あがり症 不安障害

社会不安障害(あがり症)と診療科|薬物療法のデメリット

投稿日:

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

社会不安障害(あがり症)の基準について

多くの社会不安障害(あがり症)に関しては、10代に発症するとされています。
しかしながら、初期の段階では、自分が病気であるとは認識しておらず、自分の性格の問題と捉えていることが、ほとんどなのです。

もしも社会不安障害(あがり症)を発症してしまうと、緊張する場面を意識的に、避けるようにしてしまいます。
明確な自覚はないのですが、慢性的に、徐々にではありますが、社会不安障害(あがり症)が悪化してしまうようになります。

この社会不安障害(あがり症)とは、放置し続けるということには、とても大きなデメリットがありまして、そのうち、パニック障害や鬱病を併発させるようになってしまう可能性は高いです。

自分が社会不安障害(あがり症)であるのか?そして、具体的に、どうやって治療していくのか?については、専門医としっかりと相談して決めるべき問題です。
もしも、社会不安障害(あがり症)が疑わしい?と感じられるというのであれば、気軽に受診するようにしてみましょう。
受診をするか、しないかの基準とは、やはり、そのことによって、日常生活で、ほんとに困っているのか?ということが重要です。

また、社会不安障害(あがり症)であるために、人生のあらゆる重要な場面で、悪影響が出ていないか、チャンスを避けていないか?ということも大切です。

もしも、何らかの悪影響が生じているように感じられるのか?というのであれば、具体的な治療の意味というものはあると指摘できます。

社会不安障害(あがり症)と診療科について

社会不安障害(あがり症)の可能性がある、違和感があるが、どの診療科を受診したら良いのか?迷っているという人は少なくないはずです。

一般的には、心療内科でも、精神科でも、どちらでも構わないとされています。
しかしながら、一点、注意すべきポイントがあります。
それは、社会不安障害(あがり症)とは、比較的新しい病気であるので、専門的に取り扱っている医療機関を受診する必要があると言うことです。
もしも、そのような情報を持ち合わせていない、なかなか発見できないといった場合には、社会不安障害(あがり症)の総合情報サイトを訪問してみるようにしましょう。

そこでは、社会不安障害(あがり症)の診断や治療を行っている、とても頼れる医療機関が、具体的に紹介されています。

社会不安障害(あがり症)と未成年者

最近は、社会不安障害(あがり症)の患者さんで、未成年であるという方も、非常によく見受けられます。
そのような時には、しっかりと保護者に相談した上で、医療機関を受診されるようにすべきです。

未成年者さんの場合には、保護者の方も、とても心配しておられることが多いですから、同伴して、医療機関を受信してみるのも良いでしょう。
基本的に、社会不安障害(あがり症)の治療の柱とは、薬物療法ということになりますから、保護者さんとも相談されて、そのデメリットとメリットを理解することが重要です。

社会不安障害(あがり症)と薬物療法

一般的に、社会不安障害(あがり症)を治療していくという時には、SSRIをメインで利用することになります。
SSRIとは、セロトニンという脳内物質を有効活用することになりまして、いつから利用されるようになったのか?といったら、1999年の終わり頃と指摘されています。

なぜ、SSRIがよく利用されるようになったのか?といったら、それは、非常に副作用が少ないからです。
また、このSSRIには、依存性が少ないということも選択されている理由でしょう。

社会不安障害(あがり症)の薬物療法においては、SSRIが基準薬となっています。
頓服用に関しては、ベーターブロッカーやベンゾジアゼピン系抗不安薬といったものが処方されています。

社会不安障害(あがり症)にSSRIを利用しないで、頓服薬のみで、改善するということだってあります。

SSRIとは、副作用は存在しますが、いずれも軽度の症状でして、吐き気などが起こることはあります。

SSRIとは、医師の指示に従って服用するということが、とても重要であって、もしも、急にたくさんの量を服用したりすれば、めまいや、ふらつきといった症状に悩まされるリスクがあります。

また、ベンゾジアゼピン系抗不安薬には、僅かな副作用があったり、依存性も存在します。
しかしながら、専門医の指示に従って服用していれば、大問題にはならないことが多いです。

社会不安障害(あがり症)と依存症について

社会不安障害(あがり症)の目標としては、脳内における、あらゆるストレス反応を緩和することができます。
治療に向かうことを、しっかりと目指すことができます。

もちろん、社会不安障害(あがり症)の治療当初に関しては、薬に頼る部分は大きいです。
次第に、これによって、成功体験を積み重ねることができます。
徐々にですが、自信を身につけられるようになります。
自信を確固なものにして、成功体験を重ねながら、最終的には、薬の服用を卒業することだってできます。

社会不安障害(あがり症)が、再発してしまう可能性というものはありますが、SSRIの服用によって、性格を曲げるようなことが治療目的ではないのです。

社会不安障害(あがり症)の治療期間について

もちろん、社会不安障害(あがり症)の程度というものには、個人差というものがあります。
もちろん、重度のものだってありますので、薬を卒業するまで、長引いてしまうことだってあります。

若い人で、軽度の社会不安障害(あがり症)である場合には、1ヶ月ほどで、症状が改善されるようになると言われています。
数ヶ月で、完治することだってあるくらいです。

症状が重度の場合には、数年かかるといったことだってあります、この場合には、鬱病を併発していることが多いのです。
この場合には、一度、薬の服用を卒業したとしても、再発の可能性はつきまとうようになります。
なので、その経過をしっかりと見守るようにしなければならないです。

もしも再発してしまった場合には、薬の処方を受けなければならないので、早い段階で受診するようにしなければならないです。

社会不安障害(あがり症)の治療費について

2005年から、社会不安障害(あがり症)への適応が認められまして、デプロメール、ルボックスが利用されるようになりました。

保険適応がされるのは、動悸や不安症状への対症療法といった場合です。

なので、社会不安障害(あがり症)とは、保険での治療をすることが可能です。
将来的には、社会不安障害(あがり症)に対して、パキシルが適応されるとされています。
受診されるクリニックによっては、自費診療になってしまうので、よくチェックするようにしましょう。

社交不安障害(あがり症)と性格について

ある意見には、社交不安障害(あがり症)とは、単なる内気な性格の問題と指摘されていることがあります。
しかしながら、それは、正しいというわけではないです。
もちろん、社交不安とは、誰にだって生じる可能性とはありますし、これは、自然な現象と言えます。
例えば、とても多くの人の前で話すことになれば、ほとんどの人が緊張してしまうことになるでしょう。

もしも内気な性格の人なら、恐怖や不安といったものを感じるでしょう。
正常な反応と指摘できます。

これと違い、社交不安障害(あがり症)の人であるという場合には、顔をよく合わしている数人の前であっても、過度な緊張状態になってしまうのです。
こちらに関しては、正常な範囲の不安というものではありません。
時には、こうした場面、状況を避けるために、非常識な場面に打って出てしまうことがあります。
具体的な例を紹介すれば、職場の会議を避けるために、思い切って、退職してしまうことだってあるのです。
社交不安障害(あがり症)による不安や緊張とは、とてもデメリットが大きく、日常生活にも支障が見られるようにもなってしまいます。
しかしながら、社交不安障害(あがり症)と内気な性格というものには、共通点がないというわけではないです。

1つ目は、人との関わりを避けるようにしてしまいます。
また、2つ目として、社交不安障害(あがり症)や内気な性格の人は、赤面などの症状が勘づかれるのではないか?といった誤った考えを持つようになってしまっています。

内気、社交不安障害(あがり症)、回避性パーソナリティ障害、この3つに関しては、社交不安スペクトラだと指摘することができます。

内気、社交不安障害(あがり症)、回避性パーソナリティ障害、この3つを、簡潔に説明させていただきます。

内気・・・・

内気とは、おとなしくって、口数が少ないというものです。
人見知りをするようになってしまったり、生理的な部分で、問題があるのです。
内気な性格であるだけであるなら、多少、苦手な状況であっても、ある程度の対処はすることはできます。

生活への支障とは、最小限であると言えるでしょう。

社交不安障害(あがり症)・・・

社交不安障害(あがり症)とは、単なる性格の問題であるとは、済ませられない部分があります。
人前での行動を極端に恐れてしまって、生活にまで、支障をきたししまうようになります。

回避性パーソナリティ障害・・・

この社交不安障害(あがり症)というものは、生活への支障が、より大きいのです。
人との付き合いを、自分から遮断してしまうようになり、物理的に、心理的に引きこもってしまうようになります。

社交不安障害(あがり症)のパターンについて

社交不安障害(あがり症)とは、主に、2つのパターンというものがあります。
1つ目は、社交不安障害(あがり症)の全般性というものです。

恐怖や不安が、家族を除いて、ほぼ全ての状況で、確認されるようになってしまいます。

2つ目は、恐怖や不安とは、全般性と比較して、とても限定的であると指摘できます。
限られた状況のみなので、限局性の社交不安障害(あがり症)であると言われます。

全般性の社交不安障害(あがり症)である場合には、とても人生に対するデメリットだって大きくて、ちょっと目上の人と話したり、少人数のグループで話すことも恐怖や不安の対象です。

限局性の社交不安障害(あがり症)の場合には、特定の決まった場面のみで、恐怖や不安を感じます。

なので、なんとかして、通常の生活ができていることも、珍しくはないです。

2つのタイプが、社交不安障害(あがり症)には存在しますが、これといって、その境界が、はっきりと示されていないこともあって、どちらの特徴も持っている人もいます。

限局性の人に関しても、その多くの人が、大勢の人の前だと、話すことが苦手という全般性の特徴が確認されることもあるのです。

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.