あがり症 不安障害

社会不安障害(あがり症)と不安|なぜ、あがり症になるのか

投稿日:

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

社会不安障害(あがり症)と不安

社会不安障害(あがり症)に関する不安というものに考えていきたいと思います。
そもそも、不安というものに関しては、誰でも、個人差はあっても感じられるものです。
しかしながら、通常の人の不安というものに関しては、社会不安障害(あがり症)の不安よりは、圧倒的に弱いものになっています。

その不安があっても、経験を重ねれば、問題なくなっていくことも多いです。
しかしながら、社会不安障害(あがり症)に伴っている不安というものは、ましになっていくことはなく、どんどん悪化するようになるので厄介です。
これは、なぜでしょうか?
シンプルに言うと、これは、社会不安障害(あがり症)でない人よりも、ほんとに強い羞恥心や緊張といったものが感じられるからです。

強すぎる緊張感など感じられると、人は、恐怖条件付け反応などが起こります。
自然に、恐怖条件付け反応によって、顔が赤くなってしまったり、手が震えたりという症状が抑えられないようになります。
心臓のドキドキも、通常時では、考えられないようなものになります。

周囲が気付く前に、本人は、これが異常であると感じ、それが、緊張感を更に高めてしまう結果になります。

自分で、こうしたことを、完全にコントロールすることは難しいです、なので、日に日に増していく不安や緊張とは、ほんとに恐怖するものとなるでしょう。
すると、次、同じ状態になれば、また、手など震えてしまうのではないか?そのように思うようになります。

すると、事前に、そのような状態を避けるために、回避行動を自然にとるようになります。
回避行動をとることによって、せっかくの昇進のチャンスを逃してしまう結果になることもあるでしょう。

せっかく練習や勉強を毎日のように頑張ってきたのに、本番になると、過度の緊張によって、自分の本領を発揮できないような、非常にもったいないことにもなります。
これは、人生の質を落としてしまっている、そう言わざるを得ないです。
このような悪循環に関して、一般的に、病気として、自分自身では、認識できていないことも多いです。
病気として認識するのではなく、性格の問題であって、自分を責めてしまうようなことにもなります。
このようなことによって、アルコール依存症やパニック障害、鬱病という病気を引き起こしてしまうことは、全く珍しいことではありません。

なぜ、社会不安障害(あがり症)になるのか?

社会不安障害(あがり症)の方は、そうでない人と比べ、決まった状況に関して、とても強い恐怖感というものを抱いています。
これは、もちろん、とても辛い状況ですが、これは、本人に責任があるといったことは全くないです。

なぜか?それは、社会不安障害(あがり症)という、医学的に認められた精神疾患だからです。
社会不安障害(あがり症)とは、むやみに悲観的に考える必要はなく、薬の服用によって、症状の改善を期待することは十分にできます。
症状が改善されれば、仮に、社会不安障害(あがり症)に関する薬の服用をやめても、明らかな問題は生じないようになることが一般的です。

症状が改善されれば、これまでとは異なり、社会的な能力が十分に発揮できないことは、圧倒的に少なくなります。

繰り返しになりますが、社会不安障害(あがり症)とは、医学的に認められた病気です。
社会不安障害(あがり症)とは病気であるからこそ、そこには、はっきりとした原因というものが存在します。
社会不安障害(あがり症)を治療する目的とは、その原因をなくすことにあると言えます。
社会不安障害(あがり症)を治療するとは、成功体験を増やしていくことにあると言えます。
社会不安障害(あがり症)によって失敗体験を多く経験してきた人も、成功体験を増やして、そのバランスを調整するようにするのです。

社会不安障害(あがり症)の原因に関しては、脳の深い部分に、とても深く関わっていますので、まだ、全て明らかになっているわけではないです。
社会不安障害(あがり症)の発病に関しては、遺伝的な要素が関係していると指摘されています。
具体的には、遺伝情報が同じ一卵性双生児の場合には、二卵性双生児よりも、社会不安障害(あがり症)が確認されることが多いと指摘されています。
社会不安障害(あがり症)を発症させる危険因子としては、遺伝要因が十分に指摘できるのです。
また、人によって、不安や緊張を感じやすい、感じにくい、そういった2パターンの人がいらっしゃいます。

不安を感じやすい人は、社会不安障害(あがり症)を引き起こしやすいと言えます。
不安を感じにくい、感じやすいということに関しては、一定ほど、遺伝してしまうということが、明らかになっています。
脳内物質のセロトニンとは、不安をコントロールする働きを持っています。
セロトニンの働きが十分な人だと、それだけ、不安を感じにくい性格であると言えるでしょう。

あくまで仮説の域ですが、セロトニン運搬に利用されるセロトニントランスポーターの遺伝子が短い人だと、セロトニンを有効活用しにくいデメリットがあるのです。
以前から、世界的に見て、日本人とは、プレッシャーというものに弱い特徴を持っていると言われています。
逆に、ラテン系の人種に関しては、楽天的であって、不安に強い傾向があるようです。
遺伝的要素とは、非常に深く関わっていると考えられるのは、ラテン系の人種に、自殺率が、ほんとに低いことからもわかります。
日本人は不安に弱いので、ラテン系人種よりも、圧倒的に、自殺率が高い統計が示されています。
社会不安障害(あがり症)以外にも、生活習慣病に関しても、遺伝的な要素が深くかかわる病気であると指摘されています。
ただ、遺伝治療に関しては、まだまだ、論理的な問題を抱えていていたりするので、完璧なものだとは言えません。
なぜ、社会不安障害(あがり症)が改善できるようになったのか?というと、それは、新薬の登場・SSRIによって、一定のコントロールができるようになったからだと言えます。
はっきりとしているのは、社会不安障害(あがり症)とは、脳内バランスが深くリンクしているということです。
人間全ては、140億個という細胞が集まって、構成されています。

その他、臓器との違いとは、とても明白なものでして、多くの細胞が、相互作用をしているということです。
これによって、一定の秩序を構成させるようにしています。
もしも、一定の秩序が保たれていない、バラバラだとすれば、脳が十分な存在意義を見出すことは困難です。

脳の全体のバランスを取っているのは、脳内物質だと指摘できます。
具体的に分かりやすく、説明をさせていただきますと、人は、物事に対し、とても集中ができる時と、そうでない時があります。
それは、脳内バランスの若干の変化によって、ほんとに変わってきます。
人が不安を克服し、対処していくことに関しても、脳内物質によって、コントロールされると判明しています。
社会不安障害(あがり症)の人に、とても多く見受けられるのは、あるスピーチなどをしようとした時に、頭が真っ白になる、言葉が何もでないようになるということがあります。
これに関しては、最近、科学的な証明が可能になったと言われています。
簡単に説明すれば、社会不安障害(あがり症)の方だと、特定の緊張状態に置かれることによって、扁桃体が、ほんとに活発になります。
過度に扁桃体が働き、脳内血液が過度に集中してしまうと、脳内で
脳貧血状態に陥ります。
そうなることによって、頭が真っ白になったような感覚になるというわけです。
一般的に、社会不安障害(あがり症)の人だと、不安に対する脳内スイッチというものは、とても入りやすいようになっています。
なぜ、このような状態になるのか?ということは、もちろん、脳内物質の変化によって生じていることには、疑いの余地はないです。

私達の気持ちや精神状態というものは、ちょっとしたことによって、すぐに変わります。
というのも、脳内バランスが若干変わるだけで、変化するのですから。

以前までは、社会不安障害(あがり症)とは、性格の問題と決めつけられていたこともありますが、脳内バランスの異常がダイレクトに影響していることも判明しています。

社会不安障害(あがり症)とSSRI

これまでの歴史の中で、抗うつ薬とは、とても進歩しています。
その中でも、とても評価されているのは、SSRIと呼ばれるものです。
なぜ、評価されているのか?といったら、それは、依存性がないからでしょう。
そして、過度な副作用で、苦しめられるということもないと評判が良いです。
ただ、誤解がないように、お伝えしますと、このSSRIには、全く副作用がないようなことはないのです。

たしかに、SSRIに関しては、安全性は高いでしょう。
しかしながら、SSRIの使用法を誤ってしまうと、様々な問題が生じてしまうので注意が必要です。
社会不安障害(あがり症)の治療を効率よく行っていくようにするには、SSRIの服用とは、欠かせないものだと断言できます。

安全なSSRIについて、いくつかの問題点と、その対処法について、ご紹介をさせていただきます。
まず、SSRIを服用すると、まず、下痢や吐き気といった副作用が生じることが多いです。
しかし、全てのSSRIに、この副作用が見られるというわけではないです。
フルボキサミンに関しては、全体の10パーセント程度しか、この副作用は確認されないというものです。
他にも、倦怠感、口の渇き、このような副作用が見られることはありますが、これらも、最大でも10パーセント程度の発生率です。
ただ、SSRIに関しては、突然、服用を中断するようなことは、すべきではないです。
この時に、中止後現象と呼ばれるものが、確認されるのです。
中止後現象には、吐き気、めまいといったものが、具体的には確認されます。
皮膚に違和感が、感じられるようになることもあります。

なので、SSRIを服用するときには、その服用の中断には、注意を払う必要があります。
患者さんの自己満足で、SSRIの服用を中断して良いわけではないです。

基本的に、SSRIの服用に関しては、ゆっくりと服用量を飲み始めは増やすようにします。
そして、服用が不要であると感じられるようになっても、徐々に服用量を減らすようにしなければならないです。
もう1つの問題点というものがあります。
それは、SSRIの服用に関して、鬱病において服用すれば、自殺率が増えてしまう結果が示されているということです。

しかしながら、これは、SSRIを服用したから、このような結果になっているとも断言できない部分もあります。
社会不安障害(あがり症)や鬱病に関しては、SSRIとは、とても優れた効果が期待できます。

鬱に関しては、治りかけ、もうすこしで治りそう、そんなときに注意が必要とされています。
病気がよくなってきたように感じられるときに気を抜いてしまうと、何かが引き金になって、顕著な落ち込みが確認されるようになったりするからです。
なので、自殺率が増えるというのは、SSRIの問題によってではなく、病気そのものの問題と指摘できるでしょう。

SSRIに関しては、18歳から24歳といった若い方の服用には、とても注意が必要になってきます。
SSRIを服用したら、絶対に自殺が誘発されるとまでは言えませんが、やはり、専門医の指示に従って服用するといったことは大切です。

社会不安障害(あがり症)とベンゾジアゼピン系抗不安薬について

ベンゾジアゼピン系抗不安薬については、以前は、パニック障害に、非常によく重宝されていました。
ですが、社会不安障害(あがり症)にも利用可能なベンゾジアゼピン系抗不安薬に関しては、あまりパニック障害には利用されないようになりました。
主な理由は、やはり、依存性の問題点によるものでしょう。
現在では、SSRIが利用されていることが多いです。

社会不安障害(あがり症)を治療する場合には、ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは、不安場面の1から2時間前に服用するようにします。
すると、落ち着きを得られるようになります。
初めて、社会不安障害(あがり症)の方々服用された患者さんは、この効果に、とても、びっくりされるのです。

どれだけの頻度で不安や緊張などを感じてしまうのか?そのことに、明確な目安というものはないです。
というのも、そこには、もちろん、個人差というものがあるからです。

ただ、週に一度、月に数度という方は多いかもしれません。
この程度で、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を頓服するというのであれば、依存性が著しく問題が生じるということはないです。
しかしながら、一方で、ベンゾジアゼピン系抗不安薬の副作用に関しては、継続的な服用によって、徐々に慣れていくようになるものです。
なので、時々、必要なときだけ、ベンゾジアゼピン系抗不安薬を服用するというのであれば、注意を払う必要性があります。
社会不安障害(あがり症)にも利用できるベンゾジアゼピンとは、睡眠薬としても利用されることがあります。
筋肉を緩める効果もあるので、ふらつきといった副作用につながることがあります。
もしも、どのような利用目的であっても、ベンゾジアゼピンを頓服するというのなら、自動車や自転車の運転は控えなければならないと言えます。

そして、ベンゾジアゼピンとは、アルコールとの併用が望ましくないです。
なぜなら、ベンゾジアゼピン系抗不安薬と同じように、アルコールにも、同様の抗不安薬のような効果が備わっているからです。
なので、一緒に利用すれば、副作用が増強されてしまうリスクが高まってしまうのです。

リスクの高いコンディションとなってしまい、中枢神経がスムーズに機能しないようになるなどの弊害が確認されます。
ベンゾジアゼピン系抗不安薬には、併用が禁忌な医薬品もあります。
それは、シメチジンと呼ばれるもので、胃・十二指腸潰瘍の治療にメインで利用されます。
ベンゾジアゼピンには、基本効果として、排泄や代謝を阻害して、血中濃度を高めるという作用があるからです。
なので、この2つの併用は避けるようにされた方が無難なのです。

そして、風邪薬とベンゾジアゼピンとの併用にも、注意を払った方が良いです。
というのも、風邪薬にも、眠気の作用が確認されることは多いからです。
眠気の作用が過度に確認されるようになってしまうかもしれません。

重要であるのは、ベンゾジアゼピンとは、医師としっかりと連携して利用することです。
ベンゾジアゼピンとは、具体的に、どのように頓服するのか?など、しっかり正しい理解を持つようにしましょう。

社会不安障害(あがり症)と生活の工夫

社会不安障害(あがり症)の治療においては、そのなんらかの支障が生じている状況を、切り抜けることが大切になってきます。
例えば、重要な会議などの前には、ベンゾジアゼピン系抗不安薬や、ベーターブロッカーの頓服することによって、落ち着きを保つことができるようになります。

そうすると、成功体験を積み重ねによって、今までの悪循環というものは、とても効率よく断ち切ることができます。
うまくいった!
これからは、大丈夫だろう!
という好循環に変えられるようになり、緊張や不安を徐々に緩和させることができるようになります。

このような時に、そんなに過度に緊張する必要はない、もっと、自信を持った方が良い。
みたいな考えを持つように心がけたとしても、あまり意味はないです。
というのも、そう考えていても、実際に、その場面に立てば、心臓がドキドキということになってしまうのです。
大量の発汗が確認されまして、身体が真っ赤になってしまったりします。
そうしたことを意識してしまって、自分は、やっぱりダメな人間、と思ってしまうからです。
同じことの繰り返しになってしまうのです。

一番重要であるのは、気持ちで納得するというのではなく、身体的な反応を頓服薬を服用することによって、食い止めるということです。

社会不安障害(あがり症)と睡眠について

一般的に、社会不安障害(あがり症)の傾向がある人とは、セロトニンの働きが、そうでない人よりも悪いです。
なので、昼間であっても、十分な覚醒ができないというデメリットが見られるのです。
そして、夜間になっても、眠る体制をなかなかスムーズに整えられないので、とても悪循環です。
したがって、寝つきが悪くなったり、夜間に、何度も、目がさめるようになってしまいます。
まだ朝早いのに、目が覚めてしまうデメリットに悩まされることもあるのです。
睡眠障害にも、簡単に、陥りやすくなってしまいます。
どんな人も、夜間の睡眠中には、身体を休ませ、脳の修復を行なっています。
しかし、睡眠が十分にとれていないと、ノルアドレナリンやアドレナリンといったホルモンが過度に分泌されるようになってしまいます。

ノルアドレナリンやアドレナリンとは、戦闘ホルモンと呼ばれることがあります。
日常生活の非常事態に適応するために、分泌されるようになっています。
身体的には、心臓がドキドキしてしまって、血圧が過度にあがってしまったりします。
緊張によって大量の発汗が生じたり、血糖値も上昇するので、デメリットは大きいです。

人前で、重要なスピーチをしようとすると、上記のような症状が確認されてしまいます。
なので、不眠状態で、緊張や不安を伴っているという状態で、重要なスピーチの本番を迎えることは、最悪であると言えます。

現代では、睡眠に関しては、あまり十分な量や質というものが、確保できていない人が多いです。
親が共働きであって、親が深夜まで起床していることの影響を受けていることもあるのです。
睡眠不足の子供は、とても増えていると指摘されていまして、夜10時以降に眠る子供の割合とは、実に5割を超えるとも言われています。

早く寝て、早く起きるということは、脳内物質のバランスの正常化には、とても重要であると言われています。
多くのプロフェッショナルが、睡眠の重要性を強く強調しています。
社会不安障害(あがり症)の傾向がある人には、緊張するであろう場面の前日には、いつもより早めに就寝して、十分な睡眠を取ることが理想的です。

・でも、実際は眠れないことが多い

早めに就寝をしようとしても、社会不安障害(あがり症)の人は、睡眠障害の悩みに苦しめられている人は、ほんとに多いです。
基本的に、人の睡眠が悪いことによっては、まず、セロトニンが減少してしまうことになります。
すると、憂鬱感や不安感というものが増してしまいます。
そして、また、十分な睡眠が確保できないという悪循環にはまってしまうのです。

睡眠というものは、社会不安障害(あがり症)に関して、とても深く関わっていまして、まず、セロトニン分泌をしっかりと増やすように努力しなければならないです。

すると、緊張や不安を取り除くことができまして、質の高い睡眠も無理なく自然に、取れるようになるのです。

社会不安障害(あがり症)の質問

1.

社会不安障害(あがり症)で、以前から、とても苦しんでいます。
これは、誰でも改善できますか?

回答・・・

社会不安障害(あがり症)とは、人によって、様々な程度というものがありまして、重い人や軽い人という人がいらっしゃるのです。
治りやすかったり、治りやすい場合だってあります。
社会不安障害(あがり症)には、非全般型と呼ばれるものがありまして、決まったスピーチの時だけ、緊張してしまったり、字を書こうとすると、震えの症状が見られるというものです。
こちらに関しては、社会不安障害(あがり症)のなかでは、比較的改善しやすいと指摘されています。

逆に治りにくい社会不安障害(あがり症)とは、全般型のものでして、治療期間が非全般型よりも長引きまして、特定の決まった状況以外でも、緊張や不安といったものを感じてしまいます。
社会不安障害(あがり症)の全般型だからといっても、その治療に関して、あまり悲観的になることもないです。
というのも、最新の医薬品を利用することによって、随分と楽に過ごせるようになった報告は、ほんとに多く確認されるようになっているからです。
数年とかかることもありますが、完治できる人だって、実際に確認されています。

社会不安障害(あがり症)とは、慢性的な病気であると指摘できまして、その治療期間に関しては、個人差というものがあります。

もしも、現在、何か日常生活で違和感を感じられているというのであれば、早期発見と早期治療を心がけるようにされた方が良いのは間違いないです。

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.