不安障害

社交不安障害とは?|社会生活への影響|周囲のサポートと治療

投稿日:

社交不安障害とは?

社交不安障害とは?について、解説をさせていただきます。

社交不安障害の方は、人前で注目が集まれば、そうでない人よりも、強い不安や緊張を感じてしまったりします。

インデラルの通販サイトは、こちら

社交不安障害とは、社会不安障害、あがり症みたいな言われ方もされたりします。
社交不安障害とは、「性格」の問題と言われたりしますが、それは、大きな間違いです。
社交不安障害の方は、緊張や恐怖感に加え、身体的な症状も加わってしまいます。
大量の発汗や赤面、動悸といったものが確認されるようになります。

過度なまでに、失敗や恥といったものを意識してしまいます。
なので、そういった場面に、遭遇することを、可能な限り、避けるようになってしまいます。
社交不安障害の原因については、まだ、ほんとにはっきりとしたものはわかっていないです。

しかしながら、一説では、神経系の機能障害に関係があるのでは?と言われています。
ここでいう神経系とは、ドーパミンやセロトニンの神経系のことを指します。
人間の脳には、おおよそ、140億もの神経細胞が備わっています。

神経細胞とは、神経伝達物質のコントロールを受けることによって、調整されていきます。
もしも、1つでも神経伝達物質のバランスが崩れれば、社交不安障害を発症させてしまう、1つの原因となってしまうかもしれないのです。

一般的に、社交不安障害とは、ある程度、症状が進行されるまで、放置されてしまっていることも珍しくないです。
また、社交不安障害とは、その発症年齢とは、早い時期に発症されることが多いです。
もしも、それを全く治療せずにしていると、その後の大切な就職といった場面でも、重大な制約がかかってしまうことがあるのです。
しかしながら、この社交不安障害とは、治療が不可能な病気というわけではないので、簡単に諦めないようにしてください。

一般的に、社交不安障害とは、治療を開始する年齢が遅ければ遅くなるほど、症状が重症になってしまったり、慢性化してしまう可能性が高くなってしまいます。
また、社交不安障害とは、下記のようなことと合併してしまうことが多いです。
アルコール依存症や薬物依存症、鬱病といったものと、よく合併してしまうのです。
また、他の精神疾患と合併してしまうことがあります。
もしも、社交不安障害の疑いがあるなら、早期の医療機関受診は確実にされた方が良いです。

社交不安障害の症状

社交不安障害とは?について、その症状を具体的に、見ていきたいと思います。
社交不安障害とは、様々な症状を伴ってきます。

これから、ご紹介させて頂く症状とは、ごく一部のものとなります。
胸のドキドキ、息苦しさを感じられることが多いです。
社交不安障害の方が動悸を引き起こすことによって、公私ともに、不自由を強いられているといったことは、決して珍しいようなことではありません。

人によって、個人差はあるものの、社交不安障害の方の中には、吐き気や目眩、そういった症状で、悩み苦しんでいるといった方もいらっしゃるのです。
社交不安障害の症状には、震えといったことが、大きく関わっていることが多いです。

それは、例えば、声が震える、手が足が震えるといったことです。
そうした震えを、人に見られて、おかしいと思われないか?と思うことで、過度な意識をしてしまうことがよくあります。

お腹を下したり、腹痛といった症状が、身体に現れてしまうこともありますので注意が必要です。
ひどく汗をかいてしまうので、口が渇いてしまうことが多くなることがあります。

顔が赤くなることも症状として特徴的で、社交不安障害の方で何回も意識されている方は少なくないはずです。

社交不安障害の治療

社交不安障害とは?
この症状には、しっかりとした治療や対策というものが存在しますので、安心しましょう。

薬物療法を選択する場合には、抗不安薬やSSRIがメインで治療薬として利用されることが多いです。
薬物療法を適切にすることによって、焦燥感や不安、そうしたものを低減させることは十分に可能なことです。

そして、気持ちの落ち込みや不眠といった症状まで、薬物療法によって対策をすることができます。

また、社交不安障害の治療法には、心理療法というものもあります。
心理療法において、社交不安障害には、認知行動療法が有効であると指摘されています。
この認知行動療法によって、対人関係における心理的な問題へ、適切な対処をしていくことになります。

社交不安障害によって、他人からの見られ方、意識について、誤った認識を持ってしまっていると、不安反応がよく強いものになってしまうのです。

こうした認識の誤りについては、長期間の生活によって、本人に染み付いてしまっていることが多いです。
なので、全くの自力で、改善していくといったことは難しいです。
しかしながら、ここで紹介をさせていただいている、薬物療法や心理療法の適切な活用で、十分な改善がされていることは多々あります。

社交不安障害の年齢

社交不安障害とは、その発症年齢へ、触れていきます。
社交不安障害については、発症年齢とは、比較的若い、そんな傾向にあります。
小児期で見られることは、よくあります。
遅くても、10代半ばまでに、発症していることが多いです。

26歳を上回って、発症しているケースは、比較的珍しいですが、可能性はゼロというわけではありません。
社交不安障害とは、恥ずかしい思いをしてしまったり、強いストレスを受けることによって、ある日突然に、発症してしまうことがありますので、誰にでも発症するリスクは現実的にあります。

また、これとは、逆に、社交不安障害とは、徐々に症状が強くなり、発症してしまっているということもあります。
社交不安障害の生涯有病率とは比較的高い割合でして、約12パーセントと示されています。
社交不安障害とは、一般的には、女性の方が多く見られると言われています。

社交不安障害とその他の病気

社交不安障害とは、その他の病気と混同され、誤解されていることもあります。
社交不安障害については、人前を避けることが多い、そんな特徴があります。
広場恐怖やパニック障害も、人前を避けることによって、毎日の生活に不自由を感じられています。
しかしながら、社交不安障害とは、上記2つは、異なります。

不安が関係している、鬱病や全般性不安障害について、社交不安障害と間違ってしまっていることがあります。

社交不安障害と異なる、摂食障害においても、人前での摂食障害を避けていることがよくあります。

もしも、ご自身が社交不安障害ではないか?と心当たりがある方は、医療機関へ気軽に受診するようにしてください。

社交不安障害のセルフケア

社交不安障害とは、薬物療法や心理療法の他にも、自分自身で可能なセルフケアといったものは、下記のようなことが挙げられます。

まず、社交不安障害の方は、毎朝、朝日を浴びることを意識するようにしてみてください。
そうすることで、脳や身体がとてもナチュラルに覚醒することによって、とても気持ちの良い、1日を過ごすことができるようになるのです。
ただし、だからといって、この朝日を長時間、浴びるようなことは避けるようにしてください。

また、毎日の食事は、バランスをよく、焦らず、ゆっくりと摂るようにされることが望ましいです。

炭水化物については、脳のエネルギー源となりますので、積極的に摂ることが社交不安障害の方には望ましいです。
炭水化物は太る原因となると指摘されることもありますが、社交不安障害の方には、とても重要となります。
なので、適度な摂取はするようにしてください。

また、社交不安障害の方は、適度なリズム運動をするといったこともセルフケアとしては、とても重要となります。
リズム運動とは、具体的には、軽いジョギングやウォーキング、楽しみながら、毎日可能な範囲で行うようにしてください。
長時間の運動とは、かえって、逆効果になってしまうので、その点には注意が必要となります。

社交不安障害になりやすい人

社交不安障害とは、なりやすい人、そんな人が存在しますので、ご紹介させていただきます。
社交不安障害とは、神経質な性格である人が、発症してしまう傾向があるとされています。
また、性格な傾向として、完璧主義や心配性や内向性、引っ込み思案などといった方は、社交不安障害が発症して、また重症化しやすいこともありますので注意が必要となります。

社交不安障害の社会生活への影響

社交不安障害とは、一般的には、社会的な行為や状況といったものを、自分の意思によって避けるようになってしまいます。
すると、社交不安障害の悪影響として、その人の本来の能力が存分に発揮される、そんな機会を逃してしまうことにもつながります。

例えば、ご自身の職業の選択について、厳しい制限がかかってしまったりすることもあります。
また、本来受けられる教育の機会、それを失ってしまうこともあります。

また、大切な結婚のチャンスについて、失ってしまうこともありますので、社交不安障害の社会生活への影響とは、甚大なものと考えられます。

こんな悪影響が増えてしまうことによって、引きこもりとなってしまうリスクも高いので注意しましょう。

社交不安障害と周囲のサポート

社交不安障害とは、その周囲のサポートが、とても重要であります。
ご自身の周りに、社交不安障害かもしれない、そんな方がいらっしゃるようでしたら、まずは、その人について十分な理解を示すようにしてください。

その上で、必要であるならば、社交不安障害の治療を行うため、医療機関への受診を勧めるようにしてください。
社交不安障害によって、回避したい、そんな状況があるという場合でも、まずは理解を示してあげてください。

有効な治療法が社交不安障害には存在します。
なので、医療機関への受診教えてあげることが、周囲のサポートとして重要となります。

 

インデラルの通販サイトは、こちら

-不安障害
-

Copyright© サプリ館公式ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.