あがり症 不安障害

あがり症 、社交不安障害と傷つくことへの不安|改善方法

投稿日:

あがり症の治療薬インデラルの通販サイトは、こちら

あがり症 、社交不安障害と鈍感さについて

あがり症 、社交不安障害の人は、少しのことで、深く傷ついてしまう、耐えられないように感じてしまうことがあるのです。

しかしながら、あがり症 、社交不安障害でない人の中には、全く気にしないで、平然としているという方もいらっしゃるのです。

なぜ、そうできるのか?というと、シンプルにいって、繊細な感受性といったものを欠くようにして、鈍感さでもって、心の安定を保つようにしているのです。

そうした人の中には、自己顕示欲という欲求が非常に旺盛であることがあるのです。
あがり症 、社交不安障害と違って、一般的な社交的な場面といったものを、自分を誇示する場面だとポジティブに受け止めるようにするのです。

なので、逆に、人が大勢いるなかでは、あがり症 、社交不安障害の人と違って、不安や緊張を感じながらでも、何か自分の意見を示さないでは済まないのです。
このようなタイプの人間の人は、物事を深く考えるといったことはないのです。
責任感に囚われることも、一般的に少ないのです。
そのため、発言に対しては基本的に積極的になりまして、人から注目を浴びるような行動を取ることも少なくないのです。

あがり症 、社交不安障害のひとは、そのような人を見ると、とても生き生きとしているように見えるのです。
そうした人は、実際には、それほどの潜在能力というものはないのです。
しかしながら、その人が持っている、積極性というものが、能力を高めるように作用しているのです。
威勢が良いので、人からの受けが良いことも多いのです。

神経の鈍感さが、このタイプの人には本来備わっていまして、それを持ってして、自分の自我を発達させるように持っていっているのです。

あがり症 、社交不安障害と傷つくことへの不安

地震や交通事故といった場合には、実際に身体的な危険というものが存在します。
レイプ・痴漢といったものにも、もちろん、実害はあります。
ですが、人前でスピーチをするといったことをするだけで、実害が生じるなんてことはないのです。

なぜ、それにもかかわらず、あがり症 、社交不安障害の方は、実際に不安を感じてしまうのでしょうか!?
それは、シンプルに説明をさせて頂いて、心の問題ということなのです。

自分の心の中で想像した危険について、恐怖してしまっているのです。

具体的に、どのような恐怖なのか?といったら、自分の自我というものが傷つくことではないでしょうか。

対処できない不安、見られる苦痛、自分が知られる不安というものがありますが、これは、何か自分に不都合なことが起きてしまって、自我が傷ついてしまうのではないか?ということが深く関わっているのです。

なぜ、発表、プレゼンなど、自分の能力が評価される場面では、不安を感じてしまうのでしょうか。
それは、実際にプレゼンなどを行なって、自分の能力がないということが、露呈されてしまうのではないか?と感じてしまうからです。
これによって、自我が傷ついてしまうのでは?
と不安に感じてしまうのです。

なぜ、他者から嫌われることを恐怖してしまうのでしょうか。
それは、現実社会で、自分を守ってくれる人がいなくなってしまうのではないか?という不安が関係してきます。

それのみではなく、人から嫌われるということには、自分に、それだけの価値がない、魅力がないということが証明されてしまうからです。
なによりも、自分の自我が傷ついてしまうことを、深く恐怖してしまっているのです。

 

あがり症 、社交不安障害と自己価値観の低さ

あがり症 、社交不安障害のひとは、そうでない人と比較して、自分が傷つくことを恐怖してしまいます。
この理由とは、なぜでしょうか?

それは結局のところ、自己価値観の低さというものがあります。
自分の心に傷がつくといいことに関しては、自分に価値があるという思いが脅かされてしまうのです。
あがり症 、社交不安障害の人とは、自己価値観というものが基本的に希薄であるのです。
なので、簡単に、自分に価値があるといったことに関しては、価値があるといった思いがゆるいでしまうのです。

多くの人は、自分に価値があるということに確信といったことに関しては、しっかりと得たいと思っています。
できる限り、自分の価値を高めたいと思っているのです。
無条件の愛情を感じ取りながら育ってきたという人に関しては、幼少期から、ありのままの自分を歓迎されてきました。

また尊重されてきたので、しっかりとした自己価値観を基にして、自我を基本的に形成していきます。

その反対に、愛や愛情はあるものの、それが条件付きであったりしたら、自分の存在というものに対して、しっかりとした価値を見出すことができないのです。

なので、自分が何か注目を引くことをすることによって、賞賛を得て、自己価値観をキープし、向上させようとするのです。
これゆえに、もしも、自分が劣っているということが分かったり、誰かに嫌われるようなことがあれば、自己価値観が簡単にくずれてしまうのです。

あがり症 、社交不安障害で悩む人が、根本的なものを改善しようとする場合には、しっかりとした自己価値観を獲得するといったことが大切です。

このことは、自分の存在というものについて、しっかりと信頼できるようになることです。
自己価値観を得るということは、他人の思惑や期待に従って生きるということではないです。
そうではなく、自己実現というものを追求するようにするのです。

あがり症 、社交不安障害の人の特徴

あがり症 、社交不安障害のひとは、自己価値観がゆるぎやすいという特徴があります。
他にも、特徴というものがありますので、簡単に紹介をさせていただきます。

あがり症 、社交不安障害のひとは、自分の主観というのではなく、自分を客観的にみてしまうのです。
具体的には、自分がすべき問題に取り組むことが大切であるのですが、そうではなく、自分が客観的に、どう見えるのか?に注意が向いてしまうことになるのです。

スピーチ不安というものがありますが、何を伝えるべきか?ということが、本来、1番の課題のはずです。

それなのに、果たして、上手くいくだろうか?
もしかしたら、失敗してしまって、恥をかいてしまうのだろうか?ということに、注意が散漫になってしまうのです。

あがり症 、社交不安障害とは、基本的な姿勢として、自分と他者を比較してしまうのです。
どんな言動であっても、他人と比較してしまって、劣っていることはないか?という事が1番気になってしまうのです。

劣等感を持つということは、自己価値観が脅かされてしまいます。
逆に、人より優れている点が見つかることによって、自己価値観を満たすことができます。

自分の比較対象になるのは、同性で、しかも、同年齢の他者となります。

こうした相手に対しては、よく圧迫感というものを感じてしまいます。

特に、何か自分よりも優れている点があると分かっている相手については、通常よりもストレスを感じやすいのです。

なので、あがり症 、社交不安障害であるひとは、自分よりも年が離れているという人を好んだり、異性の中にいることが、自分の居心地が良いように感じるといったことは少なくないのです。

 

あがり症 、社交不安障害と自意識過剰について

基本的に、あがり症 、社交不安障害という人は、自意識過剰になっているという傾向があります。
他人から見た自分について、とても神経質になってしまっているのです。

そして、自意識過剰であるということが、社交不安を、結果的に、とても高めてしまっているのです。

具体的に言いますと、だれかと話をするときに、自分が緊張していることが、他人に分かるといったことに関し、とても神経質になります。

なので、些細な、自分の身体的な偏重に関しても、敏感になってしまいます。
そういったことが、自分の緊張感を、とても高めてしまう結果になってしまうのです。
もしも、そうした経験を何回も繰り返してしまうと、誰かと話をするといったことに関し、とても恐怖感を持つようになってしまいます。
また、あがり症 、社交不安障害の人が自意識過剰になってしまうというのは、自己無価値観というものが、とても深く関わっています。
物事を、自己無価値観に従って受け止める傾向があります。
なので、自分の外の外界を、脅威的なものに感じるといったことがあります。
これをわかりやすく説明をさせて頂けば、もしも誰かと話をしていて、少し相手が目をそらすなどするとします。
すると、自分の話が面白くないからだと、すぐに判断してしまうのです。
また、自分が誰かの隣に座り、隣の人が席をたまたま外すといっただけで、自分の隣が嫌なんだという受け止め方をすぐにしてしまいます。

もしも、この状態が極端になってしまうと、醜形恐怖、体臭恐怖といったことにも発展することがあります。
もしも、実際には、全く関係ない理由で、顔をしかめているのだとしても、自分の体臭が嫌だからだ、そういった意思表示なのだと感じてしまうのです。

自分に対して好意を持って向けられた笑顔でさえも、自分にとっては、嘲笑であると捉えてしまうのです。

あがり症 、社交不安障害になる素質について

あがり症 、社交不安障害については、遺伝的な素質が一定ほどあると考えられています。
その一つには、以下のようなことが挙げられます。
生まれ持って、敏感な神経系を持っている赤ちゃんがいるといったことが明らかになっているのです。
乳児において、大きく分けて、3つのタイプが存在するとのこと。

1.
まずは、比較的、扱いやすい気質である乳児。
ほとんど機嫌が良くて、リアクションが穏やかです。
環境の変化に対しても、臨機応変に慣れやすいのです。
約4割が、これに該当しますので、比較的割合は高いです。

2.

1と違い、難しい気質の乳児もいるのです。
反応が強いです。
生理的なリズムが不規則であるのです。
約1割が、これに該当しますので、珍しいです。

3.

3つ目に、おとなしい気質の乳児もいます。
基本的に、活動性が低いです。
ちょっとした環境の変化であっても、簡単には慣れるといったことができないです。
約15パーセントが該当しています。

以上のような生得的な特性に基づいて、各々の性格が形成されていくことになります。
そういったことから、一般的に、おとなしい子や難しい気質の子といったこの場合、あがり症 、社交不安障害になりやすいと指摘されることが多いと言えるでしょう。

性格形成とは、環境によるところが大きく影響していると言われていた時代もあります。
しかしながら、著名な発達心理学者は、生後間もなく、よく知らない場所や物に対して恐怖していた乳児は、2歳、3歳でも、同じように恐怖を感じていたとのことです。
なので、内気な性格とは、遺伝によるところも、大きく影響していると指摘しています。
遺伝的要素によってあがり症 、社交不安障害が発症する割合は、概ね、3割・4割であると言われています。

あがり症 、社交不安障害の人は、扁桃体が刺激されやすいといった特徴も明らかになっています。
扁桃体とは、恐怖など感情を司る脳に存在する部位のことを言います。

あがり症 、社交不安障害と生まれつき過敏な子供

過敏性を持った赤ん坊の割合とは、それほど高いというわけではありません。
最大で20パーセントなのです。

過敏な赤ん坊の場合、少しの味の違いで、ぐずります。
室温の変化だけでも、落ち着かなくなってしまうのです。

何か大きな音がしたり、光にびっくりして、大泣きをするといったこともあります。
少し成長すると、精神的な面で、傷つきやすいのです。
他の子よりも、心配性であったり、臆病であったりという特徴も、よく確認されるようになります。

なので、こうした子供を育てるといった場合には、より注意深い配慮などが必要になってくるのです。

このような子供とは、大きくなっても、以下のような特質が確認されることが多いです。

まず、抽象的なことであっても、過敏であることが非常にあります。
なので、まだまだ若い年齢であるのに、鋭い質問をして、周囲に驚かれることもあります。
また、こうした人は、様々なことを考えてしまうので、実際に行動を起こすまでに、とても時間がかかってしまうといったこともしばしばです。

なかなか最終的な結論が出せなかったりなどして、過去をいつまでも引きずってしまうようなこともあります。

そうした特徴があるので、そのような人は、精神的な負荷が、そうでない人よりも大きくなってしまうのです。

なので、心身ともに疲弊してしまうのです。
また、旅行やイベント事といったことは、多くの人にとって、本来楽しいはずでしょう。
しかしながら、こうした人にとって、このようなことは、ストレス要因になってしまうことも珍しくないです。

集団に参加する、人前で発表するなどといったことに遭遇してしまうと、すぐに尻込みしてしまうのです。

もしも運良く実力を発揮できたとしても、精神的負荷が、とても大きいものになってしまうことがあります。

過敏な子供は大きくなっても、物事を深く感じ取ります。
なので、人の気持ちを読み取る力、人に共感する能力は高いと言えます。
感覚器が敏感であるというよりも、感情や思考のレベルが高いのです。

具体的に、人と会話するときに、人のニュアンスや声のトーンといったものについて、敏感に、その意味を感じ取ることになります。
こうした能力は、もちろん、メリットになることもあります。

ですが、相手の心を深読みしすぎたり、相手に配慮を過剰にしてしまうといったこともあって、デメリットに働くこともあるので注意が必要なのです。

大きくなってあがり症 、社交不安障害で苦しんでいる人は、こうした繊細さという特徴を有しているので、基本的に集団活動といったことが苦手なのです。
友人との関係においても、困難を感じていることもよくあります。

 

あがり症の治療薬インデラルの通販サイトは、こちら

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.