育毛

育毛・発毛対策|実践編|AGA(男性型脱毛症)の始め方

投稿日:

何らかの理由で髪の毛が出来ない、成長期の髪が減ると、薄毛と呼ばれる状態になるのです。また髪が生えているが、根元より細い髪の毛が生えるようになった場合にも、見た目には薄毛に。日本人の4人に1人は薄毛に悩んでいます。それが原因で劣等感を抱いてしまい消極的な人間になってしまう悪循環になる。自分の殼に閉じこもり、好きな人にも告白できず、仕事にも積極的になれず、自分は何をしているのだろうと悩む。女性も回じかもしれませんが、薄毛で悩むのは、特に若い人であれば圧倒的に男性が多いですから、男性のみなさんきっとわかっていただけると思います。薄毛の原因と対策をしっかり勉強して明るい人生を作っていきましょう。

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)の通販サイトは、こちら↓

サプリ館

フィンペシア

ミノックス5 (ミノキシジル・タブレット) 

薄毛の原因

男性薄毛のほとんどの原因がAGAです。男性ホルモンも毛髪に関する指令を誤らせるたんぱく質を出し、成長期の髪を後退させてしまうため、AGAと呼ばれる男性型脱毛症の原因になります。AGAには、男性ホルモン「テストステロン」と、「DHT(ジヒドロテストステロン)」が原因物質として関係しています。DHTは、テストステロンとⅡ型5リダクターザ(頭皮の酵素)により生成されます。DHTは、髪の毛の成長を強制終了させ、脱毛周期に変化させてしまうため、髪の毛が成長せず途中で抜けてしまいます。このAGAは、生活習慣によりさらに脱毛のスピードを加速させます。悪い生活習慣は、「薄毛の進行スピード」や、「薄毛の改善の早さや改善状態」に影響します。生活習慣は薄毛のすべての原因と密接に関係します。

睡眠との関係

睡眠不足や質の悪い睡眠も、髪の毛が生育するにあたって悪影響を与えてしまう原因となります。食事で得た栄養が皮膚や髪の毛の成長・修復に使われている「成長ホルモン」大きなキーポイントとなります。この成長ホルモンは眠りについてから約30分後〜3時間がもっとも分泌が盛んになるといわれています。きちんと質のよい、深い睡眠をとることで成長ホルモンが適正に分泌され健康な体を支えているのです。しかし、睡眠時間の不足、十分な時間は質が悪い・眠りが浅いといった睡眠を続けると成長ホルモンの分泌が減少してしまい、結果髪の発毛にも悪い影響、弱々しい髪になってしまうのです。
食生活との関係
野菜不足や、ジャンクフード・脂質の多い食べ物の取りすぎは体の健康はもとより、発毛にも悪い影響を与えます。
栄養不足に陥ると、発毛を促す栄養素が不足し、毛母細胞の不活性を招きます。動物性脂肪の摂取過剰、アルコールを大量摂取するといった食事は髪の毛に大敵です。特に、脂肪は太るだけでなく血流が滞って発毛に関係する細胞の不活性を招くだけでなく、男性ホルモンの分泌を必要以上に活性化させてしまい結果、薄毛へ向かうことになるのです。高脂肪、高コレステロールの食品を過剰摂取する食生活は、血行不良や皮脂の分泌過多の原因になります。
血行不良や過剰な皮脂は、頭皮環境を悪化させ、髪の成長を妨げる原因となります。
亜鉛との関係
亜鉛は、髪が成長するために大変重要な成分です。またAGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する効果も期待されます。タンパク質が髪の毛を構成していますが正確には「ケラチンタンパク質」と言います。
このケラチンタンパク質が髪の毛の99%を占めていて、亜鉛は摂取したタンパク質をケラチンタンパク質に再合成する働きがあります。
亜鉛が不足すると「抜け毛や白髪の増加」「髪の毛が細く元気がない」「髪の栄養を摂取していても、
亜鉛不足により髪の毛の成長に繋がらない」ということなります。
1日の摂取量の目安は12〜15mgです。不足しないようにすることが大切です。
タバコとの関係
ニコチンの影響で、毛細血管が収縮し血流が悪化しますので、栄養を毛根まで送り届けることができなくなります。またニコチンの摂取によりビタミンCが破壊されます。ビタミンCが破壊されると血行を正常に維持するビタミンEが減少し、血行に悪影響を及ぼし頭皮に十分な栄養が行きわたらず薄毛の原因となります。
またビタミンが不足することにより、人は倦怠感、疲労感を覚えます。それがストレスを生み喫煙を繰り返すという悪循環に陥りやすくなります。
ストレスとの関係
ストレスを受けると、自律神経のバランスが乱れ「血管の収縮」や、「内臓機能の低下」が起こることが考えられます。また、ストレスを感じたときに「副腎ホルモン」が分泌されますが、この副腎ホルモンが分泌される過程で活性酸素が多景に発生し、発毛に関する細胞のはたらきが弱まります。
洗髪との関係
泡立ちをよくするために界面活性剤が多く含まれているシャンプーや洗浄力の強い高級アルコール系のシャンプーは、強い刺激により頭皮が炎症を起こしたり、皮脂を過剰に落としすぎて、逆に皮脂の分泌が活性化されます。
皮脂には、保湿機能の役割もあります。皮脂を取り過ぎると、身体が不足分の皮脂を補うために、皮脂を多量に分泌するようになり、逆に皮脂が過剰状態になります。
洗髪のあとに髪を自然乾燥すると、髪と頭皮の問の湿度が高くなり、頭皮の常在菌が繁殖しやすくなります。常在菌が増加することにより、頭皮や毛穴が炎症を起こし、抜け毛につながる可能性があります。自然乾燥は避けてドライヤーをつかってしっかり乾かすことが大切です。
紫外線との関係
紫外線を長時間浴びるのは、肌と同じように頭皮にもよくありません。肌の張りを維持するコラーゲン等が破壊される光老化により、頭皮が劣化し薄毛の原因になります。
ヘアスタイルの影響
いつも回じ位置で髪の毛を分けていると、地肌が見える分け目の部分は、紫外線などの外側からの刺激を受けやすくなります。また、髪の毛を強く引っ張ったり、いつも同じ縛り方をするような髪型は、毛根に負担がかかるので抜け毛の原因となります。パーマやヘアカラーも、頭皮にダメージを与える原因と言えます。
運動との関係
運動不足も発毛に対して悪い影響を与えてしまう要因のひとつです。
運動不足によりストレスをため込んでしまうと、頭皮の皮脂分泌も多くなり毛穴が塞がってしまいます。毛穴が塞がることで髪の毛が細くなり、抜けやすくなってしまうのです。
また、運動不足が続くと血行にも影響します。血液の循環が滞ってしまうと、栄養素や酸素の運搬も滞ってしまい、発毛に関係する細胞に悪影響となるのです。

髪が生えるメカニズム

髪の毛の構造髪の毛は、タンパク質、水分、色素、脂質などで構成されています。
その中で一番多くを占めるのがタンパク質で、その8〜9割が「ケラチンタンパク」と呼ばれるタンパク質で構成されています。
髪の毛は「キューティクル」「コルテックス」「メデュラ」の3層で構成されています。

キューティクル、コルテックス、メデュラ

キューティクル、コルテックス、メデュラ


太い人や細い人、ストレートやくせ毛など、髪の毛の性質は人によってまったく違いますが、これは髪の毛を構成するこの3層が関係しています。
1・キューティクル(毛皮質)
キューティクルとは、毛髪の表皮を覆っている、無色透明の鱗状の物質です。キューティクルが数枚重なり合って毛髪を覆うことによって、物理的、化学的な刺激から毛髪を守っています。
キューティクルの枚数には個人差かおり、髪の毛の太さに影響しています。
2・コルテックス(表皮質)
コルテックスは、メラニン色素などを含むマクロフィブリルとよばれる繊維状の細胞が集まり構成されています。
コルテックスは直径わずか0・1mmで、毛髪の中間居に規則正しく並んでいます。毛全体の約80%以上を占め、髪の強度や、色、水分保持力などに関係しています。
3・メデュラ(毛髄質)
メデュラは毛髪の中心部にあり、柔らかいケラチンからできています。
その構造は、蜂の巣のような作りになっています。メデュラは髪のコシやツヤなどに関係しているといわれています

毛髪が抜けてから生え変わるまで

髪の毛は、ご存知の通り「生える→抜ける」を繰り返しています。そこにはしっかりと生えたり抜けたりするメカニズムがあります。
1.毛乳頭と毛母細胞
「毛乳頭」という言葉を聞いたことがある人は多いと思います。毛乳頭は頭皮の毛細血管とつながっていて毛髪の成長に必要な栄養を吸収する働きを持っています。そして毛乳頭を取り巻くように存在するのが毛母細胞です。
毛ほ細胞は、毛乳頭から酸素や栄養を受け取り、頻繁に細胞分裂することで髪の毛として成長していきます。つまり、毛母細胞の働きを活発にすることができれば、髪の毛が生えてくるのです。ですから頭皮の血沈をよくして、毛乳頭に栄養を与えること、要するに頭皮環境がとても大切な要素になってきます。

髪を育てる三人栄養素

3つのヘアサイクルを安定させることが髪の毛を維持することにつながります。それには「栄養補給」がとても大切になります。
1・タンパク質
最も重要な栄養素です。髪の成分の99%がケラチンタンパク質というタンパク質で構成されています。タンパク質は髪以外にも、体の臓器や神経細胞を作る体の基本をなす栄養素でもあります。
髪の毛は生命を維持することとは直接関係ありません。すなわちタンパク質の消費優先順位が低いということです。つまり、タンパク質が不足すると、髪を作る栄養が回ってこなくなるため健康な髪が生えにくくなります。
また摂取したタンパク質が効率的に髪の栄養として吸収されなければ発毛は期待できません。そこでビタミンや亜鉛などの栄養素が必要になります。
2・ビタミン
ビタミンA‥新陳代謝促進・頭皮の乾燥・フケ・痒みの防止
抗酸化作用があり、皮膚や粘膜を健全に維持する働きかおり
乾燥肌には有効なビタミンです。
ビタミンB2‥皮脂の過剰分泌を抑え、細胞の新陳代謝を促進させる
ビタミンB6‥タンパク質の吸収を促進・ケラチンタンパク質の構成促進
葉酸‥タンパク質の吸収を促進・頭皮の健康維持など
ビタミンB群(ビタミンB1・B2・B6・B12・葉酸・パントテン酸)はアミノ酸代謝やケラチン・タンパク質の構成に必須のビタミンとなります。普段から意識して摂っておきたいビタミンです。
ビタミンC‥頭皮環境の整備、コラーゲンやタンパク質の構成促進
抗酸化作用、活性酸素・ストレスの抑制の作用があります。
ビタミンE‥血管維持、血液改善、頭皮や毛髪の老化防止など
抗酸化作用、血行促進など、健康な髪の育成には必須のビタミン、
ビオチン・・・頭皮環境の改善、血液増加、アミノ酸代謝の促進
このようにタンパク質とビタミンを一緒に摂取することにより髪が生えやすくなりますが、さらに亜鉛を摂取すれば完璧です。
3・亜鉛
亜鉛は髪の毛に対してのタンパク質の吸収を高めるだけでなく、I型5αリダクターゼというAGAの脱毛原因物質の抑制にも効果があり、とても優秀な栄養素です。亜鉛はビタミンと同じように現代人にとって不足がちな栄養素で、失いやすい栄養素でもあります。亜鉛はストレスや飲酒時のアルコール分解に大量に消費されます。また激しい運動や仕事での発汗、疲労時にも消費されます。
亜鉛は、効果を実感しやすい栄養素なので、食事やサプリメントでしっかり摂取することをお勧めします。
一日に必要な亜鉛摂取量は、成人男性で12mg〜15mgですが育毛を目的とするなら30〜40mgは摂っておきたいところです
育毛剤を使っていても中々髪が増えてこないと感じている方は、これまで紹介した栄養素を摂ることを意識してみて下さい。
育毛剤の効果を最大限に引き出すには体の中を整える、要するに髪の毛が育ちやすい環境を作ることが大切です。髪の元になる栄養が不足しないように育毛サプリなどで効果的に栄養を補給してください。

実践編 私が成功した方法

運動について
まず運動です。仕事が忙しくなると、特にデスクワークの場合は運動不足になりがちです。また仕事で頭をフル回転させるため、ストレスも疲労もたまります。
ストレスは血液循環を不良にさせ、髪の毛に十分な栄養を届けるのに影響を及ぼします。いろいろな発毛の体験記を読んでいると、ほとんどの方が運動をしだしてから育毛の効果が出始めてきたと書かれています。
私の場合、まずとにかく歩く、そして腹筋、腕立て失せ、反復横跳びなど簡単なものを実施しました。仕事で帰るのが遅く、時間がなかったので家でもできる簡単なものから始めました。過度な筋トレは逆効果になるようですが、負担にならず、気持ちよくできる分にはどんな運動でもよいと思います。ストレスが解消されれば成功です。
最近では有酸素運動が発毛の促進に効果かおるといわれていますが、その死出と忙しい方でも自宅でできる運動をいくつか紹介します。
有酸素運動の効果
有酸素運動により汗をかくことで、毛髪形成を阻害する強力な男性ホルモン「ジヒドロテストステロン(DHT)」を抑制することができます。そのDHTが尿とともに排出されことで、薄毛や抜け毛を予防できるというわけです。また、有酸素運動によりストレスの解消も期待できます。慢性的なストレスを受けることで血管の収縮状態が続き、頭皮に栄養が行き渡らなくなってしまいます。
有酸素運動をすることで、ストレスに強くなる脳内物質、情緒を安定させる「セロトニン」や恍惚感や多幸感をもたらす「エンドルフィン」が分泌されるためです。
自宅でできる有酸素運動
1・段差での運動・・・踏み台、または階段のような段差をつけることの出来るもの。1分程度階段の上り下りを繰り返します。これを3セット行います。
2・交差スクワット・・・負荷をかけすぎないスクワット。両足をそろえた姿勢から右足を前に出し深く沈めます、そして戻して両足をそろえ、次に左足を前に出し深く沈めます。これを1回として10回3セット行います。
3・バランスボール・・・有酸素運動で、体幹トレ・ストレッチ・筋トレにも効果があり、過度な負荷がかからないので有酸素運動の感覚をつかむには持ってこいです。

洗髪の方法について

抜け毛・薄毛はシャンプーだけで解決はできませんが、正しいシャンプーを行わないと、抜け毛を促進し、発育を妨げてしまうことが考えられます。正しいシャンプーをすることは薄毛の進行を食い止め、新しい毛髪が育つ頭皮環境を作ることにつながります。
私は洗い方の基本から見直し実行しました。以下参考にしてください。
1・髪のもつれをとかす
髪が絡まったままシャンプーすると、無理な力がかかり、抜け毛の原因になります。
2・髪をお湯でト分洗髪する髪をお湯で十分に洗髪することで汚れをある程度取ります。使用するシャンプーの量も減ります。
3・シャンプーは直接髪につけない
シャンプー液をト分泡立てから髪につけます。頭皮に直接の刺激を避けるためと、シャンプーの時間を短くするためです。
4・爪を立てずに優しく洗う
爪を立てて洗うと頭皮を痛めます。指の腹をつかい、頭皮をマッサージするように洗います。
5・シャンプーはできるだけ短時間で
シャンプーに時間をかけすぎると、やはり頭皮に良くありません。時間としては2分〜3分ぐらいです。
6・すすぎは洗髪時間の倍かける
髪や頭皮にシャンプーの成分が残らないように、すすぎは洗髪の倍近い時間をかけます。すすぎが十分でないと、フケやかゆみの原因になり、抜け毛が増えることもあるので、しっかり洗い流します。
7・すぐに乾かす
濡れた髪は、よく乾いたタオルで大まかに水分を取ります。この時、ゴシゴシと拭かないで、タオルで軽く押すようにやさしく拭きます。
8・ヘアドライヤーで髪全体を乾かす。
髪の毛を濡れたまま自然乾燥すると、細菌などが発生し頭皮に炎症を起こしやすくなるので、必ずドライヤーをします。
ドライヤーは根元から乾かしてください。—箇所にドライヤーの温風を集中しないよう全体を乾かします。8割乾いたら終了です。それ以上すると必要な水分まで失われます。あとリンスについてですが、これは使用してもしなくてもどちらでもよいと思います。リンスしないと頭皮の油脂分か出やすいともいわれていますが、経験上そんなに影響はないと思います。シャンプーについて合成界面活性剤が配合されたシャンプーは、洗浄成分がとても強いため頭皮を守る皮脂を落としすぎます。また本来、頭皮を様々な菌などから守る役割を持っている脂質も落としすぎてしまうことかあります。皮脂が過度に減少することは、頭皮環境にとっても良くありません。シャンプーは洗浄成分がアミノ酸系のものがよいと思います。いろいろなシャンプーが販売されていますが、スカルプケア(頭皮ケア)用のシャンプーを選べば間違いないと思います。いわゆるス力ルプシャンプーです。洗浄成分のほか、頭皮に良いいろいろな成分が配合されています。シャンプー自体に育毛の効果があるわけではないですが、使用すると髪のハリやコシが復活したのを実感します。一般のシャンプーと比べ少し高価ですが試してみる価値はあると思います。ちなみに私はアンファーのスカルプDを使用しています。

ミノキシジル・タブレットについて

色々な育毛剤を試してきましたが、ミキシジルタブレットが一番よく効きます。
といいますか、他の方法はまず効果が実感できませんでした。
ただし、ミノキシジルタブレットは効果が強いのですが、副作用もあります。私の場合は眉毛や鼻毛が早く伸びる、体毛が濃くなる以外の副作用はほとんどありませんでしたが(他にも副作用があって自覚がなかっただけかもしれませんが)、血圧の低い人や高血圧で治療を受けている人、肝臓に障害かおる人は注意が必要です。自己責任での使用になりますが、副作用が怖い人は医薬部外品の育毛剤や専門医にかかるほうがよいかもしれません。ミキシジルのほかにブロペシアというものがあります。これには積極的に発毛を促すものではありませんが、薄毛の進行を防止、予防するのが目的です。少し薄くなってきたかなというぐらいならプロペシアだけでよいと思います。とにかく、薄毛の治療は?めに始めるのが大切です。さらに発毛を確実にするためにミノキシルタブレットにプロペシアを併用することをオススメします。プロペシアがAGAの原因物質であるDHTを押さえミキシジルの効果がより発揮されます。服用方法ですが私の場合、—回にそれぞれ1錠ずつ服用します。3か月は毎日服用し、あとは髪の状態により3日に1回、3日に1回、生えそろったらプロペシアだけにしました。ミノキシジルタブレットとプロペシアは個人輸入で購入することもできます。個人輸入といっても取扱店で代行してやってくれますので、普通の通販と変わりませんしかし副作用などが怖い人はクリニックに行った方がよいと思います。個人輸入で購入するメリットは価格がはるかに安いことです。私は「サプリ館」とういう販売店で購入しています。何回も言いますが、やはり副作用が怖いという方はAGA専門医にかかることをお勧めしますフィンペシア100錠十ノキシジル5mg100錠1箱1セット8800円程度で、フィンペシアはプロペシアのジェネリックです。

アルカリ食品と亜鉛について

育毛にはアルカリ食品と亜鉛の摂取がよいことは紹介しましたが、しかし忙しい生活の中で効果があるといわれる食品を効率よく摂取することは現実的に難しいと思います。アルカリ食品以外にも髪の成長に必要な栄養素を挙げていくと、リジン、シスチンなどのアミノ酸や亜鉛、銅などのミネラル、ビタミンE、ビタミンB6、ビタミンB12などのビタミン類等かなりたくさんの種類があります。サプリメントで補うのが現実的です。私はアリストの「メダリスト」という顎粒を水に溶かして飲む飲料を愛用していました。多くのスポーツ選手も愛用しているようで、豊富なクエン酸とビタミン、ミネルなど約40種類の栄養素を摂取することができます。実際飲んでみると体の調子が良くなることを実感します。おすすめします。現在新しい育毛サブリメントで「ボストン」というものがあります。成分表を見る限り、発毛、育毛にょいとされる成分がほぼ網羅されています。はたらきとしては抜け毛の原因『5アルファリダクターゼ』の働きを抑制、毛母細胞の分裂を促し、発毛サイクルを正常化するようです。口コミを見るとかなりの効果かおるようなので興味のある方は一度試されたらいかがでしょうか。まとめとして、有酸素運動をする、ミキシジルタブレットとプロペシアの摂取、シャンプー選びと洗髪を正しい方法でする、アルカリ飲料メダリストを飲む、育毛サプリ(ボストンでよいと思います)を摂取する、これを3か月徹底すれば必ず髪の毛が生えてくると思います。ミキシジルに関しては自己責任での使用となりますので、心配な方はミキシジルの情報を調べて納得の上で使用してください。

現在の発毛医療について

AGAクリニックとは
AGAクリニックとは名の通りAGAの治療を専門に行う病院で育毛サロンとは違う、薄毛の専門医師による医療機関です。育毛サロンは、対応してくれるスタッフが薄毛に関する知識は持っているでしょうが、医師ではありません。そのため、医薬品の処方もできないため、民間療法に近い対応になるか、育毛や発毛ではなくウィッグや増毛という髪の毛を取り付け、見た目を良くする対応になると思われます。一方AGAクリニックでは医師が診察し医薬品を処方してくれるため、医学的根拠に基づいて発毛を促進させてくれます。専門性の高い治療を受けたい人には、AGA専門クリニックを受診することがよいと思われます。
治療方法
ではAGAクリニック治療内容や治療期間、費用について見ていきましょう。
まず治療方針を決めるための検査があります。AGAに関する検査には、遺伝子検査と血液検査のに種類があります。血液検査では健康状態、遺伝子検査ではAGAリスク(AGAになる可能性)やAGA治療薬の効きやすさがわかるといわれています。
それに基づいて以下の治療方法が実践されています。
1・内服治療
AGAの進行を抑える、発毛を促進するために薬を服用する治療法です。主に用いられるものとして、プロペシア、サガーロ、ミノキシジルあります。
2・外用薬治療
外用薬治療として代表的なのが、ミノキシジルです。血液を改善することで毛根・毛髪に栄養を与え、発毛・成長を促します。
3・育毛メソラピー
頭皮に薄毛に対しての有効成分を直接注入する治療法です。注入する成分については病院・クリニックによって異なり、1か月に1回の治療を数回継続して行うのが基本です。
4・HARG療法育毛メソセラピーの一種です。育毛メソセラピーと同様、有効成分を頭皮に直接注入しますが、幹細胞から抽出された成長因子を注入します。
5・植毛治療
植毛治療は、人工毛もしくは自毛を薄毛部分に埋め込むという方法です。

AGAクリニックのメリットとデメリット

AGA専門外来で薄毛治療を受ける最大のメリットは、治療法の種煩多さです。
さらにAGAの症状が進行している人は、有効成分を直接頭皮に注入する再生療法と呼ばれる治療法があります。高い効果が得ることができ、効果も長期間持続します。
以前は注射を使って注入する方法が主流でしたが、現在ではレーザーや超音波を使った痛みの少ない方法が取られています。です。さらに症状が進行している人や、即効性が必要な人には自毛植毛もあります。
現行の法律ではAGA池原は保険適用外です。生命活動や健康を損なう症状ではないため、美容整形と同じ自己診察扱いで、治療費は全額自己負担しなければなりません。
投薬治療はプロペシアの単剤処方の場合、AGA専門外来の平均は6,000円から8,000円、しかしクリニックオリジナルの処方薬は15,000円と高くなるようです。
より専門的な注入療法は1回20,000円から80,000円で、HARG療法の場合高いクリニックだと1回150,000円かかるケースもあるようです。

AGAクリニックの選び方

価格のリーズナブルさAGA治療は現在のところ保険が効かない「自由診療」であるため、クリニックによって治療内容、価格もさまざまです。薬を処方するだけで、頭皮環境のケアを行わないクリニックは値段だけ見れば安いかもしれませんが、発毛を実感するまでに時間がかかり、長期的に見て損をしてしまうことにもなりかねません。逆に、頭皮ケアもきちんとしてくれるクリニックですと、最初は費用がかかりますが「費用対効果」を考えると逆にお得ということになります。治療の安全性AGA治療薬であるプロペシアミノキシジルは、一定の副作用がありますが、治療薬としての安全性は確立されています。ただし、個人差もありますので、合うか合わないかを見極めるための血液検査をしっかり行い、治療コースに組み込んでいるところは安心できると思います。まず治療方法を勉強したうえで、医師の治療内容の説明をしっかり聞いて、その治療を受けるかどうか判断しましょう。あとは自宅からの距離でしょうか。月1回は通院が必要となると思われますのでできるだけ通いやすい立地条件の病院がオススメです。
最後に
薄毛はただ髪の毛が少ないという外的症状だけでなく、内面にも大きな影響を及ぼします。薄毛を自分の特徴として、自信を特って前を向ける人はそうないと思います。
ほとんどの人は薄毛により自信を失い、言いたいことも言えず、したいことも事もできずストレスを抱え込む毎日を過ごされていると思います。
薄毛が解消されることにより得られる自信は、人生を180度変えるはずです。
しっかりと実践し新しい人生をつかまれることを心から願っております。
 

フィンペシア(キノリンイエローフリー新タイプ)の通販サイトは、こちら↓

サプリ館

フィンペシア

ミノックス5 (ミノキシジル・タブレット) 

 

-育毛
-,

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.