あがり症 不安障害

社会不安障害(あがり症)とは?森田療法が有効な対人恐怖症

投稿日:

特別な病気でない社会不安障害(あがり症)

社会不安障害(あがり症)については、まだまだ何か特別な病気なのでは?
というような認識が世間的にはあります。
通常の人はならない病気?というような認識です。

もちろん、社会にしっかりと適応している人は、一般的に評価をされます。
そういう人を基準にすれば、そうできない人は、変に思われたり、異質に捉えられたりするでしょう。
もし自分自身がそうだったら、それ自身でも、自分は人とは違う、おかしいと思っているかもしれません。

病気として認識されていても、どこかで、劣等感のようなものを感じているでしょう。
それが、社会不安障害(あがり症)という病気の特徴です。
自分の社会不安障害(あがり症)に関するイメージも、世間的なイメージも、ほぼ共通しているのです。
社会不安障害(あがり症)を患っている方は、日に日に、その劣等感が増す傾向にあります。
もちろん、こうした精神的なコンディションとは、社会不安障害(あがり症)を治療するにあたり、理想的な状態とは絶対に言えないです。

社会不安障害(あがり症)を治療するには、しっかりと病気として認識して、その知識を備えるというこど重要になってきます。

社会不安障害(あがり症)を適切に治療していくには、正確に理解することが大切です、そして、家族や友人などによるサポートも大切なので、周囲の理解も、とても重要なポイントとなります。
まず、社会不安障害(あがり症)とは、現代では、決して珍しい心の病というわけではないです。

社会不安障害(あがり症)とは、これまでは、人の性格的な要因、個性というものが深く関わっていると考えられてきました。
しかし、最近では、とても社会不安障害(あがり症)に関する研究というものが発達していますので、専用の薬も新登場しています。
なので、近年は、社会不安障害(あがり症)とは、個人の性格・個性ではなく、病気として捉えられるようになっています。
社会不安障害(あがり症)とは、しっかりと治療する方法が存在しているので、安心しましょう。

世の中の人には、時々、心臓がドキドキしたり、声が震えたり、手が震えたりという症状に苦しめられている人が存在します。
しかし、これは病気ではないと思っている人が多いです。
しかしながら、それは、医学的に認められた病気なので、それを治療して改善していくことも十分に可能なんです!
社会不安障害(あがり症)は、病気だと考えずに、これは改善が難しいと判断して、多くの人は、人混みを避けたり、注目されるような状況を避けるようにしています。
けれど、社会不安障害(あがり症)を単なる性格や個性と判断していれば、劣等感は高まり、恐怖や不安は尚一層、酷いものになってしまいます。
社会不安障害(あがり症)をしっかりと改善し治療していく第一歩とは、薬などを使って、しっかりと治していくことができると理解することから始まります。
その人の性格であるというのなら、薬をただ服用しているだけでは、根本的な解決にはならないでしょう。

しかしながら、社会不安障害(あがり症)という病気であるのなら、一定期間、薬を服用していれば、これまでとは違う人生だって歩める可能性は十分にあります。
そのことに、ちゃんと気づいている必要性があります。

社会不安障害(あがり症)とは、誰でもなるとまでは言いませんが、それでも、凄く珍しい病気であるとは言えません。

社会不安障害(あがり症)に関する米国の調査

アメリカでは、社会不安障害(あがり症)に関する、ある調査が行われることになりました。
そこでは、社会不安障害(あがり症)の有病率とは、13.3パーセントというものが示されています。
生涯に、13.3パーセントの方が、社会不安障害(あがり症)を患うということになるのです。

もしも100人の人がいたら、13人は、社会不安障害(あがり症)を経験するということです。
以前から、日本では、対人恐怖症というものが一般的に認識されていました。
ですが、社会不安障害(あがり症)ということがわかってくるにつれ、対人恐怖症とは、SADの一種であると理解されるようになったのです。

米国では、諸外国と比較した場合に、社会不安障害(あがり症)の患者数は多いとされています。

同様に、日本でも、社会不安障害(あがり症)の患者数は多いです。

社会不安障害(あがり症)のネット上の調査

社会不安障害(あがり症)の有病率に関する調査では、年齢が若いほど、多く見受けられます。
特に、10代や20代の男女に多いです。
男女比で見た場合には、社会不安障害(あがり症)とは、女性の方がなりやすいと指摘できます。
社会不安障害(あがり症)のきっかけとは、人それぞれな部分もありますが、集団の中に上手く溶け込めなかったという経験が強く影響していることが多いようです。

インターネット上の、あるアンケートでは、約2万人の方の中に、約3500人の方が社会不安障害(あがり症)の疑いがあると指摘されていますので、今や、この病気は全く珍しいものではないと理解できます。

社会不安障害(あがり症)と精神科怖くない

社会不安障害(あがり症)という病気を知って、自分は病気なんだ。。。
性格だと思ったいたのだがと、びっくりしている方もいらっしゃるでしょう。

実際、違和感を持って、クリニックを受診するといった方も、当初は、自分は、社会不安障害(あがり症)という病気であるなんて思っていなかった人ばかりです。
適切な治療をすることによって、何度も困った思いをしてきたけど、最終的には、新人生を歩むことができるようになったとのことです。

1980年代には、社会不安障害(あがり症)とは、はっきりとした病気として認められるようになりました。
これまでは、社会不安障害(あがり症)とは、病気なんではなく、自分の問題、性格によるところが大きいとされてきました。
葛藤をして、時間とともに、ますます、悪循環となる術しか存在しなかったのです。

現代では、社会不安障害(あがり症)とは病気であると認識され治療法が存在するにもかかわらず、まだまだ病気であると知っていないという方も実は多いのです。
したがって、自分では、絶対に解決できない問題と思い込んでいる人は多いので、一人で悩み続けているのです。
時間とともに、鬱病を併発するようになって、人によっては、自殺を試みるようにもなっていることがあります。

多くの人が生活している社会とは、人によっては、適切に適応することがない人もいます。
そういう人には、とても残酷なものであると言えるかもしれません。
しかしながら、社会は、簡単には、社会不安障害(あがり症)の人を救うことはできない状況にあります。

大丈夫だよ!と簡単に助言することはできますけど、それでは、状況や状態そのものを変えることには繋がらないのです。
考え方だけを変えただけでは、辛い経験はしてしまうことになるので、自然と悪化させてしまうことになるのです。
でも、現代では、専門の治療によって改善ができるようになっていますので、このことは、有意義だと言えます。
そもそも、日本人の性格を考えた時には、あがりや恥ずかしがり屋であるといったことは、決して珍しいことではないのです。
そういった人が、どういう人生を歩むのかということには、そういう性格をしっかりと受け入れられているか?ということが深く関わっているのです。

具体的に見れば、人前で、あがってしまう、恥ずかしがり屋さんであるという性格を、良くない、ネガティブに捉えすぎていると、社会的な状況や場面を極力避けようとしてしまいます。
そして、自分の能力を存分に発揮できないことになってしまうので、本来手に入っている出会いやチャンスを逃してしまうという残念な結果にもなりかねないです。

そうしたことに多くの人が陥らないようにするには、社会不安障害(あがり症)の治療とは、大きな意義が存在します。

社会不安障害(あがり症)とは大した病気でない、特別に注目されるような病気ではないですが、医療機関を受診しないというデメリットとは、とても大きいです。
というのも、本来得られるものが得られないなどしたり、別の精神疾患が併発してしまう可能性だってあるからです。

一般的に、社会不安障害(あがり症)の治療をする際には、精神科や心療内科を受診するのがオススメとされています。
しかしながら、これらの場所に、抵抗を持っている人も少なくはないのです。

社会不安障害(あがり症)とは、病気であって、人格とは何ら関係なく、脳内の物質の機能バランスが少し異常をきたしているだけなのです。

心の病には鬱病がありますが、よく、心の風邪なんだと言われることがあります。
このように、社会不安障害(あがり症)に関しても、それくらいの問題なんです。
現代に存在する、安心安全な薬を利用することによって、簡単に改善を期待することができます。

社会不安障害(あがり症)とは?

社会不安障害(あがり症)とは、新しい病気だと言われていますが、実は、対人恐怖症という病気は、それ以前にも存在しました。
多汗症や赤面恐怖症というものがありますが、それらに共通するものは、人前では、特に不安や緊張を感じやすいということです。

対人恐怖症というものに関しては、日本人だけのものです。

日本人だけに対人恐怖症が見られるのか?ということには、その文化というものが深く関わっています。

日本の文化には、周囲を特に気にしてしまうというところがあります。
すると、常に、自分が、他人を傷つけてしまっているのではないか?
怒らせてしまっているのではないか?ということを意識してしまうようになるのです。

世界的に見た場合にも、日本人は、自分よりも、相手をまず気遣うのです。
そして、自分も、成長していくようになるのです。
集団では協調性を重んじて、同じように振る舞わないといけない、周囲の期待には、しっかりと応えなければならないと考えて生活しています。
日本のような恥の文化というものは、欧米には存在しなく、一方、罪の文化というものがあります。
それは、自分自身が不器用であって、周囲から批判されるかもと恐れるというものです。

欧米型の恐怖とは、自分中心で目で見たものですが、日本人の対人恐怖症とは、他人を中心にして自分を見ている時の不安です。
欧米型の恐怖と社会不安障害(あがり症)には、とても深い関係があります。
日本人にも、欧米型の恐怖がないわけではないですから、社会不安障害(あがり症)とは、日本人にも十分に起こり得ます。

社会不安障害(あがり症)と対人恐怖症に関しては、たしかに、似ている部分というものは存在します。

しかし、ほんとに具体的に見ていくと、少しずつ違っているものがあります。
一方で、社会不安障害(あがり症)と対人恐怖症には、共通している部分がないというわけではないです。

社会不安障害(あがり症)とは新しい病気ですが、逆に、森田療法が有効な対人恐怖症に関しては、もっと前から治療がされてきたという事実があります。

 

 

あがり症の治療薬の通販サイト↓

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-,

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.