あがり症 不安障害

社交不安障害(あがり症)とSSRI・併発がよくある病気

投稿日:

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

社交不安障害(あがり症)と併発がよくある病気

社交不安障害(あがり症)を患っているという場合には、それだけでなく、様々な精神疾患を伴う恐れがあります。

一般的に、社交不安障害(あがり症)と、他の精神疾患が併発している割合は、とても高いとされています。
主に、社交不安障害(あがり症)と併発する可能性がある精神疾患とは、4つです。

まず、その1つ目の精神疾患とは、パニック障害と呼ばれるものです。

パニック障害とは、激しい身体症状が見られまして、発汗や動悸といったものが確認されます。
パニック障害には、予期不安や広場恐怖といったものが伴う可能性が高いです。

そして、社交不安障害(あがり症)には、全般性不安障害が伴うということもあります。
社交不安障害(あがり症)と違って、全般性不安障害に関しては、特に決まった理由があるというわけではないです。
不安が常に存在するコンディションが続いてしまって、毎日の生活にも、重大な支障が見られるようになってしまいます。

社交不安障害(あがり症)となってしまうことによって、鬱病を併発してしまうことがあります。
すると、生活への支障は、無視できないものが生じることがあります。

その理由は、社交不安障害(あがり症)である自分を、必要以上に、ダメな人間だと責めるようになってしまうからです。

社交不安障害(あがり症)とは、回避性パーソナリティ障害を誘発してしまうこともあります。

ちなみに、回避性パーソナリティ障害とは、主に、社会との関わりを拒絶するようになるのです。
それは、社交不安障害(あがり症)である自分をダメな人間だと感じており、他人から批判されたり、拒否されたりすることを怖れてしまうからです。
それゆえに、自分から、様々な場面を意識的に避けるようになってしまうからです。

そして、豆知識として、社交不安障害(あがり症)の人には、喫煙者が多いとされています。
アルコールには、恐怖や不安を和らげる作用があることが明らかになっています。
しかしながら、タバコには、そのような効果はないことが明らかになっています。
でも、社交不安障害(あがり症)である人には、喫煙者が多いという統計が確認されています。

社交不安障害(あがり症)には、薬物療法と心理療法

社交不安障害(あがり症)を治療するという時には、SSRIと呼ばれる医薬品を使う薬物療法がメインとなります。
すぐに、社交不安障害(あがり症)を治療できるというわけではありません。
しかしながら、社交不安障害(あがり症)に対して、その服用を継続することによって、効果が実感できるようになります。

もしも、社交不安障害(あがり症)の症状を抑制できるようになったら、心理療法も組み合わせるようにします。
最大で4年間くらいかけて、気長に社交不安障害(あがり症)の治療とは、行っていくようにします。

SSRIを利用した場合の社交不安障害(あがり症)治療をした場合には、

早い人で、約1ヶ月ほどで、その効果が出るようになります。

そして、個人差はありますが、約3ヶ月ほどのSSRI服用で、やっと効果が実感できた、何かしらの手ごたえを感じるようになります。

そして、SSRIを半年くらい服用すれば、より明白な変化が感じられるようになります。
実生活での変化が感じられるようになりますが、これには、副作用が伴うこともありますので注意が必要です。

約1年ほど経過するまでは、薬の効果が安定した状態を持続させるように努力します。
もしも、SSRIの効果が効きすぎるという場合には、その服用量をしっかりと調整するようにしなければならないです。

最大で、約4年間のSSRI服用を行う場合には、以前とは違って、自信がつくようになります。
それは、具体的には、以前とは違って、人前で、少しなら、話せるようになります。
その他にも、自分にできることが徐々に増えるようになりますので、自信を身につけられるようになるのです。
そして、何年もSSRIの服用を行なっていくことによって、飲み忘れが出てくるようになるかもしれません。
しかしながら、これは、見方によっては、良い兆しと捉えることもできます。

一方で、このSSRIの服用を忘れることによっては、離脱症状が見られることがあるので、この部分には、注意が必要です。

離脱症状に注意するようにするには、専門医の指示に従って、徐々に減薬を行なっていくことが、とても大切でしょう。

もしも、社交不安障害(あがり症)SADに対してSSRIを服用して、その症状が安定するようになってきたというのなら、心理療法をスタートするようにしましょう。
自分に合った心理療法を適切に行うことによって、社交不安障害(あがり症)の方が、不安に強い自分を形成を目指すことができます。

社交不安障害(あがり症)においては、医療機関での治療とは、とても大切ですが、それに加え、自分の普段の生活でも、自分自身でできることというものがあります。

社交不安障害(あがり症)と不自由について

同じ社交不安障害(あがり症)という病気を抱えている人であっても、それによる、不自由さとは様々なものがあります。
たとえば、社交不安障害(あがり症)である人は、ただ電車に乗っているというだけで、人目が気になってしまって、目も開けていることも、困難な方がいらっしゃるのです。

一方では、職場のミーティングに参加して話すというだけで、大量の発汗が見られるということだってあります。
町内会の旅行に、ほんとは参加したいけど、人との関わりが不安であって、積極的に参加できないという方もいらっしゃるのです。
PTAの会議に出るごとに、過度な緊張感が出ないように、お酒を飲んでいるという方もいらっしゃるのです。
多数の方が、現在も苦しめられていまして、様々な不自由さというものが感じられているのです。
しかしながら、これは、もう仕方ない!と簡単に諦めてしまっているというのも多いのです。

たしかに、社交不安障害(あがり症)によって不自由を抱えているものの、特定の状況を避けているというのであれば、なんとか、やりきることもできるでしょう。

色々なことを断念して、自身の不安や緊張を抑えることになるので、かなり、もったいないです。

けれど、幸いなことに、社交不安障害(あがり症)SADとは、ちゃんと、治療することはできます。
社交不安障害(あがり症)とは、適切な治療を受けることによって、行き過ぎた不安や緊張を抑制させることができます。

そうすることができれば、社交不安障害(あがり症)によって不自由さを感じることなく、安心できる日常生活を確保することが可能です。

基本的に、社交不安障害(あがり症)の治療に関しては、手遅れということはないのです。
中高年の男性であっても、若い人と同じように、社交不安障害(あがり症)の治療をすることができます。

たとえば、30年以上、社交不安障害(あがり症)で悩んできた方であっても、それを解消することができます。
焦らないで、しっかりと社交不安障害(あがり症)を治療するようにしましょう。

社交不安障害(あがり症)と精神科や心療内科について

人は、緊張することによって、動悸や大量の発汗といったものが見られるようになります。
そのような身体症状を意識してしまって、社交不安障害(あがり症)であるけど、内科を受診してしまっている人も多いです。
けれど、実際に社交不安障害(あがり症)の治療を専門的に行っているというのは、心療内科や精神科です。

実際に、身体症状が気になってしまっているというのであっても、社交不安障害(あがり症)の不安があるというのなら、精神科や心療内科を気軽に受診するようにしてみましょう。

心療内科や精神科なら、全部が良いというわけではないです。
ちゃんと社交不安障害(あがり症)に詳しい医師がいる、精神科や心療内科を受診するようにしましょう。

具体的に、どの精神科を受診したら良いのか?わからないという場合には、気軽に保健所などで相談をしてみるようにしましょう。

良い医師を見極めるポイントについて、ご紹介をさせていただきます。

悪い医師は、初診であるにもかかわらず、いきなり薬を処方したりします。
そして、診断時間が、極端に短かったりということがあります。
また、具体的な治療計画を示してくれないということも多々あります。

逆に、社交不安障害(あがり症)の治療に際して、良い医師というのは、初診時に、とても時間をかけてくれます、そして、心身両方の症状を診てくれます。
また、具体的な治療の見通しについて、しっかりと話してくれます。

初めて使う医薬品については、しっかりと説明をしてもらえまして、その時のコンディションに応じて、その調整をしてもらえます。

社交不安障害(あがり症)と誤った受診について

実際に、社交不安障害(あがり症)に苦しんでいる人が、医療機関を受診する確率は、とても低いとされています。

これは、その他の精神疾患と比較しても、とても低いと言えます。
どうにかしたい!という感情は持っているものの、実際に受診できていないことが多いのです。

また、社交不安障害(あがり症)なのに、内科を誤って受診していることがあります。
というのも、社交不安障害(あがり症)には、動悸、身体が震える、そういった身体の症状が目立つようになるからです。
しかしながら、内科を受診している場合には、何も身体に異常は確認できないということから、意識しなければ大丈夫、誰にだって、そんなことはあると言われてしまうのです。

そして、社交不安障害(あがり症)だから人前で上手く話せないということから、話し方教室に通うという方もいらっしゃいます。
過度な緊張を感じないように、催眠療法を受けるという方もいらっしゃいます。
けれど、これによって、社交不安障害(あがり症)が改善されるようになるということはないのです。

色々試したが、全く良くならないということから、治療を諦めてしまっている人が多いのです。
本当に社交不安障害(あがり症)の治療をしたいというのであれば、心療内科や精神科をしっかりと受診するようにしましょう。

社交不安障害(あがり症)とSSRI

一般的に、社交不安障害(あがり症)の治療を行うといった場合には、SSRIと呼ばれるものがメインで利用されます。
抗うつ薬としてSSRIは登場しましたが、社交不安障害(あがり症)にも効果があると認められるようになりました。
SSRIには、色々な種類のものがありますけど、社交不安障害(あがり症)に効果があると、実際に認められているというのは、パロキセチンやフルボキサミンです。

SSRIとは、鬱病には、あまり効果がないという声は聞かれますが、社交不安障害(あがり症)に対しては、とても良く聞くと評判が良いです。

社交不安障害(あがり症)とは、継続的な服用が、とても大切になってきます。
抗不安薬のように、SSRIを一度服用しても、飲んで30分で、その効果を実感できるということはないです。

SSRIを継続的に服用することによって、社交不安障害(あがり症)の症状を抑えるといったことが可能です。
社交不安障害(あがり症)の根治治療には、一定の時間は必要になりますけど、とてめた大切なことです。

SSRIとは、エンジンブレーキのようなものです。
社交不安障害(あがり症)だと、常に不安がつきまとってしまいますが、SSRIの継続的な服用によって、徐々に緩和していくことができるようになります。
ほんとに、その効果を感じられるようになるには、約1ヶ月、かかってしまいます。

一方で、抗不安薬とは、フラットブレーキのようなものです。

通常、抗不安薬を適切に服用すれば、約30分で、その効果を実感することができます。
すぐに実感できる効果を求めるために、社交不安障害(あがり症)に抗不安薬だけを使ってしまうという方がいらっしゃいます。
しかしながら、それでは、社交不安障害(あがり症)の根治治療には、つながることはないので注意が必要です。

社交不安障害(あがり症)とSSRI

社交不安障害(あがり症)に対しては、SSRIがよく利用されますが、これには、セロトニンの濃度をあげる効果というものがあります。
社交不安障害(あがり症)とセロトニンに関して、そのかかわりは、はっきりとしていないです。
しかしながら、恐怖や不安を適切にコントロールするようにするには、セロトニンが大切な役割を果たしているということは事実です。

少し専門的になりますが、SSRIの継続的な服用をすることによって、セロトニンの中で、恐怖や不安にかかわる部分の感度を落とせるのです。

すると、以前よりも、恐怖や不安のリアクションを鈍くさせることができます。
もしも、実際に、SSRIの効果が発現するようになってきたら、社交不安障害(あがり症)の患者さんには、まぁいいかといった感情が生まれるようになってきます。
これが、社交不安障害(あがり症)に対して、SSRIが効果があるという証拠になるのです。
実際に、社交不安障害(あがり症)に対して、SSRIを服用しているという人は、鈍感になっていくのです。

これまでは、常に一目ばかり意識してしまっていたというのに、嘘のように気にならないようになるのです。
周囲から、とても細かい!と指摘されていたのに、様々なことが気になってしまって仕方ない!!ということが、ほんとに少なくなります。
まるで、別の人間になったような感覚を感じる方もいらっしゃるでしょう。

実際に、これまで過度な緊張や不安を感じていた状況に遭遇しても、あまり意識しない、そういったことが、自分で確認できるようになります。

そうすると、もう大丈夫か?と感じられるかもしれませんが、社交不安障害(あがり症)に対してのSSRI服用とは、すぐに、その服用を中止したりするようなことはすべきではありません。

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.