あがり症 不安障害

社会不安障害(あがり症)と薬SSRI、認知行動療法

投稿日:

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

社会不安障害(あがり症)と薬の組み合わせについて

社会不安障害(あがり症)を治療しようという場合には、SSRIというものがベースとなります。
各々の患者さんに必要であれば、抗不安薬が利用されるといったこともあります。
社会不安障害(あがり症)に対して、SSRIを利用するといった場合には、根治治療に近い効果を期待することができます。
しかしながら、SSRIには、即効性というものは期待できないのです。

使って直ぐに、SSRIとは、その効果を実感することはできないものの、約2週間かけて、その効果を徐々に実感できるようになります。
他方で、SSRIと違って、抗不安薬とは、飲んですぐに、その効果を実感することができます。
SSRIの服用によって、すぐに緊張と不安感を和らげることができます。

SSRIと抗不安薬とは、その作用の仕方というものが、まるで違います。
なので、SSRIと抗不安薬を上手く組み合わせることが良い場合もあります。
分かりやすい例を挙げると、もしも、細菌感染で発熱しているとします。
とりあえず、熱を下げるためには、解熱剤とは、抗不安薬にあたることになります。
細菌自体を退治するためには、抗生物質が利用されますが、これが、SSRIに該当します。

社会不安障害(あがり症)を患っていて、緊張感や不安感が強いという場合には、SSRIが効果を発揮するまでに時間がかかるということから、抗不安薬を併用することがあるのです。
SSRIという医薬品は、服用を続けていて、急に効果を自覚するものではないです。
というよりも、SSRIとは、ふとした時に、よくなっている!?と感じるような働き方をします。
あれ、以前よりも、人前で、緊張しないようになってる。
前のように、不安感を感じないようになったかな!?というような、感覚を持つようになるのです。

SSRIを服用しても、その変化というものは、劇的なものではありません。
SSRIの服用を継続することによって、自分自身の精神状態を底上げすることができます。
なので、緊張や不安を感じにくいようになります。
もしも、SSRIの服用を継続すれば、安定した効果が得られるようになります。
当初は、抗不安薬を併用していたとしても、その服用をやめられるようになることは多いのです。

SSRIを社会不安障害(あがり症)に対して服用していれば、自信がついてくるようになります。
なので、社会不安障害(あがり症)に対する心理療法を躊躇していた方も、スタートできるようになる人も少なくないのです。

一般的に、社会不安障害(あがり症)の心理療法という場合には、最終目標としては、自分自身で、緊張や不安感といったものをコントロールできるようになることなのです。

もしも、これが成功すれば、SSRIの服用をやめても、自分自身で、社会不安障害(あがり症)を克服できるようになるのです。
もしも、社会不安障害(あがり症)に対して医薬品を利用したら、ずっと服用しなければならないのでは?と不安に感じる方もいらっしゃる聞きます。
しかしながら、実際は、そんなことはないのです。
気軽に、社会不安障害(あがり症)で悩んでいるという時には、薬の力を借りてみるというのも、選択肢の1つです。社交不安障害の診断と治療

社会不安障害(あがり症)と適切な理解

社会不安障害(あがり症)に対して、薬物療法を受けるといった場合には、SSRIや抗不安薬が積極的に利用されています。
抗不安薬とSSRIに関して、その働き方の違いについて、理解することが大切です。

もしも、SSRIと抗不安薬について、その働き方を十分に理解していないと、服用する場面を誤ってしまうことがあります。
会議の場面で、不安を一時的に抑えたいのに、SSRIを服用してしまうといったトラブルを起こしかねないのです。
社会不安障害(あがり症)の薬物療法については、SSRIとは、定期的に服用するようにします。
抗不安薬とは、頓服的に服用するようにするのです。
SSRIについては、副作用について、理解しておくことも重要です。

SSRIについては、副作用の比較的少ない医薬品です。
しかしながら、SSRIとは、副作用が目立つこともあります。
SSRIを服用してから始めの頃は、一時的に、吐き気が目立つこともあります。
ただ、この点に関しては、個人差というものもあります。
同じように服用しても、副作用が出ないかたもいらっしゃるのです。

もしも、SSRIを服用して、副作用が出るといった場合には、服用してから、3日目ほどでピークになります。
もしも、SSRIの服用を継続すれば、次第に、副作用は気にならないようになっていきます。
もしも、副作用が気になってしまうというのであれば、主治医にしっかりと相談されることをお勧めします。

もしも、患者さんが、自分の使っている薬について、適切な理解をしていなかったりすれば、治療が一般的に上手くいかないことが多いです。

SSRIについては、いくつかの種類というものがあります。
今のところ、社会不安障害(あがり症)に対して認可されているSSRIとは、フルボキサミンだけです。
その有効率は、51.1パーセントという、結果が出ているのです。

社会不安障害(あがり症)と認知行動療法について

社会不安障害(あがり症)を治療しようとするときには、薬物療法のみならず、心理療法というものも利用されます。
心理療法には、色々な種類があります。
社会不安障害(あがり症)に対しては、認知行動療法と自律訓練法というものが、よく利用されます。
社会不安障害(あがり症)に対しては、日本特有のものとして、森田療法というものも有効です。
有効ではあるものの、それを行なっている医療機関は限定されています。

心理療法といったら、精神分析のイメージが強いかもしれません。
しかしながら、認知行動療法では、精神分析というよりも、現在の行動を変えたり、考え方を変えたりすることが主となります。
認知行動療法の基本的な考え方として、様々な認知の組み合わせによって、人々は成り立っているということがあります。
なので、認知、そして、思考のパターンを変えることによって、その人、自身を変えていくということができるのです。

具体的な例を、ご紹介させていただきます。
もしも、電車に乗って、周囲の視線が気になる、おかしなところがあるのでは?という思考パターンがあるとするでしょう。
そうした時には、具体的な訓練法によって、改善していくようにします。
実際に、ほんとに周囲の人は、自分に注目しているのか?
実際は、そんなに見ていないのでは?
もしも見ていても、そんなに緊張するようなものではないのか?
といった思考パターンや認知に変えていくようにするのです。
ただ、カウンセリング的な、医師が相談者に寄り添っていう姿勢よりも、もう少し、訓練的なやり方、指示的なものとなっています。
そのような指示的な訓練を通じることによって、より好ましい行動や思考を作っていくようにします。

そして、結果的には、患者さんが主体的に実践できることを目指します。
医師は、もちろん、患者さんの気持ちを支えるようにしますが、同時に、恐怖や不安の程度を調べるようにします。
そして、実際に、症状が、どれだけ緩和さるているのかを確認します、患者さんが、自己コントロールと自己制御というものを目指します。
最終的に、それが達成されるまでに、医師は、適切な方法によってサポートします。

認知行動療法とは、とても実践的な療法であって、結果をしっかりと出すことが可能です。
短期間でも結果を出しやすいので、非常に注目されるようになっています。
社交不安障害(社交不安症)の認知行動療法マニュアル(厚生労働省)

社会不安障害(あがり症)と色々なアプローチ

社会不安障害(あがり症)に対しての認知行動療法、とてもよく用いられているものを、ご紹介させていただきます。

認知行動療法には、エクスポージャー、暴露療法と呼ばれるものがあります。
簡単に、御説明をさせていただきますと、恐怖や不安を感じる状況に、あえて身を置くようにしなければならないです。
実際に、暴露療法によって、身を置くことによって、徐々に、恐怖や不安は、次第におさまっていくことを確認します。
そうすれば、実際は、不安に感じていたよりも、大丈夫なんだと考えられるようになるのです。

いきなり、不安の程度が強い状況にもっていくのではなく、徐々にエクスポージャーの程度を設定していくようにします。
時には、思い切って、比較的、不安の強い状況にもっていったりもするのです。

暴露療法について、その強さと時間については、色々な設定方法というものが存在しまして、人によって調整していきます。
擬似的に、不安を感じる状況を作っていくことがあります。
そして、治療者が、同伴していくということもあります。
人、状態によっては、実際に、その状況に、一人で身をおいたりすることもあります。

エクスポージャーについては、医師と患者さんの間に、信頼関係というものは、とても重要になってきます。
無理をしてはいけませんし、より効果的な暴露方法の仕方を見極めるようにしなければなりません。

次に、ソーシャルスキルトレーニングについて、ご紹介をさせて頂きたいと思います。
実際に、社会不安障害(あがり症)の方が、人付き合いや社交場面を苦手とするのは、実生活の中で、自分の視線や言動に自信がないといったこと、具体的に、どんな風に振る舞えば良いか分からない、こんなことも影響しているのです。

なので、シンプルなスキルの問題も、大きく影響してしまっているのです。
社交的な場面で、どう振る舞うようにし、人との接し方は、どのようにするのか学習するようにします。
そうすることによって、自分に自信が持てるようにするのです。

また、不安対処訓練法というものは、ご存知でしょうか。
不安対処訓練法とは、具体的には、実際に、不安や恐怖感に襲われた時に対処できる方法について、学習するようにするのです。

そのためには、効果的な呼吸法やリラクゼーション法も学ぶようにします。
自律訓練法に関しても、その1つとして、医療機関では、とても役に立つと認められています。

あがりと緊張の根本的な原因について

なぜ、人は失敗することを恐れるのか?ついての原因を考えると、それは、自分の自尊心や名誉欲なのです。

人は、大切な試合であったり、人前でのスピーチをするといったときに失敗してしまった場合には、自尊心が傷つくということになります。

人が良い点数を出したい、試合に勝ちたい、評価されたいといった希望は、失敗に対して恐怖するということと表裏一体なのです。

人の前で失敗をしてしまうことを恐怖するのは、その裏に、自分を承認してほしい、他人に自分の失敗を人に見られたくないという気持ちが隠れています。
人は、緊張しないようにしたいと考えると、さらに緊張してしまうことになってしまうのです。
あがりというものにも、同じことが共通しています。
人前で、あがらないように、失敗しないようにと思ってしまうと、逆に、もっとあがってしまうことになるのです。
反対に、人前で、あがっても大丈夫、失敗しても大丈夫だと考えてしまうことによって、あがりは減少することになるのです。

あがりやすい人の傾向としては、納得のいく点数をだそう、失敗しないようにと考えてしまうようになるのです。

基本的に、人前でも、あがりにくい、人よりも度胸のある人は、失敗しても当たり前!というような楽観的な考え方というものをもっています。

あがりの、様々な症状について

あがり症だといっても、色々な症状というものがあります。
これから、色々なケースというものを、ご紹介させていただきます。

まずは、あがり症の典型的な症状として、人前であがってしまい、自分の考えでさえも、満足に言えないようになってしまうことがあります。

身体症状なども、よく見られまして、足や手、声が震えてしまうといった症状も確認されるようになってしまうのです。

正視恐怖というものもありまして、人と面向かうことによって、目のやり場に困ってしまうということにもなります。
いつも、人から見られいるような気がしてしまって、不自然になってしまうようなこともあります。
赤面恐怖症と呼ばれるものも存在します。
異性や自分より目上の人と目があってしまうと、顔が通常よりも、赤くなってしまうことがあるのです。

自己視線恐怖についても、ご紹介をさせて頂きたいと思います。
相手を正視することが不可能、無理に正視しようとしてしまうと、余計な力が入ってしまい、目がきつくなっているように感じられ、相手に不快感を与えてしまうorそのような感覚を持つことになってしまうのです。

あがり症の症状には、表情恐怖症と呼ばれるものもあります。
人と話しているときに、表情が、自然とひきつってしまうというものです。

笑顔恐怖症については、笑うときに、顔がひきつるということになり、自然な笑顔を作ることができないというもの。

失笑恐怖も、あがり症の症状の1つでして、一般的に、笑ってはいけないという場面で、無性に笑いたくなってしまうということもあります。

発汗恐怖症も、その1つとなっています。

それは、人前であがってしまい、明らかな異常な発汗が見られるというものです。

吃音恐怖も、現在、とても多くの人が悩まされているのです。
人前であがってしまうことによって、声が震えたり、吃ったりしてしまうことが生じるのです。

電話恐怖症も、あがり症の社会生活に大きな支障をきたしてしまうことになるのです。
電話に出ることによって、言葉につまることになるのです。
なので、どんな状況であっても、電話に出ることに対して、恐怖することになります。

加害恐怖とは、人を無意識に傷つけてしまったり、危害を加えてしまうのではないか?と不安に感じてしまうことを言います。
最後に、あがり症の人の中には、もしもものが紛失などをすれば、自分が盗んだと考えられてしまうと、思い込んでしまう方がいらっしゃいます。

色々な症状をご紹介させていただきましたが、全てに共通しているのは、人から異常だと思われるのでないか?という恐怖があるのです。

あがり症だと、今まで、ご紹介をさせて頂いたような症状が、慢性的に強く見られるようになりますので、日常的に注意するといったことが大切になってくるのです。

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.