あがり症 不安障害

社会不安障害(あがり症)は病気?チェック方法・原因と治療薬

投稿日:

社会不安障害(あがり症)は病気

具体的に、社会不安障害(あがり症)が病気であると示されたのは、1980年代のことでした。
日に日に研究が進んでいきまして、社会不安障害(あがり症)とは、そこまで珍しい病気でないことも判明しました。

社会不安障害(あがり症)の主な症状とは、人の目を過度に意識して、身体が過剰に反応してしまうというものです。
これによって、本来得られるはずのチャンスを逃してしまうことだってあるので、デメリットは大きいのです。
なぜ、社会不安障害(あがり症)になってしまうのか?といったら、もちろん、遺伝的な要因というものも、深く関わっています。
ですが、実際は、それだけではないのです。
社会不安障害(あがり症)の状態にあるという方は、脳内物質のバランスが通常よりも崩れている状態にあります。

多くの人は、社会不安障害(あがり症)の治療をしっかりと受けられるようになっているのは、SSRIといった医薬品が新登場したからと言えます。

社会不安障害(あがり症)のパターン

社会不安障害(あがり症)のパターンとして、特定の状況のみ、比較的強い緊張や不安を感じてしまうものと、一方で、注目される場面では、状況を問わず緊張や不安を感じてしまうという2パターンのものがあります。

前者を、非全般型と呼ぶのに対し、後者を、全般型と呼びます。
全般型の方が、重症であると指摘されることが多いです。

全般型には、ある特徴があります。
それは、全般型とは、比較的、若い頃に発症しやすいことが挙げられます。
家族の中で、発症しやすいということも、特徴の一つです。

そして、このタイプの社会不安障害(あがり症)に関しては、薬物依存や鬱病との併発も多いのが特徴的です。
全般型も非全般型も、社会不安障害(あがり症)であることに変わりはないです。
ですが、その原因には、少し違いがあります。

社会不安障害(あがり症)の非全般型に関しては、インデラル や抗不安薬の服用によって、十分に対処をすることはできます。
というのも、一時的に、人前で字がかけないとか、会社での電話対応ができないとか、会社でのプレゼンがダメとか、特定の場面のみだからです。

上記の薬を適切に服用すれば、その場を効率よく切り抜けられることがありますので、成功体験が得られることも多いです。
そうした成功体験を繰り返すことによって、自信をつけることができます。
すると、徐々に、社会不安障害(あがり症)に関する不安や緊張といったものを断ち切ることが自然にできるようになります。
社会不安障害(あがり症)の全般型に関しては、非全般型よりも、症状が強い傾向にあるので、全般型は、長引いてしまう可能性も十分にあります。

社会不安障害(あがり症)の発症年齢

社会不安障害(あがり症)に関しては、本人自身も、病気だと、全く気づいていないこともあります。
それは、性格だから、仕方ないことなんだ!と、勝手に思い込むようになっているのです。

なぜなら、やはり、社会不安障害(あがり症)に対する知識が、あまりないことも深く関わっているでしょう。
また、社会不安障害(あがり症)とは、気づかないうちに、そうなっていることも珍しくないのです。

基本的に、社会不安障害(あがり症)の発症年齢に関しては低いことが多いと言われています。
まれに、成人後に、発症が見られることがあります。

具体的に見れば、社会不安障害(あがり症)とは、思春期に発症することが多いということになります。
11歳から15歳の間に、発病してしまうのです。
しかしながら、実際には発症しているにもかかわらず、自分が社会不安障害(あがり症)であることは、自覚はしていないです。

なぜ?と思われるかもしれませんが、社会不安障害(あがり症)を思春期に発症した人は、中学生になる以前は、とても明るい性格で、ハキハキと発表などもしていたのに、急に、緊張するようになるとのこと。

基本的に、思春期に発症してしまった社会不安障害(あがり症)とは、長い年月をかけて、徐々に進行していくようになるのです。
ですが、社会不安障害(あがり症)だという、はっきりとした自覚はないので、自己判断による状況判断によって対処をするようになります。

過度の緊張によって、困った状況にならないように、事前に、そのような状況を避けるようになります。

けれど、そうした回避、避けるという社会不安障害(あがり症)に関する対処法とは、年齢を重ね、成人するようになってからは、有効でなくなることになります。

会社で会議があるといったときに、発言するのが嫌だから、緊張するからといって、避けるわけにはいかないですからね。
人前で声が震えるようなことがあっても、会社の利益や協調性を重視して、しなければならないです。

女性と男性、どちらにも共通しますが、社会に出れば、社会不安障害(あがり症)を患っていても、しなければならないことが出てきます。
そうしたことに葛藤を感じ、医療機関を初めて受診するようになります。

苦痛な思いを何回も繰り返しているうちに、次第に、鬱病になってしまうことも珍しくないです。
実際、社会不安障害(あがり症)とアルコール依存症やパニック障害を併発してしまっていることは珍しくないです。

社会不安障害(あがり症)の患者さんに対して、あるインターネットにおける調査を行なったところ、以下のような結果が得られました。
それは、社会不安障害(あがり症)と鬱病の合併率は、非常に高いとのことです。
実に、全体の55パーセント以上もの人が、鬱病を併発してしまっているとのことです。
他の調査でも、社会不安障害(あがり症)の患者さんの三分の一の方は、鬱病との併発が確認されています。
この鬱病と社会不安障害(あがり症)、2つの併発には、とても注意しなければならない問題があります。
というのも、この2つが併発してしまうことによって、自殺問題が生じてしまうことがあるからです。

パニック障害や鬱病とは、社会不安障害(あがり症)と異なり、自覚症状が強いですし、周囲にも違和感があることが多いですから、早期受診も多いのが特徴的です。

鬱病やパニック障害を理由に、医療機関を受診しても、社会不安障害(あがり症)を発見できない医師もいるのが実情です。
確実に治す必要があるのは、社会不安障害(あがり症)なんです。
なぜなら、社会不安障害(あがり症)に関する日常生活のデメリットが大きいからという理由で、アルコール依存症やパニック障害といった症状まで引き起こしてしまっているのです。
社会不安障害(あがり症)に関する知識が深い医師に幸運にも巡り会えると、社会不安障害(あがり症)って病気があります、必ず治すことができる!と、安心できる言葉を投げかけてもらえることがあります。

もちろん、医師は科学者とかではないですから、基本的に、必ずとかいう言葉は使いません、ですが、そうした言葉を、社会不安障害(あがり症)である方にあえて伝えるようにすれば、心理的に安心してもらえるメリットが期待できることもあります。

鬱病を患っている人が、医療機関を受診した時には、もしかしたら、社会不安障害(あがり症)も患っているのでは?と注意を払ってもらうことは大切です。
そうすれば、早期発見で、早めの治療も期待できるからです。
まずは、些細な症状も見逃さないで、半信半疑でも構わないので、医療機関を気軽に受診するといったことは、ほんとに大切です。

社会不安障害(あがり症)の治療レポート

私は、長いこと、鬱病やパニック障害というものに悩んできました。
ですが、こうしたハンデキャップを抱えながらも、仕事や子育てというものを、なんとか頑張ってきました。
全てがパニック障害や鬱病が原因だとは思いませんが、不安や動悸といった症状が強く見られることは珍しくなかったです。
努力の甲斐あって、40代になってからは、管理職につけました。
重要な会議に出席もするようになりましたが、発言中に、悪寒や動悸が顕著に見られるようになっていました。
最初は、これはパニック障害の発作だと捉えていましたが、この症状は、とても広範囲に見られるようになりました。
かかりつけの医師に診察してもらうだけでも、目立った症状が見られるようになったのです。
立っていても座っていても、手が震えるなどの症状が見られるので、仕事は、もう無理かなと思えるくらいでした。
これまでは、人前で話すことには、そう大きな抵抗を持つことはなかったです。
しかしながら、仕事場で、なんらかの意見を述べるようになる状況となると、常に発作が起きるように急になってしまったのです。
何というのは甘え?かもしれないと思って、頑張って、乗り越えようとしたこともあります。
しかしながら、こうした努力は、結論からいうと無意味でした。
ですが、ある日、社会不安障害(あがり症)という病気があることを知りました。
そうして、直ぐに、そのことを医療機関へ相談してみるようにしました。
まずは先生の話を聞いて、社会不安障害(あがり症)に関する薬を処方してもらい、服用をさせてもらうことになりました。
すると、信じられないかもしれませんが、社会不安障害(あがり症)の症状は、かなり軽くなっていくようになりました。
以前より、ほんとにリラックスして、過ごせるようになるメリットがありました。
まだ、完全に治っているというわけではありませんが、社会不安障害(あがり症)に関する薬を服用するようになってから、ただ気持ちの持ちようだけでは、どうしようもないことがあるんだということがはっきりしました。
社会不安障害(あがり症)で悩んでいる人は、ただ悩んでいるというだけでは解決は難しいです。
そうではなく、ちゃんと、医師から処方された薬の力も借りるようにしましょう。
すると、徐々に自信をつけることができるようになるのです。

社会不安障害(あがり症)の診断基準について

日本における社会不安障害(あがり症)の診断基準については、まず、1つ目、アメリカの分類法採用されています。
そして、WHOによって作成された、ICD-10という分類法も、社会不安障害(あがり症)に関連して採用されています。

DSM-IVとは、精神障害の診断と統計マニュアルの略。
ICD-10とは、疾病及び、関連保険問題の国際統計分類の略称とされています。

この分類には、次の3つのポイントが満たされると、社会不安障害(あがり症)である可能性が大きく高まると指摘されています。

まずは、人前で、不安を感じるというものです。

まず、不安とは言え、一概には言えないです。
社会不安障害(あがり症)の方の不安の場合ですと、人前に出ることで、とても強い不安が感じられることが大半です。
面と向かって喋れていても、電話だと、不自然になってしまうようなこともあると指摘されています。

もしも、人前に出ないにもかかわらず、たった1人でいても、不安になってしまうというのなら、社会不安障害(あがり症)ではなく、別の病気の可能性だってあります。

そして、特定の状況におかれてしまうと、絶対に身体症状が見られるということも、社会不安障害(あがり症)の可能性を大きく疑うべきポイントです。

自分が、緊張を感じる場面におかれるようになってしまうと、心臓がドキドキとしたり、手が自然に震えたりするようになります。

その他、大量に汗をかいてしまったり、息苦しさを感じてしまったりということにもなります。
これらに共通するのは、交感神経系の身体症状であるということです。

社会不安障害(あがり症)によって、これらの身体症状が見られる可能性は、ほんとに高いです。
しかしながら、ほかの疾患によって引き起こされている可能性もゼロではないので、その点には注意が必要です。
また、最後に、社会不安障害(あがり症)を患っているために、回避行動をとっているか?ということも、重大な診断基準となります。
特定の状況におかれてしまったら、絶対に、息苦しさというものを症状を出してしまうので、状況自体を避けようとしてしまいます。
以前までは、その避けようとする行動のみを、社会不安障害(あがり症)の診断基準にしていました。

しかし、現代では、緊張を伴う、会社のプレゼンなどに出席することを、耐えられない苦痛と捉えているだけでも、十分に診断基準となりうるようになっています。

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.