あがり症 不安障害

社交不安障害(あがり症)と遺伝・対人不安・赤面恐怖・視線恐怖

投稿日:

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

社交不安障害(あがり症)と対人不安について

様々な症状の根底には、対人不安というものが存在します。
もしも、対人不安が存在すると、生理現象への恐怖が起こってしまったりします。
また、赤面恐怖が確認されたりします。
対人不安に関しては、人の視線が怖いという、視線恐怖との関わりもあります。
自臭恐怖に関しては、社交不安障害(あがり症)と深い関わりがありまして、もう1つの醜形恐怖も、根底には、対人不安があると指摘されています。
もしも、これまでのような症状が確認されると、本人が辛いのは当然のことでして、社会的な評価を下げてしまうようなことにもなってしまうのです。

社交不安障害(あがり症)と生活への影響について

一般的に社会生活を営むということに関しては、人と関わりを持つことが、基本となっています。
もしも、人に社交不安障害(あがり症)が見られるようになってしまうと、あらゆる状況で、人との関わりを避けるようになってしまったりします。
また、苦手な状況を避けるようになってしまったりします。
なので、非常に行動範囲を、自ら狭くするようにしてしまったりします。

社交不安障害(あがり症)であると、苦手なことを、自分の意思で避けようとしてしまうので、思いもよらない決断をしてしまったりします。

例えば、会議に出たくない、電話に出たくない、そんな理由だけで、退職してしまったりするのです。
町内会長を引き受けるのが嫌だからといって、引っ越ししてしまうことだって、実際にあります。
なので、社交不安障害(あがり症)とは、社会生活への影響とは、決して小さいとは言えないのです。

それでも、限局性の社交不安障害(あがり症)であるというのであれば、その場をうまく対処することによって、通常の生活ができることもあります。
しかし、一方の全般性社交不安障害(あがり症)であるという場合には、全てが恐怖や不安の対象になってしまうので、社会に出ることが、とても困難になってしまいます。
それ故に、引きこもってしまうことも、珍しくないです。

本人自身は、このようなことを、決して好ましいとは思っておらず、本当は人にと関わりたいのに、それを避けてしまっている自分を情けないと感じる葛藤が生じるのです。

社交不安障害(あがり症)の原因について

社交不安障害(あがり症)の原因には、複数のものが関与していると考えられています。
1つの原因としては、脳には、恐怖や不安を感じる部分があるのですが、そこが過剰に敏感になってしまっているのです。

人を含める動物とは、強い恐怖感を感じた時には、すくんで、その場から動けないようになってしまいます。
脳の扁桃体とは、このようなシンプルな恐怖反応と、深い、関わりを持っています。
もう少し複雑な恐怖感に関しては、海馬が関わってくるようになります。
海馬とは、記憶に関係している部分です。
海馬で記憶してしまっている状況に再び遭遇してしまうことによって、過剰な恐怖反応の、大量の発汗や、赤面、動悸といったものを生じさせてしまうのです。

社交不安障害(あがり症)の人は、眼窩前頭皮質の働きが低下しているとかれています。
もしも、眼窩前頭皮質の働きが低下してしまっていると、不安や恐怖感が高まりやすくなってしまっているのです。
そして、脳にはセロトニンという神経伝達物質が存在しまして、これが、不安をコントロールしていますわ、

したがって、社交不安障害(あがり症)になってしまったのは、自分の性格のせいであると思い込んでいても、実際は、脳の機能が関係していると指摘できるのです。

社交不安障害(あがり症)と遺伝について

具体的に、どういった遺伝子が、社交不安障害(あがり症)に関わっているのか?ということは、明らかにされていないです。
しかしながら、統計的な割合からいって、親や兄弟に、社交不安障害(あがり症)の人がいますと、そうでない場合と比較して、発症率が最大で3倍にまでなると言われているのです。
具体的なことは明らかになっていないものの、社交不安障害(あがり症)と遺伝には、なんらかの関わりがあることが考えられます。

遺伝することによって、不安気質というものが受け継がれるようになってしまいます。
緊張して初めて経験する状況を避ける、引き下がってしまう人は、社交不安障害(あがり症)になりやすいと考えることができます。
逆に、消極的ではなく、積極的になるようなひとは、社交不安障害(あがり症)になりにくいのです。
こうした気質も、受け継がれているのです。

もちろん、遺伝ということだけではなく、環境ということも、関係していると考えられています。
もちろん、両親、どちらかが引っ込み思案だとしても、子供がなりやすいというのは、全てが遺伝と言えるものではないです。
遺伝ではなく、引っ込み思案な親を見て、子供がそれを見て、そうなってしまっていることもあります。

社交不安障害(あがり症)の発症には、子供の育つ環境ということも、関わってくるのです。
過保護、親に厳しく育てられ過ぎた、いじめを受けた、そういったことです。

早い段階の社交不安障害(あがり症)について

社交不安障害(あがり症)については、個人差があって様々な方がいらっしゃいますが、比較的早い段階で発症することがあるとされています。

具体的には、幼稚園に通っている、この時期から、発症していることがあるのです。
幼少期に、社交不安障害(あがり症)が発症している場合には、もともとの性格というものは、とても深く関わっているのです。
社交不安障害(あがり症)、幼少期に発症する場合には、以前から、人見知りであることが多いです。

人見知りとは、基本的に、幼少期の子供において、とてもよく見られるとされています。
専門的には、このような性格傾向に関しては、行動抑制と言われています。
慣れない状況におかれてしまった時には、人の行動が抑制されてしまうのです。
この行動抑制とは、一般的に、思春期の頃まで、続くとされています。
しかしながら、大人になれば、これは、克服されていることが、ほとんどです。
しかしながら、社交不安障害(あがり症)を発症している人に関しては、その行動抑制を引きずってしまっているのです。

社交不安障害(あがり症)と異常な恐怖について

思春期のこれに関しましては、特に問題があるということはなかった。
だがしかし、それが社会人になってから、社交不安障害(あがり症)を発症してしまうということがあります。

なぜ、社会人になってから、社交不安障害(あがり症)が発症するのか?といったら、それは、人との交流が増えるようになるからです。
学生時代に関しては、自分の顔見知りのみで、なんとか過ごしてきたので、問題がとくに表面化しなかったということがあります。

社交不安障害(あがり症)の要素はあったにもかかわらず、なんとか発症せずに済んでいた、そんなことが指摘できます。

しかしながら、社会に出て、仕事を実際に進めるようになれば、初対面の人や、自分よりも、ずっと地位の高い人と接することも増えるようになります。
重要な会議での発言、こういったことも避けて通れないようになります。

もしも、管理職になれば、人前で話すという機会は、もっと増えるようになってしまうでしょう。
そういった状況下に置かれることによって、SAD 社交不安障害(あがり症)と言われるものが表面化するようになります。
人が普通にしている言動に関し、とても緊張してしまったり、恐怖感さえ感じるようになってしまいます。
そんな自分を責めて、自ら追い込んでしまうことによって、時には、鬱病を発症してしまうケースもあります。

社会不安障害(あがり症)の治療薬の通販サイトは、こちら

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.