あがり症 不安障害

あがり症、社交不安障害の形成と環境について|心理状態・身体症状

投稿日:

あがり症 、社交不安障害と育て方

あがり症 、社交不安障害で悩まされる方とは、一定の遺伝的な基礎を持っているということが明らかになっています。
それ以外にも、養育の影響といったこともあるのです。
ある調査によると、生後21ヶ月で内気だった幼児とは、約4年後には、内気でなくなっていたという事実があります。

あがり症の治療薬インデラルの通販サイトは、こちら

なぜ、内気でなくなったのか?と言いますと、母親の接し方というものが、深く関わっているのです。
内気でなくなった幼児の母親は、徐々にではありますが、外界になれるような養育を行なっていました。

基本的に親は、あがり症 、社交不安障害になる要素のある内気な子供を保護しがちです。
ですが、それだけで良いというわけではなく、自分の子供を外界へと導いていくようにしなければならないのです。

初め内気な子供であっても、20代になっても内気であり続けた人は、全体の三分の一程度です。
別の言い方をすれば、三分の二は、内気な青年にはなっていなかったのです。

しかしながら、そのような青年の脳を調べたところ、未だ、扁桃体が比較的強く反応する傾向はあったのです。

生理的には内気な性質ではあるものの、脳の対処法が変わっています。
なので、あがり症 、社交不安障害の要素の内気さを克服しているものと考えられます。

あがり症 、社交不安障害の形成と環境について

あがり症 、社交不安障害の形成については、親の養育のみが関わっているというわけではありません。
そうではなく、私たちが育っていく環境も、あがり症 、社交不安障害の形成には関わっているのです。
具体的には、子供同士の交流が希薄であったりするとします。
すると本来、感情をぶつけ合うことによって育っていく社会的な能力、傷つくことに対する免疫力が十分に育たないようになるということが考えられます。

また、幼少期に常に競争的な環境に置かれるとするでしょう。
すると、周囲の人は、競争する相手であって、心を交わす友であるとは認識できないようになってしまうのです。

常に優劣を意識することが基礎になってしまうので、自分を恐怖させる対象になってしまうのです。

また、日本には、他国と異なり、完璧主義傾向というものがあります。
例えば、日本を訪問した外国人とは、電車が1分の遅れもなく到着するといったことには、とてもびっくりするといいます。

そして、英語の授業においては、とにかく通じるということが重視されるというわけではないです。
それに加え、文法的に正しいのか?という英語も、重視されているのです。

その証拠に、間違いだらけの〜といった書籍が無数に出版されているという事実があります。

現在の社会状況ということも、あがり症 、社交不安障害を強めるように働いてしまうのです。
グローバル化が進む社会でありますので、その中で生き残っていくために、企業は、若手を育てるということを十分にしません。

育てるのではなく、性急に、1人前の仕事ができるように求めます。
ベテラン社員であっても、失敗が一切許されないような切迫感と隣り合わせで仕事を行なっているのです。

あがり症 、社交不安障害と心理状態

あがり症 、社交不安障害の人が、強い不安感を感じるとするでしょう。
すると、心身と行動が独特な状態に陥ってしまうのです。
心理的な部分で言いますと、思考の柔軟性というものがなくなってしまうのです。
つまり、視野が狭くなってしまうのです、思考はぐるぐると堂々巡りをしてしまうのです。
創造性がなくなってしまうというデメリットがあります。
物事に対する考え方とは、基本的にネガティブになってしまい、内気になってしまうのです。

そうなってくると、事態について、脅威的に感じられるようになるのです。
心全体には、無力感、鬱感情、焦燥感
、消耗感、無価値観などが漂ってしまうのです。
時と場合により、憎しみ、怒りなど攻撃的な感情が前面に出ることもあります。
このような不快な感情といったものから逃れるようにするため、意識的、無意識的に心理的な防衛を取るようになります。
具体的には、不安である事態を深く考えないようにします。
忘れようとする、心理的回避をするようにらします。
自分の都合の良いように合理化して、物事を歪曲するようなこともあります。

実際は、自分に責任があるにもかかわらず、他の人にも連帯責任があるんだ!と考えたり、くだらないので、出席するようなことはないと考えてしまうことがあります。

あがり症 、社交不安障害と身体症状について

あがり症 、社交不安障害の人が不安や緊張といった感情を感じたときには、手が震える、膝がガクガクとしてしまうことがあります。
心臓がばくばくと動悸がしてしまうようなこともあります。

呼吸が早くなって、浅くなってしまうことがあります。
身体が火照って、悪寒がしたりということもあります。
顔が紅潮するなどといったこともあります。
また、視野がかすんでしまって、めまいがするといったこともあります。
耳が遠くなってしまい、頭部が圧迫されるような感覚に陥るといったこともあります。

口の渇きを感じてしまって、吐き気を催したり、胃がキリキリと痛むといったこともあるくらいです。
うんち、おしっこをしたくなるようなこともありますし、食欲不振状態になるといったこともあります。

逆に、過食になるといったこともあります。

これは危急事態に関する動物的な反応に関する名残と考えられていまして、身体的な変調が引き起こされているのです。
あがり症 、社交不安障害の人は、このような身体的な変調を敏感に感じ取ってしまいます。
すると、不安や緊張というものが、なお一層に強まってしまうのです。

あがり症 、社交不安障害と回避行動について

あがり症 、社交不安障害となることによって、行動が変わってくるようなことがあります。
非効率的、非合理的、混乱状態になってしまうことがあります。

無意味に動き回ってしまったり、元気がなくなることによって、停滞するようなこともあります。
乱暴になることもあるのです。
仕事の質や能率が低下してしまって、注意力が下がるといったことがあります。
なので、ケアレスミスや事故を引き起こしてしまったりすることがあるのです。
あがり症 、社交不安障害の人は、回避行動をとることがよくあります。

回避行動とは、不安な場面について、意識的に無意識的に避けようとする行動のことを示します。
何か集まりがあれば欠席する、発言をしない。
推薦されても辞退します。
人から注目されないように、常に注意して行動をするようにするのです。

バスや電車で、知り合いと一緒にならないようにするため、時間を微妙にずらしたりするようなこともあります。

本人は、はっきりと意識していないかもしれませんが、日常生活の中で、実に様々な手管を使っているということが多々あるのです。
それを、本人は回避行動と認知していないことは少なくないです。

具体例を紹介させてもらいます。
ある人は、パーティーが催された時には、もっぱら料理の手伝いをしたり、飲み物を運ぶということに徹するのです。
また、掃除を頑張ったりするのです。
裏方に回ることによって、あがり症 、社交不安障害の人は、人と会話する普段から逃れるようにするのです。
これによって、自分の存在価値も、しっかりと実感できるのです。

ある人は、電車を待つ時には、1番前には並ぶといったことは通常ありません。
1番最初に電車に乗ることによって、もう電車に乗っている人と視線が合ってしまうということを過剰に意識してしまうのです。

また、あがり症 、社交不安障害の多くの人は、講演会や講義の時に、前の方に座るといったことは、基本的になく、できるだけ後ろの方を好むのです。

正面の席を選んでしまうことによって、講演をしている人と視線があってしまうことになるのです。
これによって、プレッシャーを感じ取ることになってしまうからです。

こうした回避行動を取ってしまうということは、成長を続ける上で、デメリットの方が大きいことになります。

何故か?と言いますと、回避行動を取ってしまうことによって、このような事態になれるチャンスも、同時に失ってしまうからです。
あがり症 、社交不安障害の人が、そのような事態を適切に対処する能力を育成する普段から機会を制限させてしまいます。
また回避行動の特長として、これが上手く行けば行くほど、事態に立ち向かおうとすることをしないようになります。
次回から、回避行動を取ろうとする気持ちが、強化されるようになってしまうのです。

 

あがり症 、社交不安障害克服のための対処法

あがり症 、社交不安障害をしっかりと克服するようにするには、心身、そして行動、トータルで対処をする必要が出てきます。


まずは、あがり症 、社交不安障害に対しては、心理的な対処を行うことが大切になります。
具体的には、物事を否定的、ネガティブにばかりみてしまう、過度に脅威的に捉えてしまうことを正すようにしなければならないのです。

心の持ちようとしては、他人の目ではなく、自分の目によって、物事を判断できるようになることが大切です。
人は人なんだ、自分は自分ということに、徹底するようにするのです。

あがり症 、社交不安障害という病によって、身体的な変調が生じるということがあります。
全てを改善することは、難しいかもしれませんが、その程度を低めるようにするのです。

あがり症 、社交不安障害に対して有効なリラクゼーション法が登場してきているので、ぜひ、実践してみてください。


あがり症 、社交不安障害を克服するようにするには、行動的な対処を行うことも大切です。

あがり症 、社交不安障害の方は、回避行動をとることがありますが、その行動について、しっかりと意識するのです。

実際、あがり症 、社交不安障害の悩みを抱えている方というのは、実に巧みな回避行動というものをとるようにしています。
SAD 社交不安障害に際して、回避行動を取るということは、一時的には、役に立つことが確かに多いです。
しかしながら、長期的なスパンで見れば、人間的な社会的な能力の発達の妨げになってしまうことが大いにあります。

また、一時的に成功した、やり過ごしたように感じられても、実際は、そうではなく、逆効果になっているということもあります。

例えば、自分にとって辛い状況であると感じられると、早く終わらせるために、後で私がやっておく!などと、その場しのぎをしてしまいがちなことがあります。
知らないのに知っているようなふりをしてしまうことがあります。
このようなことを通して、重い気持ちを引きずってしまうことがあるのです。

回避行動には行動療法が有効であると言われているので、ぜひ実践してみるようにしましょう。

あがり症 、社交不安障害と適度な不安

人間は不安を感じることに関しては、不快だと考えがちです。
すると、このようなことからは、完全に解き放たれたいと考えがちなのです。

しかしながら、人間には、適度な不安とは、本来必要なものであるのです。

あがり症 、社交不安障害の人は不安や緊張感とは、不快に感じられるかもしれませんが、もしも逆に不安というものを一切感じないとしたら、どうでしょうか。

もしも脅威的な事態に遭遇してしまっても、事前に準備するといったこともできないでしょう。
もしも、入学試験などに際して、何も不安感などを感じないとします。
すると、何も準備をせずに、入学試験を受けるといったことになってしまいます。
その結果は、残念なものになってしまうでしょう。

受験生は、本来、もしかしたら、落ちるかもしれない?と不安に感じるからこそ、受験勉強を何ヶ月も前から頑張るのです。

こんな風に、不安とは、自分にとって必要な行動を導くために必要です。

なので、適度な不安とは、むしろ、歓迎すべきとも言えるでしょう。

私たちが感じる不安感というものは、社会・行動・生活というものをしっかりと支えているのです。
不安を感じるからこそ、先を考えて仕事をする、健康に注意する、いざという時に備えて貯金などを行うのです。

なので、あがり症 、社交不安障害を克服するとはいっても、何も、不安を一切感じないようにするというわけではないのです。

不安を感じることは、人間なので、自然なことであって、必要なことでもあります。
ただし、それに混乱させられないで、自分が前に進んでいくための動力に変えるといったことが大切です。
そうすれば、自分の生活を楽しんでいけるようになるでしょう。

 

あがり症の治療薬インデラルの通販サイトは、こちら

 

 

 

今回の参照サイト:

「あがり症」を簡単に克服する方法|プレジデントオンライン

vol.39 "あがり症"といわれているあなた...実は社会不安障害かも。|オムロン

あがり症とその克服方法 | 日本話し方センター

 

-あがり症, 不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.