からないことがあれば、それは、性格の問題であると考えられがちです。
もしも、過度な不安や緊張を感じるという方がいらっしゃるのであれば、その人には、それ以外の人とは異なる脳内のコンディションになっていると理解できます。

遺伝的な要因を全て否定はできませんが、決して、それが全てではないのです。
恋愛や結婚ができない。。。という人の中には、SADを患っている人は多いです。
こうした人は、何も20代や30代といった特定の年齢層に固定されているわけではないです。
実に幅広い年齢層の方が、男女関係なく、苦しめられているのです。

もしも、その治療をすることによって、これまでとは違った人生を歩める可能性が出ます。

・大切なチャンスを逃さない!

あがり症で緊張を感じていると、それは、絶対に治療しなけれはならないのか?といったら、全部そうであるとは言えないです。

治療しないといけない、しなくても良いという判断基準に関しては、その人が、著しい苦痛を感じているのかどうかということです。
また、その状態が自分に大きなマイナスになっている場合には、治療の対象になるのです。
自分の個性だと理解して、毎日の生活の中で、適切な対処をしている人に関しては、それを克服していることもあります。
それだと、社会不安障害であるとは診断されないし、治療を必ずしないといけないことはないです。

ただし、そう都合の良いことはなく、あがり症を自分自身で克服できることは、そう多く見受けられるようなことではないです。
多くの人は、あがり症に関する不安や恐怖といったものは、高まるようになってしまいます。
社会不安障害(あがり症)の人は、日常生活における、壁をさけて通るようにしてしまいます。
自分は弱い人間だから仕方ないと、諦めてしまうということもあります。

人生のなかでは、社会不安障害(あがり症)におけるデメリットとは、とても大きなものが実際にあります。
人との普通の食事もできない、人前だと、電話もできないといったことにもなります。
いくら本番前に練習していても、本番では、その能力を発揮できないといったことにもなってしまいます。

社会不安障害(あがり症)だからといって、会社での昇進を拒んでしまうといったこともあります。
まだ社会人でない学生さんの場合においても、類似のデメリットはあります。
特に、就職試験・入学試験といった時にデメリットがあるでしょう。

もしも、社会不安障害(あがり症)の治療をしておかないでいると、例えば、大卒率が低下すると指摘されています。

それだけではけ、就職した場合にも、その収入が下がってしまうなどもありますので、デメリットは非常に大きいです。
また、それ以外にも、広範囲に、社会不安障害(あがり症)のデメリットというものはあります。
友人関係、家族関係といったものにまで、その影響は、波及するようになってしまいます。
恋愛関係も順調なものにならないで、満足のいく関係を、どうしても構築できないといったことにもなることが多いです。

世界的な問題ではありますが、日本では、特に、社会不安障害(あがり症)によって、ニートや引きこもりということになっています。
本来持っている能力を発揮できていないということであるので、かなり、もったいないです。
ニートや引きこもりという人には、社会不安障害(あがり症)の方と同じ、自信を失ってしまったり、孤立した人間関係が確認されています。

社会不安障害(あがり症)だと、円滑な人間関係が構築できないなどがありますが、その治療を適切にすることによって、その問題はしっかりと解消ができるんです。
もしも、社会不安障害(あがり症)によって、過度な緊張を感じたりして、特定の場面や状況をさけているというのであれば、デメリットがあるでしょう。
しっかりと病気であると認識して、適切な治療をすることは、とても大切です。
社会不安障害(あがり症)の方の場合、自分が病気であると、残念ながら、認識していないことは多いです。

日本ではないのですが、米国において、社会不安障害(あがり症)に関する、ある調査が行われることになりました。

自分が病気であると理解して、実際に医療機関を受診した人は、全体の3パーセント程度だったのです。

逆に、受診しなかった人はというと、全体の6割も超えていたのです。

世界的に見た場合、米国という国は、社会不安障害(あがり症)やうつ病といった疾患に苦しめられている人は多いです。
現在、社会不安障害(あがり症)に対する研究は、日々進められるようになっています。
日本には、自分が社会不安障害(あがり症)という病気であると認識できていない人は多いです。
もしも適切な治療をしないでいると、本来自分自身が持っている、能力などを十分に発揮できないことになってしまうので、社会的なデメリットも少なくないです。

社会不安障害(あがり症)の早期治療必要性

社会不安障害(あがり症)という病気に関しては、いったん、その状態に陥ってしまうと、何かで首を絞められているように、簡単には抜けられないようになってしまうのです。

この社会不安障害(あがり症)に関しては、徐々に悪化してしまうので、注意するようにしなければならないです。
もう、こうなると、アリ地獄にはまったようなコンディションというわけですから、ただ単にもがき足掻くだけでは、意味がないです。

社会不安障害(あがり症)に関する、不安や緊張というものは、自然に、増幅するようになるのです。
無意識のうちに、自分の力では、完全なコントロールとは、とても困難な状態になってしまいます。

社会不安障害(あがり症)の患者さんに関しては、とても繊細で、デリケートな状態になっています。
徐々に、そんな自分が嫌になり、劣等感が高まってしまうようになるでしょう。

社会不安障害(あがり症)のきっかけに関しては、とても僅かなことではあるのですが、それを放置し続けるということは、デメリットが大きいです。
時間とともに、この症状は、どんどん悪化してしまいます。
社会不安障害(あがり症)に関する症状に対処するために、そのような状況を回避することが多いです。
ただ回避するだけでは、症状が悪化することを阻止することはできないです。
単独では、なかなか医療機関への受診とはならず、アルコール依存症や鬱病を併発することによって、初めて受診へと至ることも珍しくはないです。

こうした状態を改善することは、そう簡単ではありません。

実際に医療機関を受診する頃には、かなり状態が深刻になっていることが多くって、その理由は、至って簡単です。
それは、社会不安障害(あがり症)という病気を知らないから、医療機関をすぐに受診しないのです。
もしも、社会不安障害(あがり症)を放置していると、その人の人生にとって、とても大きな損失となってしまいます。
なので、社会不安障害(あがり症)とは、現代では病気として認識されていて、頼れる治療方法が存在することが知られる必要性は非常にあります。

社会不安障害(あがり症)の問題点

社会不安障害(あがり症)とは、性格的な要因が大きいので、それを治すことは、簡単ではないと考えられています。
はっきりとした病気であるのに、社会不安障害(あがり症)を性格の問題という先入観を持っていると、早期発見と早期治療を、大幅に遅らせてしまうことになります。

 

社会不安障害(あがり症)とうつ病の併発について

社会不安障害(あがり症)という病気は、それ自体も、十分にデメリットの多い精神疾患です。
しかし、社会不安障害(あがり症)とは、うつ病と併発すれば、更にデメリットの可能性が高まるようになってしまいます。

というのも、社会不安障害(あがり症)+うつ病となることによって、自殺を試みる可能性が高まってしまうのです。
そもそも、社会不安障害(あがり症)のみの、自殺率、自殺をしようとする試みというものは、それほど高いものではありません。

これは、普通の人とあまり変わらないので、それほど心配される必要はないです。
ただし、これにうつ病が加わることによって、1パーセント未満→15パーセントまで上がってしまうようになります。

うつ病を引き起こしてしまうことによって、社会不安障害(あがり症)のみを患っているときよりも、死を意識してしまうことが頻繁に見られるようになります。

社会不安障害(あがり症)とは、色々な問題点を抱えていまして、特に、うつ病を併発してしまうことによって、その改善が容易ではないようになる傾向があります。

社会不安障害(あがり症)の方の中には、自分自身が、あがり症なんだという自覚を持っていない方も多いです。
ですが、理由は人それぞれですが、いくつかのきっかけによって、病気かもしれない!?ということを疑って医療機関を受診することになります。
治療期間などは、人によって差はありますが、処方された医薬品の服用によって改善を期待していくことができます。
完全な完治は、すぐにでは難しいかもしれませんが、その悩みを軽減していくことはできるんです。

社会不安障害(あがり症)を治療するメリットとは、とても大きなものがあります。
大切な仕事における、その能力を向上させることができるからです。
社会的な信用も、社会不安障害(あがり症)を適切に治療することによって、回復をさせていくこともできます。

以前よりも、社会不安障害(あがり症)の治療によって、人としての魅力を開花させることにも、繋がっていくかもしれないでしょう。
一般的に、社会不安障害(あがり症)という病気に関しては、10代の知らず知らずのうちに、発症していることも、そう珍しいことではないです。
そうした社会不安障害(あがり症)に関しては、早期発見と早期治療といったことが、非常に大切になってきます。
この社会不安障害(あがり症)を治療することに関して、極端に身構えたりするような必要性はないです。

というのも、社会不安障害(あがり症)に関する、薬というものは、用法容量を守って利用すれば、余計な副作用を起こすといったことはないので安心です。
風邪の時には、風邪薬を服用するようにしますが、それと同じように、社会不安障害(あがり症)の薬も、気軽に服用するようにすべきです。

精神科を受診するということに関しては、どうしても敷居の高さを意識してしまうという方も少なくないでしょう。
今の時代、社会不安障害(あがり症)になるということは、そう珍しいことではないです。
精神科の敷居というものは、以前とは比べ物にならないほどに、引くなっている実情というものがあります。

社会不安障害(あがり症)に関しては、心の風邪なんだと理解して、気軽に医療機関を受診するということは、とても大切です。
社会不安障害(あがり症)とは、多少時間がかかることもありますが、治せる可能性は十分にあるので、専門医に相談してみましょう。

社会不安障害のスピーチ恐怖

社会不安障害に関しては、いくつかの症状というものが見られるます。
その中でも、社会不安障害には、スピーチ恐怖というものが、よく確認されています。

これは、具体的には、人前で、自己紹介をしたり、初対面の人が集まったグループで挨拶をしたり、結婚式でのスピーチということになれば、極端に緊張してしまうことになるのです。

極端な緊張、過度な緊張ということが、大切なポイントとなります。
というのも、社会不安障害でない方でも、上記のような状況だと、緊張してしまうことにはなります。

ですが、社会不安障害の方だと、過度な緊張のあまり、頭が真っ白になってしまうのです。
そして、言葉が全く発せられないようになったりもします。
こういった経験を一度でもしてしまうことによって、また同じようになってしまうといった予期不安を持つようになります。
恐怖を感じて、どんどん、緊張感が高まってしまいますので、精神交互作用というものも確認されます。

だから、社会不安障害の方は、スピーチ恐怖というものを、何度も繰り返してしまうのです。
すると、何かあれば、そのような状況を、なんとか回避するように努力します。
例えば、結婚式のスピーチを頼まれるなどしても、何か適当な言い訳をつけて、避けようとしてしまうのです。
人生においてメリットのある機会であっても、自分から放棄し、逃してしまうようになります。

社会不安障害の対人恐怖

社会不安障害が一般的に認識される前から、対人恐怖症という精神疾患に関しては、存在しました。
端的に説明すると、対人恐怖症とは、相手が自分を、どう認識しているのか?ということを、過度に意識してしまうのです。
そういった過度の意識のあまり、自分の口は、人よりも臭っているのでは?
自分は迷惑をかけてしまっているのでは?と、実際には、そうではないとしても、そういったことを考えてしまいます。
社会不安障害と対人恐怖症、少し異なる点もあります。
社会不安障害とは、相手が、どう感じているということよりも、自分が、例えば、プレゼンなどの状況に緊張しているということが正しい理解です。
なので、対人恐怖症の方が、社会不安障害であるとの断言はできないです。

ただし、社会不安障害の方の中にも、対人恐怖症のような、人といるだけで不安で仕方ないといった方もいらっしゃいます。

社会不安障害に対人恐怖が関係してくると、他の精神疾患がからんでいる場合もあるので、少しデリケート
な部分もあると言えます。
なので、その治療とは、専門医にしっかりと相談された上で行うことが必須です。

 

 

あがり症の治療薬の通販サイト↓

サプリ館

エイビス薬局

 

-あがり症
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.