あがり症 不安障害

社会不安障害・あがり症の起こる仕組み|治療薬インデラル

投稿日:

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

社会不安障害、あがり症について

人前で、何かをすれば、ネガティブな評価をされるのではないか?
周囲から注目を浴びて、恥ずかしい気持ちになってしまうのではないか?

具体的な例を紹介すれば、結婚式のスピーチを頼まれて、少し恥ずかしいといった気持ちになることはあるのです。
ですが、人によって、スピーチを頼まれたという時点で、周囲からバカにされたりするのでは?
と不安に感じたりするようになるのです。
マイクの前に立つことはできても、身体の震えをコントロールできないようになってしまったりするのです。
声が震えることによって、ちょっとしたスピーチも、続けることができないようになってしまうのです。

また、以下のようなこともあるので、注意が必要です。
会社の上司に家の食事に招待されたものの、神経を張り詰めることによって、顔が過度に紅潮したり、料理も、喉を通らないようになってしまうのです。

ご紹介をさせてもらったように、自分以外の他人にネガティブな評価を受けること、注目を浴びることに苦痛を感じるようになるのです。
すると、このような場面、症状を避けるようにするため、普段の日常生活に支障を来すようになってしまうのです。

社会不安障害については、緊張、あがりといった症状が過度になったコンディションのことを示します。
実際に社会不安障害、あがり症になることによって、自分が、他の人と違うように感じられるようになります。
他人は、自分と違って、堂々としているように見えるようになるのです。

緊張によって、少し赤面するとします。
すると、社会不安障害患者さんは、過度に不安な気持ちになるようになります。
人の視線が、自分にすっごく集まってくるように感じられるようになるのです。
デートしたり、上司と話したり、スピーチをすること、このようなことに、過度な不安が確認されるようになります。
症状が悪化することによって、社会不安障害患者さんの不安の対象というものは、人との電話、人前で文章を書くということもなってくることがあります。

珍しくない社会不安障害、あがり症

あがり症、社会不安障害とは、自分が笑われたら、どうしよう?といったことを、様々な状況で感じるようになります。
例えば、食べる、話す、書くなど、生活上、ごくごく当たり前のことで、不安や恐怖を感じるようになってしまうのです。
身体症状、動悸、赤面、震えなどが頻繁に確認され、仕事や日常生活に、デメリットが確認されるようになってしまうのです。

ただ単に恥ずかしがり屋さんの性格であるといった場合には、同様の状況を複数経験することによって、次第に慣れてくるようになるものです。

ですが、あがり症、社会不安障害であるといった場合には、場数を踏んでも、なかなか慣れるといったことができないようになるのです。

もしも、人前で顔が赤くなって、それに対して、顕著な苦痛を感じることがある。
それが、いつまでま治らないといった場合には、あがり症、社会不安障害であるという、1つの基準として捉えられるかもしれません。
あがり症、社会不安障害とは、性格の問題であると捉えるのは間違いであるのです。
あがり症、社会不安障害とは、医学的に認められた、精神的な病であると指摘できます。
ただし、あがり症、社会不安障害とは、薬物療法や精神療法の活用によって、症状を改善させることはできるようになっています。
少し恥ずかしいという場面があっても、普通の人は、次第に、自然に振る舞えるようになっていくものです。

しかしながら、あがり症、社会不安障害であるという人の場合には、恥ずかしいと感じる場面に遭遇することに対しては、不安感を常に覚えるようになってしまうのです。
慣れるということは、普通の人より少ないと言えます。

あがり症、社会不安障害とは、現在では、とても一般的な病として認識されていまして、日本国内には、約300万人以上の患者さんがいらっしゃるとされています。

あがり症、社会不安障害を発症する人は、決して、特別で普通の人ではないということはないです。
多くの人が、あがりや社会不安とは、時々、経験するということがあるのです。
あがり症、社会不安障害患者さんの場合には、その程度が過度になってしまっているのです。

社会不安障害・あがり症の起こる仕組み

社会不安障害・あがり症の人というのは、自分が感じている不安感というものは、多くの人とは違うと考えがちとなっています。
自分自身の恐怖感や不安感というものは、不合理なものだと捉えるようになっています。

そうなると、次第に、自分が恐怖や不安を感じる場所にいくことを、避けるようになるのです。
強い不安感を感じるということは、もちろん、職場と学校での活動に、多大な影響が生じるということになるのです。
すると、最終的には、不登校になってしまったり、退職といった状態に陥ることになってしまったりするのです。

もしも、思春期前に社会不安障害・あがり症が発症してしまった場合には、ある問題が生じることになります。
自分が、社会不安障害・あがり症という精神的な病によって生じている不安感というものを、不合理であると認識できないことになってしまうのです。

そうした子供の場合には、自分にとって身近な人の場合には、何も問題なしに振る舞えることが多いです。
しかしながら、よく知らないと認識している相手との状況であると、できるだけ避けようとするのです。

一般的に、社会不安障害・あがり症という心の病とは、若いうちに発症するということが多いです。
10代半ばから発症することの割合が多く、症状が慢性化することのデメリットは大きいです。

というのも、社会不安障害・あがり症に加え、パニック障害や鬱病などの合併が見られるようになってしまうのです。

不安な気持ちを紛らわせる目的で、アルコールを大量に摂取するということがあります。
アルコール依存症を引き起こしてしまうことがありますので、このようなことにも注意しなければならないです。

社会不安障害・あがり症のメカニズムについて

近年は、神経系疾患についての研究が非常に進んでいます。
なぜ、社会不安障害・あがり症が発症するのか?ですが、脳内に存在するセロトニンの神経伝達物質が関わっているのではないかと言われています。

人間の脳には、実に140億個もの神経細胞が存在します。
神経細胞とは、神経伝達物質のコントロールを受けることによって、脳全体の機能を制御しています。
神経伝達物質の1つには、セロトニンがありますが、そのバランスが崩れることによって、社会不安障害・あがり症を発症されるようになってしまいます。
加えて、一説には、ドーパミンのバランスが崩れることによっても、不安を呼び起こすのではないか?と指摘されています。
なので、ドーパミンやセロトニンなどの神経伝達物質がしっかりと制御されていれば、社会不安障害・あがり症のような不安状態にはなりにくいと考えることができます。

社会不安障害・あがり症の人は、扁桃体という脳内の一部分が過度に反応することによって、顕著な恐怖感が確認されるとも言われています。

社会不安障害・あがり症とは、珍しくない

社会不安障害・あがり症とは、主に2つのタイプが存在しまして、1つ目は、限局型と呼ばれるものです。

この社会不安障害・あがり症のタイプの人であると、自分の苦手な状況、その場面が決まっているのです。

一方で、全般型の社会不安障害・あがり症であると、ほとんどの社会的場面におきまして、不安感や恐怖感を持つようになってしまいます。

限局型の社会不安障害・あがり症である場合には、全般型と異なり、比較的対処がしやすいということが特徴的となっています。
もしも、社会不安障害・あがり症の症状が発現する状況について、具体的にわかっているというのなら、その時だけ、医薬品を服用するといったことによって対処はできるようになっています。
苦手意識を緩和させるために、トレーニングを積むといったことだって有効であるのです。

全般型の社会不安障害・あがり症である場合には、自分以外の他人と接触する、ほとんど全てにおいて、苦痛を感じることになってしまいます。
通常の社会生活に対する影響は甚大でして、現代の社会問題の1つとしてピックアップされています。

全般型の社会不安障害・あがり症である人の中には、それ故に、ひきこもりやニートといった状態に陥っているという人も珍しくはないです。

そうした人は、自分は、人と違って、特殊ではないか?と考えがちなのですが、実は、そうとばかりは言えないです。
実際、類似のトラブルを抱えているという人は、少なくないのです。

社会不安障害・あがり症で悩んでいる人というのは、決して、自分だけであるわけではないです。

社会不安障害・あがり症という心の病とは、自分が考えている以上に、とても身近なものであるのです。

ちなみに、米国では、社会不安障害・あがり症とは、三番目に多い精神疾患であると言われています。
割合的には、アメリカ人の八人に一人は、社会不安障害・あがり症を患っていると示されているほどです。

社会不安障害・あがり症とは改善可能

社会不安障害・あがり症とは、幼少時に発症することがあります。
そして、この心の病とは、男女比率とは、特段違いはありません。
そして、どの年齢層であっても、社会不安障害・あがり症を発症する可能性を完全に否定することはできません。

仮に、長い間、社会不安障害・あがり症の悩みに苦しんできたという場合であっても、その治療に手遅れといったことは決してないのです。
しっかりと社会不安障害・あがり症に対して、適切な治療を行っているというのであれば、改善される可能性というものは十分にあります。

社会不安障害・あがり症が改善することによって、これまでよりも、より生産的な生活を過ごすことができるようになるのです。

もちろん、社会不安障害・あがり症とは、1.2日で完全に治るといったことはないです。
しかしながら、適切な治療を行っていくことによって、社会不安障害・あがり症に関する不安を上手にコントロールができるようになります。

薬物療法や行動療法を適切に行うことによって、社会不安障害・あがり症は改善できるようになります。

あがりを抑制させる方法

人があがってしまう状態になった時には、開き直るということが、有効な手段となっています。
もう既に、あがってしまった時には、もう仕方ないと考えてしまうのです。

もう、既にあがってしまったというのなら、後は、症状を軽くすることに集中するようにしましょう。

あがり症を発症している状態というのは、あがらないようにしないと、そう意識することによって、更にあがってしまうという悪循環を招くようになってしまうのです。
落ち着いてリラックスした状態にしようとしても、どんどん焦りを感じるようになってしまうのです。
あがり症 に対して1番有効であるのは、何もしないことであると指摘ができます。

確かに、人前であがっていたとしても、他の人だってあがっているんだ、自分は、少しくらい緊張していた方が、ちょうど良いんだくらいに考えるようにするのです。

あがりを抑えるようにするには、楽観的な考えを持つようにすることではないでしょうか。
就活、スポーツにおける試合などでも、緊張による悪影響は、非常に大きいと言えます。
緊張のあまり、自分の実力を十分に発揮ができないようになってしまうのです。

前向きな姿勢をもつこと

あがり症・社会不安障害が生じる環境下というものは、やはり、居心地の悪さを感じる、恐怖心、不安感があるときでしょう。

こういった情報が、視床下部に伝わることになるのです。
副腎皮質ホルモンが出ることになり、ストレスホルモンの一種が分泌されることが明らかになっています。

そうすると、肝臓がブドウ糖を増産することになります。
エネルギーに変える際に、酸素を取り込もうとすると、心拍数や呼吸が激しくなってしまうのです。

脳内においては、このような情報が伝わっていますので、これまでの経験、記憶を呼び起こしてしまうのです。
こういった、最悪の仕組みを構築してしまうのです。

人間の脳内というものは、条件反射が基本となっているのです。
幼児期から現在までの経験から学習することによって、応用力や能力を身につけていくようになるのです。

人の中には、すぐに不安になってしまったり、緊張してしまうという方がいらっしゃいます。
それは、その人の脳が、過去の不安や緊張の場面を記憶してしまっているのです。

世の中の人の中には、自分はついていない、何をやっても成功しない、そのように考えている方がいらっしゃいます。
それは、実際は、脳内学習によって、同じような仕組みが出来上がっている可能性があります。
このような仕組みが一度出来上がってしまうと、すぐに消去するといったことは困難です。

過去の失敗体験がトラウマとなることによって、同様の失敗を繰り返すことになってしまうのです。

あるスポーツトレーナーは、これまでの過ちなど、反省しなくて大丈夫と言っています。
その原因を探ることに努力しても、マイナス思考になってしまうだけなのです。
それよりも、外的要因だと考えるようにした方が良いのです。

自分は悪くない、他のことが影響して、こうなってしまったんだ。
というような思考をもつようにするのです。
常に前向き、ポジティブに考えて、最新のプログラムを書き込み続けるようにするのです。
最新の記憶に書き換えられていくというわけですから、過去のトラウマにとらわれ続けるといったことはないのです。
あがり症には、常に前向きに、楽観的に考える、そういった思考を持つということは、とても重要であるのです。

自分を知る

一流野球選手の松井選手は、初めて、甲子園で打席に臨んだとき以外、緊張したことがないと言っています。
松井選手の緊張しない秘訣というのは、自分の100パーセントを知ることだといいます。

自分にできること、できないこと、日常生活の中で、しっかりと把握するようにするのです。
重要であるのは経験であるといいます、これまでの経験を全て覚えていることによって、これから未知の経験に遭遇しても、自分の能力を把握することができます。
すると、緊張しないで、そのままの自分を引き出せるようになるのです。

ジンクス、習慣、法則、例えば、試合前に一個のおにぎりを食べることによって、集中力やリラックス効果が高まるといったこともあります。

他にも、色々なものがあります。

コーヒーを飲みながら、新聞を読む。
毎朝の散歩を欠かさない、こういった習慣を繰り返すといったことも、あがりには、とても効果的であるのです。

また、面接などがあるときに、どんな質問が来ても大丈夫、絶対に応えられる!!などと考えてしまうのではなく、

自分の得意なことを例えに出して答えよう、誠実に答えるようにすれば、伝わるので大丈夫みたいな考えを持って、等身大の自分で向かい合っていくことです。
そうすることによって、いつでも、そのままの自分でいることができるのです。
そうすれば、過度に緊張するといったこともなく、失敗する可能性も下げられるのではないでしょうか。

あがり症 、社会不安障害の治療法について

あがり症 、社会不安障害について、実際に、精神科などで行われている、主な治療法について、ご紹介をさせていただきます。
あがり症 、社会不安障害の治療法には、大きく分けて2つが存在するとされています。
まずは、あがり症 、社会不安障害とは、薬物療法というものがあります。
そして、薬物療法の他には、薬物を用いることがない、精神療法と呼ばれるものがあります。
この2つの治療法とは、単独で利用されることもあれば、併用して行われるということもあるのです。
主に、あがり症 、社会不安障害における薬物療法の目的とは、不安感情を抑制したり、回避行動を減らすことに重きを置いています。
身体症状を抑えたりする目的も、あがり症 、社会不安障害の薬物療法にはあるのです。
精神科などでは、あがり症 、社会不安障害に対しては、以下のような医薬品が処方されるとされています。

まずは、SSRIと呼ばれるものです。

SSRIとは、抗鬱作用と抗不安作用と呼ばれるものがあります。
欧米では、このSSRIの処方がよくされていまして、あらゆる場面での不安症状に対して適切な効果が期待できるのです。
例えば、あがり症 、社会不安障害であるという人は、注目を浴びたり、電話に出る、人前で話すといった時に、強い不安を感じることになるのです。

あがり症 、社会不安障害の原因については、現在のところ、明らかになっているということはないです。

ある仮説では、神経伝達物質の放出バランスが乱れていることが関係していると指摘されています。
あがり症 、社会不安障害に対して、SSRIを服用することによって、一度、放出されたセロトニン、これを再取り込みすることを防ぐように働きかけます。
すると、神経細胞間における、セロトニンのバランスを適切に保つことが可能であるのです。

次に、あがり症 、社会不安障害に対しては、ベンゾジアゼピン系抗不安薬が利用されることもあります。
まず、ベンゾジアゼピン系抗不安薬とは、SSRIと比較して、即効性があるとされています。
なので、SSRIの効果がしっかりと感じられるようになるまで、一時的に、ベンゾジアゼピン系抗不安薬が利用されることがあるのです。
あがり症 、社会不安障害を患うことによって、強い不安を感じるといったとき、身体症状に対して利用されることがあるのです。

また、あがり症 、社会不安障害に対しては、ベーター遮断薬の利用もよくされています。

ベーター遮断薬とは、もともとは、高血圧症などに用いられる循環器系の医薬品とされています。
世界的に見れば、ベーター遮断薬とは、ヨーロッパで非常によく用いられているとされています。

このベーター遮断薬の特徴としては、非全般型・あがり症 、社会不安障害に対しては、非常に効果があるとされています。
しかしながら、全般型・あがり症 、社会不安障害には、あまり効果が確認されないのが、ベーター遮断薬の特徴なのです。

そして、ベーター遮断薬のみならず、精神療法も併用することがよくあります。
精神療法とは、具体的には、認知療法、行動療法と呼ばれるものです。

この認知療法とは、具体的には、以下のようなものです。

認知療法におきましては、まず、人が不安な気持ちを抱く仕組みについて、学習するようにします。
なぜ、あがり症 、社会不安障害における不安感を引き出してしまっているのか?理解するようにするのです。
誤った認知パターンを修正するようにするのです。

どんな理由によって、人前に出ると、恥ずかしく、不安に感じるのか?について、その仕組みをしっかりと学習するのです。
周囲の目、自分自身の能力を再認識するようにします。
そうすることによって、あがり症 、社会不安障害における不安が生じる状況の認知を修正していくのです。

これと同時に、上手な話し方を学んだり、リラックス法や上手な呼吸法も、学習していくことが一般的です。

また、あがり症 、社会不安障害には、行動療法と呼ばれるものも、一般的によく取り入れられています。

行動療法とは、あえて、不安を感じる状況に、自分を飛び込ませるようにします。
行動療法=暴露療法でして、不安な状況に飛び込ませるとはいっても、初めから極端な緊張状態に飛び込ませるといったことは望ましくないです。

そうではなく、段階的に、慣れていくようにします。
なので、初めは、軽く緊張を感じる状況を選択するようにしましょう。

インデラル通販

インデラルの通販サイトは、こちら↓

サプリ館

エイビス薬局

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.